Vh2hxew2rkvgsouq38jv

フィリピン

CATEGORY | フィリピン

セブ島での一人旅おすすめスポットまとめ!観光地からグルメ・お店情報とモデルコースをお届け!

2019.08.23

大人数で行く旅行も楽しいですが、たまには一人旅はどうですか?リゾート地で有名なフィリピンのセブ島は一人旅でもおすすめです。セブ島の一人旅では観光や食事、買い物などを楽しむことができます。普段は味わうことができない体験を一人旅では味わうことができるのでぜひ体験してみてください!

この記事に登場する専門家

Wi5umx6ocr1t96jaflz2

学生旅人ライター

うり

日頃から各国に旅に行き、ヨーロッパをバックパックで周遊を経験。また、ヒッチハイクや野宿の経験あり。

  1. リゾート地セブ島でバカンスを満喫!
  2. 観光地でも危ない!?治安情報
  3. セブ島一人旅で行動するならこれ!移動手段
  4. セブ島のローカルフードもご紹介!食事
  5. セブ島一人旅におすすめの観光スポット
  6. ①最もアクセスが良い離島!【オランゴ島】
  7. ②セブ島最大級の教会!【シマラ教会】
  8. ③ローカルマーケットならここ!【カルカルマーケット】
  9. お土産もモールで購入!ショッピング
  10. 2泊3日でも行ってこれるセブ島のモデルコース!
  11. セブ島の一人旅まとめ

こんにちわ!学生旅人ライターのうりです。今回はリゾート地フィリピンのセブ島をご紹介致します!セブ島は友達や家族で旅行に行く方が多いですが、一人旅でもおすすめです。一人旅でもおすすめなスポットや料理をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください!

Xflxvkrgmdvbo0mqjb2z

一人旅で気になるのは治安情報ですよね。結論から言いますと、セブ島はあまり治安の良いところではありません。フィリピンは申請を出せば銃が持てる国ですし、スラムが多いので夜中の外出はタクシーを使うのが無難です。

外務省が出している情報ではレベル1で、十分に注意してくださいとの情報が出ています。また最近ではデング熱の注意喚起が出ているので、予防接種等を受けてから渡航をした方が無難です。

特に気を付けたいのがぼったくり

セブ島旅行で一番気を付けてもらいたい犯罪がぼったくりです。買い物中にもぼったくられることがありますが、特に気を付けたいのがタクシーです。こちらが言わないとメーターを使ってくれず、言い値での料金になってしまいます。

日本から比べたらぼったくられても安いですが、言い値ですとメーターの料金の2~3倍くらいの料金を提示してくるので注意が必要です。また、チップをくれ!と言ってきますが、セブ島ではチップはいらないのでチップを渡す必要はありません。一人でも強気になって意見を言うことが必要です。

移動手段①タクシー

最も乗りやすい移動手段がタクシーです。日本のように手を挙げれば止まってくれますし、初乗りが40ペソ(約80円)からなので安くどこにでも行くことができます。ただ、上記であげたようにぼったくりが多いのでそこは注意が必要です。

移動手段②バイタク

バイタクとはバイクタクシーの略です。主に現地人の人が使う移動手段の一つです。バイタクにはメーターがついていないので、行先を行ってから値段交渉をします。大抵タクシーの半額ほどの値段設定になっています。

一人旅ではタクシーが割高になってしまうのでバイタクが安くておすすめです。また、渋滞をする時間でもバイタクなら間をすり抜けて移動ができるので、早く移動をすることができます。

移動手段③ジプニー(バン)

セブ島で一番ローカルな乗り物がジプニーです。特に停留所はなく、道端で手を上げたり走っているジプニーに飛び乗るスタイルになります。ジプニーは相乗りになっていて、一律7ペソ(約14円)で乗ることができます。

降りる際は運転手に口頭で言ったり、天井をたたいたりして伝えましょう。ジプニーは行き先が決まっている乗り物なのでチェックをしてから乗るようにしましょう。

旅行に来た際にはその土地の料理を味わいたいですよね!セブ島では日本にはない独自の料理が多くあるので、一人旅の思い出になります。また、価格がとても安いので値段を気にすることなくたくさんのものが食べられます!今回はおすすめのフィリピン料理、お店をご紹介致します!

おすすめフィリピンレストラン:Choobi Choobi

Bl6bhdl6vm8zcnkqu6bb

フィリピンには様々な独自の食べ物がありますが、何が美味しいかはその人それぞれだと思うので今回はフィリピンの料理が揃うレストランをご紹介したいと思います。

その名もChoobi Choobiです!Choobi Choobiは様々なフィリピン料理が低価格で楽しめるレストランになっています。また、ファーストフード店なので一人旅でも気軽に入れることがメリットです。

Choobi Choobiはフィリピンにいくつも点在するファーストフード店なので、WEBサイトから近くの店舗を探してみてください。

セブ島の衝撃的なローカルフード:バロット

Br8vpcyti0rcvplh5jr7

日本人に馴染みのないバロットはセブ島では有名なローカルフードです。上記の写真がバロットなのですが、かなり衝撃的な見た目をしているのが見てわかると思います。バロットはアヒルのひなが孵る前の状態の卵を食べるというもので、半分は卵で半分はアヒルのひなという状態になっています。

Dpmsfmdjurz4wrwxrhct

生後12日~24日くらいまでの種類があり、日数が多くなるにつれてひなが大きくなっています。ゆで卵のような味やチキンのような味で、味は普通に美味しいのでぜひ挑戦をしてみてください!バロットは普通のレストランのようなところには売っていないので、上記のような仮設の屋台を探すしかないです。卵の殻が目印です。

旅行に来たら外せないのは観光名所ですよね!セブ島は海が有名ですが、海以外にも知る人ぞ知る素敵な観光名所が沢山あります!今回は離島とセブ島内の観光名所をご紹介致します。

Zsyf4yeot3ots0gdv3lf

空港があるマクタン島のビーチも綺麗なところが沢山ありますが、ホテルが所有しているビーチが多数なので、今回はマクタン島から船で行けるオランゴ島をご紹介します。

オランゴ島のメリット

・マクタン島から船で20分程度なのでアクセスが良い

・離島に行くと海が段違いにきれい

・魚と一緒に泳ぐことができる

・波が高くないので船を拠点に遊ぶことができる

このような点が挙げられます。また、一人旅でもツアーで色々な人と知り合いになれるのでその点は大きいと思います。情報交換をするも良し、その日にご飯に行くのも良しです。

オランゴ島までの行き方

ツアーで行く場合はその集合場所に行きましょう。個人で行く場合はタクシーを捕まえて、カランチョビーチに行きたいと伝えましょう。セブ都心からだったら300ペソくらいで行くことができます。もし、通じない場合はgoogle mapを見せればだいじょぶです。

カランチョビーチに着いたら、そこらへんにいるフィリピン人に声をかけてオランゴ島に行きたいと伝えましょう。連れて行ってくれる人が必ずいるはずです。2,000ペソ(4,000円)くらいで連れて行ってくれます。

M9wehvmqcsb6dsjss9wb

シマラ教会はセブ島最大のカトリック教会です。教会というと歴史が長いイメージがありますが、シマラ教会は歴史が浅くまだ20年くらいしか経っていません。しかし、なんでも願いが叶うという伝えがあり、セブ島内最強のパワースポットとなっています。

Ni9j2m3fm65b02q3csgc

セブシティーから3時間ほどかかりますが、周りにローカルな場所もあるので行く価値は十分にあると思います。日本人が全くいないので、セブシティーとは別の雰囲気を楽しむことができます。

注意:カトリックの教会では肌の露出が激しい服装だと入場ができないので気を付けてください。もし、露出の激しい格好で行ってもシマラ教会の外でターバンの貸し出しを20ペソでしているので、露出の激しい格好で行ってしまった方はそこで借りましょう。

シマラ教会の詳細情報

住所: Barangay Simala, Natalio B. Bacalso S National Hwy, Sibonga, Cebu

入場料:無料

Nstpiwlvq8wxcjz5vzif

シマラ教会からセブシティーに帰る帰り道に、カルカルマーケットという大きな卸市場のような市場があります。ここはシマラ教会以上に外人がいなく、ローカルマーケットになっています。

みんなで行くローカルマーケットと一人で行くローカルマーケットでは、気持ちの高揚感が違うのでぜひ一人旅で訪れてみてください。現地の人と遠慮なく会話をするのも一人旅の醍醐味です。

カルカルマーケットの詳細情報

住所:Carcar City Public Market, Natalio B. Bacalso South National Highway, Carcar City, 6019

営業時間:24時間

一人旅でも旅行に来たら買い物をしたいですよね。物価が安いセブ島では買い物に最適です。セブ島には大型モールがいくつかあるので、今回はセブシティーの2つのモールを厳選してご紹介致します!

SMモール

Tfremarx3bwngnl4wbjc

セブ島で最大級の規模を誇るモールがSMモールです。ここに行けば基本的に何でも揃えることができます。また、ボーリングや映画館などのアクティビティもあるので、買い物の途中に遊ぶことも可能です。

SMモールの詳細情報

住所:Juan Luna Avenue, North Reclamation Area, Cebu City, Cebu

営業時間:10:00~21:00

パークモール

Jqexluqhew466b2kxkkb

SMモールよりも小規模ですが周りに様々な飲食店やカジノがあり、SMモールとは違った現地の良さがあるのがパークモールです。パークモール内には出店があったり、大型のスーパーが隣接していたりと現地の人の台所となっています。

SMモールと比べて外人が少ないのでそれも面白さの一つです。ポイントとして両替所がパークモールには二か所ありますが、2階の両替所がレートが良くおすすめです。パスポートなどのIDが必要な可能性があるので持参していきましょう。

パークモールの詳細情報

住所:Park Mall Dr, Mandaue City, Cebu

営業時間:10:00~20:00

お土産は大型スーパーで!

会社の同僚や学校の同級生に配るお土産は大型スーパーで買うのがお得です。大型スーパーには空港で売っているようなお土産も多数あり、空港よりも安く購入することができるのでスーパーで購入をすることをおすすめします。

セブ島に一人旅で2泊3日で行く場合のモデルコースはこちらです。

K7ojhjx8nlynanqebl0r

セブ島は比較的小さな島なので2泊3日もすればある程度のところは周ることができます。また、セブ島は日本から飛行機で5時間程度とアクセスがいいので弾丸で行くことも可能です。モデルコースを周って上記に出てきたおすすめスポットを満喫しましょう!

いかがでしたか?セブ島に在住のフィリピン人は穏やかでフレンドリーなので、一人旅なのに一人でいないような旅行になってしまうかもしれませんが、旅行先の出会いも醍醐味の一つです。この記事を読んで少しでもセブ島一人旅に行く気持ちになってくれれば幸いです。