Mfrrpof8qa1sbco0ll4h

ギリシャ

CATEGORY | ギリシャ

アテネの観光スポット5選!経験者が絶対に外せない名所をお届け!

2019.08.01

アテネと聞くと、皆さんは何を思い浮かべますか?ヨーロッパに位置する国ギリシャの首都で、世界で最も古い都市のひとつとしても知られているアテネ。今回は歴史的魅力の溢れる古都アテネのおすすめスポット5選をご紹介したいと思います。

この記事に登場する専門家

Rktkedoxfqq8ktucfvdu

チェコ在住ライター

mimi

チェコ在住3年目のワーキングガール。趣味は旅行と各地でのカフェ巡り。

  1. アテネってどんなところ?
  2. ①アテネのシンボル!【アクロポリス(Acropolis)】
  3. ②昔ながらのアテネの街並みが残る【プラカ(Plaka)】
  4. ③圧巻!世界最大級の神殿!【オリンピアのゼウス神殿(Temple of Olympian Zeus)】
  5. ④古代から時間が止まったような神殿!【ヘーパイストス神殿(Temple of Hephaestus)】
  6. ⑤実は穴場!アテネの街並みやパルテノン神殿も見える【フィロパポスの丘(Philopappos Monument)】
  7. アテネの観光名所まとめ

こんにちは!チェコ在住ライターのmimiです。


アテネは、南ヨーロッパに位置する国ギリシャの首都で、世界で最も古い都市のひとつとしても知られています。

その歴史は、なんと約3400年前にまで遡るとまで言われています。


そこで今回は、歴史好きには欠かせないヨーロッパ随一の観光スポットであるアテネのおすすめスポット5選を紹介したいと思います!

ギリシャ語で「高いところ」を意味する、アテネのシンボル

おすすめ度 ★★★★★

アテネの観光スポットといえば、アクロポリスは絶対に欠かせません。


地下鉄アクロポリス駅を出てすぐと、アクセスも非常にいいです。


そして、何といっても敷地内がすべてアテネ・ニケ神殿やエレクテイオンといった、古代ギリシャの芸術であふれているのが魅力です。


なかでも、アテネの中心部ならどこにいても目に付く小高い丘の上に見えるパルテノン神殿は圧巻です。


教科書に出てくるあの神殿を直接見てみたい!という方におすすめです。

アクロポリスの頂上に位置するパルテノン神殿

注意事項

筆者の友人は、アジアの大学で発行された学生証で割引を受けて観光パスを購入したものの、アクロポリス入場の際、EU圏外の学生証は無効と言われ、一般の入場料金をさらに追加で払うことになりました。

このように、出身国によっては学生証の割引が受けられない場合もあるので気をつけましょう。

アクロポリス入場チケット詳細情報

基本情報

連絡先: +30 210 9238747

入場料:20ユーロ(小人半額)

入場料無料日:3月6日、4月18日、5月18日、9月最終週末、10月28日、11月1日から3月31日の間の第一日曜日

営業時間:8:00-20:00

休業日:1月1日、3月25日、5月1日、イースターの日曜日、12月25・26日

アテネ市内で最も古い地区、プラカ

おすすめ度 ★★★★☆

アクロポリスのふもとにある、昔ながらのアテネの町並みを残した地区、プラカ。


地区一帯に迷路のように張り巡らされた小道の脇には、ひとつひとつ手に取ってみたくなるようなユニークなものから可愛いお土産まで、数々の商品を扱う店が立ち並んでいます。


地区内のほとんどの道で交通が規制されているため、のんびりと観光を楽しめるので、アクロポリスで少し歩き疲れてひと休みしたい人は必見です!

おしゃれなカフェやレストランの通りも見どころ

プラカ地区には、出店だけではなくカフェやレストランも軒を連ねているので、歩き疲れた後にはコーヒーを片手にゆったりと時間を過ごすこともできます。

注意事項

プラカ地区は基本的に穏やかで治安もいいですが、たまに出稼ぎの物売りの方に押し売りをされることもあるので気をつけましょう。

筆者も、あまりの押しの強さになかなか振り切れず少し苦い経験をしました…

世界最大級の神殿・ゼウス神殿

おすすめ度 ★★★★☆

地下鉄2号線アクロポリス駅から徒歩5分ほど歩くと見えてくるのが、古代アテネの建築を代表するゼウスの神殿です。

現在は15本の柱のみが残っていますが、紀元前から残る古代ギリシャの建築を楽しみたい方にはおすすめです!


アクロポリスやゼウス宮殿を含むアテネ市内の主要観光地への入場パスが非常にお得でおすすめです。

基本情報

入場料:6ユーロ(小人半額)

運営時間:8:00 - 20:00(最終入場19:45)

アテネ観光パス購入リンク

古代からそのまま残る神殿・ヘーパイストス神殿

おすすめ度 ★★★★★

アクロポリスのふもとに位置する古代アゴラ(アゴラは古代ギリシャ語で市場・広場を意味します)の中で観光客の目を引くのが、 ヘーパイストス神殿です。


地下鉄モナスティラキ(Σταθμός Μοναστηρακίου)駅から徒歩約5分の距離に位置しています。


ほかの建築物と違い、ほとんど修繕工事を施されていないにも関わらず、とても保存状態のいいのが驚きです。

基本情報

営業時間:8:00-20:00(最終入場時間19:30)

入場料:20ユーロ(小人半額)

入場料無料日:3月6日、4月18日、5月18日、9月最終週末、10月28日、11月1日から3月31日の間の第一日曜日

休業日:1月1日、3月25日、5月1日、イースターの日曜日、12月25・26日

意外と観光客に知られていない穴場・フィロパポスの丘

おすすめ度 ★★★★★

最後に紹介するアテネのおすすめ観光スポットは、意外と観光客には知られていない、フィロパポスの丘です。


アクロポリスの入り口からのびる小道を頂上に向かって15分程登っていくと、アテネ市内全体を見渡せる丘の頂上に着きます。


頂上には、ローマ時代の偉人カイウス・リカベトスの像があります。

アクロポリスとほぼ同じ目線から見渡すアテネの全景

アクロポリスは一日中観光客で溢れていますが、フィロパポスの丘まで少し歩くだけで市内とは思えないほどのどかな時間と風景を楽しむことができるので、穴場スポットです!

フィロパポスの丘から見たアクロポリス

ヘーパイストス神殿からはアクロポリスとその頂上にあるパルテノン宮殿も見渡すことができます。


比較的小さな丘ですが、足元が岩場になっているので雨の日は滑りやすいので注意が必要です。

アテネは歴史的・文化的見どころが満載の街ですが、その中でも特に欠かせない観光スポット5選をご紹介しました。


そして各名所に最寄りの駅等ありますが、実はアテネはとてもコンパクトな街なので大体の観光地は徒歩での移動も可能です。

時間に余裕のある方は、ぜひ歩きながらアテネの街並みを楽しんでみるのもいかがでしょうか。


皆さんも一度アテネで古代から残る芸術と建築を肌で感じてみてください!