Smci8xv1dfa8mcaezzmo

ベトナム

CATEGORY | ベトナム

【2019年版】宿1泊250円~!?ベトナム最大都市ホーチミンの物価を徹底解説!

2019.06.20

ベトナムの首都はホーチミン?と間違えられるくらい知名度の高い都市ホーチミン。首都ハノイより人口も多く、ベトナム最大の都市であるホーチミンの物価はいかに!?夫婦で世界一周中(訪問国70ヶ国以上)のライターがホーチミンの物価を飲食費・交通費・宿泊費などに分けて解説していきます!

この記事に登場する専門家

Bwj85sx7oiuhtk7nmbat

旅人

パブロ

夫婦で旅しているバックパッカーです。約3年半かけて東回りで世界一周中。危険地域以外は、基本的に陸路で世界一周をしています。

  1. ライター紹介
  2. ベトナム通貨ドンの基本情報
  3. 【ホーチミンの物価】3食外食+コーヒーで1日約1人約800円
  4. 【ホーチミンの物価】ホーチミンの屋台居酒屋風レストランでの予算はどれくらい?
  5. 【ホーチミンの物価】宿のコスパ世界一!1泊400円のホステルは清潔そのもの!
  6. 【ホーチミンの物価】旅の強い味方Grab(配車サービス)でホーチミンの移動は自由自在!
  7. ホーチミンの物価【まとめ】

初めまして!2016年1月から夫婦で世界一周をしています。基本は陸路移動でこれまでに70ヶ国以上を訪れました。旅のモットーは現地人との交流を通して世界中の文化を知ることです。英語習得のため、半年間のフィリピン留学、10ヵ月のワーキングホリデー(オーストラリア)を経験。約3年半で得た情報を多くの人に伝えたいです。個人ブログも運営していています。

ベトナムに行って気を付けること・・・それはお金の単位です。日本で生活する上で他国の通貨について知る機会は少ないと思います。 そして、ベトナムの通貨はと言うと・・・ドン(Dong)です。そして気になる為替レートは・・・ 1ドン≒0.005円!!! 世界的にも稀な通貨の安さです。1,000ドンで4.7円・・10,000ドンで47円・・100,000ドンで470円!! では、実際に現地で使われている通貨の種類を見ていきましょう。

G2rzneazkn9e4keo4hob

500,000ドン≒2,500円 200,000ドン≒1,000円 100,000ドン≒500円(上記写真にはないですが、緑が基本色となり10,000ドンに少し似ています) 50,000ドン≒250円 20,000ドン≒100円 10,000ドン≒50円 5,000ドン≒25円(上記写真には無いですが、青が基本色となっています。) 2,000ドン≒10円 1,000ドン≒5円 500ドン≒2.5円 ほぼ流通していないですが、200ドン、100ドンもあるようです。僕たちもほとんど見たことがありません。

細かいお金を常備しよう

ATMから出てくるお金はだいたい500,000ドン札か200,000ドン札。レストランやスーパーマーケットでは問題ないですが、ホーチミンシティでは魅力的な屋台やカフェなどがたくさんあります。また、市場では新鮮なフルーツや野菜が手に入ります。そういった場所では大きいお金しかないとお釣りが無くて困ることがあるので、細かいお金を持っておくとスムーズに買い物ができます。 ※細かいお金が無いと言い値を振られて高くなることもしばしばあります。また、値引交渉で劣勢になることもあります。

ベトナムの物価は僕たち夫婦が旅した70ヶ国以上の中でもトップスリーに入る安さです。宿から一歩出たら視界に屋台が目に付くことでしょう。今回、ホーチミンの中心地に宿泊した時に食べ歩いた内容をレポートしていきます!

ベトナムの朝ごはんはこれで決まり!バインミーとベトナムコーヒーのコンビネーションは朝の日課!

約1世紀もの間フランスの植民地だったベトナムでは、バインミーというカリカリ・モチモチのフランスパンの中身はベトナム風の味という、一度食べると病み付きになるパンがあります。僕たちはベトナム滞在中に朝はバインミーにベトナムコーヒーという組み合わせがほとんどでした。そして、ベトナムを離れてタイに行ったあと、いつもこのコンビを恋しく思っていたものです。

Hooeb3tuxwxr4gn7cujk

バインミー:30,000ドン(約150円)

ベトナムコーヒー:30,000ドン(約150円)

今回はホーチミンの蒸し暑さに負けて、冷房が効いているカフェでの朝食にしました。バインミーはカリカリ・モチモチで食感が良く、中身は「サブウェイ式」で野菜を選べるので、野菜モリモリのヘルシーな朝ごはんとなります。

※バインミーは屋台的なところで買った時は、12,000ドン(約60円)でした。(中身は細切れの肉ではなく、ソーセージでした)

T9feun72plbzfsou0adg

こちらは典型的なベトナムのカフェです。ベトナム人は外に座るのが大好き。ベトナムのカフェは店内、店外と小さなテーブルとイスがずらりと並び、外に向かって座るのが一般的です。ベトナム人に混じって朝の時間をのんびり、外を眺めながら過ごすのも毎日の楽しみでした。

Gr9zfvrmik3gs1ibflhb

ベトナムコーヒー(ブラック):22,000ドン(約110円)

ベトナムコーヒー(コンデンスミルク入り):24,000ドン(約120円)


僕たち夫婦はブラックコーヒーが好きなのですが、ベトナムコーヒーは濃ゆすぎるので、個人的にはコンデンスミルク入りをお勧めします。大抵のカフェではお茶のチェイサーがつきます。

ベトナムに来たらやっぱりフォー!野菜たっぷりで健康的!

東南アジアのご飯を想像すると、脂っこいイメージがあるかもしれません。僕たちもミャンマー、タイ、カンボジアと旅してきましたが、ご飯は美味しいけど脂っこくて胃袋が疲れていたんですね。

でも、ベトナム料理は、実はあっさり系で野菜がモリモリの健康的なんです!特にフォーはその代表的な食べ物です。ベトナムに来たら1日1回は食べたくなるはずです。

Cbnbnjice3kwms25edea

フォー(牛肉の肉団子):60,000ドン(約300円)

お店によって一緒に出てくる野菜の種類が違うのですが、ここではノコギリコリアンダー、ミント、バジルなどが別のお皿で出てきます。お好みで野菜をちぎって入れて食べれます。僕たちはノコギリコリアンダーが大好きで、お替りもしていました。(無料)

Wscrksmmqby13drriswm

フォー(牛肉の薄切り):65,000ドン(約325円)

僕たち夫婦のお勧めは、この牛肉薄切り肉がたっぷり入っているフォー。東南アジアのご飯は安いけど量が少ないってことが多いですが、このフォーは十分過ぎるほどのボリューム!別のお皿でモヤシや緑系の野菜のミックスされたものが出てきました!健康的!しかも味も控えめであっさりしているので、毎日食べても飽きません。フォーを食べるのが日課となるのは間違いなしです。

お米が恋しくなったらコム・タムで!

パンのバインミー、麺のフォーを食べたら、そろそろお米が食べたくなりますよね。「Cơm Tấm(コムタム)」と看板に書いてあるか、「Cơm(コム)」と看板に書いてあれば、ご飯が食べられるお店です。「Cơm Tấm」とは、ご飯の上に焼き肉や野菜などがのっているワンプレートのものです。(大抵のお店でスープがつきます)

Imdippypwqaqanccn0nt

コムタム:30,000ドン(約150円)~40,000ドン(約200円)

どちらかと言うと、たくさん食べる方の僕からすると量が少ないですが、素朴な味で美味しいです。もちろんお店によって味は違いますが、ベトナム料理どれも味が控えめで日本人の口に合うと思います。

ホーチミンシティの市街地は所狭しとさまざまなお店が並んでいて、値段もピンキリですが今回はローカルの人たちで溢れる居酒屋風のお店を紹介します!

Vey80bmagkxzhl8eepvv

典型的なベトナムの居酒屋風レストランは、ベトナムカフェと同じで簡易なテーブルとイスが店内、店外とずらりと並んでいます。超ビール好きのベトナム人たちは、24本入っているビールボックスをテーブルの横に置いて飲んでいます。飲みっぷりが良く、声の大きいベトナム人たちは賑やかで、何だかこちらも楽しくなってきます!

Soduciv2k1fg4ea6m513

サイゴンスペシャル:20,000ドン(約100円)

ベトナムのビールは基本的にあっさりしていて飲みやすいです。その他のビールは、「LARUE」や「333」などもありますが、どれもあっさりしています。それに加えてグラスに氷を入れてくれるので、更に飲みやすいので、料理と一緒にガンガン飲めちゃいます!


この日は4人で13本のビールを飲んで、牛肉の鍋とピーナッツなどのおつまみを注文し、合計約500,000ドン(約2,500円)!


因みにコンビニでビールを買うと更に安いです。種類にもよりますが、だいたい12,000ドン(約60円)~16,000ドン(約80円)でした。

旅行中の宿選びはとっても大切!僕たちが値段の他に重要視する基準は3つ。「清潔」、「静か」、そして「受付が優しいこと」!世界中を旅してきましたが、ベトナムにはこれが揃っているのです!長居してしまう人が多いのも頷けます。今回お世話になったホステルを紹介します。

ホステル名:Language Exchange Hostel

引用: https://r-cf.bstatic.com/images/hotel/max1280x900/162/162472388.jpg

受付には広々としたスペースがあるもの嬉しいです。ルールがあったのか、夜10時以降は誰もいなく静寂です。

引用: https://r-cf.bstatic.com/images/hotel/max1280x900/180/180373465.jpg

8人部屋のドミトリーでベッドの下にカギ付きのロッカーがあります。部屋は清潔でシーツなどのリネンも綺麗です。

1泊約800,000ドン(約400円)

引用: https://q-cf.bstatic.com/images/hotel/max1280x900/156/156288506.jpg

ドミトリーの部屋の中にバスルームがあります。トイレもシャワーも十分な広さで清潔!400円の宿とは思えません!


僕たちがいつも利用している宿予約サービス「Booking.com」でホーチミンシティの宿を見ると、1泊約250円もあります。もう異常な安さですね。僕たちは宿を選ぶとき、評価8.5以上を最低条件にして、口コミをしっかり見てから予約しています。結果、総合的にこの宿に決めました。


実際に泊まってみて文句のつけようがない、コスパ最高の宿でした!

Qorvcc61zbkd31gwg6zz

ホーチミンはベトナム最大の都市。ほとんど英語も通じない国でバスに乗るのは至難の業。タクシーを使うにも高い値段を吹っ掛けられたりとトラブルも目に見えています。しかし、安心して下さい。ホーチミンもダナン、ハノイ同様でGrab(配車のアプリ)が使えます。アプリ上で乗車場所・降車場所を指定すると、料金を表示してくれます。安全・便利・安価と良いことしかありません。一般車orバイクorタクシーを選べるので、上手に活用すれば必要最低限の予算で快適に移動することができます。 例えばホーチミンの中心地から国際空港まで移動した場合の費用はこちらです。

約8キロ 車:110,000ドン(550円) バイク:38,500ドン(約192.5円)

※時間帯や混雑状況によっても価格は前後するようです。

Ttxoofy2rcpnahfyline

Grabで配車される車両はアプリ上で「一般車」「タクシー」「バン」「バイク」などから選べます。無事に配車できると画面にドライバーの名前と車種、ナンバーが表示されます。車には「Grab」とは書いてないので、乗る前にそれらを確認しましょう。ホーチミンで配車した車もダナンと同様に、どれも良い車ばかりでした。乗り心地も抜群です。

Dowku30fnrurm4cky6pr

こちらがGrabで配車されたバイクです。乗る前にナンバープレートを確認しましょう。(ヘルメット渡されます) 僕たちは、バイクを予約するときは、特に安全運転してくれそうな優しそうな人を選んでいます。(予約時に顔写真が見れます) 1人旅の場合はこのGrabバイクがとっても便利です。安くて速いのでおすすめです。

ベトナムの物価は僕たち夫婦が旅した70以上の国の中でトップスリーに入る安さです。そして、飲食費、宿泊費などのコスパは世界一といっても過言ではなく、とっても「お得感」があるのも魅力的な一つです!

そしてホーチミンは食べ歩きが楽しい街だけではなく、あのベトナム戦争の勝利した歴史的な街でもあり、歴史の勉強もできる街ホーチミン。必見です!日本のパスポートは15日間ビザ無しで滞在ができますので、是非足を運んでみてください!ベトナムにハマること間違いなしです!