Gmzhwrotrisbxpjnkmes

ベトナム

CATEGORY | ベトナム

一食50円~!?ベトナム第3の都市ダナンの物価を現地旅行体験者が徹底解説!

2019.06.19

東南アジアの経済の要の一つであるベトナム。ビーチリゾートとしても近年有名になってきている、ベトナム第3の都市ダナンの物価はとっても安い!夫婦で世界一周中(訪問国70ヶ国以上)のライターがダナンの物価を飲食費・交通費・宿泊費・病院費などを詳しく見ていきます!

  1. ライター紹介
  2. ベトナム通貨ドンの基本情報
  3. ダナンの物価①【食費】3食外食して、カフェでコーヒーを飲んでも1日500円かからない!!
  4. ダナンの物価②【交通費】携帯アプリグラブ(タクシー・バイク)で安価にいつでもどこでもどこへでも!!
  5. ダナンの物価③【夜のビール】ビール1杯60円から!ベトナム居酒屋を梯子できる!
  6. ダナンの物価④【ホテル・ホステル】激安で超清潔!ベトナムの宿は快適過ぎて沈没注意笑
  7. ダナンの物価⑤【病院】病院費は意外と高い?海外保険は忘れずに!!
  8. ダナンの物価【まとめ】

初めまして!2016年1月から夫婦で世界一周をしています。基本は陸路移動でこれまでに70ヶ国以上を訪れました。旅のモットーは現地人との交流を通して世界中の文化を知ることです。英語習得のため、半年間のフィリピン留学、10ヵ月のワーキングホリデー(オーストラリア)を経験。約3年半で得た情報を多くの人に伝えたいです。個人ブログも運営していています。

ベトナムに行って気を付けること・・・それはお金の単位です。日本で生活する上で他国の通貨について知る機会は少ないと思います。 そして、ベトナムの通貨はと言うと・・・ドン(Dong)です。そして気になる為替レートは・・・ 1ドン≒0.005円!!! 世界的にも稀な通貨の安さです。1,000ドンで4.7円・・10,000ドンで47円・・100,000ドンで470円!! では、実際に現地で使われている通貨の種類を見ていきましょう。

ベトナム紙幣の種類

500,000ドン≒2,500円 200,000ドン≒1,000円 100,000ドン≒500円(上記写真にはないですが、緑が基本色となり10,000ドンに少し似ています) 50,000ドン≒250円 20,000ドン≒100円 10,000ドン≒50円 5,000ドン≒25円(上記写真には無いですが、青が基本色となっています。) 2,000ドン≒10円 1,000ドン≒5円 500ドン≒2.5円 ほぼ流通していないですが、200ドン、100ドンもあるようです。僕たちもほとんど見たことがありません。

細かいお金を常備しよう

ATMから出てくるお金はだいたい500,000ドン札か200,000ドン札。レストランやスーパーマーケットでは問題ないですが、ベトナムでは魅力的な屋台やカフェなどがたくさんあります。また、市場では新鮮なフルーツや野菜が手に入ります。そういった場所では大きいお金しかないとお釣りが無くて困ることがあるので、細かいお金を持っておくとスムーズに買い物ができます。 ※細かいお金が無いと言い値を振られて高くなることもしばしばあります。また、値引交渉で劣勢になることもあります。

ベトナムの物価は安いと聞いていましたが、ダナンで生活してみて本当に安い!と実感しています。今回は1日の1人当たりの食費を算出してみたいと思います。

ダナンの朝ごはん

朝ごはんはパン派?ご飯派?それとも麺派?ベトナムでは3つ選択肢がありますが、ベトナムでは朝食に麺類を食べた後、カフェで甘ーいベトナムコーヒーを飲むのが定番!とベトナム人の友人が教えてくれました。フォーのようなあっさり系の麺なら朝からでも食べられそうですが、僕たちは「朝はパン」派なので今回はバインミーとコーヒーをご紹介します。

こちらがベトナムの可動式の屋台。街を歩けばすぐに見つけることができます。この屋台はバインミー専用です。(フランスパンの間に豚肉のパテと野菜やお肉が入っています)

バインミー:10,000ドン(50円)~15,000ドン(75円) ※お肉の種類やボリュームで値段が変わります。 お肉の種類もいくつかあります。僕たちが注文したものはハム入りバインミー。その他にチキンやポーク、ミートボールもあります。また、追加で目玉焼きもトッピングしたり、お肉の量を多めにしたりすると20,000ドンになることもありました。 上の写真は屋台によって異なりますが、10,000~15,000ドンです。 ※ベトナムの屋台は言い値が主流になるので、何軒か値段を聞いて回って安い屋台を見つけることも一つの技です。

ベトナムコーヒー(練乳入り):14,000ドン(70円)~20,000ドン(100円) ベトナムのカフェには食べ物は無く、コーヒーしかない店が一般的です。街にはバインミーの屋台が沢山あるので、テイクアウトしてカフェでコーヒーと一緒に食べれます。 ベトナムコーヒーはとっても濃厚です!どのカフェでもコーヒーのチェイサー(?)でお茶を出してくれます。(上の写真の奥に見えるのがお茶です)また、カフェによりますが、氷を別の器に入れて出してくれるのでお好みでコーヒーに入れて濃度を調整できます。

ダナンのお昼ごはん

お次はお昼ごはんです。お昼はローカル食堂に行ってみましょう!

こちらはダナンの中心地にあるコン市場の中の食堂です。いつも現地の人たちで賑わっています。僕たち夫婦は食べる処を選ぶときに、「お客さんが多く入っているかどうか」をひとつの基準にしています。お客さんが多い店の方が美味しい(新鮮さ・清潔さも含め)ことが多いですし、他のお客さんが食べている料理を目で見て「これと同じものをください」と注文することができるメリットもあります。

コム・タム:20,000ドン(100円)~30,000ドン(150円) ※お肉の種類、魚やイカなどの海鮮系、フライドエッグなどでも値段も変わります。テイクアウトもできます。 味付けも絶妙でとても美味しかったです。ベトナムの屋台、食堂は美味しいだけではなく比較的清潔感もあります。一品の値段も安いので、色々な料理にトライしやすいのも嬉しいポイントです!

またベトナムの典型的なローカル食堂を見ていきましょう。街を歩いていれば上の写真の可動式屋台のようなものが、ローカル食堂の前にあります。中で食べることもできますし、テイクアウトもできます。

コムタム:20,000ドン(100円)~30,000ドン(150円) コムタムとはいわゆるクズ米を炊いたごはんのことで、その上に甘辛く味付けされた豚肉や鶏肉、野菜や卵などがのったワンプレート料理です。スープが付いてくることが多いです。 今回はテイクアウトをしてみましたが、冷めても美味しくいただけました。

ダナンの夜ごはん

そして夜ごはん!ベトナムを代表する料理のフォーです。これを食べずには1日を終われないと言えるくらいハマりました!ただ美味しいだけでなく、トッピングの野菜もたっぷりで食べるだけで健康になれそうな気さえします。

フォー:30,000ドン(150円)~50,000ドン(300円) ※お店によって値段がずいぶん違います。お肉の種類や器の大きさでも値段が変わってきます。 写真は牛肉のフォー。 ごはんに比べて値段の高いフォーですが、野菜を沢山摂れることが嬉しいことの一つです。一般的にはバジル、ノコギリコリアンダー、もやし、レモン、チリなども合わせて出してくれます。(お店によってはミントやにんにく、揚げパンなどもありました)

出汁の効いたスープは優しくて本当に美味しいですが、テーブルには必ず数種類の調味料があるのでお好みで味を調整するのもおすすめ。フォーのファンになること間違い無しです!

ダナンはベトナム三番目に大きい都会。ほとんど英語も通じない国でバスに乗るのは至難の業。タクシーを使うにも高い値段を吹っ掛けられたりとトラブルも目に見えています。しかし、安心して下さい。ベトナムはGrab(配車のアプリ)が使えます。アプリ上で乗車場所・降車場所を指定すると、料金を表示してくれます。安全・便利・安価と良いことしかありません。一般車orバイクorタクシーを選べるので、上手に活用すれば必要最低限の予算で快適に移動することができます。 例えばダナンの街中でGrabで移動した場合の費用はこちらです。 約2キロ 車:30,000ドン(150円) バイク:15,000ドン(75円) 約4キロ 車:60,000ドン(300円) バイク:30,000ドン(150円) 時間帯や混雑状況によっても価格は前後するようです。

Grabで配車される車両はアプリ上で「一般車」「タクシー」「バン」「バイク」などから選べます。無事に配車できると画面にドライバーの名前と車種、ナンバーが表示されます。車には「Grab」とは書いてないので、乗る前にそれらを確認しましょう。ダナンで配車した車はどれも良い車ばかりでした。乗り心地も抜群です。

こちらがGrabで配車されたバイクです。乗る前にナンバープレートを確認しましょう。(ヘルメット渡されます) 僕たちは、バイクを予約するときは、特に安全運転してくれそうな優しそうな人を選んでいます。(予約時に顔写真が見れます) 1人旅の場合はこのGrabバイクがとっても便利です。安くて速いのでおすすめです。

ベトナム人はビールが大好き!現地のビールはあっさりしてとっても飲みやすいです。そして安い!今回はダナンの居酒屋的なお店と少し高めのレストランでの物価を調査してきました。

ダナン居酒屋風レストランの物価は!?

ビール好きにはダナンは最高の街と言えるのではないでしょうか。1軒目に突入した居酒屋風レストランでの物価を見てみましょう。

ベトナムの最安値?ビール1缶350ml:12,000ドン(60円) ※スペシャルなどと書いてあるビールは少し値段が上がります。

SAIGONはLARUEと同じ価格だったと思います。現地の人と同じようにグラスにビールと氷(無料)を入れれば、蒸し暑い夜でもクールダウンできます。

ビール好きの多いベトナムですから、料理もおつまみにピッタリ!嬉しいのが新鮮な生野菜も一緒に摂れるのが健康にもバッチリ!

料理の味付けも日本人にも馴染みのある味で最高です!因みにこの時は2人でビール10缶+おかず3品で150,000ドン(750円)前後でした。ベトナム恐るべし・・

ダナンのちょっといい感じのレストランの物価は!?

ベトナムでインポートビールの価格はどうだろう?ということでベトナム居酒屋の後に少し高めのレストラン(日本でいうビアホール的な雰囲気)に行ってみました。

ヒューガルデン350瓶(ベルギー)をグラスに入れてくれます。(オレンジも入れてくれました) このお店では、2種類ビールを飲みました。 バドワイザー350ml瓶(アメリカ):30,000ドン(150円) ヒューガルデン350瓶(ベルギー):55,000ドン(275円) ヒューガルデンは個人的にとっても濃厚で美味しくおすすめです!

ダナンのタニシは大きい!あっさりしていてとっても美味しいです。このお店には醤油もワサビもありました。 輸入品まで安いのはビール好きにはたまらないと言えます。二人でおつまみ2品とビールを8杯飲んで6,000,000ドン(3,000円)。1軒目の4倍ですが、日本と比較するとやっぱり安いです!

宿泊する場所によって訪問した街が好きになるかならないか、大きく変わってくると思います。東南アジアの宿は汚そう、虫とかダニとかいそう、などの印象があるかもしれませんが、ベトナムの宿は超清潔です!そして安い!今回は僕たちが泊まったコンドミニアムと友人が宿泊したホステルを紹介します。

ダナンのモーテル

街中の大通り沿いにある7階建ての比較的新しいコンドミニアムに泊まりました。 1泊:300,000ドン(1500円) ※ブッキングドットコム(世界で一番大きい宿予約サイト)では1泊400,000ドン(2,000円)でしたが、受付で1週間宿泊すると言うと割引してくれました。

エレベーター付きの建物で、洗濯機も自由に使えて屋上に干すこともできます。部屋は広々していて、簡易キッチン、バスルーム、エアコン、WiFi付です。

シャワー室も広々。熱々のお湯も出て水圧も良好でした!

ダナンのホステル

街の中心地にあるロケーション抜群のホステルです。 12人部屋のドミトリー:109,350ドン(547円)/1人

ドミトリーと言ってもとても綺麗で清潔です。ベッドには他の宿泊者から見られないようにカーテンがあり、日本のカプセルホテルのラグジュアリー版のようなイメージです。

海外旅行で怖いのが怪我や病気ですよね。たいていの方が海外保険に加入しているかとは思いますが、保険によってキャッシュレス対応ができるかどうかも変わってくると思います。今回は私の妻が自転車で転んで膝を怪我したときの治療費を参考にしてみたいと思います。 ※大した怪我ではなかったですが、海外なので念の為病院に行きました。 初診料:700,000ドン(3,500円) 消毒代(1回):420,000ドン(2,100円) ダナンの中では2,3番目に大きい病院での治療になります。 海外では怪我や病気にならないように気をつける時が一番ですが、万が一の際にはキャッシュレス対応の保険加入とそれが対応している病院を事前に調べておくことが重要だと思います。

いかがでしたでしょうか?70ヶ国以上を旅してきましたが、トップ3に入る物価の安さです。値段の安さだけでなく質が高い!宿は清潔感があり、水回りもよし、食堂やレストランは料理が美味しい且つヘルシー!非常にコスパが良いと感じました。そして、人も優しくフレンドリーなベトナムにこの記事を通して興味を持ってくれると嬉しいです。 この記事が気に入った方は、以下の旅行記もチェック!