Zfiiedjwz1tube6s1zfn

台湾

CATEGORY | 台湾

台北の気候と服装で押さえるべきポイント!駐在員が教えます!

2019.07.04

台湾の首都台北。日本から3時間半という近さや親日の方が多いことから人気の観光地ですよね。そんな台北に行く準備をする際に気になるのは、台北の気候と適した服装について。今回はその気候と服装に焦点をあててご紹介したいと思います。

  1. ライター紹介
  2. 台北の気候の基本情報
  3. 台北の気候【1月・2月】
  4. 台北の気候【3月・4月】
  5. 台北の気候【5月・6月】
  6. 台北の気候【7月・8月】
  7. 台北の気候【9月・10月】
  8. 台北の気候【11月・12月】
  9. ちょこっとメモ
Xbgovgapdih2exr6brmo

こんにちは、じゅんママです。旦那が台湾へ転勤となり、駐在妻として台北に住んでいます。日本にいる時から“花より団子”で食べることが大好き。美味しいお店を歩き回りながら、「台湾駐在妻じゅんママのブログ」を更新しています

1年を通して日本よりは温暖です。緯度的には、沖縄の那覇よりは南、石垣島よりは北くらいで、結構石垣島に近い所にあります。

3・4・5・10・11・12月が過ごしやすく、6・7・8・9月は非常に暑く、

1・2月はちょっと肌寒いかな、といったかんじでしょうか。

夏場の注意点としては、外はギラギラ日差しが痛く、室内は冷房が効きすぎること。 冬場の注意点としては、温暖な国でも冷える日はありますし、室内も暖房のある建物は少ない上に、除湿代わりに冷房を付けているところも多くあること。外は暖かくても、お店や電車内用にウルトラライトダウンをカバンに忍ばせて歩いていました。冬も上着を着ながらご飯を食べる人達を良く目にします。

また、1年中雨の予報が多いです。ただ、雨季以外は1日中降ることはそんなに多くなく、降っても割とさらさらっとした雨が少しだけ降って終わることもあります。一方雨季はスコールのようにザーッときます。どちらにしても濡れても多少大丈夫なような靴を履いていると安心ですね。

それでは各季節ごとにどんな気候なのか、どんな服装がいいのか、チェックしていきましょう!!

Cd78yvyloktg445esdtn

最高19℃最低13℃

1年で1番寒い季節ですが、日本の寒さほどではありません。モッコモコのダウンを着るほど寒かった日はありませんでしたが、たまーに朝晩は薄いジャンパーだと寒い寒い言っていた日もあったように思います。そんなときは日本から着てきた上着にチェンジするといいでしょう。 厚手の長袖にユニクロのウルトラライトダウンのようなものを羽織るのが丁度良かった日が多かったように思います。 (台湾人は寒がりなのでモッコモッコのモコで重装備です。)

Bxbovi0obu3vxp9ob5tf

↑一番寒い日でも、こんなかんじの恰好であれば外でも遊べる、そんなイメージですかね!

Zcxirxcy1lafgxsdtxa7

最高24℃最低17℃

段々暖かくなり、薄手の長袖でもOKになってきます。ただ、朝晩は冷えることもありますし、除湿の為にクーラーが入っているところもあるのでパーカーやカーディガン等羽織るものは必ず持っていた方がいいです。比較的過ごしやすく、観光に適しています。4月になると半袖になりたいくらい暑い日もちらほら。(4月でもうこの暑さか…とうんざりしたり。)

Amkfxokdswarpz4ojhrv

↑陽明山に桜を見に行った3/17の写真。桜はまだ早かったです。山なので少し肌寒くなるし写真ではダウン着ている人いますが、桜が咲き始める季節なので実際そんなに寒くはないです。私は薄い長袖1枚でした。

Ye4vqql0g4memuqhozf2

最高29℃最低23℃

5月6月は梅雨の季節になります。早いとゴールデンウィークが明けてすぐくらいにやってくることもあります。 5月前半はまだ肌寒い日もあり、薄い長袖1枚くらいかな…と思うのですが、暑い日は30℃を超えることも。臨機応変に対応できるよう、半袖に1枚羽織るくらいが丁度いいかもしれません。 6月は初夏。段々と日差しがギラギラしてまいります。夕方によくあるスコールには要注意。 (あー本格的な夏が来る!今のうちに行きたい所に行っておかなければ!と焦る駐在妻たち…。)

Joi182e8uwnduf5llxiv
Qohpu4mivvnu43yvjbzk

最高34℃最低26℃

暑さ本番。じりじりと日差しが肌を突き刺してきます。日差しが痛い。暑い。そしてゲリラ豪雨も多いですので、雨の予報が無くても傘を持っているといいです。雨晴兼用の折りたたみ傘があると安心ですね!目が弱い方はサングラスも忘れずに。本当に暑く、ずっと野外の観光をするのは結構キツイので、休み休み水分補給もしながら行きましょう!反対に室内は冷房ガンガンですので、冷房対策も忘れずに。(日焼け止めは外出の15分前には塗っておくといいらしいです♪もったいぶらずガンガン塗りましょう!)

Mrqk9rbxu8xhegcm0py5

↑暑さ対策で半袖にするか、日焼け対策で長袖にするか、いつも悩みます。写真は32℃くらいの日でしたが、女性は長袖もちらほらですね~!

Xsc9jl4pwuzzhbivtfdi

最高31℃最低23℃

9月はまだまだ暑いです。日差し対策と冷房対策さえできていれば半袖で全く問題なし。10月になると気温は下がり始めて、段々と過ごしやすくなりますが、日中はまだ暑くなる日も多いです。また、台風の季節でもありますので、予報をチェックしていきましょう。(雨が多い台湾では折りたたみ傘屋さんも日本より多い気がします。台湾で買うっていうのもひとつの手かも?)

Folw4ybcv1uukuszdecm

↑「十分」の写真です。まだまだ暑いです…。九份・十分は台北市内よりも雨が多いのでより注意です。

Titsdtabai6jbbayswd8

最高22℃最低16℃

11月は過ごしやすく観光には適しています。薄手の長袖に何かを羽織る等、調節できる服装がいいでしょう。しかし半袖でいける日もまだ結構あったりします。天気予報を見て暑そうだったら半袖も持っていると安心。 12月は気温的には暖かく見えますが、日本よりは湿気があるので実際は気温よりももう少し肌寒いイメージ。暖かい日は薄手の長袖、肌寒い日は厚手の長袖、さらに寒かったら出国時に着てきたジャンパーを羽織りましょう。ユニクロのウルトラライトダウンなんかも重宝します。(ユニクロは台湾にもありますが日本より少し高いのでお勧めはしません。)

Lu4xdvjcajgyj1agsr3w

↑12月の中でも一番寒かった雨の日。一番寒い日でも右の赤いスマホの女性は日本人には着込みすぎと感じます。

いかがでしたでしょうか。異国の地に旅行に行く準備で、服装は悩みますよね。 そういえば、私は台湾に来る前に、何かで、モコモコのダウンジャケットを着ながら震えて食べている台湾人の写真を見て「台湾は冬は寒いんだ…」と思っていました。しかしそれは間違い。確かに寒い日もあるけど、そうじゃなくて台湾人は寒がり。ちょっとでも肌寒くなるとめちゃめちゃ着込みます。日本でよく寒いのにタンクトップで歩く外国の方見ますよね!台湾人からすると日本人はそんなかんじで見えるのかなぁなんて思ったりします。

Ri8wq9o0of3di1hkwtaw

↑私と息子は「今日暑いなぁ」と思っていたある日のこと。全身モコモコフリースにベストまで着た子が現れたときにはビックリしました。でも足は裸足。 皆さん台湾に実際に行かれる際には参考にしてみてください^^