Xhsgals4rv49nyz2gaif

台湾

CATEGORY | 台湾

【2019年版】台北の物価って意外と高い?台湾在住者が徹底解説!

2019.06.19

台北に旅行するとなると、気になるのが物価ですよね。 台湾と聞くと、日本に比べて物価が安いイメージをお持ちの方も多いと思いますが、実際は日本と変わらないなんてこともあります。 そこで今回は台北在住経験のある僕が台北の衣食住に関する物価を解説します!

  1. ライター紹介
  2. 台湾の通貨・物価の基礎知識
  3. 台北の物価〜食べ物・飲み物編〜
  4. 台北の物価〜ファッション編〜
  5. 台北の物価〜ホテル・ホステル編〜
  6. 台北の物価〜夜市編〜
  7. 台湾物価まとめ

徒歩で台湾一周達成した阪大ブロガー 2018年〜2019年の10ヶ月間にわたって台北に留学し、台湾ブログ「たつきちの台湾ブログ」を運営する。 台湾留学中に、台湾人が一生に絶対にしておきたいこと「台湾一周」(環島)を徒歩で行うことを決意。 60日かけて1000km以上歩き、無事に台湾一周達成。 世界で一番好きな食べ物はマカロニサラダ。

そもそも台湾の通貨って何?

Wgt2lwjpdfuwlkl1lk6y

台湾の通貨は「台湾元」です。 台湾元以外にも、 ・台湾ドル ・NT$(ニュー台湾ドル) ・TWD ・圓 などと表記されることもありますが、どれも同じ意味です。

台湾の硬貨と紙幣の種類

Pecaqcdgdoar9bjhiddb

台湾元の硬貨は ・1元 ・5元 ・10元 ・50元 紙幣は主に ・100元 ・500元 ・1000元 があります。

台湾ドルのレート

K1nxazvf6zwchtxassoa

また台湾ドルのレートは現時点(2019年5月7日)で、1台湾ドルが3.58円です。 ここ最近は3.5〜3.6円代で動いています。

そのため、基本的に日本円に値段を換算する際はモノの値段×4倍にしてから、少し減らすくらいのイメージを持っておくと良いでしょう。

例えば、30元と表記されているのであれば、30×4から少し差し引いて、だいたい100円少しくらいといった感じですね。

ここからは具体的に台北における衣食住+交通費の物価について解説していきます。

台北の食べ物の物価〜マクドナルド~

A2vl4r1ur1udrhakyly4

まず紹介するのはみんな大好き「マクドナルド」の物価。

マクドナルドの中でも、台湾のビッグマックセット(+ポテトとジュース)の値段は119元(約430円)です。 日本のビッグマックセットは690円かかるので、だいたい日本の約3分の2の値段ですね。

基本的にマクドナルドのメニューの味は日本と変わりませんが、ジュースのサイズは日本より大きいですよ!(上記の写真にあるドリンクはMサイズです)

このように、台湾のローカル店・比較的安いチェーン店は、一般的にどこも日本の3分の2程度の値段で食べることができます。

台北の食べ物の物価〜コンビニ〜

Rwkzzddkhgg0gzb3twwg

台湾にはセブンイレブンやファミリーマート(全家)などコンビニエンスストアも至る所にあるんです。 コンビニで売っている食べ物も比較的日本と比べると安いです。 例えば、セブンイレブンなら、

・ツナおにぎり➤25元(約90円)

・フランクフルト➤30元(約110円)

・ざるそば➤52元(約190円) ほどですね!

おにぎりに関して、台湾では肉鬆味(肉の繊維をほぐして、やわらかくしたもの)が最もポピュラーです。 台湾ならではの具材が食べたい方はぜひチャレンジしてみてくださいね!

日本のコンビニだと500円ワンコインでお腹いっぱいになることは難しいですが、台湾なら500円もあれば おにぎり、フランクフルト、ざるそばを頼んでおつりが返ってくることになります。

台北の食べ物の物価〜小籠包〜

Vfiotmtvnjleupsddbp8

台湾の小籠包で有名なお店といえば、台北の永康街に本店を構える「鼎泰豐」です。

鼎泰豐のオーソドックスの小籠包なら、5個入りで110元(約400円)かかります。

一方、もう少しローカルなお店だと8〜10個を100元(約360円)で頂けます。 そのため、台湾最高レベルの小籠包を食べたい方は鼎泰豐、台湾人がよく行く地元の小籠包を食べたい方はローカルなお店に行くと良いでしょう。

台北の飲み物の物価〜水・ビール・コーヒー・タピオカ〜

Hkssn5x5vnneysksmspp

食べ物の次は飲み物の物価について。 台湾の水は基本的にスーパーやコンビニにて、10~20元(約40〜80円)ほどの値段で買うことができます。

また、台湾ビールには、オーソドックスなものから、マンゴー味やパイナップル味のビールまでありますが、コンビニに売っている330mlの缶のビールなら、大体27〜35元(約100〜130円)ほどです。

H9cavbjyxmownlupkcrf

ここ最近大ブームになっているタピオカは日本なら500円ほどかかりますが、台湾のドリンクスタンド店で売っているタピオカミルクティーなら30〜45元(約110〜160円)ほどの値段で飲むことができますよ!

ドリンクスタンドチェーン店なら、「50嵐」や「CoCo」、上品な日本人向けのお店なら「春水堂」、黒糖タピオカミルクティーなら公館駅にある「陳三鼎」がおすすめです。

U9nbhko5exp1tofeoy18

台北でブランド品を買う場合は、大して日本と値段は変わりません。 ましてや、ユニクロなどの日本製を買うとなると、台湾の方が高い値段になるなんてこともあります。

ただ、台湾の安い服が並ぶファッション街「五分埔商圈」や台北の原宿「西門」、夜市なら、100元~(約360円)ほどの値段で可愛い服が並んでいます。

Nyb1k9b4bmusfnu9wzr5

このお店ならTシャツ3枚を500元(約1800円)で買うことができます。 ちなみに「件」というのは1枚、2枚などの「枚」という意味ですね!

また、これ以外にも「〇折」というような割引表現もあります。 100元の商品に八折と書いていれば×0.8で80元に、七折と書いていれば×0.7で70元となります。

Ycpi50ei2k8g2yienlwq

台北のホテル・ホステルも日本と比べると安いです。 ホステルだと、一般的に1泊500元(約1800円)ほどの値段がスタンダードです。

直前割引されている宿を探すと、一泊300元(約1100円)程度の宿も見つかる可能性もあるでしょう。

また、一般的なホテルだと2000元(約7200円)~が相場ですね。 これを見ると、「意外とちょっと高いな…」と思ってしまうかもしれませんが、実は、台湾のホテルは人ではなく、部屋にかかるので、複数人で泊まれば半額以下になります。

例えば、2人部屋で2000元(約7200円)なら、1人あたり1000元(約3600円)ということですね! このように複数人で泊まると、お得になりますよ!

C3q1qwwhwgzanuoozpga

台北の観光夜市(士林夜市・饒河夜市・寧夏夜市)の食べ物はもちろん日本と比べると安いですが、思っているよりは高いかもしれません。

Fpgtf2vgypfrc6clzd7j

例えば、士林夜市の超有名な巨大フライドチキン「雞排」(ジーパイ)だと、70元(約250円)ほど。 かなり大きいですが、意外と食べやすいので、士林夜市に来た際はぜひともチャレンジしておきたいグルメですね!

Fwi9thahhsfmuzon6yb9

それ以外にも、インスタ映えしそうなカラフルなこの飲み物(蝶香檸檬飲)は70元(約250円)です!

Uhxv7men3vjerkw4v3bx

台湾のB級デザート40元(150円)ほどでした! また、夜市には雑貨屋、お土産やさん、小物店などもたくさんありますよ!

Aq6zcymthzi0fvsmtugn

夜市にはこのようなネタ系の服も置いてあるので、皆でお気に入りのものを買うのもありですね!

Egny8vuqjyhzozxguuuo

ちなみに僕が以前買ったネタ服はこちらになります。 この服は日本で見ることはないファッションブランド、Superdry、極度乾燥(しなさい)のパロディ服ですね! 日本人から見るとSuperdryはかなりダサい感じはしますが、意外と人気なハイブランドなんですよ!

Qibltph0qookwnobse5i

今回は台北の衣食住に関する物価について解説させていただきました。 台北の物価に関して、「思っていたよりも高かった!」という方もいるのではないでしょうか? そうはいっても東アジアの韓国・中国・香港を旅行するのに比べると、安い値段で楽しむことができます。 ぜひ台湾旅行も検討してみてはいかがですか?

関連記事