Bpkfr5mc7y4s6zcgro79

スペイン

CATEGORY | スペイン

出発前に知っておきたい!バルセロナの治安〜注意点と準備することを在住者が説明します!

2019.07.09

ガイドブックを見ながら旅行の計画、ワクワクしますよね!そこでちょっと気になるのは「治安」のこと。バルセロナは危ない街?でも、少しの危険はどの街にもありそうだし。。。楽しく過ごすために事前調査しておきましょう。いざという時に備えておくポイントもお伝えします!

  1. ライター紹介
  2. バルセロナって安全?
  3. バルセロナの治安 ① 空港
  4. バルセロナの治安 ② 観光地・移動でのトラブル
  5. バルセロナの治安 ③ スリ・置き引き・ひったくり
  6. バルセロナの治安 ④ 路上トラブルにご注意を!
  7. バルセロナの治安 ⑤ ナイトスポットはご注意を!!!
  8. バルセロナの治安 【準備編】 ① 動きやすい服装とバッグを携行しよう
  9. バルセロナの治安 【準備編】 ② 保険付帯のクレジットカードを使おう
  10. バルセロナの治安 【準備編】 ③ 大使館、外務省の情報を掴もう
  11. バルセロナの治安 【まとめ】備えて楽しい旅にしましょう!
Qekobjnzq3chx2vdyyir

結婚を機にスペインに移住7年目。趣味は、芸術・音楽鑑賞、旅行、食べ歩きと昼寝。これまで訪れた国は10カ国。まだまだ行きたい国がいっぱいです。「楽しく安全に」は旅の必須科目。今回はそのお手伝いをさせていただきます!

Eislpzzetbdztyrjmw7k

スペイン旅行を計画する友人に「バルセロナって安全?」と訊かれます。住んでいる身としては特に大きいトラブルに遭ったことはないのですが、ニュースを観ると毎日のように何かが起きている感じです。また最近では、日本人が巻き込まれるトラブルがとても多いとも聞きます。

K8p7kmnjpasnic2qycph

確かに在住者であっても「日本とは違う意識でいないと」と常に思っています。特に都市バルセロナを歩く際、習慣的に気をつけている点はいくつかあります。では、その事例を挙げてみましょう。

Bl5nk40gkvjpretz2qre

え?いきなり空港から?と驚かれるかもしれません。でも、さまざまな人が行き交う空港でもトラブルは発生します。 日本からは経由便や夜到着便が多く、長旅は思いのほか疲れます。つい、注意が散漫になりトイレや座ったベンチにバッグを置き忘れるケースがあります。また空港から中心地までの移動では、バス乗り場を間違えたり、タクシーの支払いトラブルなども見受けられます。

Daant5x9smdxgvwbbjub

ツアー参加の場合は、広い空港内で決してグループから離れないこと。単身の場合は、出来るだけガイドブックで入国時の手順や安全なバス、タクシーの乗り方を調べておき、わからなかったら「躊躇せず」同便で来た日本人旅行者やツアーガイドに尋ねましょう。

K5qhyoixwnsmkij44m32

観光地には様々な人たちが集まりますよね。そして時には「観光者を狙う」人々も中に混ざっていることもあります。こんなことを言うと人を疑っているようで嫌ではありますが、現に不要なものを売りつけられたり、アクシデントを装って集団でスリや窃盗を企てる人々は横行しています。

Dx9vmhwn2zq061jp3btv

また、移動でタクシーなどを利用する際に料金の改ざんをされることがあったり、バスや地下鉄などはデモやストライキなどの影響で運休や主要道路の閉鎖が起き、思いがけないスケジュール変更を被ることもあります。

Ujn8tcmlhzk0pd0qs6aj

でも、少しのアクシデントは後になると旅の特別な思い出となります。どうかガッカリしないで。私も常に「ここはスペインだもの」と自分に言い聞かせています。まずは冷静に。そして、番狂わせに備えてフレキシブルな観光プランを用意しましょう。

Ahcg4maranjwvseqe0lf

実は今回私が1番特筆したいところはここなんです。最近、邦人目当てのスリや置き引き、窃盗が増えています。もともと、現地に住む学生さんやお年寄りも被害に遭っていましたが、買い物や観光のためにお金を持ち歩く観光客、特に日本人の被害が多く報告されています。

経験談〜カフェで置き引き

Nlkw5qbywted7eohfct8

数年前のことでした。ある日本人カップルがサンツ駅のカフェでコーヒーを飲もうと席に荷物を席に置いて2人揃ってカウンターへ。そして飲み物を持って戻ったら、バッグがそっくり無くなっていたそうです。パスポートを盗まれたので領事館はどこですか、と偶然通りすがりの私に尋ねてきました。まさに領事館が閉まる10分前!すぐにタクシーに2人を乗せました。今思えば警察が先だったかも、と思いましたが、私も思いがけなく慌てました。人が多い場所でも泥棒は自分のもののように持って行ってしまいます。絶対に所持品から目を離さないようにしましょう!

油断するつもりはないけれど

Ohdretiek917yqfl8co3

昨今被害が増えているのはスリです。立ち止まったり、混んでる道を進んでいると、後ろに回り込んだ人にバッグを開けられて貴重品を盗まれるのです。また、背後から液体をかけられて「汚れているよ」と声をかけ親切な人を装い、その隙に仲間にスリをさせる事例も良く耳にします。油断しているつもりはないのに起きるのは、それだけ手口が巧妙になってきている証拠、見分けは難しいです。でも、十分周囲を見渡し隙を作らないことで防げます。

R8bxrfecdcufmok4mxzo

バルセロナは歴史深い都市であり、中世の街並みがそのまま生活に密接している風情が魅力です。そのため、細い古い街道や路地裏が多いです。在住者にとっても、時間帯によっては少し近寄り難い雰囲気を醸す場所もあります。また、狭い道なので往来の接触率も高いです。風景の写真を撮ったり、道を確認するためにガイドブック片手に立ち止まる際は周囲の人によく気をつけましょう。

Apzr2nbywqdubf0iuctd

また、路地で思わぬ他人の喧嘩やトラブルに出くわしたり、ひったくりも路地でありえる事例です。できれば人が多い界隈、明るい場所を選んで歩くことや一人歩きの際の身の回り品には注意が必要です。そして、少しでも様子が「怪しい」人物に出くわし、たとえ声をかけられても相手にしないでその場から引き返すか、速やかに通り過ぎましょう。

Stfmnlzx9jprjdwx4lxc

観光シーズンはやはり夏とクリスマス。いずれも夜が賑やかな華やかになる季節でもあります。昼間にたくさん歩いて疲れてもやはり夜のバー巡りやクリスマスイルミネーションは逃せませんよね。しかし、例年問題視されているのは「観光客のハメの外し方」。バーやディスコテカで泥酔し、集団で大声で騒いだり、時には喧嘩をして警察沙汰にも。ついそのような場面に巻き込まれて「貰い事故」に遭うと大変です。

C5dl8jglnm1fyffwngly

また、バルセロナに限らず、イベントに参加し意気投合した人たちとのトラブルも通報事例として多いです。旅先で友達ができるのは素晴らしいことなのですが、金銭の貸し借りトラブルや女性の性被害は、特にナイトスポットから始まります。何かが起きても相手も観光客だった場合泣き寝入りも強いられます。あってはいけない事例は自分から引き起こさないよう注意が必要です。

Tsxsuys5ajwsswnntzaw

せっかくの海外、おしゃれをして出かけたいところですが、スペインは坂が多い地形です。そんなに広くないバルセロナ中心でも結構健脚な人でさえ一日中歩くと疲れます。思わぬアクシデント、ケガ防止のためにも履きなれた歩きやすい靴で周りましょう。

Ais9h748tv6t6syor5gd

スリ被害を経験したスペイン人の友人は、「ファスナーを開けられて盗られたのよ!」と憤慨していました。バッグに入れていても表のファスナーなら平気で開けられるそうです。女性が多く使用する小ぶりのリュック。両手が空いて便利ですがこれが実は盲点。背中側にファスナーが付いているデザインのものを探しましょう。そして、ショルダーバッグは必ずたすき掛け、立ち止まる時や座る時は前方で抱えましょう。

これは補足ですが、ガイドブックや大きな地図を片手に観光をするとそれを目当てにスリやひったくりのターゲットになります。私はいつも事前に行く場所のルートは小さい紙にメモしポケットに入れ、必要な時だけ手元でさっと確認できるようにしています。荷物も軽くなり手が空くので動きやすくなりますよ。

皆さんは旅先でも現金派?カード派?小さい小売店やカフェなどでは未だに現金払いを求める場所もありますが、バルセロナはほとんどカード払いが可能です。食事や買い物はもちろん、往復のフライトに乗り遅れてチケット再購入、怪我や病気で医療費の支払いもカードが活躍してくれます。また、海外旅行の傷害、疾病、盗難の保険が付与しているクレジットカードもあります。今まで現金派だった方にもぜひ一枚携行をお勧めします。

これまでに書いてきた情報、実は在スペイン日本大使館や外務省からのお知らせも含まれています。在住届けを出した私へも大使館からのお知らせがメールで届きます。そこには、近々のデモやストライキ、お祭りによる混乱予想、注意事項などが書かれています。何が起きるか知っておくだけでも危機管理の役に立ちます。在住者はもちろん、観光で訪れる皆さんのためにも貴重な情報だと思います。

Ioqnp30owpqxanzk4qbc

皆さん、「たびレジ」をご存知ですか?海外旅行に行かれる方は登録をすることで旅行先の情報だけではなく、事故や事件に巻き込まれた際の支援、所在・安否確認が容易になります。日本にいらっしゃるご家族方に安心していただくためにもぜひ「たびレジ」の登録をオススメします!

K9yie5pcrmcovpuauvzx

その国を訪ねる時、気候や交通手段などはチェックしても治安についてはなかなか頭が回らないのが常ですね。でも、 ある程度心構えを知っておけば、自然と行動が伴ってくるものなんですよ。いざという時を想定し準備さえしておけば怖くはありません。皆さんの旅が安全で充実なものになりますように! この記事が気に入った方は、以下の記事もチェックしてみてください!