Mixzifzzvaijxt00h02g

ハンガリー

CATEGORY | ハンガリー

酸いも甘いも知るブダペスト移住者がハンガリー・ブダペスト治安事情を徹底紹介!

2019.11.22

世界遺産都市ハンガリーはブダペストへと移住し現地のファッション業界で働くロン毛が、移住先「ブダペストの治安事情」を徹底紹介!仕事も遊びも恋人も全員ハンガリー人という誰よりもハンガリアンに近い視点から切りとったブダペストの最新治安情報をお届け!

  1. ライター紹介
  2. ずばり!ハンガリー・ブダペストの治安事情は最高に良い!
  3. ハンガリー・ブダペストを安全に治安良く観光するなら「身なり」を意識!
  4. 【ハンガリー・ブダペスト治安事情】ケース別:治安事情をご紹介!
  5. 【総括】ハンガリー・ブダペストはトップクラスで治安が良い都市!
Ad0csktkc2kjwuqcqwby

ブダペスト在住 / マエダことロン毛です。 フリーランスにてファッションエディター兼グラフィックデザイナーたまに現地ショップのモデルとして活動。 仕事は全てInstagramとほかSNS経由から獲得。クライアントから友人まで全てハンガリー人ということもあり、 現地で育ってきた彼らだからこそ知る「観光雑誌には載らないホットなブダペスト」情報をみなさんにお届けできたら とおもっています。

Zncuouaefvfwz501lquw

これまでパリやベルリン、ウィーン等、他ヨーロッパの都市を訪れたことのあるロン毛ですが、ブダペストに移り住み肌で感じたことは「ブダペストは最高に治安が良い!」ということです。 ただし!そうは言うものの、100%安全ということでは勿論なく、自分で意識をしておかないと実際に事件やトラブルに巻き込まれてしまうので、今回は移り住んだ者だからこそ分かった「ブダペストの治安についてケース別」でご紹介をしていきたいと思います。

Dpa1udfyjgtdcofdnko4

ブダペストという都市はアメリカの様に沢山の人種がいるわけでもなく、殆どの多くがハンガリー人である白人が数字の大半を占めているのでアジア人が道を歩いていると良い意味でも悪い意味でもすぐに目立ちます。 そこで他人からナメられる様な汚い服や露出の多い服、変にお土産屋さん等で購入した様な「ブダペスト」と大きなプリントなんかが入ったTシャツを着て歩いていれば一目で「アジア人観光客=お金持ち」と認識され、実際に被害の標的となり恐喝されたという事件が発生しています。あと、身なり以上に「自信を持った態度」を心がけることも大切かと!

それでは実際にブダペストの様々な場所での治安事情について押さえておきたいポイントも交え一挙ご紹介をしていきたいと思います。

【ハンガリー・ブダペスト治安事情】注意①:道端やお店でオドオド・ソワソワしない様心がける!

Do52cgeckhwpirisab7h

これは上記でも少し述べた様に「自信を持った態度を意識する」というところを指します。 現地の治安事情について余り詳しく知らない観光客は、犯罪等を犯す悪い人たちにとっては格好の的です。 困っている顔をみれば助けようとする素振りをして近づき、その隙に仲間がポケットから財布を盗む・人の少ない裏路地まで道案内のつもりで連れていき襲われお金を奪われる等。 上については実際に私の友人伝いから聞いた話であるので、こういった被害に合わないためにも気を引き締めたいところ。

【ハンガリー・ブダペスト治安事情】注意②:たまにボッタクろうとする店があるから気をつける!

Pkteangr3fmoamqedks9

ボッタクりに関しては海外ではどうしても被害にあいやすいものでもあります。 言葉が分からなければ注文もメニューに書かれてある内容も分からず、自分が思っていた以上の金額を請求されることもあります。 対処方法としては「注文時に指差しで頼む」「注文時に合計金額を事前に尋ねておく」ことで未然に防ぐことができます。 ブダペストには屋台のケバブ屋が沢山ありますが、そういった所ではボッタクられる可能性が高いので気をつけましょう。

【ハンガリー・ブダペスト治安事情】注意③:夜道は安全!ただしホームレスは時に危ない!

Axohguox5kyqomo33djs
引用: https://www.google.com/url?sa=i&source=images&cd=&cad=rja&uact=8&ved=2ahUKEwjWz8rh4sPiAhWP5KQKHfplBlcQjB16BAgBEAQ&url=https%3A%2F%2Fwww.euronews.com%2F2018%2F10%2F22%2Fhomeless-people-face-prison-in-hungary-after-tough-new-law-is-passed&psig=AOvVaw3SqG65TkVVZRGhkGYsxjKJ&ust=1559323462826176

ブダペストは日中夜間ともに道端や駅の入り口にはホームレスや物乞いが横になっていたりたむろしています。 昼間は人通りの激しい場所やそうでない場所でも彼らはそこまでアグレッシブではなく、ただ座って手を出しているだけですが夜間になると自ら近づいてきてお金を要求してくるケースが多いです。 初めての方であれば怖くて反応してしまうかもしれませんが、一番の撃退方法は「無視」です。 もう一つ大切なのは「怖がった表情や態度」を出さないコト!もしそういった雰囲気を感じさせてしまうと彼らは更にエスカレートし要求が強くなっていきます。

【ハンガリー・ブダペスト治安事情】注意④:地下鉄・トラム・バスに乗車時はスリに遭いやすい!?

Zld4ab4stxwptfyqgvsu

ブダペスト市内を走る交通機関は非常に便利なものですが乗車する際には必ずスリに合わない様気をつけましょう! 一番込み合う時間帯である17:00〜18:00時の間は、仕事が終わり多くの人が帰宅する時間帯なのでその分乗客数も増えて満員電車になることも多々あります。 主にスリをする人たちは若い子が多いです。オススメは壁を背に車内全体が見える様正面を向いて立つサムライスタイルがいいでしょう。

【ハンガリー・ブダペスト治安事情】注意⑥:夜は街灯の少ない通りが多い!

Jwxx64eivbqmxaa7ckvw

これは日本人とハンガリー人の明かりに対する意識のさが理由で、日本人からすると「あれ?ここの通り暗くない?」と感じる通りが路地や小さな道では比較的中心部でも多く存在します。 しかし、そんな道でもハンガリー人の女性は1人でササッと歩いているので「暗い=危険」という認識よりも、「暗い=早々と去ろう」という考えであまり長居せず直ぐ通るほうが賢明かもしれません。

【ハンガリー・ブダペスト治安事情】注意⑦:お酒の場に行く時は酔っ払いに「本気」で気をつける!

Brwmiiijfjkdjj71mdfb

お酒の場である「パブ(日本でいうバー)」や「クラブ」に行く時は酔っ払いに気をつけましょう! ハンガリー人はお酒が強いですが、沢山飲む人は男女問わず非常に多くいます。 そしてそんな場所は日本以上にアットホームな雰囲気と店づくりとなっていますので、隣に座っていたハンガリー人が話しかけたり絡んできたりすることもあります。 そんな時に酔っ払いに絡まれると少し怖い思いをするかもしれませんので、場所をとる時は少し周りを確認しましょう!

Bk7ksdm4uc6jyczbd5u8
引用: https://www.google.com/url?sa=i&source=images&cd=&cad=rja&uact=8&ved=2ahUKEwj3lOz548PiAhXhMewKHXbCDkQQjhx6BAgBEAM&url=https%3A%2F%2Fwelovebudapest.com%2Fen%2Ftoplists%2Ftop-10-things-to-do-in-budapest%2F&psig=AOvVaw0gHErhZtg7lPGVaJr6TYAW&ust=1559323776614414

ここまでケースや場所別で治安についてご紹介をしてきましたが如何でしたか? 少しこの記事を読んでブダペストに対して不安を覚えた方もいるかもしれませんが、ずっと長く住み続けているロン毛でさえも実際には被害を自分がうけた事はありませんし、今回ご紹介したお話などは日常茶飯事で毎日おきてるようなものではないのでご安心を。 この記事が気に入った方は、筆者が書いた以下の記事もチェック!!! ただ!危険は身の回りで溢れているので、くれぐれも最低限の身の安全は自分自身で守れると良いかもしれませんね! ずっと長く住み女の子位髪の長いロン毛でさえも実際に被害を自分がうけた事はないですし。

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.google.com/url?sa=i&source=images&cd=&cad=rja&uact=8&ved=2ahUKEwjmuoaV4MPiAhUSsKQKHenyBRcQjB16BAgBEAQ&url=https%3A%2F%2Fwww.videoblocks.com%2Fvideo%2Fbudapest-architecture-old-houses-streets-and-neighborhoods-4k-dkhel0l&psig=AOvVaw1wx_O8Zs9LU8T03IfhT4rc&ust=1559322724149495