Aeifcgggznchck67qese

ハンガリー

CATEGORY | ハンガリー

【2019最新】ブダペスト観光!移住者おすすめのマストスポット4選徹底解説!

2019.07.31

世界遺産都市ハンガリーはブダペストへと移住し現地のファッション業界で働くロン毛が、移住先「ブダペストの観光情報」を徹底紹介!仕事も遊びも恋人も全員ハンガリー人という誰よりもハンガリアンに近い視点から切りとったブダペストの最新情報をお届け!

この記事に登場する専門家

Zsdrlrc2qggom9d5emd2

モデル・エディター・グラフィックデザイナー

ロン毛

フリーランスにてファッションエディター兼グラフィックデザイナーたまに現地ショップのモデルとして活動。ハンガリアンの友人とファッションブランド運営中など色々やってます。 仕事は全てInstagramとほかSNS経由から獲得。クライアントから友人まで全てハンガリー人ということもあり、 現地で育ってきた彼らだからこそ知る「観光雑誌には載らないホットなブダペスト」情報をみなさんにお届けできたら とおもっています。

  1. 【ドナウの真珠】ブダペストって観光地としてどうなの?
  2. ロシア経由だとビザが必須?覚えておきたい航空券の注意!
  3. ①ブダペスト観光時には必ず訪れたい!! 【ブダ王宮】
  4. ②夜景もおすすめ! 【国会議事堂】
  5. ③内装・天井画が美しい! 【聖イシュトヴァーン大聖堂】
  6. ④まるで中世に迷い込んだよう!【漁夫の砦】
  7. ブダペストおすすめ観光地:総括編
メインストリート:Astoria駅付近にて

みなさんこんにちは!ハンガリーはブダペストに滞在中のロン毛ことマエダであります。


そして、これまでハンガリーはドナウの真珠と呼ばれる首都ブダペストの基本事情から治安事情、有名観光地やロン毛のハンガリアン友人直伝のホットなスポットまでを数多く紹介をしてきましたが、今回は「ブダペストの観光情報」について切り込んでいきたいと思っています!


日本から飛んできて早1年はとっくに過ぎようとしているロン毛ですが、正直「ブダペスト以上に最高な街は無いな!」と豪語しています。


「歴史深い」「治安が良い」「物価が安い」この三拍子が揃ったここブダペストだからこそ!他の国や都市とは違ったより素敵な旅の思い出を作れるといっても過言ではありません。


そんなロン毛が愛してやまない東欧の一角に位置するハンガリーは首都ブダペストのおすすめ観光スポットからその他情報を沿えて「移住者だからこそ知るマストスポット!」について徹底紹介をしていきたいと思います。


もちろん今後ブダペストへの旅行を考えている人や、フラっとこのページへと訪れた人も是非楽しんでいってください!

引用: https://www.google.com/url?sa=i&source=images&cd=&cad=rja&uact=8&ved=2ahUKEwi93ouxi5njAhWCyqQKHRDpDMYQjhx6BAgBEAM&url=https%3A%2F%2Fwww.wlpp.net%2Ftour%2Fitem%2F17735%2F2113.html&psig=AOvVaw2o0v5U8AO0_yexgRI-LlTp&ust=1562254948635790

まずは観光するなら絶対に必要となってくる初期費用「航空券」


これは総じてですが、シーズンオフであれば金額もガクンと下がってくるのがブダペスト。


例えば11月〜1月にかけてのクリスマスに冬休み期間、5〜8月にかけてのゴールデンウィークに夏休み期間は金額も上がるところだと往復で約 ¥100,000〜となります。


というのも致しかた無いことではありますが、日本とハンガリーでは空路距離もかなり離れていますし恐らく時間的にも13時間は到着までに必要なものであるため流石はヨーロッパ、ここは辛抱が必要であります。


しかし、逆にこの期間外である「2〜4月、9〜10月」にかけての間であれば往復金額も約 ¥60,000〜となります。


そしてもちろんブダペストにもクリスマスや夏休みのシーズン中では様々なフェスティバルやイベントが開催はされますが、例えば「有名な観光地を周りたい」「世界遺産物を観てみたい」といった、イベント目的では無い場所に限った観光であればいつでも通常営業をしているので是非この期間に訪れることを個人的にオススメしています!

引用: https://www.google.com/url?sa=i&source=images&cd=&cad=rja&uact=8&ved=2ahUKEwiE06a-h5njAhXE-KQKHdA8CYwQjhx6BAgBEAM&url=https%3A%2F%2Fworld-note.com%2Faeroflot-business-class-experience%2F&psig=AOvVaw0ZmLaUQd2mCcxtIzcGmhl9&ust=1562253908587625

そして冒頭にも紹介しているように、いざ航空券を購入するときには絶対に覚えておかないと大きなトラブルになりうるものがあります!


それが「アエロフロート航空を使ってのロシア経由で入国する場合のビザ必須の有無」です。


実際にロン毛はこの「アエロフロート航空・ロシア経由(シェレメチェヴォ空港)」の航空券を使ってブダペストへと問題なく無事に入国することが出来ました。


しかし、このシェレメチェヴォ空港での乗り継ぎの際は「日本発の便がどのターミナルに到着し、どこのターミナルからブダペストへ発つか」で「トランジェットビザ」という乗り継ぎ用のビザを取得しておく必要があります。


さらに詳しい情報については以下にアエロフロート公式HPより注意書きされているページをリンクで貼り付けておくのでご覧になってみてください。



アエロフロート公式HP - 注意書きについてはこちらから



つまり、簡単に説明をするならば


「D・E・Fターミナル間は空港内の通路が乗り継ぎ便の登場口まで繋がっている=トランジェットビザ不要」


「A→Cターミナルへの乗り継ぎの場合、空港の外に出てバスもしくはタクシーを使い移動が必要=トランジェットビザ必要」


といったイメージになります。


「空港から一歩でもロシアの地を踏むのならビザは準備しろや!」っという感じです。

それから、もしご自身の航空券がもう既にトランジェットビザが必須なルートであるのならばすぐに在日ロシア大使館のHPから「トランジェットビザの申請」を渡航日の最低1週間前までには済ませておきましょう!


こちらもリンクを貼り付けておきますので必要な方はお忘れなく。


https://tokyo.mid.ru/web/tokyo-ja/tranzitnaa-viza


正直、ロン毛も渡航前には不安であったので一度大使館に必要な有無を確認する電話をしたのですが対応は素晴らしく納得できないものでした。。


「航空会社に確認して下さい」の一点張りで、アエロフロートは「査証について扱うのは行政機関である大使館に一任されている」とのことで結局誰も分からないまま謎は闇へと消えていったものです。


もちろんロシア経由以外ではこういった別のビザが乗り継ぎの際には必要だというものは私のほうでは聞いていませんが、情報も常に新しくなっていますので十分にご注意して航空券の購入は遅くなりすぎず駆け足でミスなく取次がれてみてください!

ブダ王宮

まず、ブダペストの街並みは本当に綺麗で特に昼と夜では全く違った表情を持っているのが魅力の一つです。


観光地へ足を運ぶ際には入場や営業時間の問題もあるため必ず日中に訪れた方がいいですが、逆にインスタ映えスポットの様な場所へと向かう際には日が暮れた夕方から夜の間に足を運ぶのがまず押さえておきたいマストポイント!


もちろん移動の際には夜中まで動いているトラムやメトロ、バスもあるので安心して向かいましょう!


そしてブダペストの観光地で一番人気の高い有数スポットの一つがこちらの「ブダ王宮」


位置はドナウ川の近郊に位置する丘の上に点在しており中世時代の建物が色濃く残るブダペスト市内でも、それ以上の重みや風格を持っているブダ王宮ですが、それもその筈創立当初の頃と何一つ変わらない再復旧が1970年代に行われ内観から外観にかけても惜しみなく贅沢なまでにデザインされたTHE・ヨーロッパ感は圧巻の一言です。


外観、内観ともに美しいデザインが魅力的なブダ王宮は既に海外の旅行客からも「観光時には必ず訪れたいマストスポット」としてカウントされています!


そんなブダ王宮は是非とも一度は訪れてみたいスポットであると言えるでしょう。

国会議事堂

つづいてのおすすめ観光スポットはこちらの「国会議事堂」!


国会議事堂も今ではブダ王宮の次に継ぐ超人気観光地の一つとして既に知られていますが、スポット自体が国の議会選挙等でも使われる行政機関ということもあり、実際にハンガリーの国会として多くの議員が来館もする場所ではありますが一般人や観光客も寛容範囲内で館内を探索できるスポットとなっています。


そんな国会議事堂は、お昼の燦々と晴れた青空の下でも見上げるのも「特に夜になるとブダペストの街灯でもおなじみの「赤色の強いライト」が外観全体から内観全てを照らし出しとても綺麗な姿を現します。


ロン毛としては個人的に夜に訪れるのがお勧めかと!

※Google mapが貼り付け出来なかったので上記に住所を載せておきます!

聖イシュトヴァーン大聖堂

「聖イシュトヴァーン大聖堂」はブダペスト市内でも唯一無二の大規模な教会となっています。


こちらはハンガリー国初代王のイシュトバーン1世の名前を冠した聖遺物が収蔵されている教会となっています。


外見時代も建物が低いブダペストの街並みには歪にも良い意味で巨大な風格もとても魅力的です。


内観は金を贅沢に使った支柱から床は大理石となっており、天井がとても高くその屋根から射し込む光が教会内部を華やかに照らしています。


都市伝説好きなロン毛にとっては朗報なのですが、実はあの秘密結社「フリーメイソン」のシンボルやマークが数多く刻印されているので同じくお好きな方は是非探されてみてください!

※Google mapが貼り付け出来なかったので上記に住所を載せておきます!

漁夫の砦

続いてのご紹介するおすすめ観光スポットがこちらの「漁夫の砦」


漁夫の砦は中世時代に防衛壁を目的として建設されたものであり、その過去から何一つ変わらない砦の風貌にはどこか中世時代に迷い込んだ様な、そんな独特な空気を纏ったブダペスト市内でも人気の観光スポットの一つであります!


展望台からはドナウ川を見渡すことができ、夜であると対岸線にそびえ立った国会議事堂や観覧車などが美しい明かりに照らされた姿を堪能出来ます。


またネオロマネスク様式のデザイン設計がされてあるこちらは、塔から中庭、吹き抜け、そして壁面全てが日本では目にすることの無い「THEヨーロッパ」な表情を魅せます。


その他にも南の中庭には「ハンガリーの最初の王である聖ステファン」の青銅色の騎馬像が設置されており、かなり大きなこの騎馬像はインスタ映えにも最適なものであります!


もちろんこちら以外にも砦をバックに撮った以下の様な写真も漁夫の砦へと訪れる理由の一つであると言えるでしょう。

引用: https://www.instagram.com/p/BzhdgzyiaJr/
引用: https://www.instagram.com/p/BzgxLPHgEjj/
引用: https://www.instagram.com/p/BzddXrlnhiu/
引用: https://www.instagram.com/p/BqAojOZBv_G/

いかがでしたか?


ハンガリーもそうですが、ブダペストとなればやはりどうしても日本人にとっては馴染みの少ないちょっとマイナーな都市であるのでどうしても観光情報なんかも少なくなっているのが現実であります。


しかし、今回ご紹介をした様に市内には他ヨーロッパの国々にも負けない魅力あふれた有数スポットが数多く点在しています!


もちろんブダペストはヨーロッパの中心に位置する街でもあるので、例えば「ブダペスト→ウィーン→パリ」とヨーロッパ主要都市を格安で移動して旅を組んだりすることも出来ます!


なので、ここを拠点に是非いろんな街を訪れたりする旅行も良いかもしれませんね!