Wlry0nnaupilmcsnqnh1

インドネシア

CATEGORY | インドネシア

現地在住ダイバーがご案内!インドネシアのメナドでダイビングしよう!

2019.07.05

インドネシアは、はるばる世界中からダイバーがやってくるほどの美しい海に恵まれています。中でも、スラウェシ島メナドの世界有数の美しいサンゴと種類豊かな生物は、多くの人を魅了しています。ダイビング好きの方はもちろん、ダイビング未経験の方にも体験していただきたいメナドの海の魅力と、おすすめダイブセンターをご紹介します!

  1. 執筆者情報
  2. メナド基本情報
  3. ライセンスを持っていなくても楽しめる!
  4. メナドの魚の量と種類は数知れず
  5. メナドで出会える大型生物たち
  6. メナドおすすめダイブセンター① GRAND LULEY RESORT
  7. メナドおすすめダイブセンター② TWO FISH RESORT
  8. メナドおすすめダイブセンター③ MINANGA DIVERS
  9. 世界一美しいとも言われるメナドの海

海外生活歴17年、趣味は旅行で、これまでに訪れた国はヨーロッパ・北アメリカ・アジアで20カ国以上。その中でも、一度行っただけですっかり魅了されてしまったインドネシアへ、2016年に思い切って移住。今すぐにでも海外旅行に飛び出したくなる、素敵なレポを現地在住者の視点から、お届けします!!

Hehi4kil5zv5ioaczyo4
E2i8vw64unndcfv5o03o

インドネシアのリゾートといえばバリ島をすぐに思い浮かべる方が多いと思いますが、メナドはバリ島から飛行機で東北に行ったところにある、2019年現在人口52万人ちょっとの街。 アルファベットのKのような形をしたスラウェシ島の最北端に位置しており、マカッサルに次ぐ島第二の都市です。 フィリピンのダバオ島のすぐ南にあり、船でフィリピンへの渡航も可能。 海が美しい穴場リゾートとしてダイビング界では有名で、ポスト・バリとの呼び声も高い人気のスポットです。

メナドともマナドとも呼ばれる

ネットで検索すると、メナドともマナドとも呼ばれていますが、どちらも間違ってはいません。 英語の綴りはManado、地元の言語ではマナードと発音しますが、日本人ダイバーの間ではメナドという名前で知られています。

メナドへのアクセス

Vnm5bnye0hro1elqf6li

日本からの直線距離は約4000mと、ハワイへの距離とあまり変わらないメナドですが、残念ながら日本からの直行便はまだ運行していません。 東京から最短のアクセスは、シンガポール航空のシンガポール乗り換えで11時間50分です。

◼️フライト情報 ・シンガポールよりSingapore Airlines直行便にて約3時間50分 ・バリ島デンパサール空港よりLion Air直行便にて約2時間20分 ・ジャワ島ジャカルタよりGaruda Airlines、Citilink、Batik Air、Lion Air直行便にて約3時間30分 ・ジャワ島スラバヤよりLion Air直行便にて約2時間30分

メナド一のダイブスポットはブナケン島にあり

メナド周辺にはいくつかのダイブスポットがありますが、中でも一番有名なのは、メナドからスピードボートで30分ほどのところにあるブナケン島。

Ooit4kze6x86qzwai1sz

五つの島からなる国立公園ですが、中でもダイバーに人気なのがブナケン島、マナドトゥア島、そしてシラデン島です。メナドには国際空港、大型モール、レストランなどが数多くあり観光スポットも多くありますが、離島はコンビニすらない大変のどかな場所です。 メナド側のホテルに宿泊して日帰りでダイビングを楽しむもよし、ブナケン島やシラデン島のダイブリゾートに泊まってビーチとダイビング三昧もよし。どこに泊まるかによって、メナドでの過ごし方が大きく変わってきます。

ダイビングのライセンスを持っていない方も、ディスカバースキューバダイブ、つまりいわゆる体験ダイブでメナドの海を楽しむことができます。 体験ダイブの場合、ライセンス保持者ほど深く、長い時間潜ることはできませんが、プロのダイブインストラクターが、基本的な呼吸法、海中での注意点、ダイブ器材の使い方などをまず丁寧にオリエンテーションしてくれます。準備ができたら、インストラクターと一緒に海中へ。

Csqyyjkvkqlbecbonaw1

潜っている間も丁寧に案内してくれて、浮力が安定しない方はしっかり掴んでいてくれますので、海の中の景色を落ち着いて楽しむことができます。 初めは体験ダイブを行ってみてすっかり海の中の世界に魅了され、ライセンスを取ることにした方も数知れずいます。

メナドに来たダイバーたちが口を揃えて言うことの一つが、「魚が多い!!」という感想です。 確かに、メナドの海に潜るたびに魚の数にはただただ圧倒されます。 特に、深さ1500メートルと言われる世界有数のドロップオフの景色は、見ものです。

Clmrhh3k9ev6vevpjib7
Xbhoon0czxbyaqqlwmle

まるで舞い散る木の葉のようにひらひらと泳いでいる数千匹、あるいはそれ以上の熱帯魚たちは、見事としか言いようがありません。

C3wg7hag40zobenbdiyo
Trfifew4rtnil2w5lfhd

キイロハギ、ツノダシ、クラウンフィッシュなどの愛らしい熱帯魚はもちろん、ロウニンアジ、ハリセンボン、カンムリブダイ、ナポレオンフィッシュなど珍しい魚がいっぱい。

Ycdw9fme5o1dp7rwfrbz

ウォールダイビング中にふと見上げると、大きな魚の群れが豪快に回転しながら通り過ぎていきます。大自然と一体になっているのを感じる瞬間です。 まるで巨大な水族館の中にいるような、美しい海の光景を目の当たりにすることができます。

メナドの見どころは魚だけではありません。イルカ、ネムリブカ、ブラックティップシャーク、またラッキーな時はジュゴンやジンベエザメなど大型生物たちにも出会うことができます。 私自身、ダイビング中に2回ネムリブカの群れに遭遇しました。通常人間に危害を加えることはなく、魚の方が人間を恐れて逃げていきます。とはいえ、サメがすぐ近くを泳いでいるのを見るのは鳥肌が立つような思いでした。

カメ遭遇率はほぼ100パーセント

中でも、ほぼ必ず出会えると言っても過言ではないのが、カメです。しかも、1匹2匹ではなく、多い時は一度のダイブで20匹ほどに遭遇することがあります。途中で数えるのを諦めてしまうほど。

Pafmhqggiopsf8xl5ecs

メナドのカメは、人間を恐れていません。シュノーケラーやダイバーを見慣れているので、中には向こうから近づいてきて一緒に泳いでくれる子もいます。当然危害を加えてくることもないので、安心です。

Iu9bw0xg3ljokobx2tza

コバンザメに併泳されながら優雅に泳ぐ大きなウミガメは、迫力満点です。

Qq3eb2y727trrjd4bxyj

ブナケンのウォールダイビングでは、壁のサンゴや岩にしがみついてお昼寝中のカメたちもたくさんいます。お昼寝を邪魔しないようにしながら、カメさんとのツーショット写真も可能です。

Mucrdq6dx9zguro2mphf

寝ているカメなんて、テレビの映像や写真集などでしか見たことがない方がほとんどではないでしょうか。そんなカメの自然のままの姿を見ることができるのです。 メナドにはアカウミガメ、アオウミガメ、タイマイなど色々な種類のカメがいるので、事前に少し予習してカメの種類を言い当てるのも楽しいです。

メナド側に滞在して日帰りダイビングを楽しむなら、おすすめはグランド・ルレイ・リゾート。

Lg3n3xukmmm81itmstb8
Npv7rccevtsjv5oigxen

メナド北部のトンカイナ地区にたたずむこちらのホテルは、高級感たっぷり。吹き抜けのロビーが南国リゾート気分を盛り上げてくれます。

Cp6tqfnmerbtyww0xit5

改装したてのホテルの客室も快適、ガーデンやプール、またオイルマッサージなどが受けられるスパ施設もあるので、ダイビングしない日ものんびり楽しめるリゾートです。家族連れの方にもおすすめです。

Uxvbyidqkxwztbumjwqr
W07bwzwnqalf2peptz5n

グランド・ルレイのダイブセンターは、日本人のダイブインストラクターも勤務しておられ、日本語で丁寧な説明が受けられるのが大きな魅力です。 ダイブの金額や予約や気になることなどなんでも事前に日本語で問い合わせることができるので、安心です。日本語のブログもご覧ください。

◼️ダイブリゾート情報 GRAND LULEY MANADO 住所 Tongkeina, Bunaken, Tongkeina, Bunaken, Kota Manado, Sulawesi Utara 95244 電話番号 0431-8858-222

せっかくならブナケン島とやらに泊まってみたい!という方にぜひ泊まって頂きたいのが、トゥーフィッシュリゾートブナケン。

Nmzfys2jskld8dvagmzm

ブナケン島の中でもメナド寄りの東部に位置しており、メナド国際空港からの車でのピックアップとメナド港からリゾートまでの船の送迎も可能です。 TWO FISH RESORTの魅力は、離島ならではののどかで自然豊かな雰囲気です。ブナケン島には車は走っておらず、移動はバイクのみ。騒がしい街の喧騒から離れて、秘境気分を存分に楽しめます。

L5tfw865j2sk34tvmvc6

ほとんどのお部屋は、木造りのバンガロースタイル。とはいえ手入れが行き届いているので、ホテルと変わらず快適に過ごせます。 リゾートの目の前が海になっているので、気持ちの良い波の音を聞きながらのんびりお昼寝をするのは最高の気分です!

I0rrss3quqo7hmolw8po

敷地内には、ダイブの練習ができる深いプールもあります。 体験ダイブの方も、ここでしっかり呼吸法を練習してから海へ出て行くので準備万端。安心して海の中の景色を満喫できます。

Ibdfknbt15celspcgmvg

PADIのオープンウォーター、またはアドバンスのライセンス取得コースもありますし、窒素濃度が高く体に負担の少ないナイトロックスダイブもTWO FISHならできます。

Nr49gkxhuxl0omsjqtia

初めての方にも、熟練ダイバーにも自信を持っておすすめできる、充実したダイブ施設です。

◼️ダイブリゾート情報 TWO FISH RESORT BUNAKEN 住所 Pangulisang Beach Bunaken Island, Bunaken, Bunaken Kepulauan, Manado City, North Sulawesi 電話番号 0813-5687-0384

ダイビングといえば高級なスポーツというイメージですが、節約派の方にオススメしたいメナドの穴場ダイブセンターがミナンガダイバーズです。

Pxsotdngqucxonyhtjll

スラウェシ島本土メナド側の南部、マララヤン地区にひっそりと佇むこちらのダイブセンターは、リゾートのような豪華さはありませんが、実力派スタッフの腕は抜群。ダイブ前のブリーフィングもしっかり、海の中でも熟練したダイブガイドが丁寧に教えてくれます。 しかも、行くダイブスポットは高級ダイブリゾートと同じ!変わらない美しい海の景色を楽しむことができます。

Gcncakeqw9o5xkegphm2
R700s0jnd2t2ovshlqu1

ボートも大きく機材もしっかりしていて安心です。 料金は、2ダイブに機材レンタルとランチ全て込みで、日本円にして9000円以下!(ブナケン島入島料別) この値段でダイビングできるところはなかなかありません。 このお値段なら、滞在中に何回も潜ってメナドの海を知り尽くすことができるでしょう。

◼️ダイブセンター情報 MINANGA DIVERS 住所 Jl. Minanga, Malalayang Satu, Malalayang, Manado City, North Sulawesi 電話番号 0813-4007-1113

Xwnsjslvc2cqwtu9puih

世界中のダイバーを魅了してやまないメナドの海。その美しさは世界一とも言われます。 ダイビング経験者はもちろん、ちょっと興味があるという方も、ぜひインドネシアのメナドで最高の休日を過ごしてくださいね。