Ntgnlunlx2akdv3z3qsd

タイ

CATEGORY | タイ

バンコクの夜を楽しむモデルコース!クラブ・ナイトライフスポットで心ゆくまで遊び尽くせ!

2019.10.31

サワディーカップ。今回はナイトライフをメインとした2泊3日のモデルコースをご紹介したいと思います。ちょっと昼間と表情の違う、オトナできらびやかなバンコク旅行へようこそ。※以下1バーツ3.4円で計算しています。

この記事に登場する専門家

Bueafr2fva1ohdx1pvai

世界を飛び回るトラベラー

ちょこ

オーストラリア、アメリカ、スペインに1年の長期滞在を経験し、これまでに24カ国を訪れた。大学では観光学とスペイン語を中心に学び、来年の3月に卒業予定。大学を1年休学をしウォルト・ディズニー・ワールドのキャストメンバーとして13ヶ月間勤務。また旅のVlogerとして、海外旅行に行く際には必ずカメラを回し最新の情報を提供するYouTuberとしても活躍中。

  1. 充実したバンコクの夜を遊び倒しましょう!
  2. 1日目18時~【エルメルカド】おしゃれなディナーでテンションを上げよう!
  3. 1日目20時~【オクターブ】いざ夜景を!ルーフトップバー
  4. 1日目22時~【route 66】地元の大学生とクラブで盛り上がろう!
  5. 1日目24時~【ONYX】EDM好きにおススメ!
  6. 2日目17時~【ゴールデンドーム・キャバレーショー】ニューハーフショー
  7. 2日目20時~【ロティマタバ】いざ腹ごしらえを!
  8. 2日目22時~【the club】いざクラブへ!
  9. 3日目0時~【カオサンロード・屋台】屋台でサソリを食べる?
  10. 3日目0時~【Molligans Irish Bar】バーでオトナなカオサンを
  11. 3日目01時~【Insanity Nightclub】朝まで踊りつくせ!
  12. ここに注意!安全対策
  13. バンコクのナイトライフ 総まとめ
Naa85is237dreujn7ce7

バンコクには魅力あるスポットがたくさんあります。今回は私が体験した、バンコクで一押しのナイトライフスポットをモデルコースとしてご紹介しちゃいいます。最後まで読んでね!

Edavlivelekjz4yco7lh

バンコク随一のおしゃれなディナースポットといえばここ!お上品にスタートしましょう!中ではタイセレブを見かけることもしばしば。おいしいチーズとワインを楽しみながら雰囲気に浸ってみて。ハムやチーズは量り売り形式で、売り場まで見に行って選びます。ワインと合わせて楽しんでみて。

詳細情報

住所: 490 Phai Singto Alley, Khlong Toei, Bangkok 10110

行き方: MRTクイーン・シリキット・ナショナル・コンベンション・センター駅から徒歩3分

営業時間:11:00-23:30、定休日:月曜日

予算:1000バーツ以上(約3500円)

F17l63pwojmhuspnyyd0

意外に高い!バンコクの夜景を存分に楽しめるルーフトップバーです。49階の高層階のため気温も涼しげ。ムーディーなウッドデッキメインの作りで、観光客でにぎわいます。カクテル片手にバンコクの夜景を楽しんでみて。夕方もおすすめです。

なかなかいい場所ではありますが、何分スペースが狭いのと人の動きがややあるので、滞在時間は1時間くらいがちょうどよいでしょう。先ほどのエルメルカドからはアプリ配車サービスまたはタクシーが便利です。

バンコク・マリオット・ホテル・スクンビット内の屋上にあり、宿泊がなくても入場可能です。ホテルの中に入り、49階行きのエレベータに乗ってください。

詳細情報

住所:2 Ban Kluai Nuea Alley, Khlong Tan Nuea, Watthana, Bangkok 10110

行き方:BTS トンロー駅下車すぐ

営業時間:17:00-02:00

入場料予算:300バーツ(約1000円)

Mr4ifoa94lmmd0lgudnu

さあまずは肩慣らし!クラブが集まるRCA(ロイヤルシティーアベニュー)へタクシーなどで移動したのち、まずはroute66のクラブの方へ。こちらはONYXよりも地元民が多く、またナンパが比較的少なく、音楽を楽しんだり踊ることに集中できます。

尚入場のためにパスポートが必要なため、持参をお忘れなく。

2時間程度で音楽が1巡するので、2件目に移動することをぜひおすすめします。

オクターブからはタクシーなどが便利でしょう。

詳細情報

住所: 9 Soi Phetchaburi 47, Bang Kapi, Huai Khwang, Bangkok 10310

営業時間:21:00-02:00

入場料:300バーツ(約1000円)

Je1kjyeegkg6szcezmo1

RCA随一といえばONYX、オニックスと呼ばれています。先ほどのroute66より価格は高めの設定で、音楽もEDMがメインです。時間と体力に自信がなければこちらのONYXのみに行くのもよいかもしれません。

Route66よりもパリピ度が高く、盛り上がるのにはうってつけ。深夜2時には閉まってしまうので、それまで思いっきり楽しみましょう!Route66の隣にあり、徒歩で移動が可能です。

詳細情報

住所: Soi Soonvijai, Rama IX Road Bangkapi, Huaykwang Bangkok 10130

営業時間:21:00-02:00

入場料:500バーツから(約1600円)

2ドリンク付きのセット、ボトルをエントランスで購入する場合入場料なし

Wonytckqf66sajedsydq

タイといえばニューハーフショーも外せませんね!多くのニューハーフショーはやや市街地からのアクセスが悪いのが難点ですが、こちらのゴールデンドーム・キャバレーショーは最寄りのMRTの駅から歩くことができます。また座席数も700席程度と多く、筆者は当日に行ってもチケット取得には困らなかったです。

ショーは日本・中国・インドネシアなどテーマごとに音楽や演出が変わったり、お笑い要素も入ったりとあっという間に終わってしまいます。多くの日本人の方が知っている曲があるのも嬉しいですね!そして本当にニューハーフの方と女性の見分けがつきません!笑

筆者が行ったときにはチケットも当日すぐに取ることができました。

ショーのメインターゲットは観光客のため、タイ語がわからなくても大丈夫です。

ショーの後は会場の外で出演者とツーショットが取れます。チップ(100バーツ)程度を用意して列に並んでみましょう。近づくとさらに痛感するのですが、本当に見分けがつきません笑

詳細情報

住所: 252/5 Soi Rachadapisek 18 , Rachadapisek Rd., Huaykwang , Bangkok 10320

行き方: MRTスティサン駅下車、徒歩15分程度

営業時間:10:00-21:30

入場料:600バーツ(約2000円)

Rblm33buirvzenvdvfpu

ショーが終わり、一度腹ごしらえをしましょう。カオサン付近のロティ店といえばここ、ロティマタバです!ロティーとは無発酵のパンの一種で主にインドやアフリカ諸国で食べられているものです。ここロティマタバはイスラム系の70年以上の伝統のある、地元の人に長く愛されてきた老舗で、チキン入りのマッサマンカレーが大人気です。ぜひロティと一緒に楽しんでみてくださいね。

デザートには甘いロティーで口の中の辛さを調節するとよいでしょう。日本ではなかなか見つけることが難しい、コンデンスミルクがけロティーです。見かけによらず、意外とぺろりと食べられてしまう危ないお菓子です。

詳細情報

住所: 136 Praartit Rd., Banglampoo, Bangkok 10200

営業時間:9:00-22:30(火~日

定休日:月曜日

入場料予算:200バーツ(約700円)

Rjz3zv9prb6cyvvgiu3z

カオサンのクラブといえばまずここ!その名もthe clubです。通りからクラブへ延びるレッドカーペットを通り抜けると内部は青いライトのビームが飛び交う、天井の広いクラブにつきます。

中央には段の高い場所があり、そこに上って踊っている人を多く見かけます。意外と狭いため、人との接触が多いです。欧米からの観光客が多い印象です。

クラブに入る気にあまり慣れない、という方は通りにいるだけで音楽を感じることもできるため、通りをぶらぶらするのも一つの手でしょう。

詳細情報

住所: 123 Khaosan Rd, Taladyod Pranakorn Bangkok 10200

営業時間:21:00-03:00

入場料:150バーツ(約500円)

時期により変動あり

D3utqgl1bc0n6qq3dz8p

さすがカオスの町カオサン、ここならではのストリートフードもあります。よくあるパッタイや果物はもちろん、お酒も豊富です。特にお酒を小さなバケツに入れ、ストローでみんなでシェアして飲む様子をよく見かけます。

食べられるサソリも売っているらしいのですが、筆者は怖くて食べたことがありません。ここならではのストリートフードにも挑戦してみて。

詳細情報

住所:Khaosan Rd, Talat Yot, Phra Nakhon, Bangkok 10200

予算:200バーツ(約650円)

営業時間: 夕方から深夜2時頃

Sz2foc7qfthstygqnfob

一度座って休憩しましょう。カオサンロードはとにかく騒がしい印象ですが、喧騒の隣にすわってゆっくりお酒を楽しむのもまた乙なもの。なぜか24時間空いています。

ここ以外にもカオサン通り沿いにバーが立ち並んでおり、見て回って比較してみてもよいでしょう。日によっては音楽の生演奏が楽しめるところも。

詳細情報

住所:265 Khaosan Rd, Talat Yot, Phra Nakhon, Bangkok 10200

営業時間:24時間営業

予算:600バーツ(約2000円)

Vsi5wbnlmcctcpuukhie

カオサンロードのナイトクラブは深夜2時以降は静まるためこちらへ移動しましょう。バンコク随一のクラブの一つ、Insanityです。客層は現地人と欧米メインの観光客。アジアからの観光客にもしばしば会います。個人的には音楽が最も好みのクラブで音楽はEDMメイン。ぜひ朝4時まで楽しんでみて。

詳細情報

住所: 32, 2 Khlong Toei Nuea, Watthana, Bangkok 10110

営業時間:22:00-4:00

入場料:400バーツから(約1700円)

ボトルを購入する場合、入場料はタダ

入場料は時期により変動あり

Kagq5rkuggjxiu99lhkh
引用: https://do-cca.com/2019/06/19/13045/

ここではバンコクでしっかり遊べるように、旅行へ行く前と旅行中の安全対策についてご紹介します。

貴重品

パスポートとスマートフォンはどうしてももっていかざるを得ません。手荷物は常に自分の目の届くよう、リュックサックではなくショルダーバックを利用していました。荷物を預けることができる場所はあまりなく、クラブでは人と接触することがとても多いため、最小限に。

場所によっては現金しか受け付けない場合もあるため、小銭や20バーツ札を十分に用意しておくとよいでしょう。

服装

観光客と思われるとぼったくりなどのターゲットになる可能性が上がるため、タイパンツ・サンドレスなどいかにも観光客、という服装は避けるのがベターです。

また一部のクラブなどでショートパンツ禁止または非推奨の場合もあります。長めのズボンが良いでしょう。

メンバー

現地人がいるのが最強ですが、そうでなければ極力複数人で行くことをお勧めします。

移動

アプリ乗車サービスが理想ではありますが、深夜のためかならずしもうまくいくわけではありません。トゥクトゥクに乗る際はアプリ乗車サービスの価格などを参考に、乗車前に最終的な値段を決めることをおススメします。タクシーはメーターを必ず使う、使わないのであれば事前に金額を決めるようにしましょう。また運転手に行き先を伝える際、「Soi ○○(○○通り)」と行く場所の通り名を伝えるか、Googleマップと位置情報を活用して伝えるとスムーズです。

Vg1mdi9knijjf9pstxoa

以上、ナイトライフメインのバンコク情報をご紹介しました。安全にお気をつけて、楽しいナイトライフを!

今回ご紹介しきれなかったナイトマーケットはコチラにあります↓