Fr569ulomtgxawcwzsis

フランス

CATEGORY | フランス

フランスで優雅な朝食を取るには?パリ在住者がお洒落な早朝カフェをご紹介!

2019.11.22

フランス・パリ旅行に来たら、早起きをしてパリジェンヌ気分で朝食を♡今回はフランスの朝食事情をご紹介すると共に、人気の観光スポット周辺の早朝から楽しめるオススメカフェや、誰もが憧れるちょっぴりリッチな朝食まで幅広く網羅!魅力的な朝食はいかが?

この記事に登場する専門家

Whzgsgxqoe2xlu95inar

パリ在住フリーライター/喋るお仕事

YONNE

現在、パリの「衣・食・住・美」を楽しく体感しながら生活中。旅とオシャレとお手頃グルメが大好きで、日々の癒しは散歩とアコーディオン。皆様にワクワクしていただけるような現地情報をたっぷりお届けします❤︎

  1. フランス・パリの朝食を楽しんで、パリジェンヌになろう
  2. フランスの人々は朝食にどんなものを食べているの?
  3. フランスの朝食・パリで早朝から楽しめるオススメカフェは?
  4. フランス・パリの朝食①ルーブル美術館に行く前にオススメ
  5. フランス・パリの朝食②1区でオススメのカフェ
  6. フランス・パリの朝食③ギャラリーラファイエットでのお買い物前にオススメ
  7. フランス・パリの朝食④世界一のクロワッサン食べ放題・話題のピエールエルメのリッチな朝食
  8. フランス・パリの朝食⑤セーヌ川沿いのサン・ルイ島で優雅にプティ・デジュネ
  9. フランスの朝食・お気に入りのパン屋さんでパンを買ってみる!
  10. 素敵なフランス・パリの朝食で、心も体もフルチャージ!

Bonjour! YONNEです。


フランスに来たら、1日のスタートを素敵な朝食でスタートさせましょう!

朝食タイムは、この後の予定を立てるのにも最適な時間。

せっかくだから早起きして、フランスらしい朝食を♡

フランス語で朝食は「Petit déjeune(プティデジュネ)」


フランス人のプティデジュネの定番はやっぱり「パン」!


映画に出てくるパリジェンヌといえば、

可愛いマグに入ったカフェオレに、クロワッサやパン・オ・ショコラもいただく…

そんなイメージがありますよね。


そのイメージ、あながち間違っていないかも。

フランス・各家庭の朝食は?

家庭での朝食は


バターやジャムをたっぷりとつけたパンに

コーヒー(や紅茶)とオレンジジュース。

フランスの朝は、コーヒーに加えてフルーツジュースを飲むことが多いのです。

ハチミツをかけたヨーグルト…など比較的シンプル。


パンの種類としては、

安くて簡単に手に入る「バゲット」・いわゆるフランスパンが好まれています。

日本では「食パン」が主流ですが、こちらでスタンダードなパンは間違いなくバゲットです。

Shwppknax4bjq59hodun

実際は、朝食にこれといった決まりがあるわけでもありません。


忙しいビジネスマンはエスプレッソをぐいっと一気飲み。

お子様がいるご家庭などでは「シリアル」も人気です。

クラッカーにバターやジャムをつけていただいたり、りんご丸かじりもアリ。


日本同様、各家庭の家族構成やライフスタイルによって変わってきます。



そして、朝からフルーツジュースを飲んだり、

ジャムやペーストをたっぷり塗ったパンを楽しんだりと、

朝から甘いものも欠かさないのもフランス流。

Jgpofnxrggsvghfchfhc

パリに観光に来たら、せっかくだからカフェやレストランで朝食を食べて

パリジェンヌ気分を味わいたいですよね♡

でも、旅行の予定はもう既にびっしり。

美術館に行って、お買い物をしてオペラも見たい…

そんなみなさんはお店の開店時間をのんびり待ってはいられない??


わかります、その気持ち。ということで、今回は比較的早い時間からオープンしていて、

フランスらしい朝食メニューが用意されているオススメのお店を紹介します。

これを読めば、素敵な1日のスタートを切れること間違いなしです!

Café blanc

ルーブル美術館まで歩いてすぐの場所にある「Café Blanc」

平日はなんと朝の6時から営業しています。


パリらしいお洒落な店内で美味しい朝食をいただけます。

そんなCafé Blancにはパリらしさが詰まった朝食が食べられるセットがあります。

Nkd3f84co1jqblepjwcc

・パン(クロワッサンなど)

・卵料理

・飲み物が2つ

※パリの朝食セットでは、飲み物を2つチョイスすることがよくあります。


12€で美味しい朝食が食べられます。(日本円で1500円ほど)



オススメチョイスは

クロワッサン、大きなオムレツ、コーヒー、オレンジジュース


フレッシュなりんごジュースやオレンジジュースが朝にぴったり♡

ちなみに卵料理のチョイスを目玉焼きにするとこんな感じ。

こちらも焼き加減がちょうどよく、半熟加減も最高です。

H4likblhjmpel95dylgy

大きく、サクサクふわふわなクロワッサンは卵料理と相性ぴったり。

落ち着く雰囲気の店内は今日この後の予定を立てるのにもぴったりですよ。

Café Verlet

続いて、とってもお洒落な朝食と美味しいコーヒーが楽しめる

パリ・1区の「Cafés Verlet」

Vwqj8k0vwxzw4xzhko02

淡いグリーンの壁が目印のこちらは、お食事も店内も可愛い、乙女心をくすぐるカフェ。

ルーブル美術館やパレ・ロワイヤル、オペラまでも歩いて行けますよ!

こちらのカフェでは世界各国の美味しいコーヒー豆の販売もしています。

朝からコーヒーに詳しいムッシューやマダムがコーヒー豆を買いにきます。

M8aqyz1sg062i8lpwuqa

さあ、コーヒーと一緒にお食事をいただきましょう!

朝食メニューは

「PAIN ET VIENNOISERIES(パン)」

「SUCRE(甘いお食事)」

「SALE(お食事)」から選べます。

Iywlzxtgwnve3fc5q01j

甘いお食事の中からオススメしたいのはこちら「Pain Perdu(フレンチトースト)」


ふわふわ食感の絶品フレンチトースト。

キャラメルとシナモンの味と香りのハーモニーが素晴らしく、やみつきになること間違いなし。

Srofooubca3o9zxvogcu

そして「SALE」の中でオススメなのは、こちら!

「卵のココット」

Vm5jge9anbcm1fyrtr1e


ココットの中にはクリームと卵が入っていて、

カリッと焼き上げたパンをディップしていただきます。

とろ〜りクリーミーで絶品。

具材をハムとキノコから選べるのも嬉しいポイント。



素敵な朝食メニューが揃うこちらでは、

9時から15時まで「Petit dejeune(朝食)」のメニューが楽しめます!

とても美味しいので、ぜひ足を運んで欲しいカフェです。

パリに来たらショッピングは必須!

そんなみなさんが必ず足を運ぶスポットの一つ、ギャラリーラファイエット。

そこからほど近い場所にあり、ボリューム満点の朝食が楽しめるのはこちら!


「 Café Gallery 」


なんと朝の7時から営業しています。

観光客が多いスポットにあるので、日本語メニューも用意されているので安心です。


ここで食べて欲しいのは、パリ発祥の朝食メニュー

「クロックムッシュ」

みてくださいこのボリューム!ドーン!!

Kxykugt39wb7wcaapf8l

クロックムッシュとは……

パンにハムとチーズ(グリュイエールチーズやエメンタールチーズなどが望ましい)をはさみ、バターを塗ったフライパンで軽く焼いてベシャメルソースやモルネーソースを塗り、温かいうちに食べる。

特にこちらのクロックムッシューは上にチーズがたっぷりとかかっていて食べ応えも十分!

楽しい予定を沢山こなしたい日の朝にぴったりのプティ・デジュネです。

さて、続いてはみんなの憧れ。

特別な朝食をご紹介しちゃいます。


凱旋門の近くの五つ星ホテル

「La Royal Monceau ,Raffles Paris(ロイヤルモンソー ラッフルズ)」にあるレストラン

「La Cuisine restaurant(ラキュイジーヌ)」

Zchrrn74kdzm1uqdke0j
引用: https://www.instagram.com/p/BzcukjIIUC8/?utm_source=ig_web_copy_link

ここでは、チョコレートやマカロンで有名な「Pierre Hermé (ピエール・エルメ)」監修のプティ・デジュネ(朝食)が楽しめると話題なんです!

Tlizyz2omjnllmndimtq
引用: https://www.instagram.com/p/BMDlK8lj5NG/?utm_source=ig_web_copy_link
朝、新鮮な食材を厳選して美味しいご朝食をご用意しています。ピエール エルメのスイーツ、オーガニック卵、受賞歴のあるパン職人フレデリック・ラロスのパン、搾りたてのフルーツジュース、グルテンフリーの食品、乳成分を含まない牛乳の代替品など、バラエティ豊かなメニューをお楽しみください。 土曜日のブランチでは、「レザトリエ ド マシャ」によるお子様向けの楽しいクリエイティブ アクティビティをご用意。日曜日のブランチでは、シーフード ビュッフェ、寿司バー、ピエール エルメのライブ クッキング ステーションなど、より多彩なメニューをご堪能いただけます。

最高級のホテルレストランで、極上の朝ごはんはブッフェ形式。

胸が高鳴ります。

メニューはコンチネンタル(44€)とブッフェ(58€)の二種類。

ピエールエルメのクロワッサンを頂けるのはブッフェの方です。

飲み物と卵料理

(オムレツやスクランブルエッグなど、中に入れる具材や調理法の希望を伝えれば基本的にはなんでも作ってくれます)

を注文したら、

あとは食べたいものを好きなだけ楽しめる至…至福の時間が待っています。


何といっても必ず食べたいのは、フランス・フィガロ誌が選ぶ、

2013 Best Butter Croissants in Paris に選ばれたピエールエルメのクロワッサン!

Cj1igbr0mvhh5bua5nys
引用: https://www.instagram.com/p/B2oVDfooB1i/?utm_source=ig_web_copy_link

早い時間に行かないと、本日の分は終了、なんてこともあるほどの大人気。


そのほかにも、絶品パンケーキやパン・オ・ショコラ、グルテンフリーのパンまでずらりと並びます。

他にもファンの多いヨーグルトやクレープ、ハム、フロマージュなど、

胃袋がいくつも欲しくなってしまう…そんなヴァリエーションに富んだお食事が楽しめます。

Binvk2bbx6vbgmk9xazi
引用: https://www.instagram.com/p/zbzHvdNg74/?utm_source=ig_web_copy_link

ドリンクのラインナップも豪華。

コーヒーや紅茶はもちろん、スムージーやフレッシュジュースのバーなども飲み放題。

夢のような時間が過ごせること、間違いなしですよね。

Bbing5lj1bwvxi1bulg2
引用: https://www.instagram.com/p/kUHhEXtg5L/?utm_source=ig_web_copy_link

朝7時から10時30分まで朝食メニューが楽しめます。

土日はブランチタイムもあり、そちらも大人気。

行かれる方は、お腹をペコペコにすかせて朝早くに行ってみましょう。

基本的に予約をするのがオススメですが、予約なしでも席が空いていれば案内してもらえます。


こんな朝食をいただいたら、パリジェンヌな1日を過ごせること間違いなし♡

Nyowiljgp9fo1z2ceyvq
引用: https://www.instagram.com/p/BXuVHGXl-67/

パリの中心を流れるセーヌ川。

そこに浮かぶサン・ルイ島でお洒落な朝食はいかがですか?


「Le Saint Regis」

Hjatudyqyrvsiojn5anz

ノートルダム大聖堂で有名なシテ島のすぐ近くに位置し、

各観光地へのアクセスも抜群。


月曜日から日曜日まで朝7時からOPENしているこちらのカフェは、

メニューが豊富。

A1dz6yfuizvxdhcn4mwn
引用: https://www.instagram.com/p/ByAxq2cI-cC/?utm_source=ig_web_copy_link

人気の卵料理から、フレンチトースト、クレープにシリアルまであります。

毎朝でも通いたくなってしまうような魅力溢れるラインナップ。

Q27aka2hupxcynoswe1j
引用: https://www.instagram.com/p/ByiBzyzIVFB/?utm_source=ig_web_copy_link

セーヌ川とパリの街並みを見ながら朝食を。

朝食をいただいた後はノートルダム大聖堂の今の姿を見てみるのも良いかもしれません。

又、サンルイ島では美味しいクレープリーやアイスのお店も数多く並んでいますので、

島散策も存分に楽しんでくださいね。

Ujcty25uvrsbk8u52rwh

個人的にオススメなのは

好きなパン屋さんで出来たてのパンを買ってホテルでゆっくりいただくというもの!


パリには美味しいパン屋さんが沢山。

クロワッサンにパン・オ・ショコラにブリオッシュ…

色々なパンを食べたい、そんな欲張りなあなたにオススメです♡

G3njqcfdlcetxuthmszt

フランスに住んでいるかのような朝食タイムを味わえますね♪

さて、今回はフランスの朝食事情から、

人気観光スポットからアクセスが良く、

フランスらしい朝ごはんが楽しめるスポットをご紹介しました。


お出かけする場所に合わせて、朝食を食べる最適な場所をチョイスし、

より充実した1日をスタートさせてくださいね。


それでは、Bon Journée♡

フランスで1番美味しいスイーツはコチラ↓

世界の朝ごはんシリーズ。台湾の朝ごはんはこちらです。