Ew5yjiojnqwishypibyu

タイ

CATEGORY | タイ

本当に旨いチェンマイのカオソーイ有名店と穴場を在住者が厳選!食後の観光スポットも!

2019.11.19

タイといえば、食べ物も楽しみのひとつ。少し辛いのは大丈夫だけど、めちゃくちゃ辛いタイ料理はちょっと、という人が多いのではないでしょうか。カオソーイはそんな方にピッタリ!少し辛いけれど、旨みいっぱいのチェンマイ名物タイ料理なのです。

この記事に登場する専門家

Haw5mteioejo4wjt2rbz

タイ在住キャッチコピーライター

krabirian

タイの南部、クラビ在住のコピーライターです。タイ語学校に通って、タイ語ベラベラになってやろうと目論んでいます。アートが好きで、タイのアートやアーティスト、ミュージシャンとの会話を楽しんでいます。

  1. みんな大好き、チェンマイ発祥のカオソーイ。
  2. カオソーイってどんなタイ食べ物?
  3. カオソーイには食べ方がある!?
  4. カオソーイはチェンマイでしか食べられないの!?
  5. チェンマイのカオソーイ〜有名店編〜
  6. チェンマイのカオソーイ〜穴場編〜
  7. チェンマイのカオソーイ後は〜観光編〜
  8. 自分好みのチェンマイカオソーイを見つけよう
Vvzeuxye0brdf9o7vdto

こんにちは。タイ・クラビ在住のkrabirianです。先日、チェンマイにショートトリップに行き、カオソーイを食べまくってきました。朝昼晩カオソーイでもいいくらい、カオソーイ好きなので、チェンマイ在住者に聞いた有名店、筆者が独自に開発した穴場カオソーイのおいしいお店を紹介していきたいと思います。

Lewcd0ljxi6gh9sdg7th
引用: https://www.instagram.com/p/Bt6MHlLH4Eb/?igshid=r6m39f1u2iig

簡単に言うとカレーヌードルです。日本でおなじみのカレーカップヌードルがいちばん近い味です。チェンマイのカオソーイは、店によって味が全然違います。辛め、甘め、ココナッツミルクの多いもの、出汁の効いているもの、スープがオレンジ色や黄色。辛いかなと思うと意外にマイルドだったり、後からじんわり汗が飛び出す辛さだったり。

Cbq6ahe2nmqbj7knlkn3

あと、カオソーイに限らずなのですが、タイ料理はアツアツではなく、比較的ぬるい状態でサーブされることがあります。暑い国ですので、アツアツ料理を好まないヒトが多いからでしょう。タイ人高校に、一度、日本のカレーライスを作り、ふるまったことがあるのですが、かなり熱そうにしていました。全然熱くないのに。


Zdppikhiy3liikwanrbn

たしかに、タイの鍋料理、タイスキやムーカタ(バーベキューと鍋を同時に食べる料理)などをクーラーのないところで食べていると汗べっしょりになります。なので、少し辛いカオソーイも、もちろん熱々ではありません。少し熱いだけなのに、かなりフーフーと冷ましてから食べているタイ人をたくさん見かけました。

W7wwxeohzunnmj6glupl

というと大げさですが、カオソーイには、写真のような副菜が必ずセットでついてきます。ライム、紫たまねぎ、高菜漬けのような漬け物。この3点は定番で、これを一度に全部入れて食べます。ライムは絞ったあともポチャンとスープに浸けてしまいます。酸っぱくなるのではなく、かすかな酸味が含まれることで、なかなかなアクセントになります。

V2ce7jlbodxvehhmdsos

紫たまねぎも歯ごたえがあり、生だけれども全然辛くありません。そして高菜の漬け物、これがまたいい味を出しています。日本人感覚でいくと、アツアツのご飯にこれをかけて食べたい気にもなりますが、カオソーイの味に深みが増します。ただし、この高菜の漬け物は、店によってはとんでもなく辛いものもあります。ご注意ください。

カオソーイはお洒落なタイ料理!?

Jpdt5i1eqi401xdoff2s

結論からいうとそんなことはありません。ただ、チェンマイ以外で食べられるレストランは少ないです。バンコクには、世界各国の料理があるので、イサーン料理屋さんやお洒落なカフェなどで、カオソーイを出しているところを見かけました。と考えると、カオソーイはお洒落な食べ物に入るのかもしれませんね。

南部の小さな島でカオソーイ発見!

O9vcuqf4t2hme9tdifbi

ちなみに筆者の暮らすクラビタウンでは、カオソーイを出しているレストランを見たことがありません。「ウィークエンドマーケット」という週末限定の屋台で1軒だけです。ところが、意外な場所でカオソーイを発見したのです。それは、船でしか渡れない「クラン島」という小さな島のコテージ兼レストランでした。

Kddm8ox6jvb6mjrejyx2

チェンマイから話がそれてしまいますが、住人がほとんどイスラムの人である「クラン島」に出かけたときのこと。すごく感じのいいカフェを見つけました。そこになんと夢にまで見たカオソーイが!お味は、ぬるかったですが、ミルキーでおいしかったです。ビーフを食べたかったのですがチキンのみでした。イスラムなのでポークはありません。

大好きなクラン島をご紹介したところで、お待たせいたしました。いよいよ本題!チェンマイのカオソーイのお店をご紹介していきましょう。

ここのカオソーイを食べるためだけにチェンマイを訪れる旅人もいるほど、人気の高いカオソーイの名店をご紹介します。

①イチオシ!西洋人に人気!【クンヤーイ】

Edyoeefzq6der6xt5zth

西洋人御用達の世界の旅行ガイドブック「ロンリープラネット」に載ってるらしい、ということで西洋人に人気の【カオソーイ クンヤーイ】。筆者が訪れたときは、地元のタイ人だけでした。その名の通り、メニューはカオソーイしかありません。カオソーイに限らずタイの飲食店は看板メニューだけで勝負しているところがたくさんあります。

Wqmckh2tlu2p49u0xs9x

こちらは、ビーフ、チキン、ポークの3種類あります。どの肉もたっぷり入っており、食べ応え十分。スープは甘くなく、ほどよい辛さ、出汁がしっかりとした印象。ココナッツミルクも多すぎず、スパイしーで好きな味でした。筆者イチオシのチェンマイのカオソーイはこちらのお店です。

Oacshitsidzgdxies4db

【クンヤーイ】の詳細

■住所■Sri Poom 8 Alley, Mueang Chiang Mai District, Chiang Mai 50200 

■営業時間■10:00~14:00

■日曜休み

②お洒落スポット「ニマンヘン」にある【ニマン】

Byv47nrekkldqozyhzsp
引用: https://www.instagram.com/p/BuoZEXhHEFN/?igshid=tw83xxuzaods

チェンマイの代官山と呼ばれているお洒落スポット「ニマンヘン」。そのなかにある【ニマン】もお洒落なカフェ風なつくり。店員さんの応対も丁寧で、屋内はクーラーも。なので、他のカオソーイに比べて、お値段お高めです。お肉が主流のカオソーイですが、【ニマン】のメニューには海老もあり贅沢気分が味わえます。

【ニマン】の詳細

■住所■22 Nimmana Haeminda Rd Lane 7, Suthep, Mueang Chiang Mai District, Chiang Mai 50200

■営業時間■11:00~21:00

■不定休

③チェンマイで一番人気のカオソーイ専門店【メーサイ】

Vausofk8l7yxtou4vojn

コクがあり、甘さと辛さの加減がすばらしいカオソーイ【メーサイ】。ここのウリは、他の専門店のようにカオソーイだけ、というのではなく、別の麺メニューやサテ(鶏の串焼き)など、バリエーションが豊富なので、カオソーイ以外のメニューもいろいろ試せます。行列必須なので、お昼時をはずして行くほうがいいです。

【メーサイ】の詳細

■住所■29/1 Ratchaphuek Alley, Tambon Chang Phueak, Mueang Chiang Mai District, Chiang Mai 50300


■営業時間■8:00~16:00

■日曜休み

④カオソーイ以外の北タイ料理も堪能できる【アルーンライ】

I4skfm1cpncjbz0oohw4
引用: https://www.instagram.com/p/Bmzp-t1Becd/?igshid=nkgqify4lser

「チェンマイで一番ウマイカレーの店」と英語で書かれている【アルーンライ】。有名なターペー門近くで混雑しているお店があればそこが【アルーンライ】かも、それほどいつも混んでいます。理由はどのメニューも美味しくて安いから。ここでは、夜、お酒を飲みながらおつまみを楽しんだ後、カオソーイで〆、という食べ方をおすすめします。

【アルーンライ】の詳細

■住所■45 Kotchasarn Rd, Chang Khlan Sub-district, Mueang Chiang Mai District, Chiang Mai 50100

■営業時間■12:00~21:30

■不定休

知る人ぞ知る!?誰も知らない!?穴場中の穴場,マニアックなカオソーイをご紹介します。

①チェンマイ最後のカオソーイは空港内【KHaosoi House】で

Pkrq3xjcm71pedwe2xyh

空港内のレストランは町のなかに比べるととても高い。ここ【KHaosoi House】のカオソーイも町の専門店の3倍ほどの価格。約600円。うーむ、悩むところだが、食べてみると、なかなかの味わいだった。空港内のレストランではここ以外でもカオソーイを食べることができます。チェンマイの旅の最後の思い出の一杯に、いかがでしょうか。

【KHaosoi House】の詳細

■住所■Suthep, Mueang Chiang Mai District, Chiang Mai 50200

■営業時間■チェンマイ空港に準じる

■無休

②モン族村内にある【名もなきレストラン】

Zrcflifrq1wa4i8hjrop

チェンマイ随一の観光スポット「ドイステープ寺院」へ行った時に訪れた「モン族の村」。お土産物屋さんが並ぶ、名もなき食堂にカオソーイがありました。奥深い山々を眺めながらのカオソーイもなかなかオツなもの。辛さも甘さも控えめ。チェンマイの人はみんなカオソーイ好きなのかしら。地元民風のお客さんもカオソーイを食べていました。

【名もなきレストラン】の詳細

■住所■ Mueang Chiang Mai District, Chiang Mai 50200

■営業時間■8:00~17:00

■無休

③えっ、こんなところで食べるの!?【ワロロット市場内の食堂】

Mkupqlkziw3zqnyrfcge

そうなんです。隣では山岳民族の帽子やTシャツが売っているそんな「ワロロット市場」の一角にある食堂。そこにもカオソーイがありました。これが意外においしい。しかも40B(約140円)と価格も安い。ちょっとピリ辛目だけれど、立派なチキンウィングが入っており食べ応えも十分。買い物途中の地元の人々の憩いの場になっているようです。

Wplvgpw7xgy14ysxxsie

ワロロット市場の詳細

■住所■90 Wichayanon Rd, Tambon Chang Moi, Mueang Chiang Mai District, Chiang Mai 50300

■営業時間■8::00~18:00

■無休

カオソーイをいっぱい食べた後の腹ごなしにピッタリな観光スポットをご紹介します。

①見晴らしの良い【ドイステープ寺院】

Lhbvlwwhmn3ioaa3i4k5

チェンマイのカオソーイ有名店①【クンヤーイ】の近くに【ドイステープ寺院】行きのバス停があるため、【クンヤーイ】のカオソーイ後にドイステープ寺院に向かう人も多いようです。乗り合いバスなので、寄り道をしながら1時間ほどかけて山道をのぼった中腹にあります。本堂までいくとチェンマイ市内を一望できるスポットがあり圧巻です。

Hvb6i5okympkxd53lqvt

②ドイステープ寺院とセットで回りたい【モン族の村】

Evuquigs640gkoy4wlij

チェンマイの穴場カオソーイ⑥モン族の村内の【名もなき食堂】でご紹介したモン族の村は、先述の【ドイステープ寺院】の先、クルマで30分ほど行ったところにあります。お土産物やさんをぬけると景色のよい整備された村が広がっています。モン族のこどもたちもお花やお菓子を売ったりして、放課後に働いています。

Mmzbyuccwgcebbgruoiy

③碁盤の目になっている町を散歩しよう【旧市街】

Bhainbrq1pg838wv7au4

旧市街でカオソーイを食した後は、腹ごなしに旧市街をお散歩してみてはいかがでしょう。その中心地的な場所に【チェンマイ文化芸術館】があります。立派な洋館の二階建ての建物で、中にはチェンマイの歴史に関する展示がされています。館内のカフェが有名。カオソーイはないですが、チェンマイコーヒーで休憩してみてはいかがでしょう。

Ucvgja89lcvnzmuj8uty

④地元チェンマイの人御用達。何でも見つかる【ワロロット市場】

Ratgi4nmlk3jmniktzlj

カオソーイが食べられる食堂からフルーツや野菜、お花、モン族の伝統工芸品、化粧品から洋服まであらゆるものが売られているワロロット市場】。ゴチャゴチャとした市場の間にお洒落でセンスの良い小物屋さんや洋服屋さんがちらほらあり、いろいろ見て回るだけで楽しいです。かなり広いのでゆっくり時間をとって出かけましょう。

Omr40rhld6fnhgdxy2xw
Cjrdmdghbc1rzgszez7w

チェンマイのほとんどの飲食店にカオソーイがあります。それはカオソーイの人気が高い証拠です。「カオソーイを食べるためにチェンマイに行く」という旅も計画する価値があるほど、奥が深くておいしい食べ物です。上記でご紹介したお店以外にもいろいろチャレンジして、あなただけのカオソーイを見つけてみてはいかがでしょう。

チェンマイおすすめのグルメは他にもたくさん。こちらの記事をチェックしてください。