Jdjfd93gcypwxs1bysul

福井

CATEGORY | 福井

福井・敦賀の名物おすすめ8選!新鮮な海産物から銘菓迄、敦賀の名物を食べつくそう!

2019.11.26

福井県敦賀市には、魅力的な名物グルメが豊富!「焼きサバ」に「越前がに」「ソースカツ丼」から「ふぐ」といった新鮮な魚介に加え、歴史ある銘菓迄、敦賀には美味しいものが沢山!そんな敦賀グルメを食べ歩きした筆者が敦賀の名物をご紹介して参ります!

この記事に登場する専門家

Uc4htiwcbxrqjz2rquix

旅行好き♪関西在住ライター

おはる

日本の温泉&絶景&自然&観光&グルメとカラオケが好きな関西在住のアラフォー女子。関西以外も、東北の知人を訪ねて岩手や秋田にも年に数回行くことから、東北も大好き♪

  1. 敦賀について
  2. 敦賀名物グルメが楽しめる【日本海さかな街】
  3. 敦賀名物①冬の味覚の王様【越前がに】
  4. 敦賀名物②まるごと焼く豪快な【焼きサバ】
  5. 敦賀名物③伝統料理【鯖のへしこ】
  6. 敦賀名物④増井弘海堂ふわふわの【とろろ昆布】
  7. 敦賀名物⑤福井で人気のB級グルメ【ソースカツ丼】
  8. 敦賀名物⑥敦賀湾で育った【敦賀ふぐ】
  9. 敦賀名物⑦敦賀銘菓【豆らくがん】
  10. 敦賀名物⑧敦賀ラーメン【中華そば一力】
  11. 敦賀名物を食べつくそう!

こんにちは!旅行大好き!京都在住ライターおはるです!今回は、京都のお隣の福井県・敦賀市の名物のご紹介です。京都から福井は割と近いため、私も観光や時には仕事の為に、毎年のように訪れていたところ。

Fuqdudwxcwihdamt93ye

敦賀湾に面した「敦賀市」は、漁業も盛ん。敦賀市には、市内中心部の日本海側最大級の海鮮市場70店舗が集結された「日本海さかな街」や、敦賀駅に近い海鮮問屋直営の食事処「地魚料理まるさん屋」の他、駅前ゆめさき通りにもグルメスポットが多数あるので、お土産を買う場所に困ることは有りません。

Qqp1irosdotrvwg90snn

今回は、そんな敦賀より「敦賀グルメ」をお届けします!

Jjbnusvwhosvjerwwlps
Bo5mq6jrcyzg7zm1ntsa

敦賀市の中心部にあり、敦賀の名物グルメが多く揃う「日本海さかな街」は、地元敦賀の水産業者を中心に70店舗あまりが軒を並べる、日本海側最大級の海鮮市場。海鮮市場だけあって、大変活気のある売り場となっています。

Cvl9ta4iqnrksxrxvowh

日本海さかな街の中はとても広いので、歩いていると迷子になりそうなくらい。広い敷地の中で、先ほど見た店に戻ろうとしても迷ってしまい、なかなかたどり着けない、ということもありました。

P67mbvvj1z1xjovacbor

そんな「日本海さかな街」では、カニや魚介類の他、海産物などの特産品や、敦賀名物のお土産品を買うことが出来ます。日によっては「マグロの解体ショー」を見ることも出来ますよ!

Vtb2lng3nuvc5lf0it67

さらに、日本海さかな街には、日本海さかな街の敦賀名物が食べられるレストランがあります。その中の「かに喰亭ますよね」さんは、土日ともなれば1時間待ちの行列出来るレストランです。

Vry2dnuqqfzfflvnptlv

こじんまりしたテーブル席で、かに料理以外にも、新鮮な魚料理や、かに料理などがタッチパネルで注文できる便利なお店。

Ab94oyh79o0rmxmtkbe7

メニューは、鮮度抜群の鮮魚を使った定食から、丼、一品料理まで、敦賀グルメなら何でもありました。私は悩んだ結果、この日は「ウニ・いくらの海鮮丼」を注文。(写真↓)

Pgoks5tatnfxllpypsi5

料金はランチにしては少し贅沢な1800円でしたが、なかなか食べることの出来ない、新鮮で濃厚なウニやいくらやホタテが食べれられたので大変満足でした!

日本海さかな街 店舗詳細

Yqlfgyyvnzep6vxandgs

敦賀名物で最初にご紹介するのは、冬の味覚の「越前がに」のご紹介です。

Chfcm1rcwclbidyn4z7v

全国のズワイガニの中でもトップブランドとして知られる「越前がに」は、福井県で水揚げされたオスのズワイガニのことで、敦賀港の他、越前漁港や小浜港などで水揚げされているかにのことです。

Hpfg62yhbkamhmxhgks7

かに漁の解禁日11月6日を過ぎた頃に行くと「越前がに」を含めた、赤々としたカニがぎっしり並び、日本海さかな街の店内一面がカニで埋め尽くされ、真っ赤に染まっているようにも見えます。

Rxrdfhkxg1d1m7jbhvac

ちなみに、カニが採れる福井の沿岸部ですが、漁場の地形が段々畑のようになっていて、カニや魚にとって住みやすい場所なので、敦賀では美味しいカニが採れるそうですよ!

Ucfamdvmdhsvh5udk7ib

そんな越前ガニで、私が一番好きな食べ方は、生ならトロトロの身の食感とカニの甘味を味わえる「カニのお刺身」です!また冷凍なら、香ばしい香りが満喫できる「焼きガニ」や、カニの身の甘さが感じられる「かにすき」で食べると美味しいですよ!

Xyi7cqcrwpu7v5ovkdq4

そして、家で茹でたカニは、スーパーでも売っている「甘酢」につけて食べるのがおすすめ!甘いカニがさらに甘くなり、いくらでも食べられる美味しさです!

Tin9gz2c7fpx7fzacy3e

越前がに「甲羅組」詳細情報

Rvydzlf0xdzxkmssngrr

敦賀名物で続いてご紹介するのは「焼きサバ」です。

Kjnpt4gkgbchpoeqqv1s

福井・京都には「鯖街道」と呼ばれる道が存在します。「鯖街道」は、鯖をはじめとする海産物を運ぶための「京都」と「福井」を結ぶ道。

Zedlizqryzfxwczglg9r

そんな歴史もあり、敦賀では鯖にちなんだ名物が豊富です。そして敦賀では、サバの開きを丸ごと串に刺して焼いて食べられるお店も有ります。店の周りには、サバを焼いた香ばしい香りが充満しているので、サバ好きな方なら思わずヨダレが出ること間違いなしです!

Ncjfoqqednojzdzkpowg

または、焼きサバが載った「焼き鯖寿司」も名物の一つです。焼きサバずしは、私も大好物なので、敦賀に行くと「焼き鯖寿司」をたえずお土産に買って帰ります。

焼きサバ「はまやき 安兵衛」 店舗詳細

Gaegxzcb4lfj6airkde0

続いてご紹介する敦賀名物は「へしこ」です。サバなどの魚介類を「ぬか漬け」にした福井の名物へしこは、敦賀以外に若狭の方でも食べられている名物料理で、地元の知恵が生んだ珍味の保存食です。

Daull8x8hoyqczcgom93

「へしこ」は、鯖一匹分のサイズから、切る手間がいらない薄切りにしたタイプのお土産まで売られています。そんな「へしこ」は、ご飯のおともとしても良く合い、さらにお酒の肴としても美味しいですよ。

Zd9h58deopqweqpy7yed

私が一番最初に食べた「鯖のへしこ」は、福井の高速のサービスエリアでしたが、塩の効いたへしこのおにぎりがとても美味しかったこと、今でも忘れられません。

サバのへしこ「日本海さかな街二番館」 店舗詳細

Ikxzqlhxrebqsr936fym

次にご紹介するのは、敦賀名物の「高級おぼろ昆布」です。敦賀は全国有数の昆布加工の産地で、職人さんが手作業で削る「手すきおぼろ昆布」は、全国の生産量の約85%を占めるといわれています。

Vzbusyxik5r323njw5ys

そんな「手すきおぼろ昆布」は、包丁で削り出される薄絹のように薄くて繊細な昆布。お口に入れた瞬間に、ふわっととろけるような食感を楽しめます。


とろろ昆布の美味しい食べ方は、おにぎりに巻いても美味しく食べられますし、お味噌汁や、ラーメンなどの汁ものに入れてもGOODです。とろろ昆布は、もともと昆布なので、和風の食事には何でも合う、贅沢な隠し味になりますよ!

とろろ昆布「増井弘海堂」 店舗詳細

Sk0otkypnbodww0tdowi

続いてご紹介する敦賀名物は「ソースカツ丼」です。ソースカツ丼は、敦賀以外でも福井全般で食べられている、福井県民が愛するB級グルメ。


そんな福井のソースカツ丼の特徴は、まずは豚肉を厚切りにしたトンカツではなく、薄めにスライスされた「豚ロース」であること!そのため、きめ細かいパン粉で、カリッカリに揚げられたカツに仕上がります。そして、カリカリのカツには、甘辛い「ソースカツ丼専用のソース」がたっぷりとかかっています。

Eaa30fbklqixm4uwoiuf

一つの丼に2~3枚は載せられたソースカツ丼は、トンカツ好きは勿論、ソース好きな方にもおすすすめの、ご飯がいくらでも進んでしまう美味しさですよ。私は、週一で、このソースカツ丼を食べても飽きない、と思うくらい、この甘いソース味の染みたカツが好きです。

ソースカツ丼「かに喰亭ますよね」 店舗詳細

Fcfz0ct6hzgmwkfsz3sd

次の敦賀名物は、敦賀湾で育った【敦賀ふぐ】のご紹介です。敦賀ふぐをたべられるお店の中でも「魚平ふぐ館」は、鮮魚店が運営されているお店のため、新鮮なふぐを食べられることで有名なお店。

H6pm7bvtedltdpuxbo1r

一年にそうそう何度も食べられない、高価なふぐ料理は、私はお刺身で味わう『てっさ』が一番好きです。ゴリゴリの歯ごたえをすだちの香りと共に味わうのは、最高の至福の時間ですよ!

Zs8nlgmma1hfw33nku43
引用: https://www.instagram.com/p/B1GCXsDDKK6/

魚平 ふぐ館 店舗詳細

Bdlvwpiynbx7dqhxtatr

次は、敦賀名物「豆らくがん」のご紹介です。敦賀のらくがんは、全国にある麦やそばのらくがんとは違い、大豆を使用されたらくがん。程よい甘さと大豆の風味を味わえる、敦賀でしか食べることの出来ない名物です。

V8kfjyb8s0zxkw20dlfe

また「おたふくの顔」をしているため、この敦賀のらくがんは「福を呼ぶ」とも言われています。そのため、おめでたい時のお土産として持って行くのにもおすすめのお土産です。

豆らくがん「紅屋」店舗詳細

Dloamkw9ruexaactsqka
引用: https://www.instagram.com/p/B4XOyvfBweC/

最後にご紹介する敦賀名物は「敦賀ラーメン」です。敦賀は、昔から屋台ラーメンが並ぶ町で「屋台ラーメンから初めて店を出した」という店も少なくありません。

Fcm0144kszbpkwlyeijc
引用: https://www.instagram.com/p/B0PorNxpStX/

「中華そば・一力」も、屋台から始められたラーメン店で、創業は1960年代初頭の屋台を始められたころ。そして、1977年に店を構えられたという敦賀の中でもラーメンの老舗にあたります。


定番の豚骨と鶏がらスープの醤油味の「中華そば」は、見た目よりもあっさりとした醤油味のスープでとても美味しいですよ!また、ツルツルの食感の中太麺や、ロース肉のチャーシューで、とてもオーソドックスなラーメンは、食べ終わると「ああ、ラーメンを食べたなぁ~」という、幸せいっぱいの満足感に包まれます。


この激辛でも背油こってりでもない、シンプルな「中華そば」は、子供からご年配の方まで、どなたにもおすすめのラーメンですよ。

・中華そば695円

中華そば 一力 店舗詳細

Rwt1scc0dwrjbijmzxjh

以上「敦賀名物」をご紹介して参りましたが如何でしたか?おいしそうな名物が沢山食べられる「敦賀」は、京阪神からでも案外すぐ行けるんですよ!

Qa4qatvfh7m2evzh19j5

「新快速」なら、大阪から片道2,310円で125分で到着。特急料金もかかりますが、サンダーバードなら大阪からでも85分と、十分日帰りで楽しめるグルメな観光地です。休みの日には、敦賀名物グルメと観光を楽しみに是非お出かけしてみて下さい。