Trip-Partner[トリップパートナー]

記事のサムネイル

Category鹿児島

奄美大島で人気のばらまき用お土産特集!スーパーで揃うコスパ最強のお菓子!

南国の楽園奄美大島には素敵なお土産がいっぱい!珍しくて美味しいお土産が安く便利に手に入ります!奄美大島のスーパーには奄美大島中の名物や美味しいお菓子がそろっています!今回は、奄美大島で人気のばらまきに最適なお土産を紹介します。

この記事に登場する専門家

meshimeshiのサムネイル画像

旅行好きのセラピスト

meshimeshi

食べることと旅行が大好きなセラピストです!休みの日は関西を中心に食べ歩きをしたり、旅行に出かけたりしています。自分の体験から得られた情報をみなさんにお届けします。

奄美大島で珍しいお土産を買おう!

奄美大島

こんにちは、meshimeshiです!奄美大島は温暖な気候ときれいな海に囲まれた地域です!奄美大島の自然が育んだ新鮮な食材や、美味しいお菓子の数々は観光客を魅了しています。また、奄美大島はスーパーが便利で、ほとんどの食材やお土産はスーパーで揃えることができます。今回は、奄美大島で人気のばらまき用お土産を紹介します!

奄美大島ってどんなところ?

海

奄美大島は、九州の南方部に浮かぶ島できれいな海に囲まれた地域です。沖縄とよく似た文化圏で、サトウキビやサツマイモが主要な特産物となっています。また、世界で初めてクロマグロの養殖に成功した近畿大学の水産研究所もあり、美味しい奄美大島伝統料理だけでなく、クロマグロなどの魚介類を使った料理も楽しめます。

奄美大島へのアクセス

奄美大島

奄美大島へのアクセスは、成田空港・大阪国際空港・福岡空港など主要な空港からの空路が便利です。鹿児島港や那覇港からフェリーでも行くことができます。以前は東京港や神戸港からもフェリーで航行できましたが、現在は廃止されています。

奄美大島のお土産事情

奄美の黒兎

奄美大島では、特産品の黒糖やサトウキビで作った酢を使った加工品やお菓子のお土産に人気が集中しています。また、奄美大島で採れる野菜や、焼酎やハブ酒などのお酒も人気のお土産となっています。

奄美大島で人気のお土産スポット

お土産屋

奄美大島には、お土産屋は数多くありますが、取扱数が多いスーパーや大規模なお土産屋に人気が集まっています。大規模のお土産スポットで奄美大島中のほとんどのお土産をそろえることができるので便利です。

スーパービッグⅡ

スーパービッグⅡ

奄美大島中最も大きい店舗の一つで、奄美大島の特産物やお菓子はもちろんのこと、おしゃれな雑貨や近隣の島々のお土産も取り揃えています。酒売場では奄美大島ならではの黒糖焼酎の種類も豊富に取り揃えており、奄美大島限定の商品も多くあります。店内で食事ができるお店や、子供が遊べるスペースもあるので子連れの観光客にも人気のお土産スポットです。

奄美大島で定番のばらまき用お土産

味噌ピーナッツ

それでは、奄美大島で人気の定番ばらまきお土産を紹介します!奄美大島のお土産は高級品を除いて、比較的コスパが高く低価格なお土産が多いのが特徴です。その一方でばらまきに最適なお土産が多く、どのお土産が良いか迷ってしまいます。特におすすめのお土産を厳選しましたので紹介します!

①アオサ味の珍しいサブレ【奄美の黒うさぎ】

奄美の黒うさぎ

最初に紹介する奄美大島のばらまき用お土産は、奄美の黒うさぎです!アマミノクロウサギは、奄美大島に住む固有のうさぎで、耳と足は通常よく見るうさぎに比べて短くなっています。その黒うさぎを形どったお菓子が奄美の黒うさぎです。黒糖味とアオサ味があり、パッケージが黒と赤に分かれています。

奄美の黒うさぎ

奄美大島の定番のお土産で、独特の甘さの黒糖味と磯の風味が香る塩味のきいたアオサの味の取り合わせが絶妙です。私は、アオサ風味のサブレは奄美大島以外見かけたことないので、お土産を渡す際のネタになるかもしれません。20枚入りで1,300円なので、ばらまき用として最適です。

詳細情報

②黒糖と胡麻の風味【ごまざた】

ごまざた

ごまざたは、奄美大島の定番のお土産で多くの観光客が購入するお菓子です。奄美大島では砂糖のことを「サタ」と呼び、ごまざたは胡麻と黒糖を使ったお菓子です。黒糖の材料は奄美大島産のサトウキビ100%使用し、黒糖の甘みとコクをしっかりと感じる商品となっています。

ごまざた

ごまざたは奄美大島で昔から食べられていたおやつで、当時は煮詰めた黒糖に胡麻をまぶして冷蔵庫で冷やし、砕きながら食べていたそうです。私が買ったごまざたは薄くてパリッとした食感と胡麻の香ばしい風味、黒糖のコクを楽しめました。150gで300円ほどなのでばらまき用としても最適です。

詳細情報

③現地でしか買えない貴重品【黒糖かりんとう】

黒糖かりんとう

黒糖かりんとうは奄美大島でも最も人気のあるお土産の一つです。かりんとうの生地に奄美大島産の黒糖の蜜をたっぷりと絡めて揚げてあります。奄美大島の黒糖かりんとうの中でも特に人気があるのが、創業60年の歴史を持つ田原製菓のかりんとうです。本店では出来立てのかりんとうが店に並びますが、あっという間に売り切れてしまいます。

黒糖かりんとう

私も田原製菓の黒糖かりんとうが好きで、前回奄美大島に行った際に何袋も購入しました。地元中心に販売されている商品であるため、ネット等で取り寄せることはできません。現地で購入するしか方法がないので、ぜひお買い求めください。黒糖の濃厚な甘みとコク、かりんとうの食感が絶妙なお菓子です。

詳細情報

④せんべいと黒糖のハーモニー【黒糖せんべい愛加那】

黒糖せんべい愛加那

黒糖せんべい愛加那は、薄焼きのパリッとした食感が魅力のせんべいの上から黒糖の衣をせんべいの半分だけかけて仕上げてあります。せんべい自身の美味しさと、黒糖と合わさったせんべいの美味しさを1枚で2度楽しむことができます。素朴な味わいのせんべいに黒糖の独特の甘さが加わり、見事な一体感を味わえます。

黒糖せんべい愛加那

甘すぎず、軽い食感なのでついつい食べ過ぎてしまいます。黒糖せんべい愛加那は、12枚入り648円、22枚入り1080円と高コストパフォーマンスで、一枚一枚個包装されているのでばらまき用お土産にぴったりです。

詳細情報

⑤甘みの自然の旨味【奄美の塩 キャラメルナッツクッキー】

奄美の塩 キャラメルナッツクッキー

奄美の塩 キャラメルナッツクッキーは、奄美の海水を平釜でじっくりと煮出してとれた海塩をクッキーに振りかけています。クッキーの上からキャラメルナッツでコーティングし、サクッとしたクッキーの食感にナッツの香ばしさ、キャラメルの濃厚な甘みが加えられています。

奄美の塩 キャラメルナッツクッキー

奄美の塩がキャラメルの甘さを引き立て、奄美の塩の持つミネラルが味に複雑さをもたらしています。奄美大島で泊まった宿で頂いたのですが、あまりにも美味しかったのでお土産に購入しました。12枚入り700円とお買い得なので、ばらまき用としても最適なお菓子のお土産です。

詳細情報

⑥美味しくて食べすぎ注意【がじゃ豆】

がじゃ豆

続いて紹介する奄美大島のお土産はがじゃ豆です!がじゃ豆は、地元の人が好んで食べるソウルフードのようなお菓子で、奄美大島さんおピーナッツなどのナッツ類に黒糖でコーティングした豆菓子です。軽く炒めたナッツに水で溶かした黒糖を絡めるというシンプルなお菓子です。

がじゃ豆

がじゃ豆という呼び名以外にも、サタマメやガンザタ豆とも呼ばれることもあります。ナッツの香ばしさに黒糖の甘みが加わってちょっと小腹がすいた時にもぴったりなお菓子です。私も、奄美大島のスーパーで購入してちょっと味見だけと食べたら、あっという間に一袋全部食べてしまいました。300gで500円とお買い得です。

詳細情報

⑦機内でも販売しているお土産【あまみ黒糖ショコラ】

奄美黒糖ショコラ

あまみ黒糖ショコラは、黒糖の素朴な甘さとショコラの優しい甘さが一体になったチョコレート菓子です。奄美大島産のサトウキビから作られた黒糖をちょぴりほろ苦いビターチョコで包み、周りをココアパウダーでコーティングしてあります。

奄美黒糖ショコラ
引用:https://www.instagram.com/p/B7IhDC7nNTM/

外側はしっとり、中身はサクッとした独特の食感を楽しむことができます。ショコラのほろ苦さと優しい甘み、黒糖のコクが見事に調和しています。早速購入し、職場にお土産として持っていくと世代や性別を問わず喜ばれました。12個入り1080円とお買い得で、ばらまき用としても最適なお土産です!

詳細情報

奄美大島でちょっと変わったばらまき用お土産

奄美

続いて、通常のお土産に飽きた方のために奄美大島でもちょっぴり変わったばらまき用にも使えるお土産を紹介します。奄美大島を巡ると印象に残るのが奄美大島の特産物です。美味しいお酒や塩、酢など奄美大島の食生活には欠かせません。その特産物を小分けでも持ち帰られるばらまきにぴったりなお土産を紹介します。

①サンゴ由来のミネラルたっぷり【奄美サンゴ海水塩】

奄美サンゴ海水塩
引用:https://www.instagram.com/p/BmBBONjB0Z8/

奄美サンゴ海水塩は、奄美大島周囲の海底に生育するサンゴの砂からとった海水をろ過して作られた塩です。サンゴ由来のミネラルが多く含まれており、複雑な味わいの塩です。少量をふりかけると料理の味わいがよりまろやかに感じるでしょう!30gで280円と高コスパなので、ばらまき用としても最適なお土産です。

詳細情報

②ちょっとだけ試したい人は意外と多い【ハブ酒】

ハブ酒

高級酒として知られているハブ酒も、少量であれば350 円と安く購入することができます。1本を買うのに抵抗のある人や、少しだけ飲んでみたい・飲んでもらいたい人にぴったりのお土産です。私も試飲しましたが、ちょっと飲むだけでもカッと体が熱くなりました。

詳細情報

③健康志向の人にもぴったり【さとうきび酢 きらさん】

さとうきび酢 きらさん

最後に紹介するお土産はサトウキビ酢のきらさんです!奄美大島の料理ではサトウキビ酢がよく用いられています。コクがありさっぱりとしているので、料理だけでなく飲料としても用いられています。サトウキビ100%と天然水だけで作られているので、健康にも良い上質の酢です。小分け(750円)で売っているので持ち運びにも便利です。

詳細情報

奄美大島で素敵なお土産を見つけよう!

奄美

奄美大島は、豊かな自然と美味しい食材に囲まれた南国の島です。奄美大島では、本土では見かけない珍しい食べ物や美味しいお土産が沢山あります。今回、紹介した以外にも絶品のお土産が数多くあるので、ぜひ奄美大島で素敵なお土産を見つけてくださいね!

この記事を読んだあなたにピッタリの鹿児島の情報はコチラです!

実際の購入談!鹿児島中央駅で全て揃う!地元県民おすすめお菓子のお土産をご紹介!のサムネイル

実際の購入談!鹿児島中央駅で全て揃う!地元県民おすすめお菓子のお土産をご紹介!

この記事では、鹿児島の玄関口「鹿児島中央駅」内にあるみやげ横丁で購入できるお菓子のお土産をご紹介します。鹿児島県産の安納芋を使った甘いお菓子や、300年以上地元で愛されてきた代表的な銘菓まで!鹿児島でおすすめの定番お菓子のお土産をたくさん紹介していきます!

trip-partner.jp

奄美大島を3日間モデルコースで丸ごと観光!穴場ドライブルートも教えます!のサムネイル

奄美大島を3日間モデルコースで丸ごと観光!穴場ドライブルートも教えます!

奄美大島を観光するとなると、国道58号線に沿って移動するコースガイドが大半ですが、自然豊かな奄美大島を満喫出来るドライブコースもしっかりと存在します。海あり山ありのルートは穴場の観光地だらけ。実際の走行ルートをベースにご案内します。

trip-partner.jp