Trip-Partner[トリップパートナー]

記事のサムネイル

Category広島

宮島の紅葉は名所ばかり!広島名物グルメを楽しみながら紅葉狩りもできます!

広島県の宮島と言えば日本三景の一つとして有名です。 宮島が日本三景に選ばれる理由の一つに「紅葉」があります。 でも「宮島の紅葉って何を楽しめばいいの?」というあなたに 「見頃で混雑していてもここがおすすめ!」というスポットを僕独自の目線でお届けしていきます。

この記事に登場する専門家

ちょろのサムネイル画像

旅行好きのスピ系ブロガー

ちょろ

サラリーマン生活20年の末フリーランスへ!スピ系ブロガーのちょろが「他者とは違う」視点でおすすめスポットをご案内し続けます!「旅行で元気になれる!」をテーマに執筆中!ブログも毎日更新中です!

厳島神社で有名な安芸の宮島

こんにちは!!毎日ブログを更新中のちょろです!

皆さんは宮島と言うとどんな事を思い浮かべられますか?

「神社?」「鳥居?」そう、日本三景の一つの宮島で有名なのは

厳島神社の鳥居。

そしてもう一つは「混雑してでも見に行きたい紅葉」です。

厳かな雰囲気で厳島神社を参拝し、一緒に紅葉を楽しんでいきましょう!

①【紅葉谷公園】の紅葉の見頃はまさに絶景!

宮島の紅葉で一番有名なのは「紅葉谷公園」です。

紅葉谷公園は国内はもちろんのこと、海外の観光客も多く集まる

西日本屈指の紅葉スポットなのです!

紅葉の赤とイチョウの黄色のコントラストが見事

紅葉谷公園の紅葉は紅葉の深紅の色とイチョウの黄色、そして木々の緑が

見事に合わさった見事な美しさでした。

とにかくカメラを持って写真を撮り続ける観光客が目立っていました。

紅葉シーズンはかなり冷え込んでいると思うので厚手の服装で行かれることをおすすめします!

詳細情報

住所:〒739-0541 広島県廿日市市宮島町紅葉谷




紅葉谷公園のマップなどはこちら。

②混雑していても見に行きたい宮島の【紅葉橋】!

紅葉で有名な宮島。

その中心である「紅葉谷公園」の入り口には一際朱色に輝く橋が!

その橋こそ「紅葉橋」。

紅葉の見頃の時期には観光客で混雑し続けるスポットです。

紅葉の「赤」と「黄色」そして紅葉橋の朱色が見事なコントラストになっていて

実に美しい写真スポットです!

写真を撮るのも苦労するほどの混雑

今回上手く人の混雑を避けて写真を撮ることが出来ましたが、素晴らしい紅葉を楽しむために多くの人が往来するために常に混雑していました。圧巻でした!

詳細情報

住所:〒739-0588 広島県廿日市市宮島町




紅葉橋のマップなどはこちら。

③宮島の【奥紅葉谷公園】で紅葉をしっとりと楽しむ

紅葉谷公園の混雑を抜け、さらに歩道を奥まで進むと

目の前に広がるのはしっとりとした奥深い紅葉色。

宮島の紅葉の見頃は奥紅葉谷公園で楽しむのが通です!!

散った紅葉がまさに「赤色のじゅうたん」のように敷き詰まっていて紅葉谷公園とは違う美しさを表現しています。

足を踏み入れるのも勿体ないくらいの美しい紅葉のじゅうたんが広がっています。

見事な紅葉で写真を撮る人が絶えない

ここでも写真を撮りたがる人達の混雑を上手く避けて写真をパシャリ!

森林の深い香りに心まで癒されました。

マイナスイオンを感じる為に「奥紅葉谷公園」まで散策してみるのもいいかもしれませんね。

紅葉谷公園よりも更に冷え込んでいるので服装にご注意ください!

詳細情報

住所:〒739-0588 広島県廿日市市宮島町




奥紅葉谷公園のマップはこちら。

④【もみじ歩道】を通って見頃の紅葉を見るのがおすすめ

紅葉谷公園で紅葉を堪能した後は「もみじ歩道」を通ってさらに宮島の紅葉を

楽しむのがおすすめです。

見頃の時期には非常に混雑していますが一見の価値はあります。

坂道になっているのでトレッキング目的で歩くのにもばっちりです。

スニーカーを履いて妻と紅葉狩りを楽しみました。

帰るころにはもうへとへとでいい運動になったと思います!

⑤紅葉時期の【大元公園】は混雑してでも行きたいスポット

宮島桟橋から西に向かって奥に行くと「大元公園」があります。

ここまで来ると観光客はまばらになりますが、実は「鹿」で混雑しているのです!

残念ながら紅葉は終わってしまった場所も多かったですが

可愛らしい鹿は健在!至る所に親子ジカを見ることが出来ました。

こんな大樹もあり宮島の歴史の深さを感じさせられます。

紅葉シーズンに観光客の混雑を避けて時間を作ってでも鹿の写真を撮るには

ベストスポットかもしれません!

詳細情報

住所:〒739-0534 広島県廿日市市宮島町西大西町



大元公園のマップなどはこちら。

⑥宮島の老舗旅館の【岩惣】で見頃の紅葉を深く感じる

宮島の老舗宿「岩惣」。約160年の歴史を持つこの宿では

絶景の紅葉を楽しみながら宿泊することが出来ます。

手入れの行き届いた中庭はかなりの紅葉スポット!

実はこの「岩惣」の女将さんから「名物のお菓子を作って欲しい」と依頼があって

もみじ饅頭が出来たのだそうです。まさにもみじ饅頭発祥の地ですね。

見事な中庭でホット一休み

岩惣の前にはご覧のように紅葉もありゆっくり写真を撮るすスペースも広いので

ここで一息休憩を取って次の散策に向かいました。

住所:〒739-0522 広島県廿日市市宮島町南町345-1




岩惣のマップ。営業時間などはこちら!

⑦混雑してでも宮島らしい食事を取るなら【もみぢ荘】

宮島で紅葉を楽しみながら美味しいランチを取るなら「もみぢ荘」がおすすめです。

うどんなどの通常メニューもありますが、あなごめしや牡蠣などの名物を食べるのもおすすめです。

紅葉シーズンには観光客で混雑することもありますが、ここから見える紅葉は抜群!

僕は紅葉と鹿を楽しみながら焼き牡蠣を頂きました。

詳細情報

住所:〒739-0588 広島県廿日市市宮島町南町 紅葉谷公園内




もみぢ荘のマップ、営業時間などはこちら!

⑧紅葉ついでにお土産はやっぱり【もみじ饅頭】がおすすめ!

広島のお土産といったらやっぱりもみじ饅頭。

紅葉を見に来たついでに必ず買って帰りましょう。

普通のもみじ饅頭を食べるのもいいですが、せっかく宮島に来たので「紅葉堂さん」の揚げもみじを頂いてみてはいかがでしょうか?

カリカリサクサク香ばしい揚げもみじはお勧めの名物グルメです!

4種類の餡から選べる揚げもみじ

揚げもみじは「あんこ」「クリーム」「レアチーズ」「瀬戸内レモン」の4種の餡から選ぶことが出来ます。僕は妻と一緒に「クリーム」を頂きました。

アツアツサクサクでもみじ饅頭とは一味違った美味しさです。


価格:180円~

詳細情報

もみじ饅頭などのお土産はここで買える!




やまだ屋本店




紅葉堂弐番屋

⑨宮島の【鹿】と一緒に見頃の紅葉を楽しもう!

宮島と言えば「鹿」が沢山いるのが有名です。

見事な紅葉と鹿のコラボレーションを楽しめるのも宮島ならでは。

ちょっと疲れちゃったのか、寒いのかな?

急にその場に座り込んじゃいました!

親子で行動している鹿が多くみられて写真を撮る観光客で賑わっていました!

詳細情報

宮島の「鹿」はここに行けばさらに楽しめる!



紅葉谷公園




大元公園




奥紅葉谷公園

⑩混雑するほどの大人気な【宮島水族館】

そして、宮島を代表するもう一つの観光スポットがこちら!

「宮島水族館」です!

厳島神社をさらに西に向かって歩いていったところにあります。

古い街並みをさらに奥まで抜けて歩いていった先に水族館が突如として現れます。

それにしても、レトロな街並みにホッとします。

毎日様々なイベントが行われていてお子様連れで行かれても楽しいスポットです。

僕はアシカやペンギン、カワウソなどのショーが楽しめました!


入館料


一般(高校生含む)…1420円

小中学生 …710円

幼児(4歳以上) …400円

詳細情報

住所:〒739-0588 広島県廿日市市宮島町10-3




宮島水族館のマップ、営業時間などはこちら!

紅葉だけでもこんなに楽しめる宮島は素敵な場所!

いかがでしたでしょうか?

日本三景の一つ「安芸の宮島」は厳島神社だけではなくもっと多くの魅力あふれるスポットでいっぱいの場所です。

今回、沢山のスポットを歩き回って足は棒のようですが、「来てよかった!」「また来たい!」と思わせてくれる魅力満載の観光になったと思います!

皆さんも是非宮島の魅力あふれる紅葉を楽しんでみられてはいかがでしょうか?

安芸の宮島を動画に収めてみました!

ちなみに、宮島口からフェリーに乗って紅葉狩りする様子を動画にところどころ

納めてきていたのでお時間あればご覧ください。

筆者のブログはこちら

スピ系ブロガーである筆者が毎日元気になれるブログをお届けしています。

毎日更新してるので是非見ていってください!!

関東から行くなら熱海の紅葉も綺麗でおすすめです。