Ml4qb4yla2dfup5kf6pe

イタリア

CATEGORY | イタリア

フィレンツェ買い物特集!発祥ブランド11選と買い物エリア6選を在住者が解説!

2020.01.14

イタリアはファッションの国。特にフィレンツェは革製品が有名です。フィレンツェで憧れのイタリアブランド品の買い物。フィレンツェ発祥ブランドの紹介と、おすすめ店のお買い物情報です。フィレンツェ店やローマ店の最新のウインドウの写真も合わせてお楽しみください。

この記事に登場する専門家

F6vg9a6rcihszn1gpkb2

イタリア在住ライター

Edicolante

イタリア在住19年。イタリアの小さな街歩きをし、美味しいものを食べながらのんびりと過ごすのが趣味です。私が得た情報がコラムを通して、皆様の旅のアイデアのお役に立てれば嬉しいです。

  1. フィレンツェのファッション史★世界一を誇る革製品の町
  2. 筆者おすすめフィレンツェ店トスカーナ発祥の革製品ブランド3選
  3. フィレンツェ発祥革ブランド①ナチュラルな革の質感【イル・ビゾンテ】IL BISONTE
  4. フィレンツェ発祥革ブランド②クラシックスタイルがかっこいい【ザ・ブリッジ】THE BRIDGE
  5. トスカーナ発祥革ブランド③自分のスタイルを持つ人に【マレデッティ・トスカーニ】MALEDETTI TOSCANI
  6. フィレンツェ発祥!世界の一流有名ブランド11選
  7. フィレンツェ発祥有名ブランド①フィレンツェと言えば【グッチ】GUCCI
  8. フィレンツェ発祥有名ブランド②博物館にも行こう【サルヴァトーレ・フェラガモ】SALVATORE FERRAGAMO
  9. フィレンツェ発祥有名ブランド③大胆なプリント柄【エミリオ・プッチ】EMILIO PUCCI
  10. フィレンツェ発祥有名ブランド④ファビュラスな装い【エルマンノ・シェルヴィーノ】ERMANNO SCERVINO
  11. フィレンツェ発祥有名ブランド⑤出勤着にも【パトリツィア・ぺーぺ】PATRIZIA PEPE
  12. フィレンツェ発祥有名ブランド⑥スポーツブランド【コンテ・オブ・フローレンス】CONTE OF FLORENCE
  13. フィレンツェ発祥有名ブランド⑦子供服も可愛い【ロベルト・カヴァッリ】ROBERTO CAVALLI
  14. フィレンツェ発祥有名ブランド⑧アクセサリーバック【ブラッチャリーニ】BRACCIALINI
  15. フィレンツェ発祥有名ブランド⑨ビジネスマン御用達【ステファノ・リッチ】STEFANO RICCI
  16. フィレンツェ発祥有名ブランド⑩セレブな雰囲気【ジャンフランコ・ロッティ】GIANFRANCO LOTTI
  17. フィレンツェ発祥有名ブランド⑪老舗時計店【オフィチーネ・パネライ】OFFICINE PANERAI
  18. フィレンツェおすすめ買い物スポットを6エリアを紹介!
  19. フィレンツェの買い物エリア①高級ブランド店がズラリ【トルナブオーニ通りとアンティノーリ広場】
  20. フィレンツェの買い物エリア②ここも見逃せない【ストロッツィ通り】
  21. フィレンツェの買い物エリア③着回し用ファッション【ローマ通り、カルツァイウオーリ通り】
  22. フィレンツェの買い物エリア④プチプラファッション【大聖堂から駅に向かう通りと駅地下】
  23. フィレンツェの買い物エリア⑤デパートへ行こう【リナシェンテとコイン】
  24. フィレンツェの買い物エリア⑥フィレンツェからアウトレットに行こう♪
  25. フィレンツェで最先端と歴史のファッションチェック!
Xmfmyecjgidoe2ve79gy

こんにちは!イタリア在住20年のEdocolanteです。

フィレンツェでは革製品の工場でも働いていたこともある筆者がイタリア・フィレンツェの、ファッション・ブランド製品についてとお買い物情報をお届けします。

フィレンツェでのショッピングを楽しめるように、お店の位置情報も併記しますので参考にしてください。

Hp9kz6h1vwfzkvlik3je

イタリア・フィレンツェはモードの伝統ある町として世界的に重要な地位を占めています。フィレンツェには革や布製品の工房や工場が数多くあるためです。

他国のブランドも、バックや靴などの革製品はイタリアで製造されているものも多いです。

1951年のフィレンツェのファッションショーから、エレガントなデザインのイタリア製が見直されることになったのです。しかも、パリの製品よりもお手頃だったため、世界中から注目されました。

それではフィレンツェでは、どんなドランド品が買えるのでしょうか?これから見て行きましょう。

Rdbhnm73degae4wcn8fw

筆者おすすめフィレンツェなどトスカーナ州の革製品ブランドを3つ紹介します。フィレンツェでのお買い物店舗情報もあわせて参考にしてください。

Gf9waxufqcp5f1ykdubn

先ずは日本でも20年ほど前から人気のイル・ビゾンテです。フィレンツェに本店があります。

ヴェネチア近くの町の出身のワニー・ディ・フィリッポが、フィレンツェのパリオーネ通りに工房を開いたのがイル・ビゾンテの始まりです。

バッファローマークの入った、ナチュラルな革を使った職人さんの手作業のバックやお財布は、使うほどに柔らかくなり馴染んできます。

人間の肌と同じで、太陽に当たれば革製品も日焼けをし、自分の一部として変化していく様子を楽しみましょう。

Qpvg8dz4fmuglxupbbqy

私のお気に入りのイル・ビゾンテの商品は、赤いショルダーバックでしたが、友人に譲りました。2万円くらいの支払いだったと思います。ブレスレットは今でも愛用しています。日本から来た妹は、現地は品ぞろえが豊富で安い!とキーケースなどを買っていました。

この記事を書いているとまたバックが欲しくなってしまいました。流行を気にせず使えるのがいいですね!

イル・ビゾンテ本店情報

住所:Via del Parione, 50

営業時間:10時~19時半(祝日は19時まで)

イタリアよりアメリカや日本で人気のブランドです。そのため、ブティックでは日本語や英語が話せる店員さんがいるので安心してお買い物ができます。

日本で買うより安く、しかも150ユーロ以上のお買い上げでタックスフリーの手続きができますのでお買い得です。

F3irwqff5anor725lfvo
引用: https://www.instagram.com/p/B5Veam2INOz/

ザ・ブリッジは1969年からの老舗でフィレンツェ発祥のブランドです。

厚手の革を使ったバックが多い印象です。そのため書類入れなど、ビジネスマンに人気の定番商品があります。

フィレンツェに住んでいた時はこのブランドの販売経験もあります。新婚旅行で来られた男性がお仕事用のバックを大変気に入られていたのが印象的です。思い出もバッグも一生ものですね。

ザ・ブリッジ本店情報

住所:Via Vacchereccia, 17/R

営業時間:10時~19時(日曜11時から)

中心街シニョリーア広場近くなのでお買い物がし易いです。

Ynufgnmczsfs3ttnyjqk

筆者がトスカーナの旅の途中、モンテプルチャーノで見かけ一目惚れしたブランドです。

1848年イタリア・トスカーナ州の小さな町モンテプルチャーノに開店しました。

全てイタリアの素材でメイドインイタリーです。

少々お値段がはりますが、上質な革と、流行に流されないデザインなので一生ものになるでしょう。

女性用の製品は、かっこいい系でイタリア女性のような力強さを感じさせられます。

靴の裏までこだわりのロゴマーク入りです。

おそらくこのブランドのような質の高さの商品を日本で買うと、倍以上の価格になるでしょう。

マレデッティ・トスカーニ フィレンツェ店情報

住所:Via della Condotta, 36R

営業時間:11時半から19時半(月曜のみ12時半開店)

先に紹介させていただいた以外で、イタリアのファッションの紹介で外すことのできない、フィレンツェ発祥のブランドフィレンツェ出身スタイリストのブランドの紹介です。

Rvo9wzpd5czpbbf7cq5b

グッチはグッチョ・グッチが1921年に開業し、世界で初めて、品質保証のためにデザイナーの名前を使ったブランドです。

ホースビットローファーと呼ばれる靴の他にバックやサイフなどの皮革商品など幅広い商品展開をしています。

グッチ本店情報

フィレンツェからバスで1時間ほどのところに大規模なアウトレットがありますが、そちらに向かう前に、本店のチェックもしておきましょう。

住所:Via de' Tornabuoni, 73r

営業時間:10時~19時半(日曜のみ19時まで)

Pnnk0axyslhb12l1r8nv
引用: https://www.instagram.com/p/B5h9ZnqJ8dL/

創業者サルバトーレ・フェラガモは11歳で自宅に靴屋を開業し、15歳でアメリカへわたりました。ハリウッドスターを顧客に名声をあげ、1927年にイタリアへ戻り、フィレンツェで開業しました。

サルヴァトーレ・フェラガモ本店情報

靴がメイン商品のブランドです。本社と博物館がフィレンツェにあります。

住所:Via de' Tornabuoni, 4r/14r

営業時間:10時~19時半

Rsd4ebtbbtznb2w9kolo
引用: https://www.instagram.com/p/BSmYmVZFHQI/

フェラガモ博物館は、店舗同様、スピーニ・フェローニ宮殿内にあり、ミュージアムは地下になります。

1万足以上の靴、写真、新聞、デザインがなどが展示され、毎年テーマを変え展示方法も変えられます。オードリー・ヘプバーンなどハリウッドスター特注の木型も興味深いですね。

Wt1yphsftgddzbgpvzyl
引用: https://www.instagram.com/p/B5D647DolzB/

大胆なプリント柄と色彩のプッチ柄が特徴のあるブランドです。スキーウェアや水着などのスポーツウェアも身に着けるだけでウキウキしそうです。

エミリオ・プッチ本店情報

住所:Via de' Tornabuoni, 20

営業時間:10時~19時

Wpbtrymhnyxj8bksmv7x
引用: https://www.instagram.com/p/B4P8r_MoH0l/

ニューヨークやパリでファッションの経験を積んだ後、自身のエルマンノ・シェルヴィーノを設立。フィレンツェ郊外のバーニョ・ア・リーポリに本社を置いています。

Itx7skxsv2ct1ovxvoku

夏の見せるアンダーウエアや、冬のファー付きゴージャスなコートなどイタリアンマダムだけでなく、世界中にファンがいるブランドです。

フィレンツェ店舗情報

住所:Via degli Strozzi, 32

営業時間:10時~19時

M8imypqams4d5fgbdkrw

1993年、デザイナーのパトリツィア・バンビとクラウディオ・オッレーアがフィレンツェに設立したブランドです。

パトリツィアのエレガントでモダンな理想像を追求し、シンプルでディテールにこだわったデザインです。日本の方にも好まれる商品展開だと思います。

フィレンツェ店舗情報

住所:Via degli Strozzi, 13

営業時間:10時~19時

Okisglwncmmqw6ngkfev
引用: https://www.instagram.com/p/Byrs-UtpZbO/

1952年にフィレンツェで設立した高級ブランドです。フィレンツェの地名を入れて、ゴルフやスキーウェアなどスポーツブランドとして歴史があります。

フィレンツェ店舗情報

住所:Piazza degli Strozzi, 12

営業時間:10時~19時半

Ypsfys3e7p7rjo8e3328
引用: https://www.instagram.com/p/B39Vm-iopIZ/

フィレンツェ出身のファッションデザイナーであるロベルト・カヴァッリは革に印刷する方法やカラフルなパッチワークでエルメスやピエールカルダンに見初められました。

1970年、自らの名前を冠したコレクションを展開。1972年にフランスのサントロペにて初の店舗を構えました。

現在は衣類や香水など様々な商品を展開しています。

ロベルト・カヴァッリ店舗情報

経営難のためか、フィレンツェ中心街のトルナブオーニ店やローマ店は数年前に閉店してしまったので、フィレンツェ空港近くの工場直売店か、フィレンツェ郊外のアウトレットのザ・モールアウトリーでお得にお買い物を。ブティックはミラノにあります。

U9erysvbtnvruhc8zmrj

シンプルデザインから遊び心が盛沢山のアクセサリーバックまで幅広い商品展開です。比較的お手頃価格のブランドです。いつもの装いにアクセントとして取り入れてみるのはいかがでしょうか。

フィレンツェ店舗情報

住所:Via Vacchereccia, 11

営業時間:10時~19時半(日曜は11時開店)

Tcuzvbrpxeyc3zu3y9oy

1972年フィレンツェでステファノ・リッチが創業したブランドです。高品質で熟練した職人による製品は全てイタリア製でこだわっています。

Oznlwpge7j63dlh4o0xg
引用: https://www.instagram.com/p/B3Hvjo7BBJb/

日本では伊勢丹などでも購入ができますが、フィレンツェに来られたら是非本店にも寄り、ネクタイなど芸術品ともいえる商品を手に取ってみてください。

Cwnbl9bo4r3pjc4qmink

フィレンツェ店舗情報

住所:Via dei Pescioni, 1

営業時間:10時~19時(日曜定休)

Ntkgirdousuqhtjixbdx
引用: https://www.instagram.com/p/B3Oin6cA3wZ/

フィレンツェの高級バックブランド、ジャンフランコ・ロッティは1968年に創業しました。パリやミラノにも店舗があります。

Gov1bbte9v1rxi9dfg18
引用: https://www.instagram.com/p/B3l-imJo-Dt/

フィレンツェ店舗情報

住所:Via de' Tornabuoni, 59

営業時間:10時~19時(日曜は14時開店)

Jvfaeqovekoim6bqmpex
引用: https://www.instagram.com/p/Bhr7LCIHACe/

ジョヴァンニ・パネライがフィレンツェのグラツィエ橋近くに店舗兼工房を構え、フィレンツェ発の時計学校でもあります。現在でも職人がつくる高級時計店です。

H2ghaomzxa28dhvsllq6
引用: https://www.instagram.com/p/B5iNEn0nkNA/

フィレンツェ店舗情報

住所:Piazza di San Giovanni, 14

営業時間:10時~19時(日曜は11時開店)

その他ゲラルディーニ(GHERARDINI)エンリコ・コヴェリ(ENRICO COVERI)フィレンツェ発祥ブランドです。

Czti3e2iqqjvipymk69y

フィレンツェでのお買い物で、世界で有名な一流ブランドのブティックのほとんどはトルナブオーニ通りとヴィーニャヌオーヴァ通りに集まっています。

職人さんが作る手工芸品、特に革製品の工房はサンタクローチェ広場、ボルゴ・デイ・グレーチにあります。

イタリアでは普段から高級ブランドを身に着ける人はほんの一部の富裕層で、一般的にお気に入りのものを大事に長く使う人が多いと思います。

筆者が販売員をしていた経験から思うのですが、イタリアの人は爆買いはしないですね!何度も来店して、店員さんに相談しながら決めます。

それではエリア別にもう少し詳しく解説します。

Osa2knuuknvtguwdvh4l

トルナブオーニ通りとアンティノーリ広場の主なブティックリスト

  • ブルガリ
  • ポメッラート
  • ロックマン
  • トッズ
  • ジョルジョ・アルマーニ
  • プラダ
  • フェンディ
  • ヴァレンティノ
  • ゼニア
  • ドルチェアンドガッバーナ
  • マックスマーラ
  • ヴェルサーチ
  • ロマネッリ
  • エルメス
  • ホーガン
  • オメガ
  • バーバリー
  • サンローラン
  • ティファニー
  • セリーヌ
  • ディオール
  • バレンシアガ
  • ザディグ・エ・ヴォルテール
  • トミー・ヒルフィガー
  • プレイ・グラウンド など
Ho9vkcblpxu2tu1e4pm3
Rbiwpdqbwtq59ygtaeeg

トルナブオーニ通りと共和国広場を結ぶストロッツィ通りにも、高級ブティックがズラリ!

ボッテガ・ヴェネタ、カルティエ、エルマンノ・シェルヴィーノ、ラ・ぺルラ、ルイ・ヴィトン、パトリツィア・ぺーぺ、ドルチェ・アンド・ガッバーナ、ファルコニエーリなど。

Shks5en2jxwlsmuxkszn

ファルコニエーリはお洒落で上質なカシミア・ニットなどを得意とするイタリアン・ブランドです。


Usgnoawnwhmk3ymkfotq

観光途中に寄りやすいローマ通りとカルツァイウオーリ通りには、フィレンツェの人々が日常で着ているような、お求めやすい価格で流行の商品が見つかります。

Ucw7snu8f5x12rfcg9ll

パンツァー二通り、デ・チェッラターニ通りはコスメや下着のプチプラなお店がズラリ!

Pyjdap5pxaqgcrwmqt4d

フィレンツェの共和国広場にリナシェンテ、すぐ近くにコインというデパートがあります。お連れ様と見たいものが違う場合、ここを待ち合わせ場所にし、それぞれショッピングを楽しめばよいと思います。

ラ・リナシェンテ RINASCENTE

衣料品やインテリアの他に、お土産になるような高級食材も買えるのが嬉しい。

住所:Piazza della Repubblica, 4

営業時間:9時~22時(日曜祝日は営業時間が変わります)

コイン COIN

ファッションブランドの他、化粧品やインテリアのお買い物もできます。

住所:Via dei Calzaiuoli, 56

営業時間:10時~20時

Wcwnrfnnzs8zvimaijar

フィレンツェ郊外には大型ショッピングセンターやアウトレットがいくつかあります。

有名どころとしてフィレンツェ中央駅近くのバスターミナルから出ているリムジンバスに乗って簡単に行けるザ・モールがあります。

詳しくは下記の公式サイト日本語のページをご覧ください。

P3vtu3x35magmxtaxxml

ファッションに興味がある方は、展示会の時期だとお洒落な人が集まるのでファッションチェックが楽しいです。ピッティ宮殿内にあるモードと衣装の博物館も面白そうですね。

いかがでしたでしょうか?この記事でフィレンツェのウィンドウショッピング気分を盛り上げていただけたら幸いです。

Gquq3m8ikpnrmyxr1t8o

筆者のほぼ毎日更新のブログホームページもご覧になっていただけると嬉しいです。

この記事が気に入った方は、他のイタリアの記事もチェックしてみてください!