Gdizh6xnndty3n2l3kq5

オーストラリア

CATEGORY | オーストラリア

在住者がアットホームな雰囲気のケアンズ空港を解説!市内アクセスや免税店情報を大公開します!

2019.12.29

最新のケアンズ空港の国内線・国際線の中を紹介します。施設内にあるレストランで最後のオーストラリア料理を楽しんだり、買い忘れたお土産品を購入して、自身のお土産に免税品を見てみては如何でしょうか。ケアンズ空港から市内へのアクセス方法も解説します。

この記事に登場する専門家

Mefhrexfj1hpfqwpqvuf

オーストラリア/ケアンズ在住

サボの介

オーストラリアに9年、ケアンズに7年在住しています。日々感じた事を記事に書き綴っていきます。主にレストラン・観光地・宿泊施設を皆さんに紹介出来たらと思います。趣味はドライブと愛猫の観察です。

  1. オーストラリア・ケアンズ空港はアットホームです!
  2. そもそもケアンズってどんな場所?
  3. ケアンズ空港から市内のアクセス方法
  4. ケアンズ空港のチェックインカウンターは分かり易い!
  5. ケアンズ空港の施設紹介①【国内線】
  6. ケアンズ空港施設紹介②【国際線】
  7. ケアンズ空港の施設紹介③知っていると便利な情報を紹介します
  8. ケアンズ空港の施設紹介④ケアンズ空港内で無料Wi-Fiは使えるの?
  9. ケアンズ空港の施設紹介⑤時間に余裕を持って空港に到着しておこう
  10. ケアンズ空港の施設紹介⑥オーストラリアに持ち込める物・持ち込めない物
  11. ケアンズ空港の施設紹介⑦保安検査場で気を付ける事
  12. ケアンズ空港の施設紹介⑧入国・出国審査の顔認証ゲートが初めての方へ
  13. 最低限の英会話は勉強しておきましょう
  14. これで貴方もケアンズ空港マスター!
Gudbjcfseyud3rhsenhd

こんにちは、サボの介です。今回は皆さんが必ず利用する空港の紹介記事です。ケアンズ空港の中はどうなっているのか?気になるレストラン・免税店・お土産は?そして気を付ける事も執筆したので、参考になれば幸いです。では、行ってみましょう!

Seloh8usudhous8laizg

ケアンズは日本から直行便が出ており、約7時間半ほどになっています。小さな観光地の街なので、市内はおよそ2時間ほどで回れますが、郊外へ出ると世界遺産のグレートバリアリーフや、同じく世界遺産になっている世界最古の熱帯雨林がありと、自然溢れる魅力的な街になっています。

Fdx5dzlo66kwylv9jna4

ケアンズ空港から市内まではおよそ車で25分ほどで行けます。残念ながら電車と市内バスが無いので、車・タクシー・予約制のバスになります。

バスで行く方法

B6ab5qd3emks3scbohdx

バスは予約制になっており、色々な会社がありますが、相場はおよそ片道で10ドルから18ドルになっています。【cairns shuttle bus to city】と検索すると出てきます。

先日、友人が空港からどうやって市内へ行くかケアンズ到着時に空港の外で悩んでいたら、シャトルバスを運転しているドライバーが話しかけて来て、「予約が無くても席が空いているから10ドルだけど乗る?」という勧誘が来て、ホテルの前まで降ろしてくれたエピソードがありました。田舎のケアンズあるあるな出来事です。

タクシーで行く方法

Jjmorflyaiegxxclquvh

タクシーは相場で25ドルから30ドルくらい(約2000円~2500円)です。空港を出て、写真の乗り場に行くとタクシーが待っています。もし出回っていない場合は、131008もしくは(07)40488333で来てくれます。雨の日ですと来るまでに時間がかかる場合があります。どちらの交通機関を利用するにしても、必ずドライバーに自分が国内線か国際線のどちらかにいるかを伝えるようにしましょう。

Ygu8chgz2qsjpzbxomny

ケアンズ空港はとてもこじんまりとしているので、迷うことはほぼ無いと思います。ドライバーが降ろしてくれた入り口を進むと、目の前にチェックインカウンターがあります。航空会社に寄って異なりますが、国内線はだいたい2時間前にチェックインカウンターが開いて30分前に終了し、国際線は3時間前に開き、45分前に終了します。

F2styyqrzc3yosf4gfa6

ケアンズ空港は現在空港拡大の為、商業施設がやや少なく感じます。ですが、必要最低限のお店はあるので、今現在営業しているお店たちを紹介していきます。

レストラン

Dug3avnlvbe7nkruygr9

ケアンズ空港国内線は現在9店舗の飲食店が入っています。コーヒーと軽食が食べれるレストランからガッツリ食べれるハンバーガーまであります。アジア人には嬉しいヌードルスープやお寿司が食べれるレストランもあります。

私がお勧めしているのは、ケアンズ郊外で焙煎されたコーヒーのお店【Skybury Coffee】です。淹れたてのコーヒーは本当に美味しいですし、地元産のコーヒーを是非味わって頂きたいです。

お土産

B3gtnvda5kjuo4xxrgdc

お土産等の買い物が出来る店舗は現在9店あります。お土産店舗というよりも、買い忘れた最低限の品物を購入したり、機内で使えるアイテムや雑貨を購入出来るといった印象のお店が並んでいました。

私が以前国内線を利用した際は、到着先に友人が迎えに来てくれていたので、お礼の意味も込めてチョコレートを購入しました。スーパーで販売していない、ちゃんとした包装チョコが空港では購入出来ます。

Pk9r98bnfxqxqfawmv41

続いては国際線です。国内線と違うのはやはり免税店がある事です。そしてオーストラリアっぽいお土産を購入出来るのも空港ならではという印象なくらい品揃えが豊富です。では紹介していきます。

免税店

T0dxvvezv7iaqhlcsqo6

出国審査を抜けると直ぐに免税店がお出迎えしてくれます。

右側のアルコールエリアはオーストラリア産のワインから世界中のお酒が購入出来るので、日本へ帰る時は毎回お土産として3本ほど購入しています。スタッフの声掛けもあるので、どれを買ったら良いか迷ったら相談してみて下さい。

左側は化粧品・メイクアップ商品・香水が各メーカーから販売しています。免税から更にセールがされている商品もあったりするので、荷物と相談しながら購入してみては如何でしょうか。

レストラン

Uweqshqoucaqqfnbtr0z

国際線のレストランは現在2店舗のみでした。コーヒーと軽食が販売しているお店と、パスタ・ハンバーガー・フィッシュ&チップス・エッグベネディクト等が食べれるレストランがありました。

筆者は前回利用した際に店舗数が少ないと調査済みだったので、今回は空港へ行く前日に市内で調達した食べ物を持参して、機内で食べました。機内で販売しているご飯もですが、空港内も料金が割高なので、食べたい物が無ければ自分たちで用意するのも手かなと思います。

お土産

Isybdkurd2mttjoivuqh

国際線のお土産屋さんは現在5店舗です。オーストラリア産の衣類や先住民族のアボリジニの民芸品、そしてUGGの商品も購入出来ます。私は空港滞在時に若干寒かったので(機内も寒いと想定して)、急遽オーストラリア産の高級カーディガンを購入しました。出費は痛かったですが、良い品物なので、ここ5年ほど愛用しています。

Yt9k1empk2kkfxnpweig

ここではケアンズ空港内を知っていると便利な情報や、オーストラリアに行くにあたって知っていると役に立つ情報を紹介します。是非参考にしてみてください!

オーストラリアは観光でもビザ取得が必要です

Ihgzjx2kkna8cd7roujl

ホテルも航空券も予約して準備万端だと思いきや、一番重要なのが観光ビザです。そうです、オーストラリアは日本のパスポートだけでは入国出来ません!

オーストラリア観光に必須なETA(観光ビザ)をご自身で渡豪する数週間前に申請して下さい。オーストラリア政府移民局のホームページへアクセスし、右上に日本語表示が出来るボタンがあるので、言語を変えてからETAを申請するとスムーズです。

Ze76hpdobm850bzxv3b8

はい、時間制限がありますが、無料Wi-Fiが国内線・国際線共に使えます。国内線は30分、国際線は1時間使えます。時間が限られているので、計画的に利用しましょう。

G0sixgyfzba3lv7wyr19

旅行は何かとハプニングがつきものです。例えば交通機関が遅れたり、空港に到着してもチェックインカウンターが混んでいたり、最悪ホテルに忘れ物をしてしまったり等々。時間に余裕がある事でそれらの問題を解決出来ます。

逆に無い場合、それらによって空港で食べる予定だったご飯が食べれなかったり、お土産を見るはずが見れなかったりと、充実度が変わってしまいます。

最後の滞在国の思い出が、残念な結果にならない為にも、時間に余裕をもって行動するようにしましょう。

Mauo3zcbftjppig6o22v

今年から荷物検査の厳格化が始まり、以前は持ち込めない物は没収もしくは罰金で対応していましたが、オーストラリア移民法の改正により、禁止物品を持っていた場合、入国を拒否される可能性があります。

入国カードは法的書類ですので、申告漏れは必ずしないようにし、もしわからない箇所があれば【はい】と答え、申告して下さい。検疫の最新情報を添付したので参考にしてみてください。

Z7fjchlgrrpyrsefht0i

保安検査場は常に人で溢れているので、スムーズに進むためにも、荷物は少なくか、もしくは小分けにして、あらかじめカバンの中を整理しておきましょう。機内に持ち込める液体物は100ml内に収め、ジップロックの中に入れて下さい。ペットボトルも検査場では捨てないといけないので、飲み物は保安検査場を通った後に購入するのがお勧めです。

そして通常の検査の他に、ケアンズ空港でスタッフに声をかけられた人は、麻薬を持ち込んでいないかの荷物チェックや、全身チェックも追加で検査されます。

Zf9tpksjrcgp4jq9uyvo

ケアンズ空港は入国・出国審査共に顔認証ゲートシステムが主流になっています。入国審査は最初にパスポートの顔写真のページを機械に入れ、2・3問質問が日本語でスクリーンに出るので、回答します。その後写真と実物が同じか照合される機会の前に立ちます。ここで問題が無ければゲートが開き、何か問題があれば開きません。

筆者はパスポートの写真時は髪が長かったのですが、短く切ってしまった為か、エラーが出てしまったので、スタッフを呼び対応してもらいました。

出国審査も同様ですが、質問のスクリーンは無く、ただパスポートスキャンとカメラで照合チェックのみでした。待ち時間も旧式のと比べて少ないので、非常にスムーズでした。

Oexgvybmtjzekn2jbjbd

ケアンズはツアーに申し込んでいると、滞在中ほぼ英語を使わないというほど、日本人が多くいる街です。ですが空港は日本人スタッフはいません。何か質問で聞かれた時になんとなくで返答してしまうと大変な事になります。

体験談ですが、顔認証が上手くいかなかったので、筆者はスタッフに声をかけ、旧式スタイルのパスポートにスタンプを押してもらう最前列に案内されましたが、ある女性が英語を上手く話せなかったのか、諦めて列の最後尾に並び直したのを見て、勿体ないと感じました。

スタッフも簡単な英語で聞いてきてくれるので、英語を使う良い機会だと思って、思い切って相談してみてください。【Excuse me, not working】だけで十分通じます。

Azdreudhea8ewo3vmjpw

ケアンズ空港は大きな空港を見てきた人にとって正直物足りない空港かもしれませんが、とてもアットホームなので、まず迷わない事。そして必要最低限の商業施設のみ入っている印象なので、良い意味でこれが本来の空港の姿なのかもしれません。ただ入国・出国審査や保安検査場はオーストラリア共通のルールなので、しっかりと守るようにしましょう。この記事を読んで下さり、ありがとうございました。

筆者のブログはこちら!

他のおススメケアンズ記事はこちら!