Mgzsytt2rnjnb6zq4scv

カンボジア

CATEGORY | カンボジア

カンボジアの治安はどう?在住者の私も注意している5つの事!

2019.07.05

一生に一度は見てみたい世界遺産のアンコールワット。でもカンボジアって安全?治安は?女子だけで行って大丈夫?そんな疑問に、カンボジア在住6年の私が、現在の治安とカンボジアで注意する5つの事をお伝えします。旅行前に注意点を知り、安全にカンボジアを満喫しましょう。

この記事に登場する専門家

I5ssimbfbmdvolrre4bg

カンボジアに嫁いだライター

イワ

カンボジアに魅了され移住し、カンボジア人と国際結婚したイワです。現在4歳と1歳のママ。アンコールワットがあるシェムリアップの村で、マイホームを建て、家族4人でのんびり暮らしております。カンボジアでブログ書いたり、タロットしたりしてマス!

  1. アンコールワットやたくさんの遺跡がある街、カンボジアのシェムリアップを紹介!!
  2. 2019年現在のカンボジア・シェムリアップの治安は?
  3. カンボジアで注意したい5つの事①パスポートはセーフティーボックスへ
  4. カンボジアで注意したい5つの事②飲食店でのスリや計算間違い
  5. カンボジアで注意したい5つの事③マーケットでぼったくりやスリ
  6. カンボジアで注意したい5つの事④カンボジア現地の乗り物トゥクトゥク
  7. カンボジアで注意したい5つの事⑤深夜は酔っぱらいやスリが多く、治安が悪い!
  8. カンボジア・シェムリアップの治安と注意点まとめ

こんにちは、カンボジア在住6年目の2人の子どもを子育て奮闘中のイワです。カンボジアは5月から11月まで雨季のシーズン。なので今日も朝から雨。でもカンボジア人は雨でも「傘」をさしません。そもそも「傘」を持たない。雨が降ったら、軒下で世間話をしながら雨宿り。知らない人同士でもすぐ会話が弾む、人懐っこい性格のカンボジア人。いかついおじちゃんも、がんがん話しかけてきます。


さて、今回は私が大好きなカンボジアの治安の状況をお伝えしていきますネ!

比較的穏やかで、のんびりした空気が漂っているカンボジア。日中はそこまで治安は悪くありません。人の多い観光名所では、スリに合ったり、物乞いの方達がいる場所もあります。財布やお金を出すと、近寄ってくる場合もあるので、不容易にお金は見せない方が良いでしょう。又、シェムリアップは道が狭く、交通量の多い場所があります。歩いて渡る場合は、1人よりも、大人数で渡ると安全です。又、深夜は酔っぱらった観光客やカンボジア人が多くなると、スリ等が発生し、治安が悪くなる傾向があるので気をつけて下さい。

宿泊施設のセーフティーボックスを利用する

観光中にパスポートが必要になる事はありません。持ち歩いて失くしてしまった方が大変です!宿泊施設にチェックインし部屋に入ったら、まずはパスポートやその他大事な物をセーフティーボックスへ保管しましょう。くれぐれもチェックアウトの時は、取り出すのをお忘れなく!!!

※12歳未満の方は、アンコールチケット(アンコールワットやその他の遺跡に入れるチケット)を購入する際に、パスポートを提示し年齢確認する場合があります。

パスポートのコピーを紙で所持しておくと安心・安全!

「外出中に倒れ、急いで病院に行く!」や「パスポートを紛失してしまった!」等の緊急事態の為に、パスポートのコピーは常に持参しておくとよいでしょう。パスポートのコピーでも本人の「氏名」や「パスポート番号」の情報がわかるだけで、対応がスムーズになります。私の場合は、子どもが2人いるので、私を含めた3人分のパスポートをA4サイズ1枚にまとめてコピーし、かばんに入れておきます。又、携帯でパスポートの顔写真のページを撮影して、保存しておくという方法もあります。

通路側の机の上に、携帯電話や財布を置かない。

日本では、携帯電話を机の上に出しっ放しにしていても、盗まれるような事は少ないでしょう。しかしカンボジアでは残念ながら、油断していると、大事なものがいつのまに無くなっていた!という事があります。ついつい携帯やカメラを無防備に机の端に置いて、スリに合わないように、大事なものは常にかばんの中に入れておきましょう。

少しでも席を離れる場合は、必ずかばんも持参しましょう。

ブッフェのお料理を取りに行く時、お手洗いに行く時等、少しの間だけだからと、かばんを椅子に置いたまま席を離れる人がいます。ですが油断は禁物です。スリは見ています!!常にかばんを持参して行動しましょう。

飲食店ではレシートやおつりの確認を忘れずに

レストランやカフェでは、レシートの間違いや、おつりの間違いが本当に良く起こります。在住者の中では、会計前にレシートを確認する事は鉄則!なんと、カンボジア人達も確認しています。そのぐらい、本当にレシートやおつりを間違っている場合が多いです。

バーやクラブでの注意事項

カンボジア産ビールは、なんと1缶0.5$!バーやレストランでも1$程度で飲む事が出来ます。安いですが、飲み過ぎには気をつけましょう。

又、1年を通して世界各国から観光に訪れるカンボジア。外国人の観光客が常にたくさんいます。「I Love Japan!!」と声をかけられる事も多々あります。日本が好きと言われると、嬉しい気持ちになりますが、気を緩め過ぎないよう注意が必要です。

観光客で人気のオールドマーケットやナイトマーケットでのぼったくり

観光客用のお土産を売っている、現地の有名な市場「オールドマーケット」や「ナイトマーケット」。市場の品には、値段がついていません。すべて値段交渉が必要です。最初は高額な値段を言ってきますが、「2枚買えば安くする」等の交渉が始まります。自分が納得する値段で購入しましょう。

マーケットでのスリ

現地のマーケット(市場)は、お店が密集しており通路が狭くなっています。人が交差しようとする時は注意が必要です。リュックや肩掛けかばんは、背中ではなくお腹側に持ちましょう。「知らない間にかばんごと、カッターで切られ中身を抜かれた!」という被害も起こっています。

現地での移動は「トゥクトゥク」と呼ばれる、バイクに荷台をくっつけて走る乗り物になります。乗車人数の制限は特に決まっていないですが、前2名、後ろに2名の4名乗りが妥当でしょう。利用する場合は、宿泊施設のロビーやドアマンに「トゥクトゥク1台呼んで欲しい」と言えば、その宿泊施設内に待機しているドライバーがすぐに来てくれます。

又、観光名所では街のあちらこちらにトゥクトゥクが待機しています。乗りたい時は手をあげれば、すぐドライバーがやってきます。

英語が通じるドライバーを選ぼう

日本語が出来るドライバーはほとんどいません。なのでせめて英語が通じるドライバーを選びましょう。まず行き先を伝え、ここから何分くらいのかかるか、値段はいくらか等の会話をし、英語でのコミュニケーションが大丈夫そうだなと思ってから、乗るか決めましょう。

値段交渉は乗る前に!!

おおよそかかる値段を、事前にホテルロビーの人に聞いて情報収集しましょう。場所にも寄りますが、5分〜10程度の距離であれば2〜3$程度です。片道なのか、往復なのか等の交渉も、事前に決めておいた方が安心です。

宿泊施設のネームカードを持参!

発音の違いでドライバーに宿泊施設の名前が、通じない時もあります。また観光地付近にはホテルが密集しており、似たようなホテルの名前が多々あります。名前が似ていても、場所は真逆なんて事もあるので、宿泊施設のネームカードを持参し、ドライバーに見せながら伝えると間違いは少ないです。

人が多い観光名所「パブストリート」で注意する事

19時〜21時頃までは、観光客で賑わっていて盛り上がっているので、比較的安全です。しかし23時を過ぎた辺りから、観光客もかなり酔っぱらい、ハイテンションな人達を多くみかけます。またハイシーズンでは、人混みに紛れてスリが多く発生します。「ズボンのポケットに入れた携帯が無くなった」「写真を撮ってあげるとカメラを渡したら、そのまま逃走した」等の被害が実際にありました。携帯電話やカメラは、ポケットではなく必ずかばんに入れて下さい。「スキ」がある人が狙われやすいので、気をつけて行動して下さい。

夜〜深夜に注意する事

パブストリート周辺は深夜でも明るく賑やかですが、そこから少し離れると、人通りも車通りも少なく、街灯もありません。深夜の行動は、特に気をつけましょう。

又、「日本語を勉強しているから教えて」や「知り合いのBarで一緒に飲もう」と、気さくに話しかけてくる人達にも注意が必要です。嫌なら「NO!」とキッパリ断りましょう。

最初にも伝えましたが、カンボジアのシェムリアップの治安は、比較的安全です。

しかし深夜だったり、油断しすぎると危ない目にあってしまう確率は高まります。その為に、最低限注意したい5つの事をお伝えしました。せっかくの旅行が悲しい思い出になってしまわない為に、旅行前に一度予習をし、思いっきり楽しんで下さいね!!

最後に、カンボジアで地雷は大丈夫??

これははっきり断言しますが、シェムリアップの観光名所周辺は、地雷の撤去は終了しております。しかしシェムリアップの観光名所から遠く遠く離れた場所では、今でも地雷撤去作業が行われています。観光地になっている周辺は安全ですので、警戒しなくても大丈夫です。

カンボジアライターイワのブログもよろしければご覧下さいネ!!

今年、カンボジア式のマイホームを建てました!!ブログはこちら

この記事が気に入った方は、カンボジアの他の記事も読んでみてください!