X1ze304djeqwowj3jcuj

イタリア

CATEGORY | イタリア

イタリアローマの最新治安情報と対策方法を実体験をもとにお届け!

2019.08.06

今回はローマの治安情報を共有したいと思います。イタリアはスリや盗難で治安が良くないメージがありますが、実際に行った私が感じたことを一緒にご紹介していきます。これで安全で楽しいローマ旅行を過ごしましょう。危険エリアや危ない通りなども一緒に覚えておきましょう。

この記事に登場する専門家

Bueafr2fva1ohdx1pvai

世界を飛び回るトラベラー

ちょこ

オーストラリア、アメリカ、スペインに1年の長期滞在を経験し、これまでに24カ国を訪れた。大学では観光学とスペイン語を中心に学び、来年の3月に卒業予定。大学を1年休学をしウォルト・ディズニー・ワールドのキャストメンバーとして13ヶ月間勤務。また旅のVlogerとして、海外旅行に行く際には必ずカメラを回し最新の情報を提供するYouTuberとしても活躍中。

  1. イタリア ローマの観光と治安について
  2. ローマは安全な観光地!? 最新治安情報
  3. ①夜は特に注意!ひったくりや囲まれて金品を奪われるケースも【テルミニ駅周辺】
  4. ②犯罪発生率ローマNo.1だから絶対に行かないで欲しい【トル・ベッラ・モナカ】
  5. ③犯罪になるのでNG!売春・買春エリア【プラーティ・フィスカーリ】
  6. その他の危険エリア (公共交通機関、道中、クラブ、夜道)
  7. もし被害にあったらどうしたらいい!?
  8. ローマ限定『ここには気をつけろ!』
  9. 人に声をかけられても無視しよう
  10. ローマ 治安情報 まとめ
  11. 筆者のチャンネルはこちら
Qp7luvqh2hd6ard1gvpt

イタリアの首都ローマは年間を通してたくさんの観光客で賑わっています。日本からも直行便で10時間ほどで行くことができるので、日本人観光客にも大変人気な旅行先です。世界遺産もたくさんあり、中世の街並みが広がっています。日本では体験することのできない雰囲気を感じることができます。

そんな魅力がいっぱいのローマの治安情報をメインに今回は情報をシェアしていきたいです。これを読んでローマ観光を一層楽しく思い出に残るような時間にしましょう。スリや盗難は対策をしっかりすれば、何も怖くないです。

スリや盗難は万国共通ですが、今回はローマだからこそ気を付けないといけない点をご紹介します。スリや盗難もその地域に合わせた対策が必要です。

Avtx1zp5cu7sdzju4bad

それでは本題のローマの観光地の治安についてお話ししていきます。イタリアは全国的にスリや盗難が日本と比べると絶対的に多いのが現状です。せっかく観光したのに私物が盗まれては残念な気持ちでいっぱいになります。そこで今回、ローマの危険エリアやスリなどの対策をしっかりしてローマ観光を思いっきり楽しみましょう。

スリ・置き引きについて

A5ktkp4ebhyfdudpltza
引用: https://www.google.com/url?sa=i&rct=j&q=&esrc=s&source=images&cd=&ved=2ahUKEwi3pKyOt4jjAhUI87wKHXGcDRQQjRx6BAgBEAU&url=https%3A%2F%2Fwww.smartertravel.com%2Fpickpocket-proof-clothing%2F&psig=AOvVaw1emmVP5hWnwN9bxxC28NE9&ust=1561682580419913

日本人の被害が多いのは、スリや置き引きです。日本ではあまり経験をしませんが、一歩日本の外に出れば、しっかり気をつけて対策する必要があります。

特にたくさん人が集まる大きな観光スポットではスリの被害が多いのが現状です。例えばトレヴィの泉の周辺はいつもたくさんの人で溢れています。そこではスリが多く、写真を撮っている間や人とぶつかった瞬間にスられるケースがあります。

置き引きも気をつけてください。日本人はよく、レストランに行った際に空いている席に荷物を置く癖があります。これを海外でやってしまうと大変なことになります。食事中や友達と会話している間に、そして気づかないうちに、荷物が持って行かれてしまうことがあります。気付いた頃には、もう遅いんです。

盗難について

盗難ではホテルなど起きることが多いです。自分の部屋だから大丈夫と思って、パスポートや現金をテーブルの上に置いてしまうと危険です。ホテルを掃除しにくる人や、知らない人が部屋に入って盗むことが実際に起きているんです。ハウスキーパーが部屋を掃除をして扉を開けているうちに、知らない人が入って物を盗むことがあるんです。本当に恐ろしいです。

これに関しては自分たちでどうしようもできないので、部屋にある金庫を利用することをお勧めします。もしくはパスポートや現金をホテルのフロントに預けるのも良いかもしれません。

Fhhdzes1hxwfbuggk7ce

ここからは、ローマの危険エリアをご紹介していきます。

Ur4w74witlukbkuhbq3c

ローマの中心地である、テルミニ駅周辺は日中は大丈夫ですが夜になると注意が必要です。一歩駅の外に出るとホームレスや物乞いが多くいます。実際にあるケースは、足を引っ掛けてその瞬間にポケットにある携帯を盗まれることもあるそうです。もしくは、集団でやってきて脅して金品を出すように要求してくることあります。

観光客だとすぐにわかってしまうので、アジア系の観光客はすぐにターゲットにされやすいのが現状です。特に一人で観光している人は気をつけましょう。

Plxvotsaqj808ylypqfq

ここのエリアはローマでも一番治安の悪い場所として現地の人から知られています。そのエリアの雰囲気から、ローマの映画や小説の舞台として何度も登場する地区です。ギャングが住む場所としてストーリー上で描かれています。

Sajsmeen5avr0nl101qq

その他にも、日本の映画「皆はこう呼んだ、銅鉄ジーグ」では、劣悪な住環境が描かれています。実際にスラム街ともあり、犯罪発生率がローマでNo.1だそうです。

観光では行く機会がないかもしれませんが、もし行くような予定や周辺に行く際には気をつけてください。

Zmoyk1dwlkdpvfguelgm

ローマではドラッグや犯罪が頻繁に起こる場所は多いですが、ここの地域では売春・買春が行われています。ローマではこのような行為は犯罪に当たりますが、ここのエリアでは普通に横行しています。

Mn7ye1wipt4llxvbzakm

道端に女性が裸で立っていたり、際どい服装で売春を呼びかけています。そして男性が近づき、値段交渉をして女性を買います。これに対してローマ住人は「買春廃絶デモ」などをしていますが、未だにこのような行為が行われているのが現状です。

周辺を歩く際には、このような女性と目を合わせないでください。声をかけられたり、問題に発展したりするのでスルーするように心がけてください。

Jn2svw1lf7vr5xinzzkh

上記の危険エリア以外にもたくさんの怪しい場所がローマに存在します。イタリアは移民国家でもあるのでアフリカ系から中東系までたくさんの人種が混ざって生活をしています。ここでは、場面に合わせたローマの危険スポットをご紹介します。

公共交通機関

C68y9pl59pzuoc77fiap

みなさんも必ず電車やバス、そしてタクシーを移動手段に選択するかもしれません。ここにも気を付けてほしい点が何点かあります。特に電車やバスはたくさんの人が一気に乗車してきます。特にローマ市内は観光客を狙った犯罪が増えているので、荷物などは全て体の前に背負うようにしてください。

その他にもタクシーなどの料金を直接払う際には、しっかりメーターを確認して払うようにしましょう。実際の料金よりも割増にして請求してくる場面もあるので、自分自身でメーターを確認して支払いを済ませましょう。できれば乗車前にいくらくらいかかるかをチェックして乗りたいですね。

道中

Spwqzkx2ue8t6qavfsan

ローマの日中はたくさんの人がいるので、日中一人で道を歩いていても危なくはありません。しかし、スリは昼夜問わずに行われるので荷物だけには気を付けましょう。

基本的に大きな道は危なくはないですが、一本小道や裏の通りに入るとホームレスや物乞いが多いので移動の際はできるだけメインの通りを使うように心がけましょう。

ローマにはたくさんの物乞いがいるので、声をかけられたり追いかけられたりするので必ず無視し続けて歩いてください。

クラブ・バー

Vlk41lzshwv47y7migdm

ローマの市内にはたくさんのクラブやバーが点在しています。特にクラブやディスコではスリの被害が多いです。薄暗い店内でダンスや酒を飲んでいると、気づかないうちにスられている可能性があるので気を付けましょう。

どこのクラブもそうですが、身分証明書と提示を入り口で求められますのでパスポートを常に持参しておきましょう。と言って店内に安全な人しかいないというのはあり得ません。もちろん盗みを目的としてきている人もいるので気を付けましょう。

また、クラブ内だけではなく、その周辺の治安は大変悪い状況です。ゴミが散乱していたり、喧嘩をしてたりと安全とは言えません。寄り道せずに、すぐにホテルに戻るようにしましょう。

夜道

Tacollaf5m5bddwmbyen

特に気を付けてほしいのが夜道です。どんなに大きな通りを歩いていても、集団で金品を要求してきたり、引ったくりに合う可能性が十分にあります。一人で歩かずに2人以上で移動するようにしましょう。

比較的にオレンジ色の街灯で街は照らされていますが、夜道には何の変わりありません。なので、荷物や携帯には十分に気を付けましょう。

Osj3z42lht3x71b4ukuk
引用: https://www.google.com/url?sa=i&rct=j&q=&esrc=s&source=images&cd=&ved=2ahUKEwidgPzFuIjjAhUCPrwKHVxqAhkQjRx6BAgBEAU&url=%2Furl%3Fsa%3Di%26rct%3Dj%26q%3D%26esrc%3Ds%26source%3Dimages%26cd%3D%26ved%3D%26url%3Dhttps%253A%252F%252Fwww.moroccoworldnews.com%252F2019%252F03%252F268658%252Fitaly-radical-moroccan-imam-extremism%252F%26psig%3DAOvVaw02uPzqn0RYzlajb-FTxbiK%26ust%3D1561682960375283&psig=AOvVaw02uPzqn0RYzlajb-FTxbiK&ust=1561682960375283

もし盗難やスリにあったら、すぐに警察と旅行保険会社に届け出しましょう。物が盗まれた際には現地の警察が発行する盗難届が必要になりますので、最寄りの警察署に行きましょう。どこで何を盗まれたかを説明して盗難届を発行してもらいましょう。

ローマの警察では待ち時間が発生することがあるので、盗難やスリに気付いたらすぐに警察署に行って手続きをしましょう。パスポートや身分証明書の提示を求められることが多いのでパスポートを持参しましょう。ローマの警察は基本的に英語が通じるので安心してください。

Eiyqknc182iwdnv6ptf4
引用: https://www.123rf.com/stock-photo/be_careful.html

ローマ観光を楽しくさせるために、いくつか気をつけてほしい点があります。しっかり対策して気持ちよく旅行ができるように出発前から準備しておきましょう。自分がしっかり準備して置いても、いつどこで何が起こるかは予測できません。そのためにも警察の連絡先や保険等も準備をしておきましょう。

実際にローマで行われている スリの現状

まずはスリです。スリは本当に気づかれないうちに私物が盗まれています。まず、ポケットに何も入れないことをお勧めします。ポケットだから大丈夫と言ったことはなく、スリのプロフェッショナルは簡単に手を入れてきます。ポケットには何も入れないでおきましょう。

そしてリュックサックなどは全て体の前に背負いましょう。少し変かもしれませんが、スリ対策としてはこれが一番有効的です。手提げのバックも、体の前方にそしてもう一方の手で押さえておきましょう。チャックがついているバックをお勧めします。

実際にローマで行われている 置き引き現状

置き引きは簡単に対策することができます。レストランで席に座る際は、荷物は膝の上に置くようにしましょう。空いている席に置く癖があると思いますが、海外では必ず、荷物から体を離さないようにしておきましょう。携帯や財布もテーブルの上に置くにも厳禁です。一緒で取られる可能があります。私物はバックの中に全てしまっておきましょう。

不必要なパスポートや現金の持ち出しをやめて、滞在しているホテルの金庫に預けるのも重要になってきます。

人混みはできるだけ避ける

観光客で溢れているエリアでは犯罪が頻繁におきています。また、テロなどの危険性もあるので不要な人混みに行くことは避けるようにしましょう。スリなども人混みの方が簡単にできるので、たくさんのスリをする人が集まる場所でもあります。気をつけましょう。

もちろん、トレヴィの泉などたくさんの人がいますが早めの午前中に行ったり夕方に行ったりと人が少ない時間帯に行くのもいいですね。観光を同時に楽しめるのと、被害に合う確率も低いのでオススメです。人混みはどうしても、観光客の被害が多いので自分自身でしっかり気をつける必要があります。

Eakwy6mqfbrnlzgd9iov
引用: http://moon-lights.jp/psychology-of-people-to-ignore/

私はローマに5日間滞在していましが、毎日どこか観光地に行くたびに見知らぬ人から声をかけられました。物乞いやこの商品を買ってと言ったお金が絡むことが多かったです。素直に答えてしまうと、どこまでもしつこく迫ってくるので無視をするのが一般的です。

物乞いやホームレスの人は見た目で判断することができので、自分がそうだなって思ったら無視をしましょう。無視し続けると諦めてくれるので絶対に応答しないようにしましょう。

特に、ローマの代表的な観光地、コロッセオやトレヴィの泉ではこのような人がたくさんいます。そして観光客に自然に話しかけてくるので覚悟しておきましょう。どんなに可哀想に見えても我慢して無視することをお勧めします。あとで大きな問題にならないように対策をしっかりしましょう。

イタリア、ローマの治安は良いとも悪いとも一概には言えませんが、日本ではないことを覚えて置いてください。日本は安全で平和ボケになっている人も多いと思います。しかし、一歩日本を出ると、観光客を狙った犯罪が多く起きているが事実です。スリや置き引きなどは自分がしっかり対策することで、事前に防げることです。

楽しい観光をして、良い思い出になるように政府が発表している危険情報などもウェブサイトで確認できるので出発前にチェックしておきましょう。安全で楽しかったと言えるように対策をしっかりしておきましょう。

私のYouTubeチャンネルでも様々な国の観光情報をお届けしております。ぜひご覧ください。チャンネル名は「Travel Maker TV」です。今回はスペイン留学中にヨーロッパ中を旅した動画を載せてみました。