Qnnzesl6bgt1kn4mrmqc

夜遊び

CATEGORY | 夜遊び

【2020年版】アムステルダム以外にも!世界中の飾り窓!実体験から各国の飾り窓の特徴・女の子のレベル・料金を紹介!

2020.02.10

世界には数多くの風俗遊びが存在していますが、その中でも特に日本人にとっては憧れの「飾り窓」についてを今回ランキン形式で発表!体験者によるオススメ順と各店舗、国での特徴についても収録!飾り窓遊び初心者の人でもこの記事を読めば具体的な遊び方や行ってみたい場所がきっと見つかります!

この記事に登場する専門家

Qyccuf6towcflii30jxu

風俗ライター

シラフシラズ

ヨーロッパにて生活をするフリーランサーです。基本的に友人と一緒に欧州主要都市へとぶらり旅をしつつ、その時に訪れた風俗店についての体験談を収録してきます。

  1. 飾り窓の基本情報・概要について
  2. 第4位!オマケ感覚で丁度いいコスパ悪めな飾り窓【スイス】
  3. 第3位!巨大歓楽街の中から無限の飾り窓を選び放題【ドイツ】
  4. 第2位!政府公認で初心者でも安心して遊べる飾り窓が多数【ベルギー】
  5. 第1位!世界最高峰の飾り窓が集結する【アムステルダム】
  6. 世界中の飾り窓をランキング形式まとめ
Jc45virwdbpkswcp0uga
引用: https://www.google.com/url?sa=i&url=https%3A%2F%2Fwww.redumbrellafund.org%2Fstar-from-las-vegas-de-macedonia-to-a-red-light-window-in-skojpe%2F&psig=AOvVaw26MygmmZTNHNCGQkUBsNR4&ust=1581398992799000&source=images&cd=vfe&ved=0CAIQjRxqFwoTCNCj2b-gxucCFQAAAAAdAAAAABAj

こんにちは、シラフシラズです!


日本ではお馴染みのソープランド、デリヘル、ピンサロ等色んな風俗遊びがありますが、世界には置屋やエロマッサージ、エスコートに立ちんぼといった、海外ならではの風俗店舗がありますが、今回は特に馴染みの薄い「飾り窓」についてを紹介してきたいと思います。


飾り窓は主にヨーロッパを中心に広がっている風俗遊びとなっており、西欧と中欧の各国内の風俗エリアの一帯に集まっており、遊び方については基本的にどこも似ていますが、女の子のレベルや料金システム、特徴等が少し変わってきます。


各国の飾り窓を調査してきたので、今回は筆者がオススメの飾り窓を1位〜4位のランキング形式で挙げていくので、飾り窓遊びをする前の国選びなどで是非参考にしてみて下さい。

飾り窓が集まった一角「Red light district(赤線地帯)」

ひとつご紹介する前に覚えておいて欲しいものがあります。


よく「飾り窓=風俗店」と思っている人が多いですが、飾り窓は風俗店ではないので店としてカウンティングされません。


店ではなく、あくまで嬢が借りている一般の家の一室が売春行為が出来る空間となっているだけなので、店名は勿論ありませんし、中に入っても受付のスタッフであったり、ママさん的な人もいないので「売春をしている子の部屋に上がってプレイする」という風に覚えておくと、遊ぶ時にも困惑しないのです。


飾り窓はヨーロッパを中心に広がった風俗遊びではありますが、欧米やアジアは勿論、ヨーロッパ全土にある訳でもないので、飾り窓遊びをしたい場合は「Red light deistrict(赤線地帯)」と呼ばれている「飾り窓が集まっている地域」のある、特定の国 or 街へと行く必要があります。

H8to809fn6vsftz7whss
引用: https://www.google.com/url?sa=i&url=https%3A%2F%2Fwww.redumbrellafund.org%2Fstar-from-las-vegas-de-macedonia-to-a-red-light-window-in-skojpe%2F&psig=AOvVaw26MygmmZTNHNCGQkUBsNR4&ust=1581398992799000&source=images&cd=vfe&ved=0CAIQjRxqFwoTCNCj2b-gxucCFQAAAAAdAAAAABAj

簡単に言うと「ヨーロッパ全国には無いので、飾り窓のある国 or 街でしか遊べない」ということ。


飾り窓の発祥地は「オランダドイツベルギー」のゲルマン諸国から始まり、そこから伝播して地中海側の国々迄へと広がったとされており、今は地中海側まで広がった飾り窓も近年増加する置屋やエスコートの進出によって衰退しています。


なので、昔と比べると飾り窓のある国が減ってしまった為、遊ぶとなっても国が限られしまっている現状。


今はヨーロッパの各地でチラホラと残ってはいますが、基本的にはどの国でも、道路に面したマンションの様な建物の中に、下着姿やランジェリー姿の売春婦が中からガラス越しから見える中の部屋でダンスをしており、道歩く男客に営業を掛けています。


またどの国でも飾り窓が集まった地区「Red light distric(赤線地帯)」については、成り立ちや法的位置付けから隠れた場所であったり、売春が違法な国では裏風俗として営業している場所もありますが、比較的どの街でも市内の歓楽街や繁華街の近くに立っています。


よって、観光ついでに夜にササッと「Red light distric(赤線地帯)」へ訪れて遊ぶのがオススメです。

飾り窓の遊び方と手順

国によっては飾り窓がある「Red light distric(赤線地帯)」の場所や料金システムについては変わってきますが、基本的な遊び方についてどこも似た様な感じなので、ここを押さえておけば先ず問題ないでしょう。


遊び方については以下の通りです。


  1. Red light distric(赤線地帯)を事前に調べておく
  2. 当日はRed light distric(赤線地帯)へと向かう
  3. 飾り窓を見て周る
  4. お気に入りの嬢を見つけたら窓前に行く
  5. 嬢が指で料金を言い値を告げてくる(以下で詳しく解説)
  6. 言い値から交渉(価格)をし、嬢がOKを出せば中へと誘導される
  7. 部屋に到着したら、サービス内容を確認して料金を支払う
  8. 嬢がシャワーを浴びるので部屋で待機
  9. 嬢が部屋に戻ってきたらプレイスタート
  10. 終了後はそのまま退店


窓前に立つと嬢から指を使って言い値を告げられる際は、基本的に立てた指の本数が料金となるので、例えば嬢が指を1本立てたら「100€」、2本なら「200€」、3本なら「300€」といった感じです。


たまに7本や8本立ってる嬢もいますが、この場合は700€、800€ではなく「70€、80€」となります。

飾り窓の数は微妙!物価が高い分コスパも悪い

Lkbnojck3qxbizkrc0yi

世界の飾り窓へと訪れた筆者の経験として、今回のオススメランキングでは、残念ながらスイスの首都チューリッヒの飾り窓は第4位にランクインとしました。


スイスの首都チューリッヒの飾り窓の特徴としては、やはり「コスパが悪い面」そして「遊べる嬢が東欧出身の出稼ぎ嬢 or 移民」「嬢が全体的に年齢層高め」と、この3つがランキング最下位の起因でしょう。


特にスイス自体、物価は世界一として有名です。


首都チューリッヒ市内に到着し、飾り窓へ向かう為にも宿泊先のホテル or ホステルを確保する必要がある他、いざ現地で腹ごしらえをしようとしても、日本では約370円程度で帰るビックマックすら、チューリッヒ市内では「脅威の845円」も高くなってしまいます。


飾り窓ですら、それ相応の費用が掛かるというのに、その他のコストが爆上がりすること自体風俗遊びとしてナンセンスです。


もちろん物価が高い街での夜遊びは同じく費用も高くなってしまいます、他のドイツやベルギーと比べると一回のプレイ料金は約2倍も変わってきます。

Rpk7qh9uouzwyfn0ijb2
引用: https://www.google.com/url?sa=i&url=https%3A%2F%2Ftwitter.com%2Fapfel_swiss%2Fstatus%2F933402189321687045&psig=AOvVaw0yun9KasiwsBv6KPRzXb5g&ust=1581399239895000&source=images&cd=vfe&ved=0CAIQjRxqFwoTCOjqsLOhxucCFQAAAAAdAAAAABAa

スイス国内は売春が合法として認められている為、市内中心地から少し離れた赤線地帯「Langstrasse」へと足を運ぶと、路上に立っている立ちんぼや、建物の一室の部屋窓が全面ピンクに照らされていたりと、見ると明らかに「あ、飾り窓だ」と、簡単に見つける事ができます。


そういった点では、すぐに見つける事が出来るので遊びやすい環境ではあります。


特にLangstrasse内に立っているナイトクラブ「Club Zukunft」の前には、立ちんぼ嬢が平日土日問わず夜の8時あたりを過ぎた頃から立っていて、この辺りにも飾り窓はいくつか立っています。


コスト的な面が他の飾り窓と違って、かなり高く設定されていますが、飾り窓内にいる売春婦は大体が東欧系8割、ラテン系2割の割合となっているので「地元のスイス人の若い子が働いているというよりか、他の国から移り住んでいる or 出稼ぎにきた子たちが売春している」となっています。


嬢の年齢は全体的に若い子を見つけるのが難しい位で、大体が20代後半〜30代半ば程度、人選的にみても「わざわざ物価の高いスイスで、年増の飾り窓嬢を買うくらいなら別の国で遊んだ方がいい」と、筆者はオススメします。

Langstrasse一帯の飾り窓の料金相場

Prxlmackye7clcxizzax
引用: https://www.google.com/url?sa=i&url=https%3A%2F%2Fwww.hellozurich.ch%2Fen%2Fnews%2Fholzerhurd.html&psig=AOvVaw3V5S2tyVAs4oWsFCROFd6x&ust=1581399504210000&source=images&cd=vfe&ved=0CAIQjRxqFwoTCJD8krKixucCFQAAAAAdAAAAABAD

Langstrasse一帯の飾り窓の料金相場は以下の通りです。


  • ゴムフェラ + ゴム本番 / 30分:100〜120CHF(約11,000〜13,000円)
  • 大半の嬢はキスNGが殆ど、一部では胸揉みやお触りがNGな子もいます


チューリッヒの飾り窓があるLangstrasse一帯は売春が合法化されているので、立ちんぼから飾り窓が沢山立ち並んでいます。


ただし、他の国と比べてキスやお触りが基本オプション制になっているので、希望する場合には基本料金にプラス追加料金を支払う羽目になるので、更に料金が嵩張ってきます。

飾り窓地帯Langstrasseの場所とアクセス方法

Langstrasseの場所についてはこちらから。

首都チューリッヒの中心地から少し外れた場所にLangstrasseはありますが、アクセス方法としては「31・33・N2・N8」番の市営バスに乗車し、最寄りの停留所である「Militär-/Langstrasse」へと下車すると、すぐにLangstrasse一帯へと入る通りの入り口に到着します。

エリアの中でも特にClub Zukunftが立っている通りには飾り窓と立ちんぼが集中しているので、バスを下車しLangstrasseを南へと下って行き、左に入って行く(上のストリートビュー)道へと入って行くと良いです。

セックスの経験が少なくテクに自信がない?


セフレをもっと作りたい?


実は、PCMAXにはセフレ募集中の女性がたくさんいて、出会いまくりなのです。女性は恥ずかしがりだから匿名サイトで応募するもの。それに気づけるかがポイントなのです。

Er0xgcwcin5oqe5sqda4

昨年10-12月の3ヶ月で、4人とセックスしました!(しかも1人あたり1,000円強!)


A〇女優や女子大生、人妻、コスプレイヤーもいます。たった3,000円でここまでとは。

Cwejeol53ifaaerwiwwa

見渡す限り飾り窓の天国エリア「Herbertstraße」を散策!

M7gp7rwg5cmiw1upgsfe
引用: https://www.google.com/url?sa=i&url=https%3A%2F%2Fwww.hellozurich.ch%2Fen%2Fnews%2Fholzerhurd.html&psig=AOvVaw3V5S2tyVAs4oWsFCROFd6x&ust=1581399504210000&source=images&cd=vfe&ved=0CAIQjRxqFwoTCJD8krKixucCFQAAAAAdAAAAABAD

ドイツの主要都市ハンブルクの飾り窓は、巨大な歓楽街エリアの一箇所に集結しているので「飾り窓初心者にとっても遊びやすい」環境と、他の国と比べて一つの場所に集まっていることから「探索する必要がない」のが特徴です。


ハンブルグ市内の中心地、ザンクトパウリ地区に存在する巨大歓楽街「Reeperbahn(レーパーバーン)のHerbertstraße」に飾り窓は集結しており、今となっては「B級スポット」として大人気の観光地となっていますが、エリアの中には「ビートルズ広場」等の名物スポットと共に夜遊びする事ができます。


なので、夜遊びをしつつ名物スポットを観光出来るという、レジャー遊びができます。


Herbertstraßeは、約1kmのレーパーバーン通りを中心に飲食店や飾り窓、置屋等の様々なタイプの夜系のお店が点在していて、風俗店が立ち並んでいる一帯の中には警官が常駐しているので、かなり安心して風俗遊びを堪能出来る様になっています。

Rtffxbwipp1imu1oldfi

飾り窓が集結した一帯は、Reeperbahn(レーパーバーン)の中の一角にまとめて集約されていて、このエリアに入る際には、路上に立つピンクの看板で覆われた入り口の扉を潜ると入場する事になります。


入場した後は目に広がる建物全てが飾り窓、ざっと見ても30〜60軒は立っていて、嬢も地元のドイツ人も多く、勿論他の国から集まった子(ルーマニア嬢多数)もいたりしますが、全体的に20代前半〜後半の子がかなり多いので、可愛くて若い子と遊べるのがオススメのポイント。


また「一部屋に2人の嬢が待機している」のがドイツ主要都市ハンブルグの飾り窓の特徴で、例えば道を歩いている時に気になった飾り窓嬢を見つけて、いざ部屋に入って本格的な交渉をする事になりますが、仮に気に入った嬢が微妙だったとしても、一部屋の中にもう一人の嬢が待機してるので、所謂「チェンジが効く」仕組みなっています。


Herbertstraße地帯の飾り窓は、外から部屋の中の嬢を見た時は、少し暗めの照明となっているので、顔や体のパーツがかなり見えにくいので、バッチリ決まることが無いです。


なのでこういったチェンジシステムと、地元ドイツ人の若い子たちと安心出来る環境で遊べるのが、筆者としてはかなりオススメポイントです。

Herbertstraße飾り窓の料金相場

Herbertstraße飾り窓の料金相場はこちら。


  • ゴムフェラ + ゴム本番 / 30分:40〜70€(約5,000〜8,500円)
  • 基本的に「即ゴムフェラ」「即本番」といったプレイの流れが多い


スイスの首都チューリッヒにある飾り窓と比べても、この価格で遊べるのは費用的にもコスパが高いので「あまりお金を掛けたくない」とう人にはかなりピッタリだと思います。

Herbertstraßeの場所とアクセス方法

Herbertstraßeの場所については以下をチェック!

Herbertstraßeの行き方ついては、市内を走っている508線のバスへと乗車し、最寄り停留所「Korntaler Straße」へと下車すると、大通りに沿って南へと下って進んで行くと、徒歩10分程度で到着します。

飾り窓を探すならRue d'Aerschot(アルシュ通り)がオススメ!

Peclcbehxkrwvmc1eakz
引用: https://www.google.com/url?sa=i&url=http%3A%2F%2Fwww.jeuxvideo.com%2Fforums%2F42-51-37955265-1-0-1-0-lundi-je-suis-rue-d-aerschot.htm&psig=AOvVaw0-kQYnyBu5gTLS6ljuYv-8&ust=1581400098461000&source=images&cd=vfe&ved=0CAIQjRxqFwoTCIjGsc2kxucCFQAAAAAdAAAAABAO

ボンキュッボン系の嬢よりも日本好みの「モデルの様に細くて背が高い金髪美女」が揃い揃いの飾り窓が、現在400店舗程度集まっていて、今や連日連夜世界中からの飾り窓目当ての男客が集まった、有名な飾り窓観光地と化しています。


実際にベルギーの首都ブリュッセルの飾り窓が一同に集まっている地区「Rue d'Aerschot(アルシュ通り)」を歩いてみると、びっくりするほど飾り窓の嬢たちは非常に美しくて「え!こんなモデルみたいな子が売春してるの?」といった程で、嬢も全員セクシーな服装をしていますが、それぞれが自分のスタイルを持っていて衣装がかなりエロくてお洒落です。


ブリュッセル以上に、おしゃれで可愛い子と遊べる飾り窓は他にありません。


また、飾り窓の嬢は、道歩く女性の観光客等の「ただの見物客」に対しても愛嬌良く手を振ってくれたりと、一般的な赤線地帯よりも雰囲気が穏やかで、殺伐とした雰囲気がないです。


ただし、この地域では「特定の人物にフォーカスした写真撮影が厳禁」となっていますので、注意が必要なのと、週末の夜は観光客が大変多く歩くのも困難なほど賑わっているので、スリには気をつけましょう。

Rue d'Aerschot(アルシュ通り)飾り窓の料金相場・場所とアクセス方法

Rue d'Aerschot(アルシュ通り)の料金設定と場所については、こちらに詳しく紹介をしている以下の記事をチェック!

絶対にハズレなし!筆者おすすめのアムステルダム飾り窓店

Lehdxyfnjh21kj04oszo

第一位はやはりオランダの首都アムステルダムの飾り窓です!


「5,000人〜8,000人の飾り窓嬢、世界最高峰のサービス、嬢の飾り窓から客へと捧げるダンス」この全てが他の国より頭一つズバ抜けたクオリティが味わえるのが、アムステルダム市内の一角にある、フランクフルト中央駅から入った「Red Light(レッドライト地区)」


どの飾り窓を見てもモデル系の美女から、ボンキュッボンな美女、時には黒人美女と、様々な人種の美人が在籍しており、自分好みの嬢を確実に探せる「嬢の数」と「世界最高峰の奉仕サービス」を味わえる為、今現在でも世界一の飾り窓として地位を築いています。


筆者も訪れましたが、嬢のレベル・濃厚サービスは最高に抜群です。


アムステルダム飾り窓の詳細、料金設定や場所については、こちらに詳しく紹介をしている以下の記事をチェック!

アムステルダム飾り窓の料金相場・場所とアクセス方法

Eznt0xv3kfjc4ybmd3xv
引用: https://www.google.com/url?sa=i&url=https%3A%2F%2Fwww.getyourguide.jp%2Famsterdam-l36%2Foffbeat-amsterdam-red-light-district-nighttime-walking-tour-t188409%2F&psig=AOvVaw1xWC8oTou0WDjZMgWeDD7S&ust=1581400216419000&source=images&cd=vfe&ved=0CAIQjRxqFwoTCKie9ISlxucCFQAAAAAdAAAAABAD

如何でしたでしょうか。


今回は世界の風俗体験記 in 世界の飾り窓ということで、シラフシラズが訪れた・知ってる各国の飾り窓についての実態、オススメ、風俗事情から各種遊び方などについてをご紹介しました。


他にも欧州を中心に欧米等、世界の主要都市へと旅行や長期滞在した際に周った風俗店等についてもご紹介をしているので、興味のある方は是非こちらもチェックしてみてくださいね!

皆さん、セックスしていますか?


自粛期間だから合コンを開けないという方。


こういう時こそ、アプリで、”こっそり””少人数”で”確実に”セックス相手を見つけましょう。

Jdu5ziojsosfm6evsijw

昔、AV女優の紗倉まなさんがテレビで、AV女優もマッチングアプリを使っていると暴露し話題になったこと、覚えていますか?


一昔前は、危険やサクラの印象が強くメジャーではなかったですが、最近は人気を博しています。


数ある中で、大人の関係なら、PCMAXが最強。


マッチ率がとても高いので早く次に進めます。実は日本人の若者の4割は出会い系を利用しているそう。筆者(20代後半男性)も昨年末3人と知り合い、2人はセックスまで進みました。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

風俗なら1回で2万円は必要ですが、PCMAXなら3,000円の課金で十分楽しめます。一度会って連絡先を交換すればあとはOK。風俗のように毎回お金がかからないため、コスパよくセックスができます。


さらに、PCMAXの場合は、セックスを目的に集まる男女の出会いの場なので、余計なデートや、女の子のお小遣い、風俗で要求される裏オプションも必要なし。知り合ったあとは、相手の家やカラオケを使えば半永久的に無料でセックスできるのです。

Iuluyavtwqqzizb7ufwv

また、大人の関係を求める女性が多いアプリを使うのが賢い方法です。PCMAXはセフレ希望を言ってくる子も多く、ホテル代も割り勘でOKの人も多い。お互い身バレしたくない関係希望なので、話が早いです。世の中には男のチンポを求める女性がたくさんいるのです。


たくさん出会ってセックステクを磨き、都合の良い関係を作れる相手を、貴方も見つけましょう。

Uy6sjtlmas8lckh8ckgq

『登録⇒年齢確認⇒最初の3,000円』がモテるコツ

また、登録後の年齢認証は必ず行うべきです。出会いやすさが段違いに良くなります。


マッチングアプリの利用は年齢確認が法律で義務化されているので、大手の優良サイトは全て必要です。


逆に、年齢確認がないサイト=99%出会えないサイトってことです。


更に、可愛い子とマッチングする秘訣は、最初の3,000円の投資をケチらないことです。


完全無料でセフレを大量ゲットなんて、嘘っぱちです。甘い世の中ではありません。


飲み会1回分(3,000円)で十分。本当に人生変わるので、価値ある投資と思って試してみてください。


しかも今なら、登録後2日以内はポイント購入が大幅にお得、というキャンペーンや、24時間使い放題チケットが付与されるプレミアムオプションもあります。


これを使うと、女性の裏プロフィールが見れるので、セフレにしやすい女性を探しやすくなります。これは最強ツールですね。


登録は無料、3分で完了します。

Abapwfsdmeadaznll8bj

 

どのアプリが良いか迷っている方へ

お得な風俗情報を知りたい方へ

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.google.com/url?sa=i&url=https%3A%2F%2Fwww.redumbrellafund.org%2Fstar-from-las-vegas-de-macedonia-to-a-red-light-window-in-skojpe%2F&psig=AOvVaw26MygmmZTNHNCGQkUBsNR4&ust=1581398992799000&source=images&cd=vfe&ved=0CAIQjRxqFwoTCNCj2b-gxucCFQAAAAAdAAAAABAj