Gxuelh84umcadkasjdi8

アメリカ

CATEGORY | アメリカ

合衆国誕生の地フィラデルフィアの観光地8選!在住者目線で見所を語る!

2019.07.10

全米第5の都市であるフィラデルフィアのおすすめ観光名所を、電車やバスによるアクセス方法や観光地の地図も含めて、アメリカ在住者が詳しく紹介していきます。これを観光前に読めば、安心して満足の行くフィラデルフィア旅行ができること間違いなしです。

この記事に登場する専門家

Rfrksmqw9vl80mvqnkpe

ラスベガス在住ライター兼翻訳家

mm2445

アメリカに住んでいるフリーライター。米国永住権を所得し、これまでにニューヨークに5年、ラスベガスに3年以上住んでいます。世界50カ国を巡ったことがあり、今後の人生を旅行に捧げる覚悟です。

  1. アメリカ合衆国誕生の地フィラデルフィアとは?
  2. フィラデルフィアのおすすめ観光地①フィラデルフィア美術館
  3. フィラデルフィアのおすすめ観光地②独立記念館と自由の鐘
  4. フィラデルフィアのおすすめ観光地③インディペンデンス国立歴史公園
  5. フィラデルフィアのおすすめ観光地④バーンズコレクション
  6. フィラデルフィアのおすすめ観光地⑤フィラデルフィア市庁舎
  7. フィラデルフィアのおすすめ観光地⑥シチズンズ・バンク・パーク
  8. フィラデルフィアのおすすめ観光地⑦アドベンチャー水族館
  9. フィラデルフィアのおすすめ観光地⑧ラブパーク
  10. フィラデルフィア市内にあるパブリックアート
  11. 絶対に試したいフィラデルフィアの名物は?
  12. フィラデルフィアの治安は?
  13. フィラデルフィアのおすすめ観光地のまとめ

こんにちは!アメリカ在住フリーライター兼翻訳家のmm2445です。今回のテーマは私がこれまでに旅行したアメリカの都市の中から、多数の電車やバスが走っているため観光しやすいペンシルバニア州フィラデルフィアを選びました。

フィラデルフィアはアメリカ北東部に位置するペンシルバニア州にあり、アメリカで5番目に人口の多い都市です。アメリカ独立宣言が署名されて、憲法が作成された合衆国誕生の地でもあります。そのため古い建造物やミュージアムが多く、歴史や文化を感じさせる旅行になるでしょう。それに加えてニューヨークシティとワシントンDCのちょうど間にあるため、移動の途中で立ち寄ったり、日帰りでアクセスして観光できるためおすすめです。さらに市内には地下鉄やバスの路線が多いため、旅行中の移動もしやすいです。それでは歴史的にも重要なだけでなく、アメリカ北東部の旅行のついでとしても訪問しやすいフィラデルフィアの必見観光名所を、アメリカ在住者で旅行経験者が詳しく語ります。

フィラデルフィア美術館の外観

フィラデルフィアの観光スポット8ヶ所の一つ目は、フィラデルフィア美術館です。こちらの美術館は、アメリカでも5本の指に入るほど巨大なんですよ。外観が立派なので、まず入る前に写真を撮りたくなりますよね。

フィラデルフィア美術館にはゴッホのひまわりをはじめとする、貴重な多数の美術コレクションが収蔵されています。館内では写真を撮ることも可能でしたが、私の場合には広すぎて全て見ている時間がありませんでした。さくさく進んでいくことがポイントです。

ロッキーの像

美術館の外にはボクサーの映画のロッキーの像もあります。これは映画でトレーニングのときに、駆け上がっていた階段がここにあるためです。ロッキーの像だけではなく、足形もありますのでお見逃しなく!

フィラデルフィア美術館からの景色

美術館からは美しいフィラデルフィアの街並みを一望することができました。館内の美術品だけでなく、周辺の街並みやロッキーの像など、様々な見所満載です。

電車やバスを使ったアクセス方法

43番のバスでSpring Garden St & Kelly Drで降りればすぐです。

地図でフィラデルフィア美術館の場所を確認してみよう!

独立記念館

独立記念館とは、独立宣言が採択されたときの建物です。ユネスコの世界遺産にも登録されていて、宣言の署名がされた部屋などを見ることができます。

自由の鐘

独立記念館のそばの建物内には、宣言のときに使われた自由の鐘があります。列に並んで順に記念写真を撮りました。鐘には亀裂が入っていますが、フィラデルフィアにはひびのある自由の鐘が描かれたグッズがたくさん売っています。フィラデルフィアのお土産にいかがでしょうか?

電車やバスを使ったアクセス方法

地下鉄MFLの5th St Independence Hall駅で降りればすぐです。

地図で独立記念館と自由の鐘の場所を確認してみよう!

インディペンデンス国立歴史公園

独立記念館や自由の鐘のある建物は、こちらのインディペンデンス国立歴史公園に面しています。地元市民にとっては憩いの場になっています。

電車やバスを使ったアクセス方法

地下鉄MFLの5th St Independence Hall駅で降りればすぐです。

地図でインディペンデンス国立歴史公園の場所を確認してみよう!

数多くの印象派の作品や、現代アートが集められたバーンズコレクション。近くにはフィラデルフィア美術館とロダン美術館があるため、アート好きには夢のようなエリアです。

電車やバスを使ったアクセス方法

32番または38番のバスで、Ben Franklin Pkwy & 21th Stで降りればすぐです。

地図でバーンズコレクションの場所を確認してみよう!

フィラデルフィア市庁舎

フィラデルフィアのランドマーク的な存在でもある、フィラデルフィア市庁舎。特徴的な建物が立ち並ぶフィラデルフィア市街地の中でも、ひときわ目立っている建造物でした。

ラブパークから見たフィラデルフィア市庁舎

このフィラデルフィア市庁舎は、あとで紹介するラブパークから眺められます。このときはフィラデルフィア市庁舎だとは知らず、立派な建物だと思って写真を撮りました。

電車やバスを使ったアクセス方法

地下鉄BSLのCity Hall駅、またはMFLの15th St駅で降りればすぐです。

地図でフィラデルフィア市庁舎の場所を確認してみよう!

シチズンズ・バンク・パークは、フィラデルフィア・フィリーズのホーム球場です。私にとっては初めてメジャーリーグの試合を観戦した場所なので、とくに印象に残っています。

フィラデルフィア・フィリーズにはマスコットがいます。フィリー・ファナティックという名前で、緑色の毛と円筒形のくちばしが特徴ですが、そもそも何の動物なんでしょうか?

電車やバスを使ったアクセス方法

地下鉄BSLのNRG駅で降りて、徒歩5分です。

地図でシチズンズ・バンク・パークの場所を確認してみよう!

アドベンチャー水族館のペンギン

ほのぼのした雰囲気のアドベンチャー水族館。フィラデルフィアは記念館や美術館が多いので、こちらの水族館はとくに子供連れに人気のスポットです。エイのような様々な海洋生物に触れることが可能なコーナーもあり、子供たちに大人気でした。

アドベンチャー水族館の内部

水族館内の飾り付けも綺麗でした。

フィラデルフィアの景色

こちらのアドベンチャー水族館は、フィラデルフィアの対岸にあります。水族館の外からフィラデルフィア市街地が綺麗に眺められるので、一見の価値がありますよ。

電車やバスを使ったアクセス方法

路面電車Riverline Light RailのAquarium Light駅で降りて、徒歩5分です。フィラデルフィアからはRiver Link FerryでCamden側に行けばすぐです。

地図でアドベンチャー水族館の場所を確認してみよう!

ラブパークのスケードボーダー

フィラデルフィア市街地にある、赤くて印象的なLOVEの彫刻がある丸い小さな公園です。このLOVEのデザインは世界的にスケートボーダーの間で支持されているようで、ここではたくさんのボーダー達が練習をしていました。ラブパークと言ってもこの公園の場合は、恋人と静かにのんびりするっていう雰囲気では全くなさそうですね。

ラブパークの風景

中心には噴水がありました。夏に来たときは水が出ていたのですが、おそらく写真のような冬場だと凍ってしまい、水が出てないのだと思います。

電車やバスを使ったアクセス方法

電車でSuburban駅で降りればすぐです。

地図でラブパークの場所を確認してみよう!

フィラデルフィアのパブリックアート

フィラデルフィアはパブリックアートの街としても知られ、旅行中にたくさんのアートを見つけることができるでしょう。先ほどの赤いLOVEの彫刻以外にも数多くありますので、お気に入りのアートを探してみてくださいね。

フィラデルフィア市内のチーズステーキ

フィラデルフィアはクリームチーズが有名なので、旅行したらチーズ料理は食べたいですね。写真はフィラデルフィア名物のチーズステーキです。

フィラデルフィア空港のチーズステーキ

チーズステーキとは、主に牛肉とチーズしか入っていないサンドイッチです。脂っこいですね。このチーズステーキはフィラデルフィア市内のレストランだけでなく、空港内でも見つけられました。アメリカなので郷土料理と言っても、結局ファーストフードなんですね。チーズたっぷりなので通常のサンドイッチよりもかなり重く、飛行機とか乗り物に乗る直前などにはおすすめしません。

フィラデルフィアはチーズが名産なので、スモークサーモンとクリームチーズを巻いたフィラデルフィアロールというものもあります。このフィラデルフィアロールはフィラデルフィア市内だけでなく、アメリカ内のほとんどの日本食レストランで食べることができますよ。フィラデルフィアに限らず、アメリカ旅行の際にはフィラデルフィアロールのことを少し思い出してみてください。

フィラデルフィア市内はそれほど治安が悪いわけではないのですが、周辺エリアの治安はよくないので十分に注意してください。とくにフィラデルフィアの川を挟んで対岸にあるニュージャージー州カムデンは、全米で最も危険な地区です。よくフィラデルフィアに行っても、カムデンには絶対入るなと言われています。先ほど紹介したアドベンチャー水族館はカムデンにありますが、水族館の敷地内であればもちろん安全です。ただしアドベンチャー水族館以外の場所には、不用意に行かないようにしてくださいね。

アメリカ合衆国のペンシルバニア州フィラデルフィアのおすすめ観光名所を厳選して紹介しましたが、いかがだったでしょうか?フィラデルフィアはニューヨークから電車を使ってたったの1時間半でアクセスできる上に、歴史的な街並みや多数の美術館などの見所が多く、チーズステーキのような地元グルメまで堪能できるのでおすすめです。さらに地下鉄やバスのような公共交通機関が発達しているため、移動がしやすくて便利な都市でもあります。アメリカ観光の穴場スポットとも言えるフィラデルフィアを、ぜひご自身の足で歩いてみてください。


筆者のブログはこちら!

http://ithacamani.blog.fc2.com/

この記事が気に入った方は、ワシントンをまとめた記事も読んでみてください!