Tkixa9pqtw77eo7ng7ah

ペルー

CATEGORY | ペルー

経験者が語るペルーの必見観光スポット10選!ペルーはマチュピチュだけじゃない!

2019.07.31

マチュ・ピチュで有名な南米ペルーにある必見観光スポットを、旅行経験者が詳しくお届けします。ペルーは歴史的な街並みや大自然に加え、インカの遺跡が定番の見所です。必要な滞在日数や地図といった情報も含めて、おすすめの観光地を10ヶ所紹介していきます。

この記事に登場する専門家

Rfrksmqw9vl80mvqnkpe

ラスベガス在住ライター兼翻訳家

mm2445

アメリカに住んでいるフリーライター。米国永住権を所得し、これまでにニューヨークに5年、ラスベガスに3年以上住んでいます。世界50カ国を巡ったことがあり、今後の人生を旅行に捧げる覚悟です。

  1. 南米ペルーの見どころとは?
  2. ①ペルー観光では必見!マチュ・ピチュ
  3. ②インカ帝国の首都!クスコ
  4. ③ここの塩はぜひとも買ってほしい!マラス
  5. ④ペルーの街並み&生活体験はここ!ピサック
  6. ⑤あまりにも有名な地上絵と言えば!ナスカ
  7. ⑥パレード好きには訪れてほしい!リマ
  8. ⑦海岸沿いのリゾート地!ミラフローレス
  9. ⑧世界遺産でもある白い街並み!アレキパ
  10. ⑨穴場!湖に浮かぶ島に行ける!チチカカ湖
  11. ⑩チチカカ湖とセットで訪れたい!プーノ
  12. ペルーで出逢える野生動物は?
  13. ペルーの気になる治安は?
  14. ペルー旅行でほかに気をつけることは?
  15. ペルーの観光スポットのまとめ

こんにちは!世界50カ国を旅行した経験のある、フリーライター兼翻訳家のmm2445です。今回はインカ帝国の空中都市マチュ・ピチュがあることで有名な、南米ペルーの必見観光地をお届けします。

ペルーは歴史を感じられる街並みとともに、大自然の絶景やロマンあふれる古代遺跡を楽しめる国です。太平洋に面していて、砂漠や高地などの多彩な風景が見られます。さらにペルーではリャマやアルパカといった、珍しい野生動物も見られるでしょう。治安や高山病が心配という意見もあると思いますが、その辺りも旅行経験者が正直に語っていきます。

Mw7dsvregvlad1aylf5z

南米旅行で定番の行き先とも言える、アンデス山麓に位置するマチュ・ピチュ。高地の断崖絶壁にあり、インカの遺跡と大自然のコンビネーションが絶妙でした。

C8xgdpatb0soekm8yryh

マチュ・ピチュは天候が変わりやすいので、十分な滞在時間を取った方がいいですよ。先ほどの雲や霧のかかっているマチュ・ピチュも幻想的でしたが、私は晴れの方が好きです。数時間待っていたら、両方のバージョンを見れてラッキーでした。いずれの場合にも文句なしの絶景でしたよ。

Vqzlxcpu78gprwcxj7h2

マチュ・ピチュの遺跡内にはリャマなどのたくさんの野生動物がいますので、大自然や遺跡を背景に動物の写真を撮りましょう。狭い通路などにもリャマがいて、進めなくて困りました。

必要な滞在日数

1日

マチュ・ピチュはこんな方におすすめ

・インカ文明の遺跡を見たい方

・大自然を満喫したい方

マチュ・ピチュを地図で確認する

Euo1angspctkq9ogwci3

インカ帝国の首都だった場所で、クスコ市街地は世界遺産に登録されています。クスコの中心地であるアルマス広場を中心に、歴史ある大聖堂や博物館などが見られます。クスコはマチュ・ピチュの経由地とも言われていますが、標高は3400メートルあるため、標高2400メートルのマチュ・ピチュよりも1000メートルも高いです。そのため私の場合には、クスコでひどかった高山病がマチュ・ピチュに行ったときだけ良くなりました。

Yzjvbwqez39qqox3bgc3

クスコ市内にはコリカンチャ神殿のような、インカの石組み技術にヨーロッパ建築が組み合わさった建造物を見つけられます。カミソリの刃ですら通らないインカの石組みを見て、古代文明の技術力の高さに圧倒されました。

Ajm06mhfbe2g9zxx2x4w

クスコの周辺はインカの聖なる谷とも呼ばれていて、日帰りでアクセス可能な範囲内にインカ文明の遺跡が多数点在しています。クスコ市内だけでも見所が多いのですが、周辺の遺跡にもぜひ足を運ぶことをおすすめします。最寄りにあるサクサイワマン遺跡からは、クスコ市街地を綺麗に眺めることができました。茶色い屋根がとても美しいですよね。

必要な滞在日数

1日

クスコはこんな方におすすめ

・インカ文明の遺産を見たい方

・歴史ある綺麗な街並みを眺めたい方

クスコを地図で確認する

G6a03ml1jmstbpm38vqr

マラスという街は、クスコの北西約50キロの位置にあります。その近くにはインカ帝国時代から使用されている高濃度の塩田があり、現在も乾季に塩を生産しています。ギフトショップにはマラスの塩が売っていて、ペルーのお土産にも良さそうですよね。

W7ed66vjwmlizcqk6ryg

マラスには塩田以外にも見所がありますよ。近くにあるモライ遺跡では、ミステリアスな階段状の石垣が見られます。インカ帝国時代に作られた農業試験場と考えられていて、ここで農作物を収穫していたようです。写真ではわかりにくいですが、実際に見たら想像以上に大きくて驚きました。ここには写真の巨大な段々畑以外にも、小さいものがいくつかあります。

必要な滞在日数

半日

マラスはこんな方におすすめ

・大規模な塩田を見たい方

・ミステリアスな段々畑を見たい方

マラスを地図で確認する

Jia4jjhjejce2cdaxmvo

ペルーらしい雰囲気を味わえる街のピサック。たくさんの露店が並ぶマーケットが見所で、地元民で賑わう日曜市で有名です。

Igniqzhni6l6llzjacfz

ピサックのそばにある、ピサック遺跡も必見です。こちらもインカ帝国の遺跡です。標高3000メートルから3500メートルに広がる、広大な段々畑が見られます。定番のマチュ・ピチュではなく、観光客が少ない穴場スポットに行きたい方におすすめです。

必要な滞在日数

半日

ピサックはこんな方におすすめ

・大規模な段々畑を見たい方

・マーケットでショッピングをしたい方

ピサックを地図で確認する

Kcwetrwmdp7rhlvazini

ナスカの地上絵は、ペルー観光の定番ですよね。乾燥地帯にあるナスカのそばに、100メートル前後の巨大な地上絵が一筆書きで描かれています。ナスカの地上絵は賛否両論ある観光名所ですが、私は実際に見られて感動しましたよ。

Kknmjoqxocrddohaplnv

ハチドリ、コンドル、クモなどの定番の地上絵は、およそ30分のセスナのツアーで全部見ることが可能です。各地上絵を探せる時間は数秒ずつしかなく、案外見つけにくくて見逃しやすいです。カメラを30分間ずっと構えていましょう。あとセスナの機体が左右に傾いてかなり酔いやすいので、酔い止めは必ず飲んでおきましょう。

必要な滞在日数

1日

ナスカはこんな方におすすめ

・有名な地上絵を見たい方

ナスカを地図で確認する

Lpkkjnc8yddivnnwxzfl

ペルーの首都リマでは、中心広場であるアルマス広場の周りに名所が集まっています。歴史的な建造物が立ち並び、立派な外観や内装の大聖堂などが主な見所です。リマはペルー旅行で定番の行き先ですよね。写真ではちょうどアルマス広場で、パレードが行われていました。

必要な滞在日数

1日

リマはこんな方におすすめ

・歴史的な街並みを眺めたい方

リマを地図で確認する

Bffscsqcrilzi9kcp5b2

ミラフローレスはリマの太平洋沿いにある地区で、高層ビルが立ち並ぶリゾート地です。リマの新市街地とも言われ、先ほど紹介した旧市街地とは明らかに雰囲気が違いました。ずっと異国の景色ばかりだったので、なんか安心感があるエリアでしたよ。海岸沿いの風景も絶景でした。ミラフローレスには海沿いにアモール公園という名前の公園もあり、この周辺で綺麗な海を眺めながらゆっくりするのもおすすめです。

必要な滞在日数

半日

ミラフローレスはこんな方におすすめ

・綺麗な海岸を眺めたい方

・リゾート地でゆっくりしたい方

ミラフローレスを地図で確認する

Rztfzgtaehpg7hpy2z4m

ペルーでリマの次に人口の多いアレキパは、白い街並みが美しい都市です。周辺の山からの火山岩によって建物が造られていて、歴史地区は世界遺産に登録されています。ほかのペルーの都市と同様に、中心地であるアルマス広場とその周辺を歩いてみましょう。アルマス広場にある白い大聖堂も必見です。アレキパはとても魅力的な景観の都市でしたよ。

必要な滞在日数

1日

アレキパはこんな方におすすめ

・綺麗な白い街並みを眺めたい方

アレキパを地図で確認する

Ddubpn5wmkt3sikeqz9d

ボリビアとの国境に位置し、標高3800メートル以上ある淡水湖です。琵琶湖のおよそ12倍もの広さを有し、インカ時代の生活様式で民族が暮らしているタキーレ島などがあります。

Rqoonhnwu9l4k3pw7yja

チチカカ湖には葦で作られた人工島で、生活をしている人々がいます。その人工島はウロス島と呼ばれ、ツアーに参加することでアクセスできます。現在でもこのような生活をしている人々がいることに、かなり衝撃を受けました。島に住んでいる子供達は、風が強いので寒そうでした。チチカカ湖はペルー旅行での、穴場スポットと言えるでしょう。

必要な滞在日数

半日

チチカカ湖はこんな方におすすめ

・草でできた浮島に行ってみたい方

・アンデスの伝統的な暮らしを見てみたい方

チチカカ湖を地図で確認する

G8uk8wk5ovyly0lzp3rg

プーノはチチカカ湖沿いにある街です。繰り返しになりますが、ペルーの都市観光では定番のアルマス広場とその周辺の景色が主な見所です。

Eminsjtozpk1jhg38bqp

アルマス広場に加えて、プーノでは丘を登ってみましょう。高い位置からのプーノ市街地とチチカカ湖の景色がすばらしかったです。

必要な滞在日数

半日

プーノはこんな方におすすめ

・ペルーの昔ながらの暮らしを垣間見たい方

・湖沿いの綺麗な街並みを眺めたい方

プーノを地図で確認する

Lhwljhcjjoktrdlxytll

ペルーの山岳部ではリャマやアルパカのような、珍しい野生動物に遭遇します。クスコ周辺にあるインカの遺跡や、マチュ・ピチュなどで多数見られるでしょう。アルパカに近づいたら臭いツバをかけられてしまいましたので、みなさんは気をつけてくださいね。 

Mh69qdmwd6klblivhqwt

ペルー旅行では楽しいことばかりでもありません。みなさんが気になる治安に関してですが、南米にあるペルーの治安は良いとは言えないでしょう。とくにリマのような都市部の方が危険度が上がります。スラム街など危険と言われている地区には、間違って入らないように気をつけてください。

Idvmcff3o0wqmjm3zgof

クスコ周辺やチチカカ湖周辺は標高3000メートルから4000メートル近くあり、多くの観光者が高山病にかかります。体調不良になることを考慮して、無理のない日程を組むことをおすすめします。

南米ペルーのおすすめ観光スポットを10つ厳選しましたが、いかがだったでしょうか?定番の観光名所だけでなく、穴場スポットも紹介したつもりです。マチュ・ピチュやナスカの地上絵、首都のリマ以外にもたくさんの見所があることがお届けできたのであれば幸いです。せっかく日本から地球の裏側まで時間をかけて来たんですから、この記事を参考にじっくり日数を使って隅々まで楽しんでくださいね。


筆者のブログはこちら!

http://ithacamani.blog.fc2.com/