Atvyk46kse4bssda0lzw

ペルー

CATEGORY | ペルー

ペルーのお土産14選を厳選!雑貨・キッチン用品・ファッション・食べ物別にお届け!

2019.07.24

南米ペルーには他国では見たことのないステキなお土産が沢山あります。せっかくお土産を買うなら友人に喜ばれたいですよね。今回は喜ばれること間違いないペルーのお土産を雑貨・キッチン用品・ファッション・食べ物別にご紹介します!是非皆さまが、ペルーに旅行される際に参考となれば嬉しいです(*^▽^*)

この記事に登場する専門家

Jhxbvazkztzlqsoxkota

南米ペルー 大好きなライター

チニート

南米ペルー は、日本人も多く暮らしている親日の国です。ペルー は食材の宝庫と言われ、ペルー 料理は世界で一番美味しいと言われるほどの絶品です。またペルー 人はフレンドリーで陽気な方々ばかりです。観光スポットもマチュピチュが有名ですが他にも沢山素晴らしい観光スポットがあります。魅力たっぷりの国ペルー についてご紹介できればと思います。

  1. プレゼントしたら喜ばれるペルーのお土産をご紹介
  2. ペルーのおすすめお土産【雑貨編】①エケコ人形
  3. ペルーのおすすめお土産【雑貨編】②牛の守護神トリトデプカラ
  4. ペルーのおすすめお土産【雑貨編】③様々な置物
  5. ペルーのおすすめお土産【雑貨編】④灰皿
  6. ペルーのおすすめお土産【キッチン用品編】①コースター
  7. ペルーのおすすめお土産【キッチン用品編】②お皿
  8. ペルーのおすすめお土産【キッチン用品編】③マグカップ
  9. ペルーのおすすめお土産【キッチン用品編】④エプロン
  10. ペルーのおすすめお土産【ファッション編】①アルパカの毛を使用したニット帽
  11. ペルーのおすすめお土産【ファッション編】②アルパカの毛を100%使用したマフラー
  12. ペルーのおすすめお土産【ファッション編】③靴&サンダル
  13. ペルーのおすすめお土産【ファッション編】④カバン
  14. ペルーのおすすめお土産【食べ物編】①キヌア
  15. ペルーのおすすめお土産【食べ物編】②チアシード
  16. ペルーのお土産まとめ

こんにちは!chinitoです(^^)/旅行をすると手ぶらでは帰れませんよね?家族、友人、職場の人にお土産を用意すると思います。ペルーには渡すと喜ばれるお土産が沢山あります。ペルーのお土産の質は良くさらに安いのです。私の記事で、皆さまがペルーに行かれた際のお土産選びで参考にしていただければと思います。

エケコ人形

ペルーのお土産で人気で日本に住んでいる方もご存知の方が多いかもしれません。エケコ人形は恋愛金運仕事運など上がると言われています。ペルー、ボリビアが生産地で、願い事が叶うという事で観光客から絶大な人気を誇っています。日本の「世界仰天ニュース」でも女性がエケコ人形を飾ってから結婚できたという話から一時期ブレークしました。エケコ人形の好物はタバコです。口にタバコを入れてあげると運気はさらに上がると言われています。

カラフルなエケコ人形

エケコ人形にはサイズや色が異なるものがあります。値段はペルーでは、165円でした。日本では 3000円程で売られていますが本物のエケコ人形ではないことが多々あるので、産地のペルーで購入した方が良いです。おすすめの購入場所はリマのセントロ地区です。私が見てきた中で一番安い値段で売っています。エケコ人形をこれまで多くの友人にお土産としてプレゼンしてきましたが毎回とても喜んでもらえています。

トリトデプカラ(特大サイズ)

トリトデプカラは、スペイン語で牛を「トロ」と言い、ペルーの地名の「プカラ」が合わさった名前です。そのためペルーのお土産屋さんでは「トロ」と皆さん呼んでいました。トリトデプカラは、災いから人々を守り、さらに幸福をもたらしてくれるお守りです。見た目が日本のシーサーに似ていますね。ペルーでは、リビングの棚の上に置いたり、屋根の上など基本的に高いところに置かれています。

小さめのトリトデプカラ

トリトデプカラにはサイズがいくつかあります。小・中・大・特大の4種類があります。

値段小が150円、中が240円、大が550円、特大が770円です。大きいサイズだと持って帰るのが大変ですが小さいサイズならお土産として持って帰るのに荷物にならないのでおすすめです。トリトデプカラはリマやクスコの市場(メルカド)や空港で購入できます。空港は値段が高いので市場の方が安く済んで良いです。

恋愛運があがる置物
この置物は、カップルや夫婦が仲良くずっと一緒にいられるようにとの願いが込められているみたいです。確かにこのような置物を見るとパートナーを大事にしようと改めて決意させてくれますね。お土産屋さん曰く、観光客でカップルの方から一番人気のお土産だそうです。値段は400円でリマのセントロで購入可能です。カップルや結婚祝いのお土産としても人気みたいです。
一家和楽

この置物はペルー人の家族の暮らしを表しています。現在ではこのような民族衣装を着ている方は少し減ってきましたが昔はこの格好が基準でした。お土産屋さんに、この置物を家に置くと「家族の中が深まるよ」と紹介していただきました。玄関やリビングに飾ると部屋の雰囲気を良くなります。ペルーのお土産は手作りで心温まります。値段は500円で、この置物もリマのセントロ地区で購入できます。

彫刻刀で彫られている置物

この置物は「ひょうたん」に彫刻刀で絵を描いたものです。そんなに珍しいものではないと思っていたのですが店員さんは、このひょうたんをすごく勧めてきました。実際に観光客からもお土産として人気があるみたいです。確かにきめ細かく描かれた動物や草などを見ていると職人さんが手間暇かけて作られたことが分かります。

たばこを吸われる方に特におすすめしたいのは灰皿です。ただの灰皿ではなく、模様がペルーらしくお土産にピッタリです。ナスカの地上絵に描かれている絵やマチュピチュなどペルーを代表するものが描かれています。私はお土産で10個ほど持って帰りました。小さいので持ち運びが楽でした。値段は300円程でお手頃です。タバコを吸う友人や家族に渡すと喜んでもらえます。

ペルーのコースター

ペルーのお土産で可愛らしい「コースター」がありました。プラスチック製、木製と2種類ありました。柄も沢山あり好みで選ぶことができます。コースターは5枚入りなので家族へのお土産や親戚へのお土産にちょうどいいですね。コースターはクオリティも高く、テーブルに並べるとオシャレな雰囲気を出してくれます。値段は5枚入りで500円でした。リマのセントロ地区だと種類も多くて安くておすすめです。

ペルーらしさがあるお皿たち

お土産屋さんの壁に飾ってあったのは、様々な絵がプリントされたお皿でした。ペルーを代表するリャマナスカの地上絵に描かれている絵などがプリントされていました。お土産で持って帰る際に割れないか心配ですが、ペルーでしか手に入らないお皿で料理を盛り付けてみたいとも思いました。また料理の好きな方だと気に入ってくださること間違いありません。大きさは、大・中・小とあり、値段は小が600円、中が700円、大が900円でした。

ペルーのマグカップ

このマグカップは350mlの缶ビールを入れてもまだ余裕があるくらい深みがあります。色は実際に塗られているものですが使い始めて3カ月以上経ちますが色が落ちることなく使えています。四角いものや少し丸みを帯びているものなど様々な形のマグカップがありました。ペルーはコーヒーの産地でもあるためマグカップには強いこだわりがあるのかもしれません。1つの値段は450円ですが、二個買うと少し安くしてくれました。珍しい柄のマグカップでコーヒーを飲むと海外にいる気分で良いですよ。

セビーチェと書かれているエプロン

お土産はいつも何を買おうか迷いますがエプロンを見つけたときに「これだ!」と思いました。エプロンだと女性が料理の際に使えますし、お子様がいらっしゃる方はお子様に付けてあげれます。エプロンには「セビーチェ」と書かれていました。セビーチェとはペルー料理の1つです。他のエプロンにも「ピスコ」や「マチュピチュ」などペルーのお酒や観光名所が書かれています。カラフルな柄もペルーらしさを引き立てていますね。値段は600円程でした。

ペルーと言えばアルパカです。アルパカの毛は洋服やニット帽などに使用されています。アルパカの毛は柔らかく、肌触りが良いです。アルパカの毛を使用したニット帽にはいくつかの種類があります。アルパカの毛を100%使用している物や、50%使用している物など物によって違いがあります。購入される際に注意していただきたいことがあります。それはペルーのお土産屋さんは、アルパカの毛を100%使っていなくても100%使用していると言ってくることがあることです。購入する際には自分で触って確認したり、アルパカ100%というタグがあるか見ておきましょう。

少し安めのニット帽

先程ニット帽には、アルパカの毛を100%使用した物と50%使用した物があると紹介しましたが、どれだけ毛を使用しているかによって値段も変わります。アルパカ毛を100%使用した物は安くて1,400円程です。100%でない物は300円程と安い値段で売られています。冬など寒い時期にニット帽などのお土産は喜ばれます。また、ペルーのニット帽はニット帽とマフラーを同時に使用できる物やリバーシブルで2つの柄を楽しめる物もあるのでお土産にいかがでしょうか。

アルパカの毛を100%使用したマフラー

ニット帽と同じようにマフラーにもアルパカの毛が使用されています。ペルーでどれだけアルパカの存在が大きいか分かります。マフラーの右側にタグが見えると思います。このタグがアルパカ100%を確認する上でとても重要になります

マフラータグ

このように「100%BABYALPACA」とタグがあれば安心できます。お土産として持って帰る際にもこのように記してある方が相手にも喜ばれやすいですね。

種類豊富なマフラー

この写真のようにアルパカの毛を使用したマフラーの種類はとても多いです。マフラーに関してはリマ、クスコの空港内や各市場でも手に入ります。ただ空港内のアルパカ製品はとても高く日本で売られている値段とさほど変わりありません。私的には市場で購入した方が良いと思います。値段は3,000円程です。場所によっては5,000円またはそれ以上するときもあります。ペルーのお土産の中でも人気商品なのでおすすめです。

ペルーの靴

ペルーにある服、カバン、靴などにはカラフルな模様が描かれています。日本では単色の物が多いのに比べてペルーの商品はカラフルです。夏など足元を明るくしたい時にはペルーで靴などを買って履いてみるのもアリですね。靴の値段は1,500円でした。

ペルーのサンダル

サンダルも靴と同じように売られています。ペルーで作られたサンダルは様々な形、スタイルがあります。靴の場合サイズなど日本の物とは違うためお土産を選ぶ際に大変ですが、サンダルならサイズが少し違っても履けるので気軽に選べます。また、かさばらないのでお土産にピッタリですね。値段は800円でした。

少し派手なカバン

ペルーのお土産屋さんで売られていたカバンは少し派手ですが、ペルーらしさが存分に出ていて良いです。若い人向けの物もありますが、年配の方でもご利用できる柄もあります。ペルーのカバンを持っていると「それどこで買ったの?」と話しが弾むきっかけを作ってくれるかもしれませんね。値段は850円でした。大きい割にお手頃な値段なので得した気分になれます。

ペルー産のキヌア

皆さん「キヌア」をご存知でしょうか?キヌアは非常に健康に良い食べ物でスーパーフードと言われています。世界中で注目を集めている食べ物で日本でも最近人気を集めていますね。白米と比べて、カルシウムが6倍、鉄が5倍、食物繊維は10倍と言われています。キヌアはサラダやデザートなど幅広く料理に使用できるため使い勝手も良いです。日本でキヌアを買うと1,500円程しますがペルーでは250gで250円で買えます。売っている場所は市場やスーパーなど簡単に手に入ります。お土産にキヌアを買って家族で食べてみてはどうでしょう。

チアシード

チアシードはキヌアと同じくスーパーフードです。5000年以上も前から食べられていると言われています。海外のセレブが愛用していることから日本でも話題になりました。チアシードはとても小さな食べ物ですが、食物繊維を多く含みダイエットに効果的です。良くカエルのタマゴ」の見て目に似ていると言われていますね。ペルーではチアシードは屋台でも売られていて、一杯30円と安く売られています。お土産用だと500gで350円で売られていました。キヌアと同じく市場やスーパーで売られています。

ペルーのお土産についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?ペルーには多くのお土産があります。雑貨や衣類、食べ物など世界に誇れる物があります。また、ペルーのお土産をプレゼントすると必ず喜ばれるので今回私が紹介した物を是非一度見ていただければ幸いです。お土産屋さんはとても気さくなのでお土産を購入される際に沢山コミュニケションをとってみてください(^^)/


この記事が気に入った方は、他のペルーの記事もチェックしてみてください!