M4mpbmyxknxlhjp4o0te

オーストラリア

CATEGORY | オーストラリア

メルボルン完全攻略!オススメ観光地10個と気候・物価・治安情報まで!

2019.08.07

メルボルンはオーストラリアの旅行先でも人気が出てきています。また、「世界一住みたい街」に選ばれているみたいだけど実際どんな街?と思う方も多いと思います。今回はそんなメルボルンの街の魅力を観光スポットだけでなく気候や物価や治安などをもとに紐解いていきます!

この記事に登場する専門家

Bueafr2fva1ohdx1pvai

世界を飛び回るトラベラー

ちょこ

オーストラリア、アメリカ、スペインに1年の長期滞在を経験し、これまでに24カ国を訪れた。大学では観光学とスペイン語を中心に学び、来年の3月に卒業予定。大学を1年休学をしウォルト・ディズニー・ワールドのキャストメンバーとして13ヶ月間勤務。また旅のVlogerとして、海外旅行に行く際には必ずカメラを回し最新の情報を提供するYouTuberとしても活躍中。

  1. 芸術と人種のるつぼ オーストラリアはメルボルンの街をご紹介!
  2. メルボルンの気候:日本より過ごしやすい!
  3. メルボルンの治安:夜や郊外は気をつけて!
  4. メルボルンの物価:日本に比べて圧倒的に高い!
  5. メルボルンの交通事情:観光地にも簡単にアクセス!
  6. 市内観光ならここ!アートな街メルボルン!
  7. ①まるで魔女の宅急便の世界【フリンダース・ストリート駅】
  8. ②芸術作品で記念写真!【ホイザー・レーン】
  9. ③こんなところで勉強してみたかった、【ビクトリア州立図書館】
  10. ④メルボルンの絶景を見よう【ユーレカ スカイデッキ 88】
  11. ⑤メルボルンで一番古い場所で買い物体験 【ロイヤルアーケード】
  12. ⑥ 新鮮な食材を買ってみよう 【クイーンビクトリア マーケット】
  13. ⑦豪州初の世界遺産 【王立展示館とカールトン庭園】
  14. ⑧囚人体験をしてみよう 【旧メルボルン監獄】
  15. ⑨世界の動物を展示 【メルボルン動物園】
  16. ⑩メルボルンに来たなら絶対行きたい場所 【グレートオーシャンロード】
  17. 【番外編】世界一のクロワッサンを食べよう!
  18. 観光を終えた頃には住みたくなってるかも?
メルボルン市内

世界を飛び回っている ちょこ です。私自身、高校時代はオーストラリアに留学をしていました。今回は実際んい私が訪れたことのあるメルボルンの情報をシェアしていきたいと思います。

オーストラリアのメルボルンはたくさん移民が住んでいて、人種のるつぼと言われております。そんな様々な文化が混ざったメルボルンの基本情報から観光スポットをご紹介します。

一日の中でも温度差が大きい

オーストラリアのビクトリア州に位置するメルボルンは一日の温度差がとても大きいです。オーストラリアは南半球なので日本と季節が逆になるため、9~11月が春、12~2月が夏、3~5月が秋、6~8月が冬になります。

メルボルンの夏は比較的涼しいです。日中は30度を超えるほど暑くなりますが、日が落ちるととっても冷えるので薄手の上着は必須です。また、オーストラリアと聞くと一年中暖かいと思うかもしれませんが、冬は10度を下回ることも多いのです。しかし、氷点下になることは滅多にないので日本の冬より温暖で過ごしやすいと思います!

ベストシーズンと避けたほうが良いシーズン

オーストラリアは南半球にあるので、日本が冬のシーズンがオーストラリアは夏真っ盛りです。そんな夏のシーズンは大変暑く40度を超える日も多いです。

観光のベストシーズンはオーストラリアが春か秋のシーズンです。9月、10月、11月の春シーズンか、4月、5月、6月の秋シーズンが過ごしやすく、気温も最適です。服装も気軽で大丈夫なので荷物も減りますね。

そして冬と夏は避けた方がいいシーズンです。冬は雪は降らないものの、寒いです。コートやジャンパーをもって行かないといけないので、荷物が増えるの大変ですね。そして、夏は物凄く暑いので観光どころかクーラーのある室内にいたくなります。

世界一住みたい街でも注意

シティ中心部は安心、安全

基本的に西のエリアは治安が悪く、東のエリアは治安が良いと言われています。CBDと呼ばれるダウンタウンのエリアは治安がいいです。CBDの辺りは夜になっても人通りが多いですし、トラムも運行しているので遅くまで楽しめると思います。レストランやカフェもたくさんあるので観光で滞在するならCBDのエリアをオススメします。

夜の一人での行動は控えて

ただ、メルボルンとはいえ夜になると小道などは街頭が少なく、特に中心部から離れたビーチの辺りは酔っ払いが喧嘩を始めたり、薬物売りの人がいたりと危険なので一人で出歩かないようにしましょう。ひったくりや置き引きもあるので荷物には十分注意してください。

怖いと感じてしまったかもしれませんが、ヨーロッパの雰囲気を感じさせるとてもおしゃれで素敵な街です。危ないところには行かないように気をつけながら観光を楽しみましょう!

①特に気をつけた方がいいエリア St Albans

St Albansのエリア

ここのエリアは殺人事件が多発しているエリアで観光客はもちろん、地元の人も行かないように気をつけているところです。物乞いやホームレスもいるので、もしこのエリアに行く機会があったら日中に行くように心がけましょう。

②特に気をつけた方がいいエリア Footscary

Footscaryのエリア

ここはベトナム人街でもあり、ギャングの抗争があるようです。私もベトナム料理を食べに行きましたが、少し怪しい雰囲気の街で怖かったです。日中行けば問題ありませんが、夜にここのエリアに行くのは避けた方がいいです。

観光客には優しくない物価

とにかく高い

メルボルンに限らずオーストラリア自体の物価が日本に比べると高いです。私もオーストラリアに住み始めたころはありとあらゆる食べ物が高くて本当につらかったです笑というのもオーストラリアはとても裕福な国と言われていて、最低賃金も$15(1200円)以上と生活水準が高いことを考慮すると納得です。他の都市と比べてもメルボルンの物価はさほど変わらず、日本人なら必ず高いと感じると思います。

水1本どれくらい?値段を少し確認してみよう!

わかりやすく一部をご紹介すると、普通のランチで$15(1200円)、リッチな夕食だと$20~30(1800円〜2700円)、ビールは$8(600円)、ワインは$11(900円) コーヒーは$5(450円)、水は$3(190円)といった感じです。

交通費に関しても食費に関しても同じくらいに高いかもしれません。なので必ず1日券やシーズン券を購入するようにしましょう。トラムなどは$3(260円)〜くらいから乗れることができます。

物によっては日本の2倍くらいすることもあります。ただ、スーパーマーケットではホームブランドの水が1.5リットルで80セントだったり、基本的に自炊すれば大分節約できます。ちなみにオーストラリアの水道水は飲めるので気にしない方はわざわざ買う必要がありませんね笑

便利なトラム

移動には困らない

メルボルン市内の主な公共交通機関はトラム、電車、バスになります。また、シティの外周を循環しているトラムは無料で、ほとんどの観光スポットへアクセスできます。10分ごとに運行しているので時刻表を確認する必要もありませんね!循環ルートの道のCity Circleというサインがある場所が停留所なので好きな場所で乗って好きなところで降りるだけです。

マイキ・エクスプローラーパックがオススメ

メルボルンの公共交通機関に共通で使えるのがmyki(マイキ)というカードなのですが、観光などで来たかたにオススメなのはmyki Explore Packという一日乗り放題になるパスです。乗車券としてだけでなく、メルボルンの主要観光スポットでの割引などの特典付きです!空港やサザンクロス駅などでの購入が可能です。

マイキ・エクスプローラーパックの価格ですが、2時間以内であれば、どんな場所・エリアで乗り降りしてもゾーン1内は$4.4 (300円)そして、郊外のゾーン2内は$3(280円)と均一運賃になっているので大変わかりやすいです。

無料トラム 詳細情報

運行時間:10:00-19:00(あくまで目安なので詳しい時刻表や停留所についてはウェブサイトでご確認ください)

マイキ・エクスプローラーパック 詳細情報

料金:大人$15(1300円)、学生$7.5(600円)

メルボルンはアートな街として知られています。小道に入ればおしゃれな壁がたくさんあったり、インスタ映え間違いなしの美しいアーケードなどたくさんあります。その他にも、自然を満喫できる観光スポットなど盛りだくさんです。

フリンダース・ストリート駅の外観

見た目がとても可愛い歴史を感じる駅です。フリンダース駅周辺は魔女の宅急便の舞台とも言われていて、駅の奥に見える時計台はキキがホウキに乗ってトンボを助けた時のあの時計台そっくりです!レトロな町並みを歩きながら魔女の宅急便の世界に浸っちゃいましょう!

フリンダース・ストリート駅 詳細情報

住所:Flinders St, Melbourne VIC 3000, Australia

ホイザー・レーンの景色

ホイザー・レーンではアートの街メルボルンを象徴するかのようなストリートアートが見られます。落書きとは思えない素晴らしいものばかりで、世界的にも有名なストリートアートで人気の観光スポットです。大ヒット韓国ドラマのロケ地として使われたこともあるそうですよ。どこを切り取っても本当に絵になるのでかっこよく記念撮影しましょう笑

ホイザー・レーン 詳細情報

住所:Hosier Ln, Melbourne VIC 3000,Australia

ストリートなので自由に歩くことができます。

ビクトリア州立図書館の勉強スペース

ここの図書館、とにかくにおしゃれです。歴史を感じる建物と開放感、暖かなライトが作り出す雰囲気はなんとも居心地のよいもので、こんな図書館が近くにあったら毎日通って勉強するのに、と言うくらい素敵な場所です笑実際に多くの地元の方が作業スペースとして毎日利用しているので訪れる際は邪魔をしないように注意しましょう。

ビクトリア州立図書館 詳細情報

住所:328 Swanston St、Melbourne VIC 3000、オーストラリア

営業時間:10:00~18:00(金曜・土曜・日曜)、10:00~21:00(月曜~木曜)

引用: https://tripnote.jp/melbourne/place-eureka-tower-skydeck88

メルボルンの街全体を見るには、ここのスカイデッキに行ってみましょう。入場料は少し高いですが、見る価値あります!特に日中よりも夜景を楽しむために、夕方にエントリーするようにしましょう。もしくはリッチにレストランでディナーを楽しんでみてはいかがでしょうか?

ユーレカ スカイデッキ 88 詳細情報

住所:7 Riverside Quay, Southbank VIC 3006, Australia

営業時間:10~22時

入場料:$23 (2,000円)

ロイヤルアーケードでの買い物体験

ちょっとリッチになった気分で買い物体験したいときは、ここロイヤルアーケードがオススメです。お店自体も安いショップでは高級店が入ってます。無理やり買い物をしなくても、写真撮影を目的に、ここのアーケードに訪れてみてもいいかもしれません。

ロイヤルアーケード 詳細情報

住所:335 Bourke St, Melbourne VIC 3000, Australia

営業時間:7~19時

クイーンビクトリア マーケットの買い物体験

新鮮な野菜から定番のお土産を買いたい時は、ここクイーンビクトリアマーケットに行ってみましょう。交渉次第では定価よりも安く購入することができるかもしれません。実際私は、値段を交渉して安くお土産を購入した時もありました。また、マーケット内には美味しいレストランなどもあるので、休憩がてらに新鮮な野菜を使った料理を堪能してみるのもいいかもしれません。

クイーンビクトリア マーケット 詳細情報

住所:Queen St, Melbourne VIC 3000, Australia

営業時間:6 ~14時

カールトン庭園のツアー

オーストラリアで初めて世界遺産に登録された場所として観光客から人気のスポットです。特に庭園は素晴らしく、インスタ映えスポットもたくさんあります。しっかり庭師が世話をしているので美しい生垣を見ることができます。

王立展示館とカールトン庭園 詳細情報

住所:9 Nicholson St, Carlton VIC 3053, Australia

営業時間:10 ~ 17時

入場料:無料

引用: http://tennis.saloon.jp/city-sights1/

少し変わった観光をしたいか方には、ここ旧メルボルン監獄をオススメします。昔使用されていた監獄で今では人気の観光スポットになっています。実際に檻に入ることもできるので、ちょっとした囚人体験ができちゃいます。特に、中は涼しく少し怪しい雰囲気を感じることができます。

旧メルボルン監獄 詳細情報

住所:377 Russell St, Melbourne VIC 3000, Australia

営業時間:9:30 ~ 17時

入場料:$38 (3200円)

メルボルン動物園の入り口

メルボルンで唯一の動物園です。メルボルンで動物に触れ合いたい時はここのメルボルン動物園に行ってみましょう。コアラやカンガルーはもちろん、世界から来た動物と触れ合うことができます。メルボルン市内からも比較的に行きやすい場所にあるので、少しの癒しを求めている時は、このメルボルン動物園をお勧めします。

メルボルン動物園 詳細情報

住所:Elliott Ave, Parkville VIC 3052, Australia

営業時間:9 ~ 17時

入場料:$38 (3200円)

グレートオーシャンロードの景色

世界一美しい海岸道路

約260kmのグレートオーシャンロードは圧巻の美しさです。見所は12人の使徒や長い年月をかけて削れてできた奇岩群で、他では見られない景色だと思います。また、海だけでなく、周りを取り囲む森には野生のコアラやカモノハシなどの動物も生息していて、自然観察にもぴったりの場所です。メルボルンまで来たなら行かない訳にはいきませんね。

ツアーがオススメ!

確かに美しい海岸沿いの道路を車でドライブするのはとっても素敵で気持ちがいいですが、まずメルボルン中心部からグレートオーシャンロードの始まりの地点であるトーキーまで約100km、そこから260kmというなかなか長い道のりが続きます。また、海沿いと言うこともあり、風がとっても強い中アップダウンのある道を進むのでなかなか運転に慣れていないと大変です。

メルボルン市内からの一日ツアーなどで見所を全部押さえたツアーがたくさんあるので短期間の観光で訪れた方にはとってもオススメです!グレートオーシャンロードの秘話やコアラの裏話などツアーならではのガイドさんのお話で一層楽しめますよ!自分に合うプランを探してみてください。

世界一のクロワッサン

ニューヨークタイムズが認めた世界一のクロワッサン

Lune Croissanterieと言うお店で、本店はメルボルンの中心部から離れフィッツロイにあります。あのニューヨークタイムズで世界一のクロワッサンとして紹介されたお店なのですが、本当においしくて感動しました。バターの深い香りとコクがたまりません!!クロワッサン専門店なのですが、種類がたくさんあり、陳列の仕方もこれクロワッサン?と思うほどおしゃれです、さすがメルボルン笑

売り切れる前にお早めに!

さすが人気店、お昼には売り切れてしまうことも珍しくないそうです。私も腹ぺこの中売り切れていないかビクビクしながら買いに行きました笑シティ中心部にも何店舗かあり、本店よりも売り切れることは少ないそうなのでチェックしておきたいですね!値段はクロワッサンにしてはお高めですが本当に試す価値ありのお店です!いろんな種類を買ってシェアするのもいいですね!

Lune Croissanterie(本店) 詳細情報

住所:119 Rose St, Fitzroy VIC 3065

営業時間:7時30分~15時(月曜・木曜・金曜)、8時~15時(土曜・日曜)

予算:$5.9~

メルボルンの街の情報についてご紹介しましたが、今回ご紹介仕切れなかった魅力がたくさんあります。メルボルンはオーストラリアの中でもコーヒー文化が強く本格的かつおしゃれなお店がいっぱいです。他の都市とは違う雰囲気が味わえるメルボルンは一度訪れたら虜になること間違いなしですね。

最後に筆者のYouTubeチャンネルはこちら!

こちらでは自分自身が旅行した時に撮影した動画を公開しています。旅の情報に役に立つこともあるので、ぜひチェックしてみてください。


この記事が気に入った方は、オーストラリアの記事もチェックしてみてください!

https://trip-partner.jp/522