Wd1sprwlxhxeiq6qt6em

オーストラリア

CATEGORY | オーストラリア

オーストラリアでおすすめのチョコレート・ブランド10選!在住者がご紹介!

2019.07.31

オーストラリア人ことオージーはチョコレートが大好き。 子供のおやつに、コーヒーやワインのお供に、数あるチョコレートがたくさんのオージーを魅了しています。 そんなチョコレートを自他共に認めるチョコホリックの筆者が紹介していきたいと思います!

この記事に登場する専門家

Cgwi3jonxjoz0if7pf4t

パース在住主婦ライター

Akky

パース在住歴6年、2016年にオーストラリア永住権取得。新婚時代は西オーストラリアをあちこち周り、現在はパースの郊外に居を構え、夫と犬猫とのんびり生活。カフェ巡りと料理が大好き食いしん坊主婦です。

  1. チョコレート大好き国家・オーストラリア
  2. オーストラリアのバレンタインってどんなの?
  3. オーストラリアのイースターといえばチョコレート!
  4. オーストラリアのスーパーで買えるチョコレートブランド5選
  5. オーストラリアのこれこそ定番!ARNOTT'S社
  6. オーストラリアでも定番・Cadbury社
  7. オーストラリア限定品はあるかな?みんな大好きKitKat☆Nestle社
  8. スイスから届く極上の口どけ・Lindt & Sprüngli社
  9. オーストラリアはマカダミアナッツも有名です☆PATONS社
  10. オーストラリアの定番はイヤ!そんなこだわり派の方にオススメなDAINTREE ESTATES
  11. 地域密着!オーストラリア・パースのチョコレートブランド3選
  12. オーストラリア・パースの観光地としても人気はトップクラス!The Margaret River Chocolate Company
  13. 西オーストラリア州スワンバレーのもう一つの名所・Wistler's Chocolate Company
  14. オーストラリアのレアチョコレート!Wine Bar Chocolates
  15. 西オーストラリア州パース発!日本人ショコラティエールの高級チョコレートブランド
  16. 進化しているオーストラリアのチョコレート
  17. オーストラリア・パースのチョコレートが買えるスーパーはこちら!
チョコレート

こんにちは、オーストラリアパース在住主婦のAkkyです!

みなさんはチョコレートはお好きですか?

私は大好きです。とにかく甘いものに目がありません。


毎年バレンタインの時期には大阪の阪急百貨店(筆者は大阪出身)を始めとしたチョコレートイベントに必ず参戦、全ての百貨店をハシゴしていました。

オーストラリアに来てみて知ったのは、オーストラリアの人って本当にチョコ好き!

スーパーのチョコレートコーナーはどこへいっても充実していて、私としてはニヤニヤが止まりません!

引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn%3AANd9GcR-nkcDNYlquSPNKJdhYFH9T9LkgOvm5sAKcMF2ZEDzkywFgD34

2月14日、オーストラリアでもバレンタインデーは恋人たちのイベントです。

しっかりチョコレートも登場します。

日本と違うところは、男性から女性へ、赤いバラと共にチョコレートをプレゼントし、デートをするのが定番。

ホテルなどでもバレンタインディナーフェアなどが開催されています。

引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn%3AANd9GcQiVvooBBVA-c4vh-3KIL4O0daKQdz69Pw16gYb0VJDww1u8J09

イースター期間が近づくと、街中のスーパーがウサギのチョコレート、イースターエッグのチョコレートで埋め尽くされていきます。

イースターもオーストラリアにとってはとても重要なホリデー。

日本でいうバレンタインと同じくらいの規模でチョコレートが販売されています。

引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn%3AANd9GcSf-_fZcUjnxwib8qiy6ZstachhZT49caxnpIp6KSjUQuSsBCh8

オーストラリアのスーパーで買えるチョコレートは国内国外ブランド問わず揃っています。

オーストラリアが多国籍な国でもあり、それだけチョコレートに関してウェルカムなのかもしれませんね。

そのへんのスーパーなのにここは輸入食料品店かな?と思えるほど。

メジャーなブランドもありますが日本とはちょっと違う、そんなオーストラリアのチョコレートを少しだけ紹介!

オーストラリアといえばこれ!と誰もが思うのがTimTamでおなじみARNOTT'S社。

もちろんTimTamだけでなく、オーストラリアのチョコビスケットといえばこのブランド。

TimTam

お土産としても有名で、こんな風に半額でセールされていればラッキー!

たくさん買い込んでしまいましょう!

期間限定や、バラマキしやすい個包装されたものなど、種類はたくさん。

ぜひスーパーで見つけてみてください。

Arnott's TimTam 各A$3.65(定価)約300円

cadbury

こちらはイギリスのCadbury社。

オーストラリアも国家元首はエリザベス女王なのでイギリスのブランドもとても多いです。

棚一面を埋め尽くす青いパッケージがパッと目を引きます。

cadbury2

大きな板チョコから、お土産にもピッタリの個包装されたかわいらしいものまで、ラインナップはすごく多いので迷ってしまいます。

色んな味を試してみてください。

kitkat

スイスに本社を構える世界最大の食品会社、ネスレ社。

Have a break, Have a KitKatというCMのフレーズを聞いたことある人は多いはず。

ここオーストラリアでもキットカットは大人気であり定番。

日本と少し違うのは、キットカットが板チョコ状態になっててそのまま売られていること。

ひとつひとつパキッと割って楽しみます。

日本にはないゴールドというブロンドチョコのキットカットは個人的にオススメ。

Nestle KitKat 各A$4.50(定価)約350円

lindt

日本でも知らない人はまずいない、スイスの超有名チョコレートブランド、リンツはオーストラリアでも大人気。

日本と違うところは、そのへんのスーパーでも簡単に購入でき、棚いっぱいにリンツのチョコレートが売られていて頻繁に25%offや半額セールが行われているところ!

リンツ好きな人にはたまりません♡

fruit sensation

私イチオシはコレ!最近販売されたリンツのフルーツセンセーション。

コロコロかわいいチョコボールの中に、歯ごたえのあるジューシーなフルーツゼリーが入っていわゆるグミチョコに近いかな?


ゼリーも外国チョコにありがちな甘ったるいものではなく、フルーツ果汁がぎゅっと詰まったパートドフリュイ。美味しくてあっという間になくなりました。

私が1番好きなのはアサイー&ブルーベリー。名前だけでも目に良さそうです。

Lindt Fruits Sensation 各A$6.50(定価)約500円

引用: https://www.patons.com.au/product/souvenir-dark-chocolate-macadamia-koala/

海外の空港やお土産屋さんでこのような箱に入ったチョコレートをお土産にする日本人は多いと思います。もらった方も多いのでは?

オーストラリアでこのようなチョコレートをお土産にしたいなと思った方はぜひPATONSというロゴを見つけてみてください。

オーストラリアはマカダミアナッツも有名でPATONS社は本来そのナッツ製品を扱う会社でもあります。

patons

最近スーパーで見かけるようになり、安くなってたのでなんとなく買ってみたこのチョコレート。めちゃくちゃハマってしまいました。

まろやかなミルクチョコの中にキャラメリゼされたカリカリのマカダミアナッツがもうそれは美味しくて、アラフォーにして吹出物が(←バカ)

これのプレミアムVer.もDavid Jonesのデパートでお見かけします。値段はとってもプレミアムです(笑)

PATONS Souvenir Dark Chocolate Macadamia Australian Animals 各A$10(約750)

PATONS Milk Chocolate Macadamias TOFFEE 各A$8(定価)(約600円)

引用: https://cdn.shopify.com/s/files/1/1986/3343/products/DE_Wine_CabSav_40_600x.png?v=1523926352

オーストラリアのチョコレートは最近、日本のバイヤーさんに注目されているのはご存知ですか?私も知った時は驚いたと同時に嬉しかったのですが、今年(2019年)のバレンタインの催事でここのチョコレートが紹介されたそうです。

その名もDAINTREE ESTATES。

私はパースに住んでいるのでパースの話になっちゃいますが、スーパーでは見かけずDavid Jonesというデパートで初めて知りました。

daintree

写真はピンぼけになっちゃいましたが、昨年たまたま行った時に店員さんが「コレ新商品だよ〜」と勧めてくれました。

一時帰国のお土産を探していて即決で買ったのですが、それぞれのワインのフレーバーとレーズンが入っていて、お酒好きかつグルメな友人にあげたところ大喜びしてもらえました。

そのあと日本の催事で入ったと聞いて、私がその時日本にいたならドヤ顔で紹介していたと思います(笑)

Daintree Estates Wine Infused Chocolate 各A$5.95(約450円)

margaret river chocolate

オーストラリア国内には魅力的なチョコレートブランドがとっても多いです。

私の住んでいるパースも例外ではありません。

地域密着型になりますが、西オーストラリア州パースのチョコレートブランドを少しだけ紹介していきたいと思います。

観光に、お土産に、ぜひ足を運んでみてください♡

引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn%3AANd9GcRP79poRSzSywjOb8nivbcX1zNYBWJtIbW3jAGlKYW_hAOqMLIh

パースに観光に来る方は必ず訪れるであろうスワンバレーにあるこのチョコレート工場。

店内からはチョコレートの製造風景が見られ、チョコの試食もありお土産にカフェに、さらに隣に併設されたワイナリーで大人の人は試飲も楽しめる、まさに食いしん坊にとってのパラダイス!

そして南のマーガレットリバーにも同じく工場直売店があります!

引用: https://chocolatefactory.com.au/wp-content/uploads/2018/10/Milk-Chocolate-Australia-Plaque-400g.jpg

余談ですが私は昔、このリアルなオーストラリア大陸の形をした巨大チョコレートを日本のかつての職場にお土産にしたことがあります。

厚さは2センチくらいあったので分けるのに相当な苦労をおかけしました…。

パティスリーだったのですが、オーナーシェフの職人魂でなんとか切り分けていただきました(笑)職場でのウケはとても良かったです。

Milk Chocolate Australia Plaque A$22.95(約1750円)

ちなみにマーガレットリバーもスワンバレーにも行けない!という方もご安心ください!

シティのど真ん中に支店があり、そこでも品ぞろえは同じくらい豊富ですのでお土産の追加もできちゃいます!

5123 West Swan Rd, West Swan WA 6055(スワンバレー工場直売店)

415 Harman's Mill Rd, Metricup WA 6280 (マーガレットリバー工場直売店・本店)

317 Murray St, Perth WA 6000 (シティ・マレーストリート店)

引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn%3AANd9GcQ3hZlvezHOPnMc-SWYx3FHJUD2Rf4pszcsNjCBszgiEcFeT8XH

こちらも同じくスワンバレーにある、マーガレットリバーチョコレートのライバル店ともいえるチョコレート工場。

品ぞろえもとても豊富でカフェも併設され、土日には双方のチョコレート工場をハシゴする観光客でいっぱい。

wistlers

マーガレットリバーチョコレートと少し違う特徴に、こちらのブランドは一部スーパーでも購入ができます。

地元の方々にはこちらの方が親しみがあるのではないかと思います。

こちらはスワンバレーの直売店に加えて、空港近くの町にひっそりとアウトレットショップがあるんですよ!

昔住んでた家から車で五分ほどの距離にあり、隠れ家のようで特別感がありました。

本当は教えたくないのですが、この記事を読んでいただいた方のみに特別に教えちゃいます!

506 Great Northern Hwy, Middle Swan WA 6056 (工場直売店・本店)

18 Hubert St, Belmont WA 6104 (ファクトリーアウトレット)

引用: https://cdn.shopify.com/s/files/1/2212/9391/files/WineBarChoc_Ad1_300x300.jpg?v=1502166911

おそらくパースに住んでおられる方もあまり知らないかも?

とあるスーパーで見つけたブランドなのですが、当時たまたまこのブランドの社員さんが売り場作りをされていて、カタコトの日本語で勧めていただいたのがキッカケです。

アルコールを受け付けない体質のくせにお酒入りのチョコレートが好きなのですが、これにもハマりました!

これを買うためにシティ方面まで出向きましたよ!

Winebar

メルロー、シラーズ、シャンパン、ジンにラムにモヒート、迷いまくってモヒートを購入。

ホワイトチョコの中にお酒の利いたガナッシュがとっても美味しかったです。

お値段は決してお安くはないですが、レアなお土産はグルメな友人にウケること間違いなし!

Wine Bar Chocolate Tablets 各A$12(約900円)

引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn%3AANd9GcTgdAYORFxoloTC_70VyAubz22bi1lY43eUqRdcNL07aPJzfXNc

スイーツに敏感な方ならもう気づいていますよね?

2017年に神戸・岡本で華々しくオープンしたこのブランド。

そう、オーストラリア・パース在住の日本人ショコラティエール、ナカムラさんのお店です。

オーストラリア原住民であるアボリジニの方々が食べていたブッシュフードをふんだんに使用した、とても珍しいチョコレート。

引用: http://www.nakamura.com.au/_/rsrc/1424332990938/the-selections/Milk-and-Dark-Chocolates/nakamura-assorted-chocolates-2.jpg

私はまだ食べたことがなくて、なかなか手が届かない存在でもあるので、日本で先越されたのが正直悔しいです(笑)

今年のバレンタインフェアでも大いに注目を浴びていたようで、先に召し上がられた日本人のスイーツ好きさんが本当に羨ましいです。

日本人ならではの繊細さで生み出された、美しくうっとりするほどのチョコレート、いつか絶対食べます!

パースには実店舗がなく、セレクトショップのようなところでしか買うことができません。

日本の店舗は幸い夫の実家とわりと近いので帰国したら行きます!

〒658-0072 兵庫県神戸市東灘区岡本2丁目5−16(神戸・岡本)

ナカムラチョコレートセレクション ¥3564

引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn%3AANd9GcRg0I8_hslh2uq3SIwGHoVJniMJZWj24tdKRZqk8ZSgoQGkGbgc

外国のチョコレートって口どけも悪くて甘ったるい。

そんなイメージを覆すほどの進化を遂げているオーストラリア。

それだけチョコレートLoveさんが多いということです。

ぜひ一度味わってみて下さい。

今回のチョコレートの記事において取材に行ったスーパーマーケットはこちらです。

地域のローカル食材が豊富で、ここに行ったらついつい長居してしまいます。


Farmer Jack's スビアコ店

180 Rokeby Rd, Subiaco WA 6008

Crossways Shopping Centre内

筆者のブログはこちら!

この記事が気に入った方は他のオーストラリアの記事もチェックしてみてください!