Njcddz6yg7tcwq3wl6ez

イタリア

CATEGORY | イタリア

シエナの厳選スポット6選とシエナの気候・治安・物価・歴史を徹底解剖!

2019.08.08

イタリアのシエナは国内外問わず人気の観光地です。フィレンツェのライバル都市、世界初の銀行が出来た都市と色々な歴史を持っています。そんなシエナには世界一美しいカンポ広場やイタリア人大熱狂のお祭りパリオなど様々な観光名所があり、きっと貴方もシエナの虜になるでしょう

この記事に登場する専門家

Le5rzqbyeeqjzbmzysku

イタリア大好き大学生

イタチ

イタリア語を通してイタリアの魅力に取り付かれた大学生(21)です。お金の無い大学生目線での情報や、在住者ではなく旅行者だからこそ気になるような点などをお伝えしていきたいです。

  1. シエナってどんな街?
  2. シエナの基本情報(治安、気候、物価)
  3. ①豪華絢爛な【シエナ大聖堂】
  4. ②世界一美しい!?【カンポ広場】
  5. ③シエナのシンボル!【マンジャの塔】
  6. ④中世の景色が残る【旧市街】
  7. ⑤シエナ人大熱狂のお祭り【パリオ】
  8. ⑥学生必見!安くておいしいお店!
  9. 近隣の町へ出かけよう!
  10. 素敵なシエナライフを!
シエナの街並み

こんにちは!イタチです。僕は1ヶ月間イタリアのシエナに留学していました。シエナは小さな街で正直日本の旅行者にはあまり知られていませんが、イタリア人なら誰もが知っているような素敵な街です。そこで発見したシエナの魅力あふれるスポットと歴史を経験者ならではの目線でお伝えしていきます。街には大学があるので活気のある雰囲気です。

シエナの歴史

シエナはイタリアのトスカーナ州にある小さな街です。その昔、シエナは強大な力を持つ共和国でお隣のフィレンツェと権力争いを繰り広げていました。しかし、やはりフィレンツェには敵わず、シエナはその属国となってしまうのです。そのため、今でもシエナの人々はフィレンツェに並々ならぬ敵意があるとか無いとか...日本でいう滋賀と京都の力関係みたいなものですかね

世界初の銀行が出来た街

紙手形

シエナは金融業で栄えた街です。意外かもしれませんが銀行というものはここシエナが発祥なんです。Monte dei paschi di Sienaという銀行です。現在もシエナの旧市街で営業しています。

Sienna色

シエナ色
引用: http://blog-imgs-51.fc2.com/y/u/k/yukipetrella/14161_terra_di_siena_naturale_belle_arti_poggi.jpg


絵の具にSiennaという色があるのはご存知でしょうか。その色の名前はここシエナから来ています。シエナの街の色が再現されているんです。

シエナの街並み

治安

シエナの治安はとても良く感じました。シエナの属するトスカーナ州はイタリアの中でも比較的治安が良いとされているのですが、シエナはその中でも特に良いように感じます。旧市街は夜中でも結構人がいて安全です。

気候

シエナは丘の上にあるため、標高が高く1年を通してあまり暑くありません。最高でも32度、最低で2度ぐらいです。夏は過ごしやすいと思います。冬は日本と同じくらいの寒さです。

僕が留学していた2月は雨が1度位しか降らなかったので晴れやすい地域なのかもしれません。2月は少し寒いですがおすすめだと思います。

物価

物価は安いです。切り売りのピザ屋が沢山あり、どれも1切れ2€(約260円)程でしかも美味しいので節約しようと思えば全然出来ます。レストランも比較的安価で食事が出来、15€(2000円)程でちゃんとした食事が出来ます。ただ、中心街のレストランは少し高く感じるので値段を見てから決めましょう。スーパーがあるのでそこで済ませてもいいかも知れません。

シエナ大聖堂

教会と聖堂の違い

教会と聖堂って何が違うの?と疑問を持つ方もいるでしょう。それぞれの写真を見て比較するとよくわかるように、聖堂は教会より明らかに規模が大きいです。聖堂は司教が司祭をつとめる建物で教会は司教より下のランクの神父が司祭をつとめる建物のことです。


イタリアにおいては

サン・ピエトロ大聖堂>その他大聖堂>教会

というランク付けになっており、シエナ大聖堂は「その他大聖堂」に位置付けられます。

評判の高いシエナ大聖堂

シエナ大聖堂正面

シエナ大聖堂は数あるイタリアの聖堂の中でも特に高い評価を誇っています。その理由はファサード(聖堂の表面部分)にあります。シエナ大聖堂は12世紀に起工され、完成したのは14世紀という非常に長い年月をかけて建設されました。建築期間が長期に渡ったため、その約200年間に流行ったロマネスク様式とゴシック様式の2つの様式美が取り入れられたのです。そしてそれがファサードに美しく表現されているのです。

上部のトゲトゲとした部分がゴシック様式で下部の扉の周りのアーチがかかっている部分がロマネスク様式です。

シエナ大聖堂の詳細情報

住所:Piazza S. Giovanni

行き方:カンポ広場へ行く道中にある標識の指示に従う

営業時間:

3/1~11/1, 10:30~19:00

日祝 13:30~18:30

土、祝前日 13:30~18:00

3月の日曜 13:30~17:00


11/2~12/25、1/9~2/28

10:30~17:30

日祝 13:30~17:30


12/26~1/8

10:30~18:00

日祝 13:30~17:30


入場料:共通券

1/7~2/28、11/1~12/24 8€(約1040円)

3/1~6/26、8月、10/29~10/31、12/26~1/6 13€(1700円)

6/27~7/31、8/18~10/28 15€(約2000円)

カンポ広場

扇状に広がるこのカンポ広場は世界一美しい広場と言われています。ここには地元の人々や観光客、学生でにぎわっております。周囲にはレストランがあり、カンポ広場を眺めながらお食事が出来ます。お土産屋さんもあるのでついでに寄ってみてください。

ガイアの泉

広場にあるガイアの泉です

カンポ広場の詳細情報

住所: Piazza del campo

行き方:旧市街へ入って道なりに進む

マンジャの塔

塔の歴史

中世時代、権力を誇示するためにイタリア中の都市が競って高い塔を建てました。シエナもその一つです。この当時、シエナは敵国フィレンツェとの戦いに負け、その支配下に入ってしまったため、沢山あった塔はほとんど切り崩され、今はマンジャの塔1本になっています。

塔からシエナを眺めよう

塔から見たカンポ広場

ここから見るとカンポ広場の美しさが際立ちます。

塔からのパノラマ

周りの自然との調和、草映えます

マンジャの塔の詳細情報

住所:torre del Mangia

行き方:カンポ広場正面の市庁舎の左側

営業時間:3/1~10/15 10:00~19:00

10/16~2/28 10:00~16:00

1/1 12:00~16:00

休日 12/25、8/16、雨天や荒天時

入場料:10€(約1300円)

隣の市庁舎にも入ってみよう

初代国王の軍服

時間があればお隣の市庁舎にも入ってみましょう。初代国王ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世の軍服が展示されています。イタリアは19世紀まで各都市が国として成り立っている小国分立状態だったのですが、このままでは他国に侵略された時に太刀打ちが出来ないのでこのヴィットーリオ公がイタリアを統一し、現在のイタリアが出来たのです。

旧市街への門

シエナは旧市街地まるごと世界遺産に登録されています。中世時代から変わらない街並みを散策してみましょう。この門から先が旧市街となります。

住んでた家からの眺め

僕の住んでいた家はこの門を入ってすぐそこの場所でした。門は旧市街全体を囲んでいます。これもシエナのシンボルと言えるでしょう

街の端

街の端まで来ると自然が広がっています。茶色と緑の組み合わせで何だか落ち着きますね。

パリオ
引用: https://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/images/photo/jockeys-piazza-del-campo.jpg

パリオとは

シエナは17の地区(コントラーダ)から構成されており、パリオの時期にはそれぞれの地区から代表となる騎手と馬を選出し、カンポ広場で競馬が行われます。これに勝った地区にはパリオ優勝地区という"名誉"が与えられるのです。

このパリオに勝った騎手は一生遊んで暮らせる位のお金が手にはいるとかどうとか。

パリオのユニフォーム

昔パリオで着用されたユニフォームです

パリオを見に行こう

このパリオ、イタリア人なら誰でも知っている位有名なお祭りです。毎年7/2(19:00)と8/16(19:30)に行われます。見物料は無料ですが、イタリア中から人が来るため、朝早くから場所取りをしておいた方が良さそうです。開始3時間前から入場が出来なくなります

ケバブ

行き付けのケバブ屋さん

イタリアは本当にケバブ屋さんが多いです。ケバブはイタリア料理ではないですが、本当に美味しいので是非食べてください!僕は留学中ここのケバブ屋さんばっかり行っていました。

ピアットケバブ

Piatto Kebabu(ピアットケバブ)です。脂身が無くて全然しんどくなりません。5€(約650円)

Siena Chicken Kebabuです。

営業時間: 11:00~?

店にカードが使えるとの表記がありますが使えません。

ナンニーニでお菓子タイム

ナンニーニ
引用: http://www.jochen-hinzer.de/cafes/images/fotos/cafes/nannini_03g.jpg

イタリアに行くとpasticceria(パスティッチェリア)というお店を見かけると思います。これは日本語で言うとお菓子屋さんです。それが当然シエナにもあります。Nanniniというお店です。

チョコケーキ

お店に入るとガラス越しに沢山のケーキやティラミスなどのお菓子が置いてあるのが見えます。

どれもお手頃な値段(高くても7€位)ですので是非色々食べてみてください。僕のオススメはこのチョコレート菓子です。下はパイ生地でケーキっぽい。お値段3€位(約400円)だったと思います。

住所:Via Banchi di Sopra, 24, 53100 Siena SI,

行き方:カンポ広場から徒歩

営業時間:7:30~22:00

スーパーに寄ってみよう

スーパー

ついでにスーパーにも寄ってみてください。沢山のチーズやハムが売ってあって見ていて面白いです。ここでお土産を買うのもありかと。

住所: Galleria porta siena pam

行き方: ショッピングモールの中を歩く

営業時間: 8:30~21:30 日曜定休

モンテプルチャーノ

シエナはバスなどの交通網が発達していますのでお隣の街にも簡単に行けちゃいます。シエナに来たらついでに他の街も行ってみましょう。

シエナ旧市街地

シエナは国内外問わず人気の観光スポットです。

特にパリオの時期はとんでもない人の量になるのでその人気っぷりがうかがえるでしょう。シエナは中世の街並みがそのまま残されていて街歩きだけでも楽しめます。中世時代にフィレンツェと争った都市国家シエナを是非一度訪れてみてください。

筆者のブログはこちら

シエナの記事が気に入った方は、他のイタリアの記事もチェックしてみてください!

https://trip-partner.jp/606