Hq9hydc3agbs3pcnxzwn

アジア

CATEGORY | アジア

安全なの?経験者が上海一人旅のおすすめ観光スポット10選とグルメ3選をご紹介!2泊3日モデルコース付き!

2019.09.05

上海といえば、中国の大都会、発展している街を体験できる場所です。また、郊外には動物園など少し落ち着いた場所もあり、一人旅を考えている方にもおすすめできるポイントがたくさんあります。

この記事に登場する専門家

Bueafr2fva1ohdx1pvai

世界を飛び回るトラベラー

ちょこ

オーストラリア、アメリカ、スペインに1年の長期滞在を経験し、これまでに24カ国を訪れた。大学では観光学とスペイン語を中心に学び、来年の3月に卒業予定。大学を1年休学をしウォルト・ディズニー・ワールドのキャストメンバーとして13ヶ月間勤務。また旅のVlogerとして、海外旅行に行く際には必ずカメラを回し最新の情報を提供するYouTuberとしても活躍中。

  1. 上海で一人旅行を思いっきり楽しもう!
  2. 上海旅行ひとりでも大丈夫なの?
  3. 上海には一人で楽しめ観光スポットが盛りだくさん!
  4. ①まずは定番のここ!【上海環球金融センター】
  5. ②中国のにぎやかな歩行者天国を体験【南京路】
  6. ③中華料理もお忘れなく!点心を満喫 豫園の【美食街】
  7. ④中国の歴史を実体験できる【上海博物館】
  8. ⑤中国庭園を楽しもう【豫園 よえん】
  9. ⑥大都会のオアシス【黄浦公園】
  10. ⑦広大な自然を体験【上海動物園】
  11. ⑧自然の中でゆったり過ごそう【上海植物園】
  12. ⑨上海で古いヨーロッパの街並みを体験【旧フランス租界】
  13. ⑩絵に描いたような夜景で旅を締めくくり【黄浦江】
  14. 上海に来たら必ず食べたい 一人旅グルメ
  15. 上海おすすめグルメエリアをご紹介
  16. 一人で上海の最新ナイトライフを楽しもう
  17. 上海一人旅のモデルコース 2泊3日
  18. 最後に 上海の観光まとめ
  19. 筆者のYouTubeチャンネルを紹介!
Xl9qbmmhbdcxgg39kday

世界を飛び回っている ちょこ です。今回は中国の大都市、上海の魅力をご紹介します。上海は一人旅としても大人気の目的地です。ぜひ、この記事を読んで上海の魅力に気付いてみましょう。

上海といえば、中国の大都会、発展している街を体験できる場所です。また、郊外には動物園など少し落ち着いた場所もあります。

Xwcrgjdlooccc5mlk6uu

大都会で治安は大丈夫なの?という方も、ご安心ください。少し気を付けるポイントもありますが、歴史ある博物館や動物園といった、一日をゆったり過ごすことのできる場所がたくさんあります。ショッピングや散策にもぴったり。などなど、一人旅を考えている方にもおすすめできるポイントがたくさんあります。

中学生のとき、ツアーを利用して上海の有名どころを体験してきたわたしが、上海の魅力をお届けします。

上海一人旅 基本情報

テレビ等を見ていると、中国って危なそう、と思う方、多いかもしれませんね。しかし、一人でも問題ありません。一つ、日本と違って注意しなければならないのは、ショッピング街での売り子や寄付を求めてくるホームレス。地元の人曰く、そういうのは無視してお金を決して出してはいけないということです。

あと、トイレ事情はあまりよくありません。トイレットペーパーがないところがあるので、ティッシュは必需品です。

上海一人旅 交通事情

Oka7dlod5rty2ucyggpv

上海は観光地のため、観光バスが便利です。ツアーを利用するとより安心して旅を楽しむことができるかもしれませんね。時間帯によってはかなりの重体になりますので、移動時間にもご注意を。

2階建て観光バスで上海の景色を楽しもう

Ahxe34zjrc07xyyddkjg

乗り降り自由の観光バスはふたつあり、ひとつはBig Bus Toursの「上海都市黄金旅游圏」。もうひとつは春秋旅行者の「春秋都市観光旅游バス」。日本語の案内サービスもあります。

観光バス 詳細情報

Nk0sbtmpf7berwhjktzu

ここ上海んいは一人で楽しめる、オススメのスポットが盛りだくさんです。今回はそんな、私が実際に行って、皆さんにオススメしたい観光スポットをご紹介します。どうぞ最後まで読んでみてください。

D96nakikhfcu2ewwgmxo

上海の中心部に位置する、金融センター。上海の街を一望でき、圧巻の景色です。上海に来たなら、訪れるべきナンバーワンの場所でしょう。

世界屈指の高さを誇る金融センター

高さ492メートル、2010年5月現在、世界第3位(中国で第一位)。中では厳しいセキュリティチェックが行われ、100階の展望台へ向かいます。1秒で10メートル進むエレベーターで、数十秒で到着します。

天気がいい日に高いところから街を見渡すのは気持ちがいいですね。団体ツアーだと時間が決められていて、満足に見られなかったということもあります。しかしひとりだと時間の許す限りいられるので、そんなことはありませんね。

上海環球金融センター 詳細情報

ウェブサイト:公式サイト(日本語あり)

住所: No.100, Century Ave., Pudong New Area, Shanghai China

営業時間:9:00~22:30 (入場は21:30まで)

入場料: 97階から100階 180元(約2700円)

Ybbeey4lgv30vegzzjfa

上海の南京路は、上海中心を東西に走っており、ブランド物等のショッピング街として知られています。20世紀に入り、大型のデパートが建設され、繁華街として発展してきたそうです。

ザ・中国!な道並みでインスタ映え

ブランド以外にも、おなじみのチェーン店、吉野家やマクドナルドもあります。中国限定の味もあるようです。そういった珍しいものにトライするのも楽しいですね。

Jknuk4rkmk6m7l9cckxy

豫園から徒歩圏内の美食街は、たくさんの屋台で賑わう小路。軽食から鍋料理までなんでもそろう場所。団体で行くと、毎回の食事がレストランということも多いと思いますが、小食(ストリートスナック)をつまみながら歩くのも一人旅ならではの楽しみ方ではないでしょうか?

U1ndx60my1gs4fu7vxfy

じっくり時間をかけて周ろう

上海博物館は中国一大きい博物館。中国の歴史をドラマで見ているような、美しい器や民族衣装など、何時間見ても飽きません。一人で時間がたっぷりあるなら、まる一日をここで過ごすこともできますね。

筆者自身、普段は美術館や博物館には行かないですが、とても充実した時間を過ごすことができました。せっかくの海外旅行の機会にいつもとは違った雰囲気を味わうのもよいでしょう。

写真撮影可のところも

入口のところでは、持ち物チェックがありますが、写真オッケーのところもありました。あと、各フロアにメインの作品が展示されており、バラエティーに富んでいます。お土産屋さんも充実していますので、ぜひ上海にしかないお土産をさがしてみてください。

ちなみにおすすめは、握るところが蒔絵になっているボールペンと、クリアファイルです。掘り出し物を見つけられるといいですね。

Tysdj774jsibeveye7ls

豫園とは?

豫園は中国の名園として知られており、「楽しい園」という意味があります。面積は約2万平方メートル。中国らしい歴史ある建物で、周りはお土産物屋や飲食店が立ち並び、観光地として発展しています。

ショッピングでは値切り交渉も?

お土産物屋さんでは、値切り交渉が行われることも多くみられます。中には電卓を持ってきて、ほしい値段を打つように言われることも。元の値段の10分の1で購入できる場合も。中華圏の文化を体験してみるのも楽しいでしょう。

郊外でまったりした時間を

上海中心部での散策でにぎやかな街を楽しんだ後は、中国庭園へ。豫園は一枚目の写真のように観光客で賑わう場所の他にも、落ち着いた庭園もあります。ショッピングやグルメの後は、ここへ足を運んで一休み。

豫園の詳細情報

ウェブサイト: 公式サイト

住所: 137 Anren Jie, near Fuyou Lu

営業時間: 3~10月 8:30~17:30

※入場は閉園30分前まで

11~2月 8:30~17:00

※入場は閉園20分前まで

料金: 4~6月、9~11月 40元(約600円)

1~3月、7,8,12月 30元(約450円)

アクセス: 地下鉄10号線「豫園」3号出口、徒歩13分

Ter22omy8lip7cxghlf8

黄浦公園は祖界時代から残る有名な西洋式の公園です。都会の真ん中に開けた場所があり、現在では市民の休憩所としても知られているそうです。歩き疲れたとき、フラッと立ち寄りたい場所です。

Ooot0pc06srk6ug3k0zz

上海動物園はパンダで有名ですね。ジャイアントパンダは中国にしか生息していない貴重なパンダなのだそう。パンダの他にも、世界各地から600種類以上の動物が6,000匹も暮らしているそうです!さすが、中国ですね。

えっつ!ここが動物園?大規模な中国の動物園

動物園の敷地はかなり大きく、約70ヘクタール。中には家族連れでピクニックに来ている人も。有名なジャイアントパンダに会うためには、かなりの時間歩きました。

お気に入りの動物との一枚をパシャリ。

ジャイアントパンダのベストショット!かわいいですね。

パンダももちろん可愛かったのですが、私のお気に入りはレッサーパンダ(笑)。園内は本当に広いので、すべての動物を見て周るのは非常に大変だと思います。やはり有名な動物の近くは割と近くにあってスムーズに行くことができた記憶があります。これは見たい!という動物は事前にピックアップしておくとよいかもしれません。

上海動物園の詳細情報

ウェブサイト: 公式サイト

住所: 2381 Hongqiao Road, Shanghai

営業時間: 3~10月 7:30~17:00

11~2月 7:30~16:30

定休日: なし

入場料: 40元(約600円)

G6uro9ydaxjxcye6mkxv

1980年にオープンした、総合的な植物園で、日本の盆栽のような植物の展示もあります。よく手入れされていて、植物の種類によってエリアが分割されているよう。こんな大都会に植物園があるとは想像しがたいですが、さすが土地が広い中国、なんでもそろっていますね。

上海植物園の詳細情報

住所: No. 1111, Longwu Road, Shanghai

営業時間:7:00~17:00

※入場は閉館1時間前まで

定休日:なし

入場料:15元(約225円)

Vv6qtqnpjeoi0nmki7xy

少し郊外の外れた場所にありますが、古い洋館が立ち並ぶ個性的なお店がある、落ち着いたエリアがあります。一人でカフェに入ってみたり、写真を撮ったり、ゆったりとしたおしゃれな時間を過ごしましょう。

Wpmcdpq6qb40d03ucbie
引用: https://www.viator.com/ja-JP/tours/Shanghai/Shanghai-By-Night-Lights-on-the-Huangpu-River-the-Bund-and-the-Jin-Mao-Tower/d325-6139P42

上海の夜景絶景スポットといえばここ

上海旅行の定番といえば、黄浦江から見る夜景。ちょっとした広場になっていて、いくらでも長居できそうな雰囲気。ナイトクルーズもあるようなので、事前に調べていってみてもよいかもしれません。

美しい夜景で旅の疲れも癒そう

上海旅行の締めくくりに夜景はいかがでしょうか?ライトアップされたビルが、海ではなく、河に映っていて、とてもきれいです。船が通ることがあるのですが、ベストショットを収めたいですね。日本とは違って、色がはっきりしていて、個性を強調させるのが中国風なのだとか。ビルを見ると、それがよくわかりますね。

上海では美味しい料理がたくさんあります!ぜひ食べてみましょう!

①紅焼肉(ホンシャオロウ)

Kr6xzvhuutgovzlpubrc

こちら豚の角煮のような食べ物です。日本人には馴染み深い味なので気に入る方もいるかもしれません。ぜひ、上海に行ったら食べてみましょう。上海では定番の食べ物なので、街中を歩いてるだけで、気軽に食べることができます。

②上海蟹

Rq87agqvrdae4l6kqibc
引用: https://ministryofwine.jp/groument/3496.html

上海と言ったら、この上海蟹です。少しお値段は高めですが、美味しい蟹を存分に堪能することができます。上海に行ったら、必ず食べたい逸品です。少し高級感のあるお店に行くと、美味しい蟹が食べることができます。予約必須のお店も上海に点在しているので、ぜひ行ってみましょう。

③小籠包(ショウロンポウ)

H0ijkn9o4fzyhde4r2hu

中国、そしてやっぱり飲茶です。美味しい小籠包をいただくことができます。日本で食べると、少し高いですが本場で食べるととっても美味しくいただくことができます。ローカルなお店に行けば行くだけ、安くなりますねローカルな味を試すことができます。お気に入りの小籠包を見つけてみてもいいかもしれません。

Rpjkhgneqefco5fy9tfi

上海のオススメグルメスポットをここではご紹介します。

呉江路(WuJiangRoad)

ここは上海一番のグルメストリートとして知られています。なんとレストランやカフェを比べると、なんとその数50件以上です。行列店もあるので、予約必須や早めの来店をオススメします。そして焼き小籠包の元祖のお店もあります。ぜひ、足を運んでみてください。

A5hqi2uodnrjazn8hqkv

上海ではたくさんクラブやバーが点在しています。

一人で過ごすなら【外灘】へ

カップルで過ごすなら、外灘へ行ってみましょう。ここは上海で一番おすすめスポットです。最高の夜景を見ることができます。ここでは、クラブやバーがたくさんあります。最新のお洒落なバーから伝統的なクラブまで様々です。一人で来ても、友達を作る機会がたくさんあります。

友達、同僚、家族で飲むなら【新天地】へ

ここは家族など仲間で過ごすことができる、クラブやバーが立ち並んでいます。外灘とは違ってアットホーム感が強い雰囲気なので、家族などでも楽しい時間を過ごすことができます。ゴリゴリのクラブ系よりも、子連れの家族でも楽しめるスポットが盛りだくさんです。

ここでは簡単に上海のモデルコースをご紹介します。

1日目 人気観光スポットとグルメを堪能しよう、夜はナイトクラブ!

Qskcdwx6loirv5rg3sxd

上海に着いてからは、まず定番の観光地巡りをしましょう。疲れたら、ホテルで休憩して夜のナイトクラブまで体力をキープしておきましょう。人気観光スポットはたくさんの人で混雑しているので朝早起きして、人が少ない時間帯んい訪れてみるのもいいかもしれません。

クラブは夜の12時くらいから本番です。それまではホテルで仮眠したり、レストランでご飯を食べましょう。

2日目 上海町歩き、夜はあの有名な夜景を見よう!

Dvn8ape15jcuh3qagx1x

二日目はゆっくり起きて、上海市街地を散歩してみましょう。美味しいレストランやローカルマーケットに行って買い物や様々な上海の建物の見学をしてみてもいいかもしれません。

そして夜は上海で一番有名な夜景を見学しに行きましょう。バンドと言われているエリアは散歩できるように整備されているので、夜景を横目に夜の散歩やジョギングをしてみてはいかがでしょうか?

3日目 最終日は思いっきり買い物を楽しもう!

Dqtglleubegxfrhwhhjw
引用: https://tabinaka.co.jp/magazine/articles/49460

最終日は上海でのお土産をたくさん買ってみましょう。お土産ではなく、デパートやモールに行って洋服など自分へのご褒美として買い物をしてみてもいいかもしれません。

空港で買いがちなお土産も、マーケットで購入すると少し安く済むことができるのでおすすめです。

いかがでしたでしょうか?上海は一人旅行に適した大都市です。ぜひ、上海の夜景そしてグルメを楽しみましょう。中国大陸で少し心配している人もいるかもしれませんが、大都市なので安心して観光することができます。

ここでは私の世界の旅行動画を見ることができます。ぜひ、みてください。少しでも旅の役に立ってもらうと嬉しいです。ぜひご覧ください。

この記事が気に入った方は、他の上海の記事もチェック!