Ci470qosfhqqq1wsgrj0

マレーシア

CATEGORY | マレーシア

世界遺産ピンクの街マラッカの観光スポット9選!数々の世界遺産とモデルコース付き!

2019.09.02

ピンクの街並みでも有名な、マレーシアの世界文化遺産「マラッカ」。マレーシアの中心地クアラルンプールからのアクセスがよく、マレーシア旅行で人気の観光地です。そんな歴史的にも観光地でも話題の「マラッカ」についてご紹介していきます。最後にはマレーシアにあるその他の世界遺産も紹介します。

この記事に登場する専門家

Ldmvveygzb0b1jbnptls

海外在住ライター

とっくん

東南アジアへの旅行が好きで今までに8ヶ国訪れたことがある大学生です。現在はセブ島で留学していて、来年はオーストラリアに1年間滞在予定。将来はハワイに住むのが夢。

  1. ピンクの街「マラッカ」とは?
  2. ①マラッカの中心地【オランダ広場】
  3. ②マラッカのシンボル【マラッカ・キリスト教会】
  4. ③マラッカのメインストリート【ジョンカーストリート】
  5. ④500年以上前に建てられた【ファモサ要塞跡】
  6. ⑤2008年に作られた新観光名所【マラッカタワー】
  7. ⑥マラッカの中心を流れる川【マラッカ川】
  8. ⑦フランシスコ・ザビエルゆかりの地【セント・ポール教会跡】
  9. ⑧教会内にザビエル像がある【セント・フランシス・ザビエル教会】
  10. ⑨おしゃれなカフェもある!【The Stolen Cup】
  11. おすすめのモデルコース
  12. 「マラッカ」までの行き方
  13. その他の世界遺産
  14. 世界遺産の街「マラッカ」へ!
Jgi7gqhzkly9t2cihuai

こんにちは!とっくんです!私は海外旅行が趣味でマレーシアにも訪れたことがあります。その際、マラッカでも観光をしたのですが、ピンクの街並みや歴史的建造物などが多くあってマレーシアの文化や歴史を体感することができました。


歴史的建造物以外にも新しく作られたカフェやレストランも並び、若い方でも楽しめるような観光地として栄えていました。


そんな、世界的にも珍しいピンクの街並みをもつ「マラッカ」の魅力についてご紹介していきます!

Xstj7jzgwam7ahsk0njw

「マラッカ」は2008年に世界文化遺産に認定されたマレーシアにある都市です。首都のクアラルンプールからはタクシーで約2時間。日帰りでも観光することができる、クアラルンプールに来た際には必見の観光スポットです。


マラッカにはチャイナタウンや教会など、歴史的建造物が多くあり、古くからある独自のプラナカン文化とヨーロッパ文化の影響を受けた建物が多く見られます。

マラッカの一番の特徴はピンク色の建物が並ぶ街並みです。マラッカの中心地オランダ広場の周りはピンクで染められており、写真を撮るスポットもたくさんあります。


※1RM26円で計算しています。

Am2rze3vmrvgvrmgqsqu

マラッカの中心地であるオランダ広場には、1901年イギリス統治時代に建てられたビクトリア女王噴水やマラッカ時計台、「I LOVE MELAKA」のモニュメントなど、写真を撮るスポットが多くあります。

周りにはピンク色の建物が多く建てられており、街並み自体が写真映えをする景色になっていました。

特に、「I LOVE MELAKA」のモニュメントは人気があって写真を撮るために列ができていました。

Zgs7tyrrvhe1aoxwla5i

オランダ広場にはキャラクターで派手に装飾されている自転車タクシーが多く並んでいます。マラッカ観光の移動手段で利用することができます。


マラッカの有名観光名所は中心地のオランダ広場から歩いて周ることができる場合が多いので、歩いて観光することをおすすめします。私は思い出として乗りましたが、乗った後に少し後悔しました。

詳細情報

Syqfcuenusg6thqcku6p

オランダ広場にあるマラッカ・キリスト教会は1753年のオランダ時代に建てられたキリスト教会です。建造当時から使われ続けている椅子などからは歴史を感じることができます。

入場料は無料なので、気軽に館内を見学することができます。

Sxez99joex9uuj0xvb4r
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1566620555/sxez99joex9uuj0xvb4r.jpg

私が訪れた時は人が少なく、とても静かな空間で、教会の雰囲気に飲み込まれそうになりました。

詳細情報

住所:Gereja Christ, Jalan Gereja, Bandar Hilir, 75000 Melaka, マレーシア

営業時間:9時〜16時30分

料金:無料

X3ncxnwblevneglk0yzw

ジョンカーストリートはチャイナタウンのメインストリートで、人気の飲食店やお土産店などが並んでいます。

この通りは観光客で賑わっていました。お土産店でお土産を買う際は値段交渉ができる場合が多いので、お店の人に一度聞いてみるのもいいかもしれません。私は三軒ほど周ったのですが、そのいずれのお店でも値段交渉ができ、値下げをしてもらいました。値段交渉も旅行の思い出の一つだと思います。


週末の18時〜24時頃は、歩行者天国になりナイトマーケットも開催されているみたいなので、昼間とは違った賑わいを感じることができますよ。

詳細情報

Nmhdrcd3omntxrtqscsf
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1566621340/nmhdrcd3omntxrtqscsf.jpg

1511年のポルトガル統治時代に大航海時代で有名な「ポルトガル」によって築かれた要塞で、中世ヨーロッパのデザインを今に伝えている建造物です。マラッカの観光名所の中でも特に人気のあるスポットです。現在は、サンティアゴ門だけが唯一当時の面影を残しています。

オランダ広場からは歩いて6分程で着くことができるので、マラッカの街並みを散策しながら向かうのも楽しいと思います。

私がマラッカに行った時は、マラッカの中で一番観光客がいたスポットでした。

詳細情報

Kdxp0hutex5lq2uctw1w
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1566621789/kdxp0hutex5lq2uctw1w.jpg

マラッカタワーは2008年に観光用に作られた比較的新しい観光スポットです。

地上からの高さは80mで、世界遺産のマラッカの街を一望することができます。

全面ガラス張りの円盤型展望台が360度ゆっくりと回転しながら上昇していく、珍しい展望台です。高いところが苦手な方は少し怖いかもしれません。

詳細情報

住所:Jalan Merdeka, Bandar Hilir, 75000 Melaka, マレーシア

営業時間:10時〜23時

料金:23RM(約600円)

Nmvotf5go1e5uap2mth8

マラッカ川はマラッカの街中を流れる川で海に繋がっています。川岸にはカラフルな建物や様々なアートが描かれていて、ヨーロッパの街にいるような感覚になりました。

マラッカ川ではリバークルーズを楽しむことができます。所要時間は約45分でマラッカ川を往復します。川岸のウォールアートや街並みを眺めることができ、違った角度から観光することができます。

昼間のクルーズもいいのですが、ライトアップされた夜のクルーズの方がおすすめです。幻想的なマラッカの街を堪能することができますよ。

リバークルーズ 詳細情報

住所:JALAN GRAHA MAJU ARAS 9, GRAHA MAJU BUILDING, Bandar Hilir, 75300 Melaka, マレーシア

営業時間:9時〜23時30分

料金:大人(13歳〜) 30RM(約780円) 子供(2〜12歳) 25RM (約650円)

ホームページ:MELAKA River Cruise

Yltj70xaqv1ydbey4of8
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1566622235/yltj70xaqv1ydbey4of8.jpg

セント・ポール教会は1521年に建てられたカトリック教会です。歴史上の人物で有名なフランシスコ・ザビエルがここを拠点の一部として、日本や中国に布教活動を行なっていた歴史があります。そのため、教会の前にある白い灯台の前にはフランシスコ・ザビエルの像が作られています。

また、セント・ポール教会は丘の上に建てられているため、マラッカの街を見下ろすことができます。天気が日はマラッカのピンクの街を眺めることができますよ。

詳細情報

Rsm1nuhvj0mogeypv1io

セント・フランシス・ザビエル教会は1849年にフランシスコ・ザビエルの功績が評価され、建てられたカトリック教会です。フランスのセント・ペテロ・カテドラル教会がモチーフになっています。

敷地内にはフランシスコ・ザビエルが日本に来るきっかけとなった日本人ヤジロウの像が建てられていました。

E2fyyldmwqu8baarihtr
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1566627727/e2fyyldmwqu8baarihtr.jpg

教会内はお祈りしている現地の人と観光客が混ざって滞在していました。この教会の前の道は車の通りが多く、外観の写真を撮る際は気をつけなければいけません。

また、サムネイル写真の「MELAKA WORLD HERITAGE CITY」と壁に書かれた建物もあるので、ぜひ写真をとって欲しいポイントです。

詳細情報

住所:12, Jalan Banda Kaba, Bandar Hilir, 75000 Melaka, マレーシア

営業時間:7時〜18時

料金:無料

Rpdztk5bftjnakdwgbfu

「The Stolen Cup」はオランダ広場から橋を渡ってすぐのジョンカーストリートにあるカフェです。マラッカには多くのカフェがあるので、観光の休憩に利用したり、それらのカフェ巡りもマラッカを楽しむ方法の一つだと思います。

Lgf6vzv6d9j1p6o5hqym

私はドリンクとマフィンを注文したのですが、クオリティが高くとても美味しかったです。また、ドリンク以外にもデザートや軽食が豊富に揃っていたのでランチに利用するのにもおすすめのカフェです。

Aqvygjuzuxp9v8gzrvji

店内はアメリカンモダンな雰囲気のおしゃれなデザインで、インスタ映えのスポットがたくさんありました。私が訪れた時は、座席が全て埋まるくらいお客さんがいて人気がありました。s写真好き、カフェ好きの方にはぜひ行っていただきたいカフェです。

詳細情報

住所:12, Jalan Hang Jebat, 75200 Melaka

営業時間:9時〜23時

ホームページ:The Stolen Cup

9:00 クアラルンプール出発

11:00 マラッカ到着

午前中

①セント・フランシス・ザビエル教会

②オランダ広場

オランダ広場周辺でランチ

午後

③セントポール教会

④ファモサ要塞跡

⑤マラッカタワー

⑥マラッカリバークルーズ

⑦ジョンカーストリート

20:00 マラッカ出発

22:00 クアラルンプール到着

マレーシアの中心地クアラルンプールからマラッカまでは車で約2時間程度です。バスとタクシーの2方法がありますが、個人的には1日の便数が多く、値段が安いバスがおすすめです。バス乗り場に行く手間と時間・行き先の融通を考えるとタクシーの方が楽ですが、値段が少し高くなります。


バス(TBSターミナルより)

所要時間:約2時間

運行間隔:30分~1時間

料金:約15RM(約390円)

時刻表:公式サイト


タクシー

所要時間:約2時間

料金:約250RM(約6500円)(片道)

マレーシアには「マラッカ」以外にも世界遺産がいくつかあります。それらも、ご紹介したいと思います。

キナバル公園

Hcfq8ydwqx802zsmcmyo
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1566630155/hcfq8ydwqx802zsmcmyo.jpg

2000年に東南アジア最高峰のキナバル山とその麓のキナバル公園の多種多様の生態系が非常に貴重であると評価され、登録されました。 


住所:キナバル公園

グヌン・ムル国立公園

Flrpcat7fpxzdep3zjoe
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1566630593/flrpcat7fpxzdep3zjoe.jpg

2000年にキナバル公園と同じく、多種多様な生態系と類例をみない自然美が高く評価され登録されました。


住所:グヌン・ムル国立公園

ジョージタウン(ペナン島)

Mszh3viqttk5ws08bfyw
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1566630614/mszh3viqttk5ws08bfyw.jpg

2008年にマラッカとジョージタウンは「マラッカ海峡の歴史都市群」として一緒に登録されました。 


住所:ジョージタウン

レンゴン渓谷の考古遺跡

As2al6xcqulgrqjwto79
引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1566630630/as2al6xcqulgrqjwto79.jpg

レンゴン渓谷では183万年前~1700年前の石器や陶器等が発見され、2012年にマレーシア考古遺跡のもっとも重要な遺跡の1つとして登録されました。現在、レンゴン考古学博物館には旧時代の石器等が展示されています。


住所:レンゴン渓谷の考古遺跡

いかがでしたか?マレーシアの世界遺産「マラッカ」に行きたくなりましたでしょうか?

歴史がある上、街並みがピンク色なマラッカは年齢とはず多くの方が満足できる観光スポットです。

週末はナイトマーケット等で人が賑わうので、ゆっくり観光したい方は平日の昼間がおすすめの時間帯ですよ!


クアラルンプールから日帰りで行くことができるのでマレーシア旅行の際にはぜひ訪れてみてください!


また、最後にご紹介した他の世界遺産も有名なので気になった方はチェックしてみてください!


この記事が気に入った方は、他のシンガポールの記事もチェックしてみて下さい!

https://trip-partner.jp/716