W6cxnyzewj3jc9uxrhck

タイ

CATEGORY | タイ

タイ・パタヤの厳選ビーチ8選!汚いなんて言わせない目的別の滞在者おすすめビーチをご紹介!

2019.09.10

タイのバンコクからたった2時間半で行けるビーチリゾート地、パタヤ。パタヤには多くのビーチがあり、それぞれの特徴があります。主なビーチ別の特徴や楽しみ方、行き方、またパタヤ郊外のおすすめビーチの方法を実際にタイに滞在中の筆者がご紹介いたします!

この記事に登場する専門家

Usuvblmynn8arbwsgdee

スウェーデン在住ライター

Maddy

西洋史とマヤ文明を学んだ大学時代を経て、バックパックと共に旅をした国は30カ国以上!現在はスウェーデン在住、たまにバンコク。歴史オタクと現地在住の知識を活用し、活きた旅情報をお伝えします!

  1. パタヤとは?
  2. バンコクからパタヤへバスで行く方法
  3. バンコクからパタヤへタクシー(Grab)で行く方法
  4. パタヤでの移動手段・ソンテウの乗り方
  5. パタヤのビーチでの注意点
  6. パタヤのビーチは昼と夜で表情が違う
  7. パタヤのビーチ①パーティーやアクティビティを楽しみたいならパタヤビーチ!
  8. パタヤのビーチ②高級エリアにある家族向けビーチ!ウォンアマトビーチ
  9. パタヤのビーチ③人が少なくてゆっくりできる!コージービーチ
  10. パタヤのビーチ④パタヤで一番平和で落ち着いている!ドンタンビーチ
  11. パタヤのビーチ⑤長期滞在者やタイ人家族で賑わい、のんびりできるジョムティエンビーチ
  12. 【パタヤ郊外①】パタヤからアクセスの良い綺麗なビーチ!ラン島のビーチ
  13. 【パタヤ郊外②】パタヤから1時間!静かで透き通った海・ナンラムビーチ
  14. 【パタヤ郊外③】パタヤから3時間!美しすぎる秘島・サメット島
  15. 様々なビーチの選択肢があるパタヤ!
Br4qfzgtdwfpkc9yohqg

こんにちは!ヨーロッパを含む30カ国以上をバックパックとともに旅をした経験のあるMaddy(Instagramを更新中!)です。現在タイに滞在していて、つい先日パタヤに行ってきました。パタヤにあるビーチの特徴などを実際に行った感想を元にご紹介します!

ますパタヤについてですが、バンコクから一番近い、南東に車で1時間半〜2時間半程で行けるビーチリゾートです。もともとは小さな漁村だったパタヤはバンコクのタイの富裕層、またタイ国内に駐留していた米軍兵士らの保養地として発達しました。ひと昔までは【ビーチリゾートと歓楽街】のイメージが強かったパタヤ、もしかしたらみなさんもそう考えている人がいるのではないでしょうか。

Rxlfo9s2puq1lftr4u07

ですが近年のパタヤは、もともとあるビーチに加えモダンなコンド、ホテル、ショッピングモール、インスタ映えするカフェやスカイバーが建設され、家族やカップル、女性の一人旅向けの観光地としてとても栄えています。確かに歓楽街のエリアもありますがきちんとエリア別の特徴を把握していれば女子・家族旅の旅行先にしても非常に楽しめる場所だと思います。

バンコクからは長距離バスが出ていて、主に以下の3箇所からパタヤ行きのバスが出ています。

【エカマイ(東)バスターミナルから】124バーツ(約430円)で2時間弱

【モーチット(北)バスターミナルから】117バーツ(約400円)で2時間半

【スワンナプーム空港から】130バーツ(約450円)で2時間弱

タイで利用できる配車アプリ・Grabで車をオーダーすると約2000バーツ(約7000円)程度でいけます。こちらもバスと同じで道路状況によりますが2時間半ほどかかるとみましょう。

Fao2hyqktd2r3jrifjsh

パタヤ市内ではタクシーやバイクタクシー、そしてソンテウという乗り物が移動手段となります。タクシーの料金はメーターを使わずに交渉が必要で少し面倒なので、個人的におすすめなのはソンテウ!

Aftrw1nv80gok2gywktq

ソンテウはこのように荷台を改造してあり、路線バスのように様々なルートを走っています。乗り方は手を上げて止める、降りるときは荷台内に設置してあるブザーを鳴らしてソンテウを止めて、運転手または助手席に乗っている人に運賃を支払います。

Mpatg8kvgkwlcxnxqu7k

こちらはざっくりとしたルート地図です。ソンテウの運転席の上に行き先が書いてある車もります。ルートは上のように設定されていますが、複雑ですし行き先が急に変わることもあるので運転手に目的地に行くか乗る前に確認しましょう。基本料金は10バーツ(約35円)ですが、長距離を移動する場合は20バーツ(約70円)です。

パタヤの商売人は観光客相手にとても慣れているのでなかなかの料金でぼったくりをしようとしてくることがあるので注意。また昼も夜も女子の一人歩きはかなりの確率で声をかけられたり、ひどい場合は後をつけられたりするので声をかけられても対応しない、人気のない場所を歩かないなどの防犯対策をして行動しましょう。

パタヤの昼間のビーチはマリンスポーツやのんびりと海風を楽しむ家族連れやカップル、女子旅のグループを多々見かけます。現地タイの家族連れがビールやお弁当を広げて団欒を楽しむ光景も。夜になるとビーチの人気は少なくなり、大音量でクラブ音楽を流すクラブやバーで賑わいます。

Enzovgzgbjhtaedjwie6

写真はもっとも賑わうパタヤのウォーキングストリートの入り口の様子です。入り口ですらこのように人混みと車で混雑しますので、夜に外出する際は事故やひったくりに注意しましょう。特にバイクに注意です!

Vjgz9t87xknpm4ddthrl

パタヤで一番有名なパタヤビーチは昼夜問わず観光客を中心に賑わっています。日中は、海はあまり透き通っていないので泳いで楽しむよりもマリンアクティビティやパラソルの下でリラックスして楽しむのに適しています。パタヤビーチは広いので場所によってはこのように落ち着いている場所もあったりしますよ。

夜は毎晩ビーチ付近の多くのバーやレストランが賑わいを見せます。パタヤビーチ沿いにはセントラル・フェスティバルをはじめとする大小多くののショッピングモール、マッサージ店、スカイバーがあるので最近は女性にもおすすめです!繁華街のウォーキングストリートもパタヤビーチにあるので基本的にパーティーをしたい人におすすめのビーチです。

パタヤビーチ(Pattaya Beach)の詳細情報

住所: 290/51 Beach Rd, Muang Pattaya, Amphoe Bang Lamung, Chang Wat Chon Buri 20150 Thailand

行き方: パタヤバスターミナルからの行き方: 車で15分程度です。タクシーはメーターを使ってくれないので交渉が必要。バイクタクシーはセントラル・フェスティバルまで60バーツ(約210円)が基本、その他ソンテウを利用すれば10バーツ(約35円)です。

パタヤビーチより北側にあるビーチです。高級ホテルなどがあるエリアなのでプライベートビーチが多数ありますが一般に解放してあるビーチもあり、パタヤビーチより雰囲気も人の数も落ち着いているビーチです。

ウォンアマトビーチの北側にはサンクチュアリ・オブ・トゥルースという美しい建造物があり観光とビーチ遊びが楽しめます。

ウォンアマトビーチ(Wong Amat Beach)の詳細情報

住所: Na Kluea, Pattaya City, Bang Lamung District, Chon Buri 20150 Thailand

パタヤ市内からの行き方: ナクルア行きのソンテウに乗って移動、経路によりますが30分程度かかります。

アジア系観光客が少なく、ロシア系観光客に人気のビーチです。ビーチの周りは近年再開発が進みおしゃれなカフェやレストラン、ホテルやコンビニと充実しています。西洋風のお店が多い印象です!海はパタヤビーチよりやや綺麗で、多くの木に囲まれているビーチなので隠れ家のような雰囲気です。木陰に多くのビーチチェアがあるのでリラックスするのにおすすめですよ。

コージービーチ(cozy beach)の詳細情報

住所: kosy beach, Muang Pattaya, Amphoe Bang Lamung, Chang Wat Chon Buri 20150 Thailand

パタヤ市内からの行き方: ウォーキングストリートから車で15分程度、ソンテウを乗り継いで行けますが、お金に余裕があるならばタクシーやバイクタクシーで行くのが一番簡単です。

N9jxcfhflfwqulp0yiz8

コージービーチとジョムティエンビーチの間にあるビーチで、観光客とタイ人のどちらにも人気があります。このビーチはゲイビーチとしても有名で、人も程よく少なくてとても雰囲気が穏やかです。周辺には欧米風のレストランやマッサージ店が充実しています。

Wvcml7y9rruhyxcetnd6

パタヤにあるビーチの中で一番平和な雰囲気だと感じました!海沿の歩道は非常に良く整備されていて街灯も多いので夜でも安全ですので、夜の散歩をおすすめします。写真の看板にあるようにゴミに対する注意が多くありビーチがとても綺麗に保たれています。

Ijql2brecstmhnhpdwqr

ドンタンビーチ(Dongtan Beach)の詳細情報

住所: 311-2 Thappraya Rd, Muang Pattaya, Amphoe Bang Lamung, Chang Wat Chon Buri 20150 Thailand

パタヤ市内からの行き方: ウォーキングストリートからソンテウで15分程度です。

Srrciwika5ttp7qjdptw

こちらのビーチはパタヤ長期滞在をしている欧米人、またタイの家族に人気のビーチです。雰囲気はとてもゆったりしています。ジョムティエンビーチは6km程の長さがあり、ビーチが広いので人混みやマリンスポーツの混雑も緩和され人気ビーチの割には落ち着いています。水の透明度はやはり低めですのでパラソルの下で海風を感じリラックスしましょう!

ジョムティエンビーチ(Jomtien Beach)の詳細情報

住所: Nong Prue, Pattaya City, Bang Lamung District, Chon Buri 20150 Thailand

パタヤ市内からの行き方: この辺りから出ているソンテウに乗って、15分程度で到着します。

Ppc9ch4ngw7qkcgzrgez

パタヤビーチからボートで40分近くで行ける一番近い離島で、とても透き通ったビーチを楽しめます。午前中は団体客で混雑していることがあるので12時以降のボートで向かうことをおすすめします。ビーチ以外にも大きな仏像などの観光スポットや雰囲気の良いカフェ・レストランなど海以外で楽しめる要素が満載です!

Khctr4gfpl19ujunqi32

ラン島(Koh Larn)の詳細情報

住所: Ko Lan, Bang Lamung District, Chon Buri, Thailand

パタヤ市内からの行き方: パタヤのウォーキングストリート近くにある港から公共フェリー、スピードボートや貸切ボートなど様々な移動手段があります。公共フェリーは片道30バーツ(約100円)、40分程度で到着します。

海軍基地内にあり、タイ人に大人気で非常に透明度の高いビーチです。地元民向けのビーチなので食事やその他アクティビティの料金が低価格で楽しめます!ナンランムビーチでは美しい珊瑚礁、色鮮やかな魚たちを見ることのできるシュノーケリングがおすすめですよ。

Fhob06cbmm4uda3xlync

ナンラムビーチ(Nang Ram Beach)の詳細情報

住所: Samaesarn, Sattahip District, Chon Buri 20180 Thailand

パタヤ市内からの行き方: 車で渋滞がない場合1時間程度、往復2000バーツ(約7000円)程でタクシーがチャーターできます。※参照HP

サメット島は、パタヤからやや時間がかかりますが、バンコクやパタヤからもっとも近いくて非常に透明度の高い海を楽しめる離島です!もちろん日帰りで行くことも可能ですが、サメット島に行くなら一泊するのがおすすめです。

高級バンガローからホテル、ホステルなど宿泊先のランクも様々あり、またおしゃれなレストランやカフェ、市場が充実しています。昼間は美しい海で泳いだりシュノーケリングを楽しんで、夜は浜辺のレストランで食事をしながら波の音を聞いてリラックスしましょう。

サメット島(Koh Samet)の詳細情報

住所: Koh Samet, Amphoe Mueang Rayong, Rayong, Thailand

パタヤ市内からの行き方: パタヤからバンペー港にはタクシーかミニバスで行けます。タクシーは1000バーツ(約3500円)程度で、1時間かかります。ミニバスは250バーツ(約870円)かかり、移動時間はタクシーよりかかります。バンペー港からサメット島までは渡し船で約40分、50バーツ(約180円)。この船は午後5時以降は出ていないので早朝からバンペー港に向かいましょう。

Elx0abrt4uvqkjp3cmnw

最後まで読んでいただきありがとうございます。パタヤ市内や近隣には様々なビーチがあり、どのように過ごしたいかによって選ぶビーチが変わるかと思います。パタヤ市内にあるビーチはあまり透明度が高くないので、ビーチの雰囲気やリラックス、食事やパーティーを楽しむならパタヤ市内のビーチ、透明度の高い海で思いっきり泳ぎたいなら少し遠出をしてみてください!