Brwcaeidbbcmc6w3zcot

タイ

CATEGORY | タイ

【タイ】パタヤから100円で行ける美しき離島・ラン島を徹底解説!ラン島に行くならこの時間帯に行くべし!

2020.12.12

南国に行くなら綺麗な海に行って泳いだりリラックスしたい!バンコクから一番近くて海が綺麗で透き通っている離島・ラン島の行き方や観光スポット、おすすめホテルやレストラン、カフェなどなど実際に行った筆者が徹底解説します!

この記事に登場する専門家

Usuvblmynn8arbwsgdee

スウェーデン在住ライター

Maddy

西洋史とマヤ文明を学んだ大学時代を経て、バックパックと共に旅をした国は30カ国以上!現在はスウェーデン在住、たまにバンコク。歴史オタクと現地在住の知識を活用し、活きた旅情報をお伝えします!

  1. ラン島ってどんなところ?
  2. パタヤからラン島への行き方 - 公共のフェリーを利用する
  3. パタヤからラン島への行き方 - ツアーを利用する場合は?
  4. ラン島内での移動の仕方
  5. ラン島のビーチ7つの特徴と行き方を全て解説!
  6. ラン島で楽しめるアクティビティ・マリンスポーツは?
  7. ラン島にあるビーチ以外の観光スポット
  8. ラン島のおすすめホテル
  9. ラン島のおすすめレストラン・カフェ
  10. ラン島で観光するときの貴重品管理の仕方は?
  11. ラン島内で注意することは?
  12. ラン島に行くベストシーズンは?
  13. ラン島に行くおすすめのスケジュールは?
  14. ラン島に実際に行ってみての感想
  15. パタヤ滞在の際は少し足を伸ばしてぜひ綺麗な海のあるラン島へ!

こんにちは!ヨーロッパを含む30カ国以上をバックパックとともに旅をした経験のあるMaddy(IInstagram更新中!)です。先日タイのパタヤから日帰り可能な【ラン島】へ行ってきました。バンコクやパタヤから気軽に行ける美しい離島として有名なラン島についてご紹介します。

※情報は全て2019年8月現在です。

ラン島

ラン島はパタヤから西に9km離れたところにある島で、長さ4.5km、幅2kmの小さな島です。島内にはショッピングモールなどの商業施設はなく、普段はとても穏やかで静かな場所です。海がとても綺麗でエメラルドグリーンの海を楽しめます。

パタヤの海の水質はお世辞でも良いとは言えず、パタヤでは日光浴やビーチの雰囲気を楽しむのが中心となります。綺麗な海で海水浴を楽しむために近年パタヤから多くの観光客がラン島へ訪れるようになりました。

フェリー乗り場は【バリハイ桟橋】から乗れる

ラン島行き フェリー

パタヤからの行き方ですが、パタヤビーチにあるウォーキングストリートの南に位置する【バリハイ桟橋】からフェリーが出ています。フェリーに乗る直前にスタッフにお金を払いフェリーに乗り込みますので、チケットをチケット売り場で買う必要はないです。バリハイ桟橋に着くとたくさんの人から「チケット買った?うちで買えるよ」と声をかけられますがこれらは貸切ボートやスピードボートなどのことなので無視して大丈夫です!

フェリーの料金と時刻表

フェリー 時刻表 ラン島

片道一人30バーツ(約105円)です。約40分ほどでパタヤからラン島に行けます。行き先は二つあり、【ナーバーン埠頭】【タワエン埠頭】です。行き先により時刻表が違うので注意しましょう。どちらに着いてもソンテウやバイクタクシー、またバイクレンタルは可能ですが、【タワエン埠頭】は着くとすぐに徒歩圏内でビーチがあるので島内であまり移動したくない人はタワエン埠頭行きに乗りましょう!

スピードボート

パタヤ市内にある多くの観光ツアー手配会社で取り扱っています。HISなど大手旅行会社のツアーで、昼食や移動費を含む半日ツアーで6500円程度の価格となっています。VELTRAではバンコク発の日帰りツアーの紹介もあります。フェリー以外のボートはこのように小さめなので乗り物酔いしやすい人は酔い止めを飲んでおきましょう。

ツアーを利用する場合他の団体客と行く時間が重なることが多くゆったりと観光やビーチ遊びを楽しめるかの保証ができません。ですが、もしタイ滞在が短期間であれば、下調べをしたり自分で港に行ってフェリーに乗ったりなどの時間を省くことができるのでツアーがおすすめです。ご自身の旅程に合わせてツアーを利用するか検討しましょう!

ラン島は小さいとは言え徒歩での移動は不可能です。また、かなりアップダウンのある道が多いので自電車移動も少し厳しい印象でした。そこで便利なのが「ソンテウ」「バイクタクシー」「レンタルバイク」の3つです。

ソンテウを利用

ラン島 ソンテウ

ラン島には7つのビーチがあるのですがだいたい20〜30バーツ(約70〜105円)ほどで移動できます。ソンテウとはこのように荷台を改造してお客さんを乗せている乗合の車です。ラン島の山道は道が補整されていないところが多いのでソンテウが動いている時はしっかり手すりなどに捕まりましょう。

バイクタクシーを利用

バイクタクシーも基本値段が決まっていて40〜80バーツ(約140〜280円)で利用できます。上記でお伝えしましたが道がデコボコしているところが多いので、バイクで移動するときかなり揺れますし、ドライバーによってはスピードを出す場合もあるので振り落とされぬようしっかりとバイクにしがみつきましょう。

レンタルバイクを利用

ラン島 レンタルバイク

1日300〜400バーツ(約1060〜1400円)が基本ですが250バーツ(約880円)くらいまでなら交渉できます。国際運転免許の必要はなく、借りる際にパスポートを渡してコピーしてもらいます。原本は必ず返してもらってくださいね。ラン島の道は下の写真のように細く、また場所によってはデコボコしています。また、コンクリートにビーチの砂が積もっていると滑りやすくなるので運転は慎重に。とにかくスピードを出さないようにしましょう

ラン島 道路
ラン島 ビーチ 地図

①タワエンビーチ(Tawaen Beach)

フェリーが到着するタワエン埠頭があるビーチで、もっともマリンスポーツで賑わっている中心的なビーチです。カフェやレストラン、全て揃っていますがその分人が多いです。


住所:Na Baan, Koh Larn, อำเภอบางละมุง ชลบุรี タイ

②サンワンビーチ(Sang Wan Beach)

タウエン埠頭から右手に見えるこのサンワンビーチはタワエンビーチに比べ人が少ないです。埠頭に近い割に十分海の透明度は高いので島内で移動があまりできない人におすすめのビーチです!

住所:1/4 ซอย7 เมืองพัทยา อำเภอบางละมุง ชลบุรี 20150 タイ

③サマエビーチ(Samae Beach)

サマエビーチ ラン島

ビーチが広く、透明度も高い、人も少なめでマリンスポーツもタワエンビーチに比べ少ないです。レストランが多く、またタワエン埠頭からのアクセスも良いので人気のビーチです。

住所:Samae Beach, Na Kluea, Bang Lamung District, Chon Buri 20150 タイ

④ヌアルビーチ(Nual Beach)

ヌアンビーチ ラン島

マリンスポーツがなく静かでゆったりとしたビーチで、とにかく透明度が高いです!ビーチ左側には岩があり綺麗な写真が撮れますよ。

住所:Nual beach, อำเภอบางละมุง ชลบุรี 20150 タイ

⑤ティエンビーチ(Tien Beach)

サマエビーチのお隣で、こちらもマリンスポーツが少なく、また人も少ないのでビーチが落ち着いています。タウエン埠頭から近いので時間があまりない人におすすめです。

住所:Tien Beach, Na Kluea, Bang Lamung District, Chon Buri 20150 タイ

⑥トンラン・ビーチ(Tong Lang Beach)

大きめのビーチですが遊泳禁止エリアがあったり砂浜に苔のついた岩が多かったり、また埠頭などから険しい道を通って移動しなければならないのであまり観光客向けのビーチではありません。

住所:Tong Lang Beach, Ko Lan Amphoe Bang Lamung, 20150 タイ

⑦ターヤイ・ビーチ(Tayai Beach)

50メートルほどの小さなビーチです。岩場が少し多いので思いっきり泳ぐ、よりも写真撮影に適しているかな、という印象。アクセスが少し悪いので、人が少ないがおすすめポイントですね!

住所:ตำบล นาเกลือ อำเภอ เมืองชลบุรี ชลบุรี 20000 タイ

シュノーケル:1名約1200~1500バーツ(約4230〜5300円)

ジェットスキー(30分):1200〜1,500バーツ (約4230〜5300円)

パラセーリング:600〜850バーツ(約2100〜3000円)

シーウォーカー(20分):1200〜1600バーツ(約4230〜5600円)

バナナボート(15分):300〜350バーツ(約1050〜1230円)

カヌー(30分):1名約350バーツ(約1230円)


基本的にはこの価格帯です!ジェットスキーなどは他の利用客とぶつからないように注意して楽しみましょう。事故など起こすと高額なお金を請求されます

大きな仏像(Moine géant)

ラン島 仏像

タウエンビーチから5分ほどバイクで移動したところにそびえ立つこの仏像。ここからタウエンビーチを一望できるビューポイントとしておすすめです。この位置からパラセーリングも体験できますよ!


住所:Ko Lan Na Kluea Provincia di Chonburi Tailandia Amphoe Bang Lamung, Chang Wat Chon Buri 20150 タイ

ラン島 ビューポイント

射撃場(SHOOTING RANGE)

ラン島にある射撃場ではなんと450〜700バーツ(約1600〜2500円)というお手頃な価格で射撃が体験できます。金額は銃の種類によって変わります。思い出作りに是非いかがでしょう?


住所:タイ 20150 Chang Wat Chon Buri, Amphoe Bang Lamung, เลขที่ 138/3 หมู่ 7 ถนน

ザナドゥ ビーチ リゾート(Xanadu Beach Resort)

サマエビーチ沿いにあるホテルで、ナーバーン桟橋までシャトルバスが無料で出てます。色鮮やかな外観のホテルの目の前にはプライベートビーチが広がっています。シャワーやベッドなどとても部屋の設備が綺麗で口コミもとても良いです。二人で一泊6000円ほどです!


住所:Samae Beach Koh Larn, Moo.7, Naklua, Banglamung, Chonburi, 20150 ラン島, タイ

ラレーナリゾート(Lareena Resort Koh Larn Pattaya)

こちらも設備が綺麗で口コミが高く、特におすすめな点はナーバーン埠頭から歩いて30mの位置にあり、目の前にはセブンイレブンがあったり周りにはレストランなどが充実していること。泳げるビーチは目の前にありませんが、レンタルバイクやソンテウを利用すればすぐにいけます。一泊二人で4500〜8000円ほどです!


住所:61/1 Moo 7 Naklua Banglamung Chonburi , 20150 ラン島, タイ

①チャリアンロムキッチン(Chalianglom Kitchen)

ビーチ沿にあり夕暮れでビーチを見ながら食事を楽しめます。価格はそこまで高くなく、やや量が多い料理が特徴です。タイ料理が楽しめますよ!


住所:170 Moo 7, Koh Lan Road, Tambon Na Kluea, Amphoe Bang Lamung, Chon Buri, 20150, Amphoe Bang Lamung, Chang Wat Chon Buri 20150

②マハラクカフェ(Maharak Cafe)

おそらくラン島で一番有名なカフェです!夕暮れの時間はこの外のエリアはすぐに満席になりますので夕暮れの1時間前から入店することをおすすめします。ドリンクやケーキはもちろん食事メニューもあるのが◎。洋・タイ料理どちらもあります。


住所:Na Kluea, Bang Lamung District, Chon Buri 20150 タイ

③ポーカイ(Pookai Cafe & Restaurant)

Pookai レストラン ラン島

隠れ家的カフェ・レストラン。エアコンが効いていてトイレも店内インテリアも綺麗でオシャレ、また食事の料金もかなり良心的でこの写真の料理は50バーツ(約160円)でした。ナーバーン埠頭でフェリーを待つ場合にこちらで休憩するのはいかがでしょう?


住所:เลขที่ 21 Amphoe Bang Lamung, Chang Wat Chon Buri 20150 タイ

ラン島 カフェレストラン

ラン島内各地で100バーツ(約350円)ほどでロッカーが借りれます。貴重品などは必ずロッカーなどで管理しましょう!防水ポーチがあるとさらに便利です。基本的には高価なもの、現金をたくさん持って行くことはおすすめしません。ビーチチェアを借りるとしてここに貴重品を置いて海に泳ぎに行くのは少しリスクが高いかと…一人の場合はやめておきましょう!

ラン島

ひったくりなどの軽犯罪は少ないのですが、置き引きとバイク事故に気をつけましょう。またマリンスポーツやレンタルバイクなどで何かを借りて自分で運転する場合、スリップしたり他の利用者とぶつかって車体に傷をつけぬよう注意しましょう。前述したように高額請求をされる可能性が高くなります

ずばり12月〜3月です。この時期はラン島は乾季に入り晴れの日が続くので天気に左右されずラン島に行く予定を立てられます。4〜5月も晴れが多いですがこちらは暑期といい非常に暑い日が多く、日中は暑すぎて海遊びはあまりおすすめできません。雨季の時期にあたる5月中旬〜10月ですが、雨が降る場合でも短時間集中的に雨が降るのでその時間を避ければ海で泳げます。雨で水が濁るのでシュノーケリングなどには適しません。ですがその代わり観光客が少ないので割と落ち着いた雰囲気でラン島を楽しめますよ!

日帰りの場合、12時〜13時に出発するボートに乗り、タウエン埠頭からの最終便で帰るスケジュールをおすすめします!午前中は団体・ツアー客で賑わうので避けましょう。どうしても午前中にしかいけない場合は穴場ビーチに足を運びましょう

ラン島

私は雨季の8月に行きました!13時のフェリーに乗り、島に着いたのは13時半すぎで、レンタルバイクを借りてサクっと島を一回り。実際ビーチで泳いだのが1時間ほどしかなかったのですが、基本的に暑くてそんなに長く太陽の下で遊べないのでマリンスポーツをしないのであればこれくらい短い滞在時間でも十分でした。

ラン島 ビーチ

雨季だから海の状態はあまり良くないか、と思って行きましたが予想以上の透明度でびっくりりました。私はヌアンビーチとサマエビーチに主に滞在しました!島にはおしゃれなカフェやレストランが多くわくわくしました。14時以降は団体客が少なくて本当におすすめです

最後まで読んでいただきありがとうございます。少し手間はかかりますが、特にタイ滞在が短いみなさんに、ぜひともパタヤ・バンコクから一番アクセスが良い綺麗なビーチのラン島に行って南国気分を味わってきていただきたいです!