Nyi17akloexhqktkw6w2

アメリカ

CATEGORY | アメリカ

サンディエゴの観光スポット10選!観光名所をモデルコース付きでご紹介!

2019.09.03

アメリカ西海岸に位置する常夏の楽園サンディエゴ。北部のラ・ホヤ/ミッションベイ地区、中央のダウンタウン周辺、そして南西部のコロナド地区と大きく3つの観光スポットが人気。海、町、文化と様々な観光資源を有する町、サンディエゴの魅力に迫ります。

この記事に登場する専門家

Hikvp28jnbtw8dphvyhe

メキシコ在住ライター

アンティーク

ヨーロッパ及び中南米を中心に世界30カ国以上の一人旅を経験。大学卒業後5年間はチリ、エクアドル、ペルー、ウルグアイといった南米各国に定期出張する日々を送り、現在はメキシコに拠点を移して活動中。

  1. 常夏の楽園サンディエゴ観光の魅力とは?
  2. ①数多の文化・観光施設を楽しむ【バルボアパーク】
  3. ②ダリにモネにドガに【サンディエゴ美術館】
  4. ③子どもと楽しめる【ティムケン美術館】
  5. ④絶景と癒しの観光スポット【ラ・ホヤ・コーヴ】
  6. ⑤海沿い散歩に最適【サンディエゴハーバー観光】
  7. ⑥サンディエゴでリゾートといえばここ【コロナドビーチ】
  8. ⑦ヴィクトリア様式のお洒落ホテル【ホテル・デル・コロナド】
  9. ⑧サンディエゴ随一の絶品お寿司【Sushi Ota】
  10. ⑨サンディエゴからティファナへ日帰り観光【ティファナ街歩き】
  11. ⑩サンディエゴとティファナの行き来について【徒歩で国境越えとCBXの利用】
  12. 番外編:サンディエゴ観光中の昼食ならここ【リトルイタリー】
  13. 贅沢な時間を優雅に過ごす【サンディエゴ二泊三日観光モデルコースをご紹介!】
  14. サンディエゴお勧め観光スポットまとめ

こんにちは!メキシコ在住ライターのアンティークです。メキシコとの国境の町として有名なサンディエゴの観光スポットについてご紹介します。

V85egwmosiz5t53xvrjl

抜けるような青い空、真っ白な砂浜、紺碧の海。おしゃれな街並みや学びの多い文化施設で充実した時間を過ごすことができるサンディエゴはメキシコへの玄関口でもあり、謂わばアングロアメリカとラテンアメリカの狭間に佇む都市。今回はそんなサンディエゴの魅力に迫ります。

バルボアパークはサンディエゴのダウンタウンに位置する学びの詰まった公園です。中には動物園や博物館、美術館など10を超える施設があり、家族や友人と何日かに分けて施設を回るのも贅沢な楽しみ方。数ある施設の中でもサンディエゴ動物園やサンディエゴ自然史博物館、サンディエゴ美術館は特に有名で、一度は訪れたいスポットです。

Axdzllavjaldywdlcg34

建築群もすばらしく、スペイン風建築群の中を散歩しながらヨーロッパの雰囲気を楽しむのもお勧め。

Eycyk7k1xpdyoagdr3gh

敷地内には一息つくことができるカフェやレストランなども点在しています。

Ht3tnueae3lkiee4alaj

素敵な建築物を見ていると時間が経つのを忘れてしまいそうです。

Lrbixc7icxoepw8kbixy

こちらはバルボアパークにある劇場(オールド・グローブ・シアター)。シェイクスピアなどが上映されています。

Yl3wrs9mrhgjoxmsdnhk

バルボアパークの詳細情報

住所:1549 El Prado San Diego, CA 92101

行き方:トロリー(ブルーライン/オレンジライン)City College駅下車、徒歩15分

営業時間:施設ごとに異なる

入場料:公園自体は無料、施設ごとに入場料が必要

サンディエゴ美術館はアメリカサンディエゴのバルボアパークにある美術館。規模は大きくないですが、モネやドガ、カサットなどの素晴らしい作品を間近で鑑賞することができます。

Vgiltctp2isz27xiqh3h

雰囲気がとても良く、入った瞬間からワクワクしてくる美術館です。エントランスから左右に展示室があり、2階にも展示室があります。

Edwb37g3ihvdcd9jyg3i

展示されている絵画は、数こそ多くないものの、とても見応えのある作品ばかり。ディエゴ・リベラ、ダリ、モネ、ドガ、カサット、モリゾ、モリディアーニなど有名画家の作品は必見です。

V8wjw7vvl2zztgpyk6hf

こちらの絵はメアリー・カサットの作品。印象派をアメリカへ紹介した人物であり、自身も印象派の画家として製作活動に従事しました。現在の印象派人気は彼女の印象派普及活動が大きく貢献したといっても過言ではないでしょう。

サンディエゴ美術館の詳細

住所:1450 El Prado San Diego, CA 92101

行き方:トロリー(ブルーライン/オレンジライン)City College駅下車、徒歩15分

営業時間:水曜定休日。月-土は10:00-17:00(金曜のみ20:00まで)、日は12:00-17:00

入場料:大人15USD(約1800円)、65歳以上及び軍人10USD(約1200円)、学生8USD(約1000円)

サンディエゴ美術館のお隣にあるティムケン美術館もお勧め。とても小さいですが、じっくり作品を鑑賞でき、入館料無料というのもとても嬉しい美術館です。

Hxgrkdnvgngeavrjcyds

建物は平屋で階段がないため、お子さま連れや足が不自由な場合にも安心。自然光が差し込み、ゆったりとした気持ちで作品を楽しむことができます。

Ghzdut66crz4gybbvwfp

ティムケン家によって開設された美術館ですが、コレクションはパトナム姉妹という富豪の個人コレクションだそう。注目の作品は、ブーシェの「公園の恋人」やフラゴナールの「目隠し遊び」など。

E2xwwbxf9jnhirfmnxw6

ティムケン美術館詳細

住所:1500 El Prado San Diego, CA 92101

行き方:トロリー(ブルーライン/オレンジライン)City College駅下車、徒歩15分

営業時間:月曜定休日。火-土は10:00-16:30、日は12:00-16:30

入場料:無料

サンディエゴきってのおしゃれ地区であるラ・ホヤ(スペイン語で宝石の意味)。サンディエゴ観光には欠かすことができない必見スポットです。洗練された町並みが印象的な地区ですが、中でもラ・ホヤ・コーヴと呼ばれる海岸沿いの地域は必見。青い海と白い大地、そして間近で見ることのできるアシカに癒されること間違い無しです。ラ・ホヤ地区まではダウンタウンからUberで30分ほど。

Klnerelt9vcnghemhfme

普段は中々見ることのできない景色が楽しい地域です。

Tbqfd6bhzdmdqdquvjig

夏には海水浴客で賑わいます。

Hotnp2hv16hhdyqemmwk

こちらがアシカ。何十頭ものアシカが海岸で寛いでおり、至近距離で見ることができます。寝ていたりじゃれあっていたりするアシカに時間を忘れて釘付けになりました。

Axe63fhnzlxp0hrflobr

海岸から少し上がったところにあるメイン通りには多くのブティックが立ち並ぶエリア。

Bijqgb6971l1mofi9sxc

洗練されたお店の数々をウィンドーショッピングするだけでセレブ気分に。

Mjoaodlvfrjn5in6r0ak

素敵な画廊もあるなど、お店めぐりをするのも楽しいスポットです。

R0a2fr2eghjupfptgnbp

ラ・ホヤ・コーヴ詳細

住所:1100 Coast Blvd, La Jolla, CA 92037 アメリカ合衆国

行き方:車もしくはUberでダウンタウンから20分

サンディエゴハーバーはサンディエゴ観光では外すことのできないスポット。海沿いの遊歩道をゆったりとした気分で散歩すると、アメリカにいるんだなーと強く実感することができます。

Vvt1vwnzgdbhmymzx2zc

海岸に浮かぶ船や空母の迫力に圧倒されてしまいます。

Fbshcttj2jfhptcc2jhp

こちらの空母にはミッドウェイ博物館という博物館になっており、中に入ることも可能。実際に飛行機が配備されており、臨場感溢れる展示品を体験することが可能です。

Biebtx6bipk3dh2c6znw

そしてサンディエゴのシンボルであるナースにキスする水兵の像。

Nmwnf4bmfdtyamkzgumg

この像は第二次世界大戦で日本に勝利した際、喜びのあまり水兵が見知らぬ女性にキスしたところを撮影した写真がモデルになっています。一見ロマンチックですが、いきなりキスされた女性からしたら当惑の一瞬だったかもしれません。

サンディエゴハーバー詳細

住所:910 N Harbor Dr, San Diego, CA 92101 アメリカ合衆国

行き方:ダウンタウンから徒歩15分

サンディエゴのリゾートと言えばコロナド地区。3kmにわたるビーチでが美しく、別名「魅惑の島」。ダウンタウンから車で橋を渡って行くことも、フェリーを利用することも可能です。

Tz6rwrm97jlpicevyn03

コロナドビーチではリゾート気分を存分に味わうことができます。

Dpwikdznhvn0q2e5kdvj

コロナド側から見たダウンタウンも絶景ですので、サンディエゴ観光の際は是非足を運んでみてください。

コロナドビーチ詳細

住所:1101 1st St, Coronado, CA 92118 アメリカ合衆国

行き方:サンディエゴ・コンヴェンションセンターからフェリー、ダウンタウンからバス、車もしくはUberで20分。

数ある観光スポットの中でもひと際美しいのが、このホテル・デル・コロナド(コロナドホテル)。

Zdhxtaugxjfecnw0ttuo

マリリンモンロー主演の映画『お熱いのはお好き』のロケ地にもなったホテルで、アメリカ最古の木造ホテルです。

Coni11gnohuwwnnylgbq

ビクトリア様式で建築されたホテルは外観も然ることながら、内装の美しさに息を呑みます。

Jkdv75t8lrgkdctjako1

サンディエゴ観光では必ず行きたいフォトジェニックなホテルです。

Omauwun2eggiatjumbwc

ホテル・デル・コロナド詳細

住所:1500 Orange Ave, Coronado, CA 92118 アメリカ合衆国

行き方:サンディエゴ・コンヴェンションセンターからフェリー、ダウンタウンからバス、車もしくはUberで20分。フェリー船着場の対岸に位置するため、フェリーでコロナドに到着した場合は船着場からUberの利用がお勧め。

サンディエゴでも特に有名なお寿司屋さんがSushi Ota。おまかせメニューでは12種類のお寿司を職人さんが握ってくれます。私は甲殻類が食べられないので、甲殻類以外で12種類。それにデザートが付きました。サンディエゴ観光時には是非Sushi Otaで絶品お寿司を味わってみてください。

※お店は込みますので、オープン直後に行くとゆったりとお寿司を頂くことができます。

Qgfzjizxfk4nsifo7eui

Sushi Ota詳細

住所:4529 Mission Bay Dr, San Diego, CA 92109 アメリカ合衆国

行き方:ダウンタウンからUberまたは車で20分。トロリー利用の場合はグリーンラインでOldTownで下車しTaxiまたはUberを利用

営業時間:Lunch 火-金 11:30-14:00、Dinner 月-金 17:30-22:30 土/日 17:00-22:30

せっかくサンディエゴを観光するのであれば、メキシコのティファナへの半日旅行も一押し。ティファナ はアメリカからの日帰り観光地として栄える町で雰囲気はザ・メキシコ。サンディエゴの隣町とは思えないほど異国情緒が溢れています。

観光場所は、主にRevolución通り周辺。この辺りであれば3時間程度で観光が可能です。お土産屋が立ち並び、美味しいメキシコ料理レストランが店を構える地域です。

Apdktqwaxvgdylqlfjcp

アメリカから程近い都市ですが、メキシコの町です。そのメキシコの中でも特に危険な地域ですので、暗い時間帯や裏通りなどを無闇に散策するのはお控えください。観光はRevolución通り周辺で、安全に十分気を配ってお楽しみください。

In9nw7pzdwgljxipyrew

ティファナでは本場のメキシコ料理を味わうのも楽しみの一つです。こちらは鱈のタコス。メキシコ国内でも海沿い地域でしか食べることができないタコスです。

Mmwnyji7iqxzk0khqazp

こちらはトルティージャ(トウモロコシ粉で作ったタコスの生地)を揚げたもの。サルサに浸しながら頂きます。

D4owkrusfl7gwope7kvr

お土産屋さんでは様々なメキシコ雑貨が並んでいますので、ティファナ観光の際は是非メキシコ雑貨を購入してみてください。ちなみにメキシコでは値切りは厳禁ですので、お店の雑貨は表示価格での購入をお願いいたします。

Ujxkm3yruziuwjdwf9jf

旅の思い出にメキシコアートを購入するのもお勧めです。

Pdfwsizgovvtkt5sslsi

ティファナ詳細

住所:Av. Revolución 728, Zona Centro, 22000 Tijuana, B.C.

行き方:サンディエゴダウンタウンからトロリーのブルーラインで終点San Ishidro駅へ。そこから徒歩で国境を越え、メキシコ入国後徒歩10分

アメリカ・メキシコ間を徒歩で国境越え

サンディエゴからティファナへは歩いて国境越えが可能。サンディエゴダウンタウンからトロリーのブルーラインで終点San Ishidro駅へ。そこから出国手続きを経てメキシコへ入国します。歩いて国境を越えるという貴重な体験ができるので、サンディエゴ観光の際は是非ティファナまで足を運んでみてください。

Hekjrzimunw2yjdpzxft

国境越えですが、私はメキシコからアメリカへ歩いて国境越えを行いました。詳しいレポートは下記の記事をご参照ください。

CBXを利用しメキシコ入国

アメリカからメキシコ国内へティファナ 空港を利用して移動する場合、CBX(Cross Border Xpress)という仕組みを利用すると快適に移動することができます。CBXとは、メキシコ国内からティファナ空港へフライトする場合、もしくはアメリカ国内から陸路でティファナ空港へ移動しそこからフライトする場合に利用できる国境を簡単に抜けられる仕組みのこと。

R4rt78kaytp2ly3thaw5

CBXの外観は普通の空港のような感じです。

U67dafeyyrudc4j3wpc3

メキシコからCBXを利用する場合、ティファナ 空港に到着後、ティファナに入らずにCBXと書かれた方へ進み、入国手続きするだけで簡単にアメリカに入ることができます。CBXを利用せずティファナ 市内から陸路でアメリカへ入国する場合、1時間半ほどかかるので、ティファナ観光を予定せず、サンディエゴ観光だけの場合はとても便利なシステムです。

私はティファナ市から陸路でアメリカ入国し、翌日CBXでアメリカからメキシコに帰国しました。

CBX詳細

住所:2745 Otay Pacific Drive, San Diego, CA 92154, USA

行き方:サンディエゴダウンタウンからUberまたは車で40分

イタリア移民が多く移り住んだリトルイタリー。沢山のイタリア料理レストランが立ち並ぶグルメ通りです。

Bcwrnsc6uckupmbri1lf

リトルイタリーはダウンタウンに有り、サンディエゴハーバーまで歩いていくことができます。

Lxb4czchaahwyjggvxoc

昼食はリトルイタリーで本場の味。海産物を楽しむのがお勧めです。

Xoxladrobi5yoxtcrjdf

リトルイタリー詳細

住所:1550 California St, San Diego, CA 92101, アメリカ合衆国

行き方:トロリーグリーンラインでCountry Center/Little Italy下車

最後にサンディエゴ二泊三日観光のモデルコースをご紹介します。サンディエゴではトロリーと言う電車の一日乗車券を利用すると安く快適に移動することができます。また、時間がない場合にはUberも沢山走っているので、Uberを利用するのもいいと思います。

1日目:サンディエゴ北部のお洒落エリアを堪能

サンディエゴ観光初日はサンディエゴ北部のラ・ホヤ地区やミッションベイなどでゆったりとバカンス気分を味わうのがお勧め。

①サンディエゴのホテルからラ・ホヤ・コーヴへ【10:00-13:00】

②サンディエゴ発祥の地「オールドタウン」で町歩き【14:00-16:00】

③ミッションベイ地区にあるSushi Otaで早めの夕食【17:00-18:30】

④ミッションベイの夕暮れを堪能【19:00-】

二日目:国境を越えメキシコへ

二日目は朝から国境を越えてメキシコはティファナへ。

①サンディエゴ発、いざ国境越え【9:00-10:30】

②ティファナ半日観光【11:00-14:00】

③サンディエゴへ【14:30-16:30】

④サンディエゴハーバーを散歩【17:00-19:30】

④ダウンタウンのガスランプクォーターでナイトライフ満喫【20:00-22:00】

三日目:バルボアパークとホテル・デル・コロナド

最終日はバルボアパークで文化施設を楽しみ、最後はホテル・デル・コロナドへ。

①サンディエゴ自然史博物館とバルボアパーク散策【10:00-11:30】

②サンディエゴ美術館とティムケン美術館【12:00-14:00】

③コロナドビーチ及びホテル・デル・コロナド【16:00-18:00】

サンディエゴは清潔で美しく、観光スポットも豊富で、家族旅行には最適な町。紹介したスポット以外にもオールドタウンやガスランプクォーター、ミッションベイ、サンディエゴ・シーワールドなど魅力的な観光地が数多くあり、私も今回の旅行で虜になりました。


メキシコにも近いので、サンディエゴ観光にあわせてティファナ市へ渡ってみるのも面白いですし、逆にメキシコからサンディエゴに観光しに行くことも可能です。私もこの旅行ではティファナから歩いて国境を越えてサンディエゴに入りましたが、メキシコとアメリカの違いを肌で感じることができ、とてもいい経験となりました。

皆さんもそんな魅力の詰まった都市、サンディエゴを是非訪れてみてください。


この記事が気に入った方は、他のアメリカの記事もチェックしてみてください!