Wzhkb1018z9knkpxlds4

イタリア

CATEGORY | イタリア

イタリア最大の港町ジェノバ観光情報・魅力まとめ!あの名物グルメを堪能せよ!

2019.09.18

皆さん、ジェノバという街はご存知でしょうか?イタリアにはローマ、ミラノ、ジェノバなどの世界的有名都市がいくつもありますが、その陰に隠れた穴場的観光スポットがイタリア最大の港町ジェノバになります。 今回は有名都市から少し足を伸ばした街、ジェノバの魅力を紹介していきます

この記事に登場する専門家

Qnpmvj3m5s1ywjn0ljbu

旅する料理人Ryoma

高橋良磨

フランスに一年料理留学し、六本木の某星付きレストランに勤務。現在はカップルで世界中を旅しています。料理、旅、キャンプが趣味です。

  1. イタリア最大の港町ジェノバってどんな町!?
  2. ジェノバの魅力その①【コロンブスの家】
  3. ジェノバの魅力その②【フェラーリ広場】
  4. ジェノバの魅力その③【ジェノバ水族館】
  5. ジェノバの魅力その④【サン・ロレンツォ教会】
  6. ジェノバの魅力その⑤【旧市街の街並み】
  7. ジェノバの魅力その⑥【ボッカ・ダッセ】
  8. ジェノバの魅力その⑦名物グルメ【ジェノベーゼパスタ】
  9. 【ジェノベーゼパスタ】が食べられる美味しいレストラン紹介
  10. イタリア最大の港町ジェノバは魅力に溢れた街だった!!
Jqyejdzfxpvuru6kknps

日本の様に細長い形をしたイタリアの中でも、北のリグーリア地方に位置する港町がジェノバです。戦後はミラノと共にイタリアの経済成長を支えた工業都市でもあるので見所たっぷりです。海に面していて波風が気持ちよくグルメに関しては魚介やバジルが有名です。

ここは日本でも人気なジェノバの名物グルメ、ジェノベーゼパスタ(バジルパスタ)発祥の地でもあります。

日本からの観光客は比較的少ないものの外国の人達には人気観光スポットです。

Uuivxzgmqhc70kyhybss

最初に紹介するジェノバの魅力はコロンブスの家です。皆さん、コロンブスの名前は聞いたことありますよね??はい、授業でも習ったアメリカ大陸を発見した冒険家コロンブスです。ここジェノバはコロンブスが幼少期に過ごした街でもあり、18世紀に再建されたコロンブスの家を見学することが出来ます。僕も実際に訪れ学び、同じ旅人としてコロンブスの冒険心には凄く共感しました。

世界的有名な偉人の歴史をたった3ユーロ(360円)で学ぶことが出来るので是非抑えたいポイントですね。

スポット情報・コロンブスの家

住所:コロンブスの家

営業時間:11時〜18時

定休日:月曜日

料金:内部見学のみ3ユーロ(360円)

公式サイト:コロンブスの家公式サイト

Kj1chyfiyyn9vbtpdqpm

フェラーリ広場はジェノバ駅からは徒歩5分程でジェノバの町の丁度中心に位置します。広場の中心には噴水があり、周辺はレストランやカフェが立ち並び賑わいを見せています。

広場からは新市街に繋がる大通り9月20日通りと旧市街やコロンブスの家に繋がるダンテ通りがあり全てのジェノバ観光の入り口としての役割も持っています。

Muzqh5bqf1fpyjiarmyz

細い旧市街の通りには地元民が休憩に使うお洒落なカフェがたくさんありそこでのんびりと街行く人を眺めるのも楽しいですよ。

Tqxhgcrunmq8gcyipkvq

イタリアで水族館!?と思うかもしれませんが実はジェノバの水族館はヨーロッパ最大級を誇る規模です。船が止まっている港に併設されていて、水族館の周りはレストランが沢山あります。主に日本ではあまり見ることのできないイタリア近郊の地中海の魚がメインに展示されています。他にも世界的に有名なマナティ、オットセイ、ペンギンなども見る事ができます。

日本とは一味違うヨーロッパ最大級の水族館は子連れの家族にもオススメですし、思い出に残る事間違いなしです!!

スポット情報・ジェノバ水族館

住所:ジェノバ水族館

営業時間:9時〜20時

定休日:なし

料金:大人26ユーロ(3000円) 子供18ユーロ(2100円)

公式サイト:ジェノバ水族館公式サイト

ファサードの白黒の縞模様が印象的な教会です。中に入ると一変、ステンドグラスが見事で見応えがあります。ステンドグラスの輝きを見たい方はお昼頃を狙って観光するといいでしょう。一番の見所はキリストがあの「最後の晩餐」で使ったとされる聖杯が保管されている所でしょう。キリストの歴史を感じることができる重要な観光スポットです。サン・ロレンツォ教会はフェラーリ広場近くのマッテオッティ広場に面しているのでわかりやすいですよ!

スポット情報・サン・ロレンツォ教会

住所:サン・ロレンツォ教会

営業時間:8時〜12時 15時〜19時

定休日:なし

料金:無料

Gff4opluqacxzojbddpj

ジェノバの街を歩いてると自然と通るであろう旧市街。部分的ではありますがジェノバの旧市街はユネスコ世界文化遺産に登録されています。新市街とはまた違い、地元の生活が垣間見れたり、中世のヨーロッパの建物が渋くカッコイイです。

ベランダで洗濯をしてるおばさんに「チャオ〜」と声をかけられる事もしばしば。

元気よく返事してイタリアっ子の暮らしを感じてみてはどうでしょう!?

比較的大きな都市なので沢山のブランドが建ち並び、ショッピングにも最適です。

ジェノバの治安は!?

ローマやミラノなどの大都市に比べると比較的安全ですがやはり1人で夜出歩くのは避けた方がいいでしょう。旧市街などの夜は一気に暗くなりナイトライフはあまり充実してない印象でした。

Oqbqimhqef4ul4k42as6

せっかく海に面した街なのにビーチに行かないのは勿体無いですよね。

ビーチも楽しめて街歩きも楽しめるスポットがここボッカダッセです。ジェノバの街から少し外れた場所に位置するカラフルな村です。日本人にはあまり知られてませんが、ヨーロッパ人の中ではフランス南部のビーチと同じくらい人気がある言われています。

村もビーチもこじんまりしてるので落ち着いて楽しむ事ができます。

ジェノバ中心地からボッカ・ダッセまではバスか徒歩30分程で行く事ができます。

地中海の風に当たりながら海岸沿いを歩くのが気持ちいので徒歩をお勧めします!

スポット情報・ボッカ・ダッセ

住所:ボッカ・ダッセ

アクセス:コロンブスの家の近くの42番バスに乗り、Boccadasseで降ります。バスチケットはタバコ屋やスーパーなどで予め購入しましょう。料金は1.5ユーロ(200円)で100分間有効です。ボッカ・ダッセまでは所要時間約20分です。

Mjjiukbea4dt0ikdyp9q

ジェノバに来たら絶対に食べて欲しいグルメがペストジェノベーゼです。日本でも人気のあのバジルパスタです。地元の人達はペストジェノベーゼに関しては強い誇りを持っているそうです。EUには原産地保護名称という制度があります。品質を守る為や、原産地の名称を誤用されないようにすることで消費者に正しい情報を提供する事を目的とした制度です。

イタリアではその原産地保護名称の事をDOPと呼ばれていますが、このペストジェノベーゼもDOPに認定されているのです。

主にどのような規定があるのかと言うとまずバジルはジェノバで採れた若い葉を用いる事だったり、パルメザンチーズは30ヶ月以上熟成が必要だったりとまだまだ規定はありますがこれだけでペストジェノベーゼにどれだけの誇りを持っているのかがわかります。

なので日本で食べるジェノベーゼパスタは「ジェノベーゼ風」としか名乗る事ができないのです。是非、ここでしか食べることのできない本場ジェノベーゼパスタを食べてみてください。

Qlyibjkbrwg7rtv4mcas

僕が実際に訪れて美味しかったレストランを2つ紹介します。

またレストランでジェノベーゼパスタを注文するときは「ペストジェノベーゼ」と伝えましょう。「ペスト」はバジルの調味料「ジェノベーゼ」はジェノヴァ風という意味になります。

「ジェノベーゼをください」と注文すると9割が「牛肉の煮込みパスタ」が出てくるので注意しましょう。詳しく知りたい方は下記の記事に詳しく書いてあるのでチェックしてみてください。

名物グルメが食べられるレストラン【Antica Osteria Dindi】

Gwy5cr5jeh2piewjhyes

先程紹介したボッカ・ダッセのビーチ沿いにあるレストランがAntica Osteria Dindiです。

ローカルなお店の雰囲気でビーチを眺めながら食べる食事は格別です。

ジェノバの名物グルメから海鮮料理まで幅広くメニューがあります。ローカルなお店なので価格帯も比較的低めです。ボッカ・ダッセまで立ち寄った方は是非訪れてみてください。

レストラン情報:Antica Osteria Dindi

住所:Googleマップ

価格帯:1000円〜2000円

営業時間:12時〜0時

名物グルメが食べられるレストラン【Santa Teresa】

K5eynxbuz2q0wqkndsgo

最初に紹介したレストランとは違い次に紹介するレストランは価格帯もやや上がり、ミシュランのビブグルマンマークが付いているレストランSanta Teresaです。

ここのレストランはコース料理からアラカルトメニューまでありワインなどのお酒類も豊富に取り扱っています。どれを食べてもまず間違いなく美味しいですし、ワンランク上のレストランなのでデートや特別な日にもお勧めです。

レストラン情報:Santa Teresa

住所:Googleマップ

価格帯:2000円〜8000円

営業時間:12時〜15時 19時半〜23時半

Re9i87ccve5ymokosr3h

いかがでしたか!?あまり馴染みのないジェノバと言う街に少し興味が出てきたんじゃないでしょうか?僕の場合はただペストジェノベーゼを食べたいが為に寄った街だったのですが見所一杯で思わず延泊してしまったほどです。

他の有名都市とは違い比較的落ち着いた街で静かに観光できると思います!

是非、次のイタリア旅行は足を伸ばしてジェノバの街に来てみませんか??