Trip-Partner[トリップパートナー]

記事のサムネイル

Categoryベトナム

ベトナムの移動手段を実際に体験!ベトナム鉄道の乗り方・料金を詳しくご紹介!

ベトナムというと、ハノイやホーチミンといった都市が頭に浮かびますよね?でも、周囲に海や山の大自然がある事もぜひ知って欲しい!それらを回るのに、ベトナムでの移動は電車が便利です!ベトナム鉄道の乗り方・料金などの詳しい解説と、ベトナムの魅力をお伝えします。

この記事に登場する専門家

サエッキーのサムネイル画像

アジアのブロガー

サエッキー

旅したあちこちを、比べて考えるのが好きです。スイーツに目がありません。

3都市近くに、こんなオススメがありますよ!

こんにちは!サエッキーです!


日本人がベトナムに行く場合、ハノイかホーチミン、もしくはダナンへ行くのが鉄板です。


僕は、そんなベトナムに行く人にまずこう聴きます。

海と山、どっちが好き?


これって、日本人定番の質問じゃないですか?(笑)


ベトナムの地図を見ると、ベトナム鉄道は海岸線を縫うように走っています。

そのため、海辺を見るなら南北鉄道(統一鉄道)が、まさにうってつけです。


統一鉄道に乗れば、海沿いの街にいくつ巡り会えるか数え切れません。

ベトナムの海

けれど、南北に伸びる1726kmの鉄道に24時間以上乗る事は、本当に大変です。

(僕が初めて統一鉄道に乗った時は、ソフトシートに8時間30分でグッタリでした。)


たまにハノイとホーチミンを鉄道で両方制覇するんだという猛者に会いますが、やった人の感想を聞くと「二度とやりたくない…。」と返って来ます。


初めてベトナム鉄道に乗る方には、2~3時間で到着する目的地をオススメします。


そこで、ベトナム3都市の周辺に、こんな場所もあるという紹介をしながら、鉄道の乗り方も記事にしました。


ベトナム鉄道のホームページが、慣れると使いやすいですよ。

列車旅でオススメな場所

ハノイ近辺

引用:https://twitter.com/HiroshiMatsuur2/status/1183528370589405184?s=17

ハノイに来た方に勧めたいのが、近場の海、山、湖です。


ハノイには「ハノイ-タンロン王城遺跡中心地区」という世界遺産がありますが、北のタインホアにも「ホー朝の城塞」があり、ハノイから東を目指して、世界遺産の「ハロン湾」へ行くのも良いでしょう。


海好きならハロン湾が良いです。クルーズして、鍾乳洞を回れます。景色が初期のドラゴンボールのオープニングテーマに出て来そうな中国風の山です。(写真は夕日なのでドラゴンボールっぽくはないですね。)


ハロン湾はツアーの形が多いです。日本からだと9千~1万円しますが、あちこち探すと半額くらい(45ドル)でありました。

ハロン湾:2019年 一番人気のツアーとチケット –  | GetYourGuideのサムネイル

ハロン湾:2019年 一番人気のツアーとチケット – | GetYourGuide

こちらに45ドルのツアーもありました。

www.getyourguide.jp

ハロン湾の場所はこちら。

山が好きなら、ベトナムの北へ行くと良いです。僕は、サパを推します。


サパには、インドシナ半島で最高峰、標高3143mのファンシーパン山があり(ちなみに富士山は3776mなので、ファンシーパン山の方が少し低いですね)、トレッキングに絶好の避暑地です。また、富士山級のファンシーパン山へは、ロープウェイでわずか15分で登れるのが、なかなかブッ飛んでいます。富士山にロープウェイでは登れませんからね。


ロープウェイを降りて頂上までさらに600段の階段があります。階段の代わりにケーブルカーもあります。


ロープウェイ料金

70万ドン(3300円相当)、

ロープウェイとケーブルカー

のセット料金

85万ドン(4000円相当)


写真はロープウェイまで列車が出ているサパ駅

サパ駅

サパ駅はこちら。

ハノイ駅からサパに行くには、ハノイ・ラオカイ線に乗って8時間、終点のラオカイ駅で降りたら、駅前にサパ行きのバスが20〜30分に1本くらい出ています。


ハノイ→ラオカイ 鉄道料金

ソフトベッド上段

40万ドン(1900円相当)

ソフトベッド下段

43万ドン(2030円相当)

ラオカイ→サパ バス料金

3万ドン(140円相当)

ラオカイ駅

バスで1時間30分ほどでサパに着きます。


短期の休暇だと厳しい日程になるため、勧めません。ハノイからサパまで1日移動に充てると無理がないです。


それと、1つだけサパの欠点をあげると、雨です。雨が降ると山道がぬかるんで危険なのと、肌寒いので上に羽織れる物を用意しましょう。冬は雪も降るので、冬山装備で暖かくしてお出かけ下さい。雨の日には、暇つぶしがあると重宝します。(列車旅行中でも、同じですね。)


時間が許すなら、ハノイ・ラオカイ線の終点、ラオカイから北へ歩いて、中国を目指すのも良いです。

中国河口国境

国内にいると、歩いて国境を越える経験なんてありませんから、ここぞとばかりに体験してみて下さい。


ハノイ・ラオカイ線終点の街ラオカイから北は三国志の国で言うと魏・呉・蜀の蜀にあたります。写真は、中国の料理屋さんに描かれていた諸葛亮孔明。

諸葛亮公明が描かれた中華料理屋

日本人は、中華料理の影響をたくさん受けていると思うんですが、その点、ベトナム近辺の中華料理は北の四川料理の影響があって美味しいです。


さて、ハノイの近辺に戻りましょう。ハノイから、1時間30分ほど南へ行ったニンビンには、世界遺産の「チャンアン名勝・遺跡群」という湖があり、ここも初期ドラゴンボールの背景みたいな山々や奇岩がそびえてます。

チャンアン名勝・遺跡群

映画キングコングで最初にキングコングが出て来たのがこのロケ地です。船で世界遺産を見に行けば、こちらも見る事ができ、鍾乳洞の中も船のまま巡れるので楽しいです。(長いコースだと16回も鍾乳洞を回るので飽きて来ると思います。僕は1番少ない3回鍾乳洞を回るコースを勧めます。)


チャンアン名勝・遺跡群のボート料金

オススメの少なめコース

20万ドン(940円相当)

営業時間 7時00分~16時00分

定休日なし

チャンアンの鍾乳洞

場所はこちらです。

ハノイから、比較的近いのでオススメです。

ハノイ→ニンビン 鉄道料金

ハードシート

7万5千ドン(350円相当)

ダナン、ホーチミン近辺

もしダナンへ来たなら、世界遺産のある「古都ホイアン」や「古代チャンパ王国の遺跡群 ミーソン聖域」へ立ち寄るのがいいです。こちらはバスでの移動になります。

引用:https://twitter.com/9QeDCoNXsiUMj28/status/1183673467826081794?s=20

他にも、ベトナムの中部、フエは、ベトナムのかつての王朝の「フエ建造物群」が世界遺産としてたくさんありますが、それだけでなく学生街で元気な街という印象です。ダナンから列車で早くて2時間30分、遅いと3時間30分程度かかります。


〈フエ王宮〉

入場料 15万ドン(700円相当)

営業時間 8時00分~22時00分

定休日なし

フエの世界遺産

少し足を伸びせば「フォンニャ-ケバン国立公園」へも行けます。こちらもドラゴンボールの背景みたいな土地で…、もうお約束ですね。ここも鍾乳洞が名物です。


〈フォンニャ洞窟〉

入場料 15万ドン(700円相当)

営業時間 6時00分~18時00分

定休日なし

フォンニャの文字

場所はこちらです。

さて、最初にホーチミンへ行く方も多いと思います。僕もそうでした。

ホーチミンは、ベトナムで新しい物が真っ先にやって来る街です。

ホーチミンの汽車

ホーチミンから鉄道を使って、オススメなのは、ニャチャンです。ニャチャンは海沿いの街ですが、ロシア人にとってのハワイというくらいロシア人を見かけます。ホーチミンに来て、海が見たいと思ったら、迷わずニャチャンです。ただ、列車で8時間ほどかかるので、短期旅行には向いてません。

1か月後のチケット予約料金を試しに見ると以下の通りでした。

ホーチミン→ニャチャン 鉄道料金

ソフトシート 上段

56万7千ドン(2670円相当)

ソフトシート 下段

65万9千ドン(3100円相当)

料金は予約の込み具合で変化します。

海小屋

ニャチャンの位置はここです。

以上が僕の独断と偏見から勧める、列車旅(一部、バスが必要な場所も含まれています。)です。

ベトナムホーチミンにはどんな服装で行くべきか?ホーチミンの気候情報をバックパッカーで旅した筆者がご紹介!のサムネイル

ベトナムホーチミンにはどんな服装で行くべきか?ホーチミンの気候情報をバックパッカーで旅した筆者がご紹介!

trip-partner.jp

ベトナム・ホーチミンで歴史を学ぶ!旅人厳選の観光スポットを探索しよう!のサムネイル

ベトナム・ホーチミンで歴史を学ぶ!旅人厳選の観光スポットを探索しよう!

trip-partner.jp

ベトナム鉄道の料金

ベトナム鉄道のチケットの購入方法は

①窓口で購入

②オンラインチケットで購入、の2種類あります。


チケットの料金ですが、

  1. 座席の種類
  2. エアコンの有無
  3. 寝台車の位置(上段・中段・下段)
  4. 列車が目的地に到着する速さ


で変わって来ます。


ベトナム鉄道の列車の座席は4種類あります。

・4人寝台のソフトベッド

・6人寝台のハードベッド

・1等座席のソフトシート

(リクライニングできるシート)

・2等座席のハードシート

(木の固いイス)です。


以上を踏まえてチケットを窓口で買う時は、目的地の他にこうした質問が来るので、心の準備をしておきましょう。


ベトナム鉄道のホームページを見ると、オンラインチケットで予約や乗車可能な座席、発車時刻と到着時刻、料金の確認ができます。

ベトナム鉄道の乗り方

窓口でチケットを求める場合、ベトナム語が出来なくても、最低限、目的地の地名を見せれば買えます。あとはソフトかハード、シートかベッドを答えればOK。

ベトナム鉄道の窓口

駅によってはごらんの通り鍵がかかって、列車の来るプラットフォームに入れない事があります。各々で時間を潰しましょう。

ベトナム鉄道の閉まった扉

駅には売店もあります。

ベトナム鉄道の売店

発車時間が近づくと扉が開きます。

ベトナム鉄道の開いた扉

列車が到着しました。

列車の入口に立っている駅員にチケットを見せるとどこへ行けばいいか教えてくれます。

ベトナム鉄道の到着
ベトナム物価を徹底解説!日本の物価の3分の1⁉旅行の節約術も伝授します!のサムネイル

ベトナム物価を徹底解説!日本の物価の3分の1⁉旅行の節約術も伝授します!

trip-partner.jp

ベトナムハノイの物価はどれくらい安いのか!?バックパッカー目線のベトナム物価情報!のサムネイル

ベトナムハノイの物価はどれくらい安いのか!?バックパッカー目線のベトナム物価情報!

trip-partner.jp

列車内の様子

列車内に入って、チケットに書いてある指定席を探します。


ちなみに、職員がチケットを確認するのは列車に乗る前と車内での2回ですが、それ以外で近づいて来る人間はチケットを盗ろうとしている人と思った方が良いでしょう。


更に車内で物を盗られないように注意しましょう。今のところ僕自身が物を盗られた事はありませんが…。


こちらがソフトベッドの座席です。

下段の方が料金が高くなってます。

楽なんですけど、下段に皆が座ったりすると、寝られないかもしれません。

ソフトベッド

こちらがソフトシート。

ソフトシート

こちらがハードシート。固い座席なので、近場でない場合はお勧めしません。

ハードシート

ハードシートの場合、誰かが座っている率が高かったです。その時は、空いている席を探しましょう。列車が発車して、暫くすると車掌さんがチケットを確認に来るので見せましょう。


車両によっては水を貰える事もありました。

列車内の水

充電用のコンセントもありますが、列車によって使用できる席が限られています。

車内コンセント

こちらのソフトシートではUSBで、全シート電源がカバーされていました。

車内のUSB

列車によっては、こんな料理を食べないか聴いて来るのですが、僕は言葉の意味も分からず終わってしまいました。

車内販売のご飯

ベトナム鉄道にはトイレが付いていますが、これまで乗った中では、あまりキレイなトイレに出会った試しはありません。


海外の旅では、出来るだけトイレに行ける時に行っておき、生ものを食べるのは避けた方が良いです。


移動中の列車内は、結構揺れます。トイレ時は揺れないように、踏ん張りどころです。駅に停車した時に用を足しても良いでしょう。

ベトナム鉄道とバス

ベトナムの鉄道とバスを比べた時に、普通はバスより料金が高いです。

さらに列車は1日の本数が少なく、利用回数が限られています。

それならベトナム鉄道に乗らない方が良いじゃないかと思うかもしれませんが、場合によってはバスより鉄道の方が安い事もあります。


実例として、ドンダンという中国国境の街からハノイまでミニバン(これしかなかったです)で

18万ドン(900円相当)でしたが、

列車なら半額以下の8万9千ドン(445円相当)でした

ドンダン駅

行きにハノイからドンダン近くの街、ランソンまで10万ドン(500円相当)だったので、そもそもドンダンのミニバンの価格はボッタクリだったんでしょうけどね…。でも、バスより列車の方が安かったのは間違いありません。

チケット

ただし、この列車は1日に1本、15:10のみです。僕の場合、時間的にもちょうど良かったので利用しました。


ちなみに、このドンダン駅、特色があります。

金正恩が以前、訪れた事がある駅みたいです。

むっちゃ笑顔です(笑)

笑顔の金正恩

同じ社会主義国のベトナムで、こんな歓迎があったんですね。興味のある方は訪れてみてはいかがでしょう。ハノイから4時間30分ほどかかります。普通は中国・南寧方面へ行く時の通過駅でしょうけど。


ハノイ→ドンダン行きの列車もありますが、これも1日1本のみ。

7:05発の列車があります。

料金は9万4千ドン(470円相当)でした。何故か逆方向より高いですね。

それでも、ミニバンでハノイ→ドンダン行きだと10万ドンだったので、鉄道の方がわずかに安いです。

金正恩の設置物

駅には金正恩氏の写真と共にドンダンの歴史的な写真がいくつもありました。

1894年とか、1911年とか、100年以上前の写真も。

昔のドンダン駅

正直、日本人旅行者としては「バスと鉄道、どっちが安いのよ!はっきりして!」と思いますよね。そんな時、ベトナム鉄道のホームページから列車の発車時刻や料金を確認できるので、旅行代理店でバスの料金を確認して、どちらが安いか比べると良いですよ。

ベトナム鉄道は、オンラインチケットで予約できる!

ベトナム鉄道のホームページは、列車の料金や時刻の確認だけでなく、列車の仮予約も出来ます。パッと見は面倒くさそうですが、見ためより簡単ですよ。


オンラインチケットで購入する場合、以下の物を準備して下さい。

  • パスポート番号
  • ベトナムの電話番号
  • ベトナムの銀行カード(日本のカードは不可です。)


まず、「dsvn」でググるか、以下のリンクより、ベトナム鉄道のオンラインサービスへ飛びます。

ベトナム鉄道

チケットの予約、列車の時刻、料金が確認できて便利!

dsvn.vn

ホームページは、ベトナム語か英語か選べるのですが、英語→日本語に翻訳すると日本語にもなります。

以下の画面が出るので、出発駅と目的地を「英語入力」します。

すると、あら便利。勝手にベトナム語の地名に変換してくれます。

オンラインのベトナム表記

ただしベトナム語の綴り通りに文字を打たないといけないので、最初戸惑うかもしれません。

グーグルマップで綴りを見て、正確な文字を打ちましょう。


最初から日本語翻訳の変換を選ぶと、地名まで強引に翻訳してしまうため、ハノイが「ハニ」と出て来ます。分かりづらいので最初はベトナム語そのままで打つ方が楽です。

ハニが可愛いと思うあなたは、誤翻訳を楽しんで下さい(笑)

オンラインのハニ

※ホーチミンはサイゴンの綴りで登録されているので注意。

ロンビエン駅はきちんと翻訳されてる不思議…。

オンラインのロンビエン

日本語に翻訳されてないと、良い感じです。

次に片道か往復か選び、

日にちを選びます。

オンラインの日付

選んだら「検索する」をクリックします。

オンラインの検索

あなたが人間であるか尋ねて来るので、クリック。

あなたは人間か?

①その日に発車する列車が表示されるので選択します。

②車両を左右に動かし、シートを選択します。

列車選び

①白く空いている席を選択すると、チケットの料金が分かります。

空いていない席は茶色で表示され、選択できません。


②選択したら、カゴのアイコンをクリックします。

カゴをクリック

予約者情報を入力します。

入力は600秒以内(青いバケツの上に表示されている秒数)に終えなければ無効になります。

タイムリミット

こちらは入力しなくていい箇所です。

ここは記入しない

チケット予約する場合、こちらをチェックして、「次へ」をクリックします。

次へ

確認画面が出て来るので、下にスクロールします。

下へスクロール

「確認する事に同意します」をクリック。

確認することに同意します

こちらの予約成功の画面が出たら終了。

後で駅の窓口か郵便局で支払う事ができます。

駅で支払う場合、パスポートとこちらのコードが必要です。

予約成功

「お座りにくいです」

ハードシートの翻訳ですが、翻訳というより感想になってます(笑)

ベトナム鉄道の予約は出来るだけお早めに!

ベトナム鉄道は、乗客が集中する列車の料金が高くなるようです。そして、ベトナム鉄道は通常時でも1週間先の列車すら予約でいっぱいの時があります。

特にニャチャンからホーチミン行きの列車は激戦区です。

そのため、出来るだけ早くチケットを取る事をオススメします。

ホーチミン行きチケット

特にテトの時期は注意してください。

ベトナムでは正月を「テト」といい、ベトナム人にとって年間を通して最も重要な祝祭日です。2019年のテトは2月でしたが、年によって時期が前後します。

2020年のテトは1月24日が大晦日で、1月25日から1月27日で、テト元日が1月25日です。


この時期は、日本の正月と同様、ベトナム人が地元に帰ったりするため、交通機関は軒並み混雑します。混雑するだけなら良いですが、この時期は鉄道でもバスでも料金が高くなります。


僕がテトの時期に乗ろうとしたニャチャンからホーチミン行きの列車は、すでにソフトシートが売り切れており、ソフトベッドもほぼ満員だから次の列車に乗れと言われたのですが、そこを何とか…とねじ込んだところ、行ってみると3人の年配の方々がすでにいるボックス席だったので、少し気まずかったです。

掃除に来た車掌

でも、僕は折り紙を持っていたので、バラを折ってみせたりすると、オジさんも別の折り紙の花を折ったりして、旅しながらコミュニケーションが取れて良かった気がします。

あなたもベトナム鉄道に乗った時、暇つぶしになる物をいくつか用意しておくといいですよ。

折り紙を折るおっちゃん

その時のコラボ作品

コラボ作品

列車の旅は一緒にいる人たちとの雰囲気で、大きく変わりますよね。

ベトナム鉄道のまとめ

ベトナムでよくバイクの事故を見かけました。バイクの横に血を流して倒れている男性。旅行者を乗せたミニバンがバイクに気づかず路側帯を曲がろうとして、バイクに乗っていた男女の白人のバイクが倒れ、女性の足がケイレンが止まらなくなっていたり。


鉄道旅って、その点、少し安心ですよね。1人でも多くの人がベトナムで安心して旅が出来ますように。

他のベトナムの記事も読んで旅を楽しいものにしちゃいましょう~~!!

ベトナムのおすすめビーチ・リゾート5選!ベストシーズンやアクセス・観光スポットを紹介!のサムネイル

ベトナムのおすすめビーチ・リゾート5選!ベストシーズンやアクセス・観光スポットを紹介!

trip-partner.jp

ベトナム・ダナンのおすすめ一人旅スポットをご紹介!基本情報とモデルコース!のサムネイル

ベトナム・ダナンのおすすめ一人旅スポットをご紹介!基本情報とモデルコース!

trip-partner.jp

ホーチミンレストラン10選!インスタ映えするハリウッドスターも訪れたベトナムグルメレストランも!のサムネイル

ホーチミンレストラン10選!インスタ映えするハリウッドスターも訪れたベトナムグルメレストランも!

trip-partner.jp

絶対喜ばれるベトナムならでは駐在妻おすすめホーチミンお土産10選!購入場所やスーパーも紹介!のサムネイル

絶対喜ばれるベトナムならでは駐在妻おすすめホーチミンお土産10選!購入場所やスーパーも紹介!

trip-partner.jp