V8g6xetn9zmj0vylpvz4

イギリス

CATEGORY | イギリス

スコットランドのブランド!イギリス王室御用達のファッション、お菓子をご紹介します♪

2019.11.07

スコットランドといえばスコッチウィスキーが思い浮かぶブランドですよね。スコットランドには小さな島から歴史と伝統あるファッションブランドが多くあり世界で愛されています。そんなスコットランドの有名なブランドをお伝えしていきます。本場で手に入れてくださいね。

この記事に登場する専門家

I7u2e7fboiesfq7epimb

イギリス在住ライター

ami

イギリスに住み10年。イギリスでの子育て、文化に戸惑いながらも楽しくのびのびと生活しています!
ヨーロッパ旅行、世界遺産、カフェ巡りが趣味♪ イギリスでの子育て、日々のこと、海外旅行のことを綴っていきます〜!

  1. スコットランドのブランドって意外と多い!?
  2. スコットランドのブランド!カシミアスカーフ〜♪
  3. スカーフのブランド①おしゃれなジョンストンズ
  4. スカーフのブランド②世界最高峰のクオリティー・ベグ・アンド・コー
  5. スコットランドのブランド!老舗のアウターブランド♪
  6. アウターのブランド①スコットランドの定番ハリスツィード
  7. アウターのブランド②スコットランド老舗のマッキントッシュ
  8. アウターのブランド③イギリス王室御用達のバブアー
  9. アウターのブランド④大人気のレインシューズ・ハンター
  10. スコットランドの歴史ある雑貨のブランド〜!
  11. 雑貨のブランド①ブライドルレザーの名門・グレンロイヤル
  12. 雑貨のブランド②ハリスツィードといえば・グレンアピン
  13. 雑貨のブランド③アラン島で作られる・アラン・アロマテックス
  14. スコットランドの有名な人気あるお酒・お菓子のブランド!
  15. イギリスと言えば!【スコッチウィスキー】
  16. 日本未上陸のイギリスのお菓子【ボーダー社のビスケット】
  17. 馴染み深いイギリスのお菓子【100年の歴史あるショートブレッド】
  18. イギリスのソウルフード【キャラメルワイファー】
  19. スコットランドのブランド・まとめ
Grozj8rvjso5gojpyhlk

こんにちは、イギリス在住のamiです!スコットランド、スコッチウィスキーのイメージが強いですよね。

スコットランドのブランドには歴史のものが多く、またイギリス王室御用達のアウター、アウトドア、高級なカシミアなどが多くあります。

日本のセレクトショップなどで取り扱っているブランドはスコットランドからのものが多いのですよ。イギリスとはまた違う老舗のブランドをお伝えします。

Kinn1eadljfdazcyaqge

スコットランドといえば、タータンチェック柄が民族衣装にも使われておりマフラー、スカーフ、ブランケットなどたくさんの商品があります。スコットランドの家庭にはタータンチェックのブランケットは1枚はあるといっても過言ではないです。

スコットランドへ来た際には1枚は買って帰ることをおすすめします。とっても肌さわりがよく暖かいです〜!

Wwheehettlliir7qghhb

最初にご紹介する、スコットランドのブランドは、「ジョンストンズ(Johnstons)」です。1797年に創業したスコットランドの最古のカシミアメーカーとなっています。

日本の方も大判のスカーフを持っている方も多いですよね。

Rloyysdqcqbz4i9fztzz

ジョンストンズは肌さわりの良いカシミアのスカーフ、シンプルなものからタータンチェック、伝統的な柄まで幅広くあります。スコットランドでも高価なジョンストンズ(Johnstons)のスカーフですが免税にて購入できます。小さなスカーフは2万円ほどとなります。1枚は欲しいおしゃれなブランドのショールです。

T4wlqnftrhy8gzkalfb6
引用: https://www.instagram.com/p/BvJeMsbHVtm/

最高級のクオリティーと言われているスコットランドのブランドは、「ベグ・アンド・コー(BEGG&CO)」です。1869年創業の老舗のベグ・アンド・コーは、世界で最高級のカシミア、アンゴラ、シルクなどを使い作られているスカーフのブランドです。ラグジュアリーな1枚自分へのご褒美に欲しいですね。

ベグ・アンド・コーのスカーフの値段は様々ですが2万円ほどからあります。スコットランドのおしゃれな人たちのマストアイテムともなっています。

Iorlubzvs38xmeztfizc

スコットランドは750個もの島がありそんな小さな島から生まれたブランドがたくさんあるのです。伝統を守りながら職人の手で作られるものは、イギリス王室御用達となっており、『Royal Warrant(ロイヤルワラント)』に認定されたものが多いです!

Xsvdccs2nsbplcdg3jwi

日本でも世界でも人気のあるブランドといえば、「ハリスツイード」です。ハリスツイードはスコットランドのハリス、ルイス島のみで作られているものを指します。英国にはハリスツイード協会があり厳しい基準をクリアーしたもののみが、ブランドの名前を名乗れるのです。

Clvvyrpprjgctambbppn

スコットランドのお土産ショップにはハリスツイードのバッグ、ポーチ、手袋などの雑貨が売られています。英国紳士のように素敵にツイードジャケットを着こなしたいですよね。ハリスツイードの小物は1500円ほどから購入できます。スコットランドの家庭にはクッション、ポーチなど1つは置いてある有名なブランドです。

Ewr0ig8kry4mmqnt7btn
引用: https://www.instagram.com/p/BxXDdG8la27/

スコットランドのグラスゴーにて1824年に誕生したレインコートは、ゴム引きの防水のレインジャケットのことです。スコットランドの発明家、『チャールズ・マッキントッシュ』の名前から名付けられたレインコートのブランドが、「マッキントッシュ(Mackintosh)」となり老舗の伝統ある製法によって作られています。

アゥターはシンプルながらにも、高いファッション性が感じられます。

マッキントッシュのコートは10万円ほどする高価なものですが何年たっても色あせない長く愛用できる1枚です。さりげなくオシャレに着こなしている男性をよく街でみかけます。ロンドンっ子も大好きなマッキントッシュです。

Degpb04ndqjsbjoj6gih

世界中で大人気のアウターブランドの『Barbour(バブアー)』は、実はスコットランド生まれってご存知でしょうか!?1894年創業のバブアーは、キャサリン妃が乗馬スタイルにて着用しているジャケットに、ブーツなどテレビや雑誌にて見たことある方も多いですよね。

イギリス王室からロイヤルワラントを3つも与えられている歴史あるブランドのBarbour(バブアー)です!

Kia9g3fuunrj0hiesqhw

雨の多いスコットランド、イングランドではアウトドアライフスタイルブランドのBarbour(バブアー)を着ている方がとても多いです。私もジャケットは10年ほど愛用しています。メンテナンスもしっかりしているために、長年愛用できるのはとても嬉しいです。英国のジェントルマンのようにさらりとジェケットを着こなしたいですね。

Wi07vqc8peaeqmuojnci

日本で購入するよりスコットランドは半額ほど安く買えるもがもありますよ。バウアーはスカーフ、帽子など5000円ほどから購入できます。スコットランドでは30、40代の女性男性がさりげなくおしゃれに着こなしています。年配の方がハリスツイードの帽子とバウアーを着ているとおしゃれだなと眺めてしまいます。サラリーマンの方もバウアーのシャツを着て出勤しています。

Sfxkmt5yrzndzo0v6xrf

日本でも大人気のアウターブランドのハンター(HUNTER)は、スコットランドの首都エディンバラに本社がある老舗のブランドです。

イギリス王室御用達のラバーブーツが特に有名ですよね。雨の多いスコットランドでは大活躍のハンターレインブーツです。子供から大人の方まで重宝して毎日のように履いている子をみかけます。子供用は3000円くらいから安く買えます。

Lkudfhph06l3kloigkzo

スコットランドでは雨の日にはく長靴のことは、『Wellies(ウェリー)』と言います。wellington bootsの略した英語でイギリス英語のスラングです。ゴム製の長靴のことですね。アメリカ英語はレインブーツとなります。

Ykidpvi7zlxsfggnfcxs

スコットランドのレザーブランド、アラン島のコスメなども有名なブランドです。ハリスツイードから作られるハンティング帽子などをご紹介します!

Iyfhb05km8gwgrypzia5
引用: https://www.instagram.com/p/B3Unuh_pw54/

スコットランド発祥のレザーブランドの『グレンロイヤル(GLENROYAL)』。1979年に創業した革製品の高級ブランドです。グレンとはスコットランドのゲール語で、”渓谷”を表し、ロイヤルとは”王室”の意味合いです。グレンロイヤルは、熟練工の人たちによって一つ一つ丁寧に手作りされています。

Doh5xayhrmodcddmaral
引用: https://www.instagram.com/p/B1q3sEzJNyp/

ブライドルレザーを使い滑らかな革製品のハンドバッグ、財布、手帳など一生愛用できるグレンロイヤル(GLENROYAL)、本場のスコットランドにて手にとってみてくださいね。名刺入れは1万円ほどからあります。バリバリと働く人たちの愛用品としてビジネス手帳、ハンドバッグを持っているスコットランドの人たちです。

Y8hpxfb7fo8fomamprrl

スコットランドの老舗のブランドとなる「GLEN APPIN (グレンアピン)」は、ハリスツイードを使いハンドバッグ、手袋など様々なものを作り出しています。

グレンアピンで特に有名なのはハンティング帽子です!昔は上流階級の英国紳士しか被れなかったハリスツイードのハンティング帽子なのです。ツイードは雨、風を通しにくく暖かいためスコットランド、島ではとっても重宝します。

Fwtfznjltdqgep6azvfw

スコットランドへ旅行へ来た際には、GLEN APPIN (グレンアピン)のブランドを探してくださいね。日本には未入荷となっています。雑貨などは1000円ほどから購入できます。スコットランドの若者、年配の方の愛用品のグレンアピンです。

Jol6xp4enfn9z7mpgpwc

スコットランドの島、「アラン島( Isle of Arran)」にてナチュラルなコスメ、『Arran Aromatics(アラン・アロマテックス)』が作られています。イングリッシュラベンダーを使って作られるソープ、ヘアケアー、ボディーケアが人気となります。日本には未入荷となっているアラン・アロマテックスはお土産に喜ばれます。ソープは600円ほどです。

Nyghb4kjhvoy6tiqfy0a

メンズのスキンケアが充実しており、シェービンググッズなどプレゼントに贈る方が多いスコットランドの人たちです。

アラン島は、スコットランドの地形に似ている島のために、ミニチュアのスコットランドと呼ばれ人気ある観光地です。ストーンヘンジ、美しい海に手付かずの大自然があるアラン島へ足を運んでくださいね。

Lcqjfqrgygbhsddkuq8l

スコットランドといえば、NHKテレビドラマ『マッサン』で有名となったスコッチウィスキーでしょうか。たくさんの島国があるスコットランドではウイスキーの蒸留所巡りが人気となっています。

スコットランドのお菓子もご紹介していきます。スーパーで気軽に買えるブランドです。

Dz9mepsri5vih0qotaet

スコットランドといえば、「スコッチウィスキー」がとても有名です。スコットランドで作られるウィスキーは世界の5大ウィスキーと呼ばれています。

スコッチウィスキーの聖地と言われる「アイラ島」には、8個の蒸留所がありウィスキーツアーをする人が多くいます。

Xgjfequjhl4i6qzdtanb

スコットランドのパブにはもちろんたくさんの種類のウィスキーがあり、首都エディンバラやグラスゴーにはウィスキーショップがありティスティングをしてから購入することができます。また小さなスーパーにも必ず置いてあるスコッチウィスキーです!スコッチは年代物などによって値段が様々ですが1000円ほどから小さなサイズを購入できます。

B20tyzyp4yga6cn8g1ve

スコットランドの老舗ブランドの、「BORDER(ボーダー社)」は日本未入荷となっており、お土産に買っていくと美味しくってとても喜ばれるビスケットです。厳選された素材と昔ながらの製法にて作られているビスケット。ぜひスコットランドへ来たら食べてくださいね。バタースコッチ、ストロベリー、チョコレートフレーバーがおすすめです!スーパーでは300円ほどで気軽に買えますよ。

K2afoqilbtsihvtw64s1

日本でも見かけるタータンチェックのパッケージのショートブレッド、「Walkers(ウォーカーズ)」はスコットランドの老舗のブランドです。100年以上もの間、スコットランドの人達、世界中で愛されているショートブレッドです。

Fdxqiobcre6enqvo9dil

スコットランドのお土産には、Walkers(ウォーカーズ)をおすすめします。スコットランドの犬、国旗などを選びませんか。スーパー、お土産ショップで300円〜で購入できますよ!

Sof0xbwewstf0ckfj1og
引用: https://www.instagram.com/p/B34s_J2DJL7/

スコットランドの人たちのソウルフードとも言える、Tunnck's(タノックス)社のお菓子キャラメルワイファーです。ウエハースにチョコレートでコーティングしてあり、どこか懐かしい味のお菓子です。1890年から愛されているお菓子のブランドです。これを知らないスコットランド人はいないです!4本入りで150円ほどでスーパーでは買えます。

ロンドンとはまったく違う雰囲気を持つ、スコットランド。そんなスコットランドでは歴史あるファッション、お菓子のブランドがとっても多くあります。これ?ってスコットランドのブランドだったのね、と感じてもらえると嬉しいです。

この記事が気に入った方は、スコットランドをまとめた記事も読んでみてください!


サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/Byw8FhZjjBc/