Lqsubjvk1tcami2s92zf

台湾

CATEGORY | 台湾

現地留学生の台湾旅行マスターが必要な持ち物・文化情報をピックアップ!意外に要らないものはコレ!

2019.11.13

親日で海外での人気旅行先としてもあげられる台湾。実際台湾旅行にはどんな荷物を持っていけばいいのか、台湾旅行や留学にもたくさん行ったことのある私が、事前準備で必要な持ち物一覧表や持っていけばよかった持ち物、服装についてご紹介します!

この記事に登場する専門家

Z5qng5rzmco9ikqbvmmv

リケジョ大学院生

Ko Hong

本業そっちのけで語学留学やアメリカへインターンシップなどに行ってきました。現在は大学院で中国人留学生のサポーターをしており中国語を勉強中。

  1. 台湾ってどんな国?
  2. ①台湾の気候
  3. ②台湾の物価
  4. ③国民性
  5. 台湾旅行の持ち物【必需品編】
  6. 台湾旅行の持ち物【現地で調達編】
  7. 台湾旅行の持ち物【あれば便利な持ち物編】
  8. 台湾旅行の持ち物【持ってい方けばよかったもの編】
  9. 台湾旅行の持ち物【持っていかなくてよかったもの編】
  10. 台湾旅行の持ち物【一覧表】
  11. 旅行時期や状況に合わせて荷物をパッキングしょう!
Azs4jdrjyqhp6cbhlcuj

こんにちは!

台湾で留学をしていたKoHongです!

旅行で何度も台湾に行ったことがあり、現地の友達に会いに行ったり、友達に日本を案内したり、としているうちにすっかり台湾通になってしました。


台湾旅行には何持っていけばいいんだろう?そんな方のために持ち物リスト一覧表をまとめてみました。

今回は短期の旅行から留学も体験した私から、みなさんに持っていけばよかったものや、事前準備すれば台湾旅行はバッチリ!な持ち物リスト一覧表をご紹介します。


その前にまず、台湾とはどのような国なのか?チェックしてみましょう。

Hsi8ymtfuny3oerhtcgs

私は、最も寒い時期である12~1月や、一番暑い時期の8~9月も台湾で過ごしました。


台湾は冬は雪もほとんど降りませんし、とても過ごしやすいです。

私は、ほとんどTシャツや短パンなど、服装に関しては日中は夏服で過ごしました。

台湾は冬でも平均気温が20℃前後で、最高気温は30℃をこえることもザラにあります。

もちろん朝晩は冷え込むので服装としては秋服を持っていくといいです。

上着を持っていけばよかった…となったら嫌ですよね。


夏は、日本と比べると湿度が高く蒸し暑いです。

服装は日本と同じような格好で問題ありません。

Ynrce1j9rubmhccaovhl

旅行中に現地で欠かせない出費として宿泊費、食費、交通費が挙げられますね。


まず、宿泊費に関しては例えば台湾で朝食付きで5000円というホテルだと、かなり良いところに泊まることができます。

私は、3000~4000円くらいの場所に泊まりましたが、きれいでご飯も美味しかったのでかなり満足でした。


また、食費は日本円で300円くらい払えば、結構な種類のご飯をお腹いっぱい食べることができます。私は、一食あたり40元(150円ほど)で済ませていました。

Epu6jj8zzqqsbjan2ju3

交通費に関しては、MRTという地下鉄やバスは日本よりかなり安いです。

およそ日本の半額と考えて大丈夫です。

これよりさらに安くする方法があるので、詳しくは台湾旅行の持ち物【現地で調達編】を見てみてくださいね♪

Rjmqkrgkorydqwxzcg6u

親日な人がどの国よりも多い印象を受けました。


簡単な日本語を話せる人が多いですし、日本のドラマやアニメが好きな人も多いです。

初めて台湾にいったときにできた台湾人の友人がいるのですが、日本のドラマが大好きで私よりもよく知っています(笑)

友人の彼氏は名探偵コナンが好きで漫画を見て日本語を勉強するほどでした。


また、わたしはこんなに台湾のように「ごめん」と「ありがとう」を言う国民は、日本人以外ではあまりあったことはありませんでした。

日本人に性格が似ているような気がしますし、仲良くなれるひとたちが多いです。

パスポート

Uz4y9l9oq6ogcxsbtcq2

パスポートがないとそもそも出国・入国ができませんし、飛行機に乗ることもできません!

必ず持っていくようにしましょう。

パスポートをは、空港だけではなく、年齢確認やホテルのチェックインにも用います。


パスポートを持っていない方は、申請すれば2~3週間でできるのではやめにつくりましょうね。

航空券

Dzv1cvbvhopugrqp2fci

最近は、紙のチケットより、電子チケット(eチケット)でメールで送られてくる方が多いです。

空港のカウンターでメールにのってある予約番号を伝えましょう。


また、航空会社によってはオンラインチェックインがでいるところもあります。

ホテルの予約表

Jbpmvvq8n7jjyslctdrj

ネットで予約する方がほとんどだと思いますが、ネットで予約すると必ずメールにて予約表が送られてきます。

不安な人は印刷して持っていってもいいと思います。

携帯・充電器

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/iPhone8IMGL8492_TP_V.jpg

今のご時世携帯は必須ですね!

私は、写真を撮りまくってlineで友達に送ったり、インスタのストーリーに投稿したりしていました。

普段から携帯をたくさん使う人は普通の充電器はもちろんポータブルの充電器ももつといいですね♪

リュックまたはキャリーケース

Scf3vugtcp9qeom4ha5z

宿泊日数によりますが、私は3泊4日のときはリュック一つで行きました。

格安航空で預け入れ荷物は追加料金ということだったので、手荷物だけで7 kg以内に収めました。

たくさんお土産を買いたい!預け入れ荷物は追加料金がかからないという人はキャリーがおすすめです!

衣類

下着・洋服類はマストですね!

台湾は夏でも冬でも暖かいため、わたしは服装は、夏服の上にユニクロのダウンジャケットを着て過ごしていました。

コンパクトにまとめられるため、荷物のスペースも空き、かなりおすすめです!

軽くてコンパクトなのに加え、着るとかなりあたたかくなります。

服装はできるだけ軽装で行った方が無駄な荷物が増えず楽です。

現金(台湾ドル)

Tlfp58dwgfkapp5dixbk

私は、ネットで外貨を換金しました。

外貨に関しては、ネットで事前準備して受け取ってから現地に行く方が私は好きです。

空港や銀行より手数料は取られませんし、家に届くので時間のない人にもおすすめです。

財布

Ka5cteullb3gvfizquv5

私は日本では長財布を使っていますが、長財布は場所はとるし、見た目は高そうに見えるし不安だったので、外貨用に100均で財布を買いました。


日本円と混ざると使いにくいですし、荷物がよりコンパクトになるのでおすすめです。

クレジットカード

海外旅行では、クレジットカードがあるとかな~り買い物が楽です。

財布に旅行中の大金を入れておくのは不安ですし、大きい買い物をすると現金が足りなくなってしまうこともあります。

またキャッシュ機能付きのクレジットカードもあるのでそこから引き落とすこともできますね!

SIMカード

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/UNI15042555IMG_1751_TP_V.jpg

みなさんは、いつも海外で携帯はどのように使っていますか?

わたしはいつもSIMカードを購入しています。

Wi-Fiルーターと違って充電は必要ないですし、SIMカードを携帯に挿入すれば終わりです。

空港カウンターで買うことができ、お値段は5日で300元(日本円で1100円ほど)とかなり安いです!

また、ネット通販でも事前準備することができます!

悠遊カード(EASY card)

Gzmqb5ftghipa2k5gis6

日本でいうSuicaのような交通ICカードが、台湾にもあります。

空港で100元(370円ほど)で購入することができ、なんとこのカードを使うと交通費が2割引きになるんです…!

ただでさえ、一区間80~90円と安いのにさらに2割引きです…!

ぜひゲットしましょう。

小さめのカバン

Se4r1pzseegisrqjc9s6

コンパクトなカバンは持っておいて損はないです!

旅行中は、ただでさえたくさん移動するので財布、パスポート、ティッシュなど最低限のものだけを入れて移動しましょう!

私は、台湾でこの写真のバッグを買ったので旅行中とても便利でした。

Wi-Fiルーター

海外旅行には、ネットや携帯が不可欠ですね!

先ほどSIMカードをご紹介しましたが、なんか不安…面倒くさそうと思う方は、Wi-Fiルーターがおすすめです。

日本の空港で借りて、帰国したときに返却すればいいので楽ちんです。

ご自身にとって、Wi-FiルーターとSIMカードどちらが必要なのか事前準備としてしっかり把握しておきましょうね♪

海外旅行保険

Z14v47awbjoypldjp9ry

保険は入っておきましょう…。

怪我をしたときはもちろんですが、海外で物を壊すと莫大な請求額になります。

何があるかわからないので念のため加入した方がいいです。

最近では、クレジットカード自動付帯の保険や安い保険もあります。

私はいつも「たびほ」というサイトでとっています。

傘・レインコート

台湾は台風が来やすい時期があることもあり、折りたたみ傘を持っていた方が〇です。

私はちょうど夏に台風の時期と被ってしまい、雨が連日続きになり傘を現地で買うことになったので…。

台湾でも買えますが日本の100均で買った方がはるかに安いです。

虫よけスプレー

Uzxw48rjfkzucfkah0dp

8月9月頃は、ほぼ毎日のように虫よけスプレーを付けていました。

台湾には強力な蚊がおり、さされるとかなりかゆかったです。

日中や夜でも必ずつけていました。

私は写真のようなミストタイプのものを付けていたので臭いは気になりませんでしたよ♪

ヘアアイロン・ドライヤー

Xv3w7wslvwbnfiewcesd

ホステルやAirbnbのような民泊だと確認が必要ですが、私は、大学の寮・ホテル・Airbnbすべてを使いましたが、たいていの宿泊施設にはドライヤーは置いてありました。

ただ、ヘアアイロンは日本と違い置いている場所はあまりないため、個人で持ってきた方がベターです。

洗濯ネット

もし3日以上滞在する場合や洗濯をしようと思っている方がいたら洗濯ネットを持っていくことをおすすめします。

なぜなら、コインランドリーやホテルの洗濯機は共用のものです。

台湾ではもし誰かの洗濯が終わっていて、かつ自分が使いたければ他人のものを出して洗濯する人がほとんどです。

中身を見られたくない人、紛失したくない人はネットを持っていきましょう。

生理用品

女性の方は環境が変わると周期が変わることもあるため、一応持っていくと便利です。

日本の生理用品は質が高いので現地でも売っていましたが、割高でした…。

化粧品

現地でフェイスマスクやコスメは買いましたが、普段愛用している化粧品を持っていくと肌荒れした時にも安心でした!

薬・常備薬

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/netunetuIMGL0165_TP_V.jpg

実は台湾で一度だけ体調を崩したことがあります。

台風の時期で気圧がさがったからか、頭痛や腹痛などの不調がありました。

台湾は日本と比べるとトイレを探すのが大変な場所でもあります。

常備薬や腹痛の薬は持っていけばよかったと今でも思います。

ウエットティッシュ

Xxjgooipbqs2notdbf7m

ティッシュは持っていったのですがウェットティッシュを持っていけばよかったと後悔しました。

台湾は日本と違いおしぼりが出てきません。(日本以外はたいていでできません。)

手を拭いたり、夜市でおはしを拭いたりするときにあるととても便利です。

マスク

Yztfrmcyzz6norjc6piz

マスクも持っていけばよかったと思うものの一つです。

台湾特に台南の方はPM2.5の影響が少なくありません。

心配な方はマスクを持っていきましょう。

その他にもホテルでは暖房や冷房で、飛行機でものどが乾燥することがあるため、もっていくと安心です。

夏はホテルの冷房でのどがやられてしまったので、持っていけばよかったと後悔しました。

変圧器

Iqhs19va5cjov6ubnzn8

台湾で変圧器は一度も使いませんでした。

プラグの形状も一緒です。

ガイドブック

今はスマホがあるので、ガイドブックはただの荷物となりました…。

ただ事前準備として調べておくことは良いと思います!

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/ME_BOOK20160902273713_TP_V.jpg

台湾旅行の持ち物リストを一覧表にしました。

【必需品】、【現地で調達編】、【あると便利なもの】、【持っていけばよかったもの編】、【持っていかなくてよかったもの編】です。

ぜひ一覧表をチェックしてくださいね♪

台湾旅行の持ち物【必需品編】一覧表

  • パスポート
  • 航空券
  • ホテルの予約表
  • 携帯、充電器
  • リュックまたはキャリーケース
  • 衣類
  • 現金(台湾ドル)
  • 財布
  • クレジットカード

台湾旅行の持ち物【現地で調達編】一覧表

  • SIMカード
  • 悠遊カード(EASY card)

台湾旅行の持ち物【あれば便利な持ち物編】一覧表

  • 小さめのカバン
  • Wi-Fiルーター
  • 海外旅行保険
  • 傘・レインコート
  • 虫よけスプレー
  • ヘアアイロン・ドライヤー
  • 洗濯ネット
  • 生理用品
  • 化粧品

台湾旅行の持ち物【持っていけばよかったもの編】一覧表

  • 薬、常備薬
  • ウェットティッシュ
  • マスク

台湾旅行の持ち物【持っていかなくてよかったもの編】一覧表

  • 変圧器
  • ガイドブック
G200w33mdnxl7qipdiqd

旅行を楽しく過ごすには、事前準備をしっかりしておきましょう!

みなさんが旅行へ行く時期やそのときの状況に合わせて荷物を事前準備するのがベストです。

ぜひ一覧表を参考に荷物をパッキングしてみてくださいね!

また、服装についても台湾は一年を通して暖かいため、軽装で大丈夫です。

季節や行く地域に合わせて服装も選ぶと最高です!


他の台湾の記事もチェックして充実した旅行を楽しんでください~~!