Ommjlbaa6myhj5cuy8vn

台湾

CATEGORY | 台湾

欲しいお土産が全て揃う台北・迪化街(ディーホアジェ)特集!在住者がおすすめのお店6選を厳選!

2019.11.05

台北の迪化街(ディーホアジエ)という名前はメディアやガイドブックでよく目にするけれども、実際に何があるの?どんなものがおすすめ?と思っている方のために、台北在住7年目で頻繁に迪化街へ通っている私がおすすめのお店を紹介します!夜市では買えないお土産がたくさんあり、歩くだけでも楽しいですよ。

この記事に登場する専門家

Rsgkvke4de4tjegevpvm

台湾ブロガー

Coco

日本で生まれ、NZで高校から10年住んだのち、2013年より台湾在住。2018年放送「幸せボンビーガール」の台湾移住ガール。台北で現地採用で働くアラサー関西人ブロガー。

  1. 台北に来たら迪化街へ!
  2. 台北おすすめの観光地、迪化街とは
  3. 台北・迪化街で買い物をする際の注意点
  4. 台北・迪化街おすすめお土産①永樂布業商場(布市場)の客家布
  5. 台北・迪化街おすすめお土産②知藝服裝材料の台湾原住民柄リボン
  6. 台北・迪化街おすすめお土産③Wasang Show(花生騒)の原住民グッズ
  7. 台北・迪化街おすすめお土産④民藝埕の小籠包型茶器
  8. 台北・迪化街おすすめお土産⑤新點子食品(Fresh Idea Food)の食品いろいろ
  9. 台北・迪化街おすすめお土産⑥曾拌麵文創館のクオリティ高いインスタント麺
  10. 台北・迪化街はウィンドウショッピングだけでも楽しく過ごせます!

こんにちは!台湾在住7年目に突入した、現地採用で働く台湾ブロガーCocoです。

最初は台湾に長居するつもりがなかったのに、気づけば長期滞在組になってしまいました。

旅行で何度か訪れていた台湾は、住んでみると安全・便利・楽しいと、全てにおいて条件がよく、

7年目の今も快適に生活しています。

移住当初の2013年に比べ、ここ数年日本からの観光の方が増えてきて、それに伴い台北市も日に日に進化しています。

最近特におすすめなのが【迪化街(ディーホアジエ)】と呼ばれるストリート。

在住者だからこそ分かる、迪化街のおすすめスポットを記事にて紹介していきます!

Vfnxlefa8jddzjcqcchl

台北・迪化街(ディーホアジエ)という名前は各ガイドブックでもよく紹介され、最近では台北でマストビジットの場所の一つになってきているので、聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

迪化街というのはこのストリートの名前なのですが、エリア的には大稻埕(ダーダオチェン)と呼ばれています。

淡水川という台北を流れる大きな川の側で、昔は貿易のための港があったそうです。

貿易で降ろされた積荷がこちらの迪化街の商店に並べられたため、古くから商業地区として発展しました。

今の台北の中心地ではないのですが、ショッピングエリアの中山駅や台北駅から徒歩圏内に位置し、

古い建物がたくさん残っているため、今は“SNS映えする”観光地として毎日賑わっています。

Phaos1glh2nmfughf9ut

煉瓦造りの建物がたくさん並び、代々続く漢方薬屋さん、布市場、昔ながらの食料品屋、地元の人が通う軽食屋さんなどがひしめき合う中に、建物の中をリノベーションしたモダンでおしゃれなカフェやお土産屋も増えてきていて、とても魅力的なエリアです。

台北の「古い」と「新しい」を同時に味わう事が出来ます。

近頃は日に日に素敵なお店が増えており、台北在住7年目の私も行くたびに新しい発見があります。

特にショッピングが楽しいので、在住者目線でおすすめのお土産を紹介します!

Mpraqxmvsmuuv4qdoumk

こちら台北・迪化街は、主要の駅からも徒歩圏内でアクセスもよく、お土産の買い物にパーフェクトな場所なのですが、注意点がいくつかあります。

⒈お店の営業時間

夜市とは違い、迪化街は夜はお店が閉まってしまいます。

遅くまで開いているお店でも、午後8時ごろでしょうか。

台北では、夜は夜市に行くことができるので、このストリートでの買い物は夕方までに行くようにした方が無難です。

また、問屋さんが多いため、日曜日は開いているお店の数がグッと減りますのでその点もご注意ください。

⒉車

こちら迪化街はあまり道が広くないのですが、道の真ん中は車道になっているため、普通に車が入ってきます。

歩行者天国ではありませんので、道路を渡って向かいのお店に行く際などは必ず車が来ていない事を確認してから渡るようにしてください。

G7kz1nk3vvyfr0djkjnb

永樂布業商場

住所:台北市大同區迪化街一段21號

営業時間:10:00〜18:00

定休日:日曜日

台北・迪化街の南京西路側の入り口からすぐに、布の問屋さんばかり入っている「永樂布業商場」と大きく書かれたビルがあります。

こちらの写真の所から入ると、真正面が階段なので2階へ上がると・・。

迷路のようなフロアに、とんでもない数の布屋さんが!!

Xggnss4zsbak2s1xkvpd

中は迷路のようになっており、ワンフロアに100以上のお店がありますが、その中でも特に目を引くのが、鮮やかな花柄の布。

これは客家(ハッカ)という、かつて中国南部から台湾へ移住してきた人たちの伝統的な布です。

ビビッドな色の布にとてもキレイな牡丹の花のプリントが施されていて、いつも見入ってしまいます。

手芸用などに布を好きな大きさに切ってもらって購入することも可能ですし、写真にあるバッグのようにすでに雑貨として売られている物もたくさん見つけることができます。

ここの布市場は客家布以外にも、デニム時やレースなど洋服の布も盛りだくさん!

日本で買うよりも値段が安いと思うので、手芸が好きな方などは台北のこちらで布を仕入れるのはどうでしょうか?

Kqchiigpps5hfne2dxe7

知藝服裝材料

住所:台北市大同區迪化街一段26號

営業時間:10:00〜18:30

定休日:なし

さきほどの布市場の斜め向かいにあるこちらのお店では、布そのものではなくリボンやボタンなどの素材が豊富に売られています!

お店に入った瞬間に目につくのが、リボン(チロリアンテープ)の種類の多さ!

Wxqrkhgirdkk3ocu0utn

こちらも自分の欲しい長さだけ買えるシステムになっています。

中でも私のおすすめはこちらです。

Bmpwjnzu4y1hlmuazory

そうです、台湾原住民の伝統的な柄のリボンが売られているんです!

エスニックファッションが好きな方、手芸でアクセントになる物を探している方には最適じゃないでしょうか。

台湾ならでは!なので、お店に入って柄の種類を見てみるだけでも楽しいかもしれません。

Uzkvlbpicnw1xq726mim

Wansang Show 花生騒

住所:台北市大同區迪化街一段3號

営業時間:10:00〜19:00

定休日:なし

Ojgyzxms99fucccdytuf

迪化街と南京西路のすぐ交差点近くに店舗を構える、フクロウマークが目印のこちらのお店は、台湾原住民の衣料にインスパイアされた台湾のアパレルブランド。

完全な民族衣装なのではなく、全てに程よく原住民のデザインが取り入れられています。

デザインはかなり洗練されていてユニーク!

いわゆる“ザ・お土産!”という感じのTシャツなどではないので普段使いにも問題なしです。

Hccydggoiaccuglrilbu

服以外にも、原住民デザインを取り入れた雑貨もたくさんあります。

マスキングテープにキーリング、ドリンク(タピオカミルクティーなどの)用ホルダーなどなど。

夜市のように一つ一つのアイテムが激安!という訳ではありませんので、

バラマキ土産ではなく、自分用や大切な人へのお土産などにいかがでしょうか。

Zzzkyf9gvljqxsqdluvp

民藝埕

住所:台北市大同區迪化街一段67號

営業時間:9:30〜19:00

定休日:なし

漢方薬屋さん、乾物屋さんなどがズラーっと並ぶ中に、素敵なお茶器屋さんがあります。

こちらも迪化街の特徴である、古い建物をリノベーションしたお店で、店構えがとても素敵。

この時代の建物は奥に長く、中庭があるのが特徴で、こちらのお店はそれをそのまま残してあります。

Roorilsvo0pamq0vxpq0
Wwsg9ghm5r87c7quv23t

中に入るとこのように、中国茶用のお茶器からマグカップまで盛りだくさん。

かっこいいデザインの焼き物がずらりと並んでいます。

クリエイターさん手作りのものばかりで、見ていて飽きません。

ここでしか手に入らないものも多いのではないでしょうか。

Fl9gozrmi2snxydttde8

その中でも私のイチオシがこちら。

小籠包型の中国茶セットです!!

急須やお茶っぱ入れ、それから湯のみなど中国茶を飲む時に必要なものがセットになっているのですが、

小籠包の形をしているのがかわいすぎます!

焼き物のため、スーツケースに入れて持って帰るのは少し大変ですが、日本で中国茶を楽しむ時にこの茶器があれば素敵ですね。

Qj81ggrkzonf8zemkpl6

新點子食品 (Fresh Idea Food)

住所:台北市大同區迪化街一段73號

営業時間:月〜金8:30〜19:00/土日8:30〜18:30

定休日:なし

私はこのお店を迪化街で発見して以来、日本に一時帰国する前など、食べ物のお土産が必要な時は必ずここで買い物しています。

理由は、買えるものの種類がたくさんあって、どれもリーズナブル、そしておいしいものの宝庫だから!

Gvb8kgf14wze5fejiixo

こちら台北の迪化街では、ストリートにある乾物屋さんなんかでもドライフルーツやドライベジが多いのですが、中には砂糖たっぷりのものも。

こちらのお店では、無糖の台湾産「愛文マンゴー」のドライマンゴーが購入できます!

マンゴーのおいしさがぎゅっと詰まって、素材そのままの味が楽しめるのでお気に入りです。

その他ドライベジの種類も豊富で、フルーツも含め全てにおいて試食が可能。

きちんと味見をしてから購入できるので安心です。

Vgh9xs8lewilbyy7apir

台湾土産代表のカラスミは、そのものを買うとクオリティによっては値が張ってしまいますが、ソースなら気軽に買えます。

パスタやチャーハンを作る時に加えたり、使い道は無限にありますね!

Uafawmusdsaw2ili9x01

それから、お茶の種類も豊富です!

こちらはプーアール茶とその他のお茶っぱがブレンドしてあり、一回ずつの量に梱包されているもの。

小さいパックも売られているので、バラマキ土産にも最適です。

H5gqj6rslebqjp4s2uar

曾拌麵文創館

住所:台北市大同區迪化街一段171號

営業時間:10:00〜19:00

定休日:なし

台湾には、いたるところでおいしい麺が食べられるのはみなさんご存知ですよね。

街を歩いていると、牛肉麺を始めとして麺屋さんが目に付くかと思います。

お土産として台湾のインスタント麺をスーパーで購入する方も少なくないですが、こちらのインスタント麺は一味違います。

Rhm8as6nws7d4fps3tlo

この麺はなんと台湾の芸能人で主にグルメ番組を担当している方がプロデュースされ、

クオリティが高すぎる!と、発売された当初は台湾人の間でもかなり話題になりました。

カルフールなんかの大手スーパーでも買うことができますが、迪化街にはフラッグシップの店舗があります!

全種類のフレーバーが必ず手に入る上に、試食もさせてもらえます。(笑)

Fooj4t4rl1oivnqzuxb7

私も何度か食べたことがありますが、本当においしい!!

麺は写真のような縮れ麺タイプとビーフンタイプがあります。

こちらの縮れ麺タイプはドライヌードルなので、説明にしたがって麺を茹でた後に水を捨て、付属のソースと絡ませて食べるタイプ。

ソースの味がなんせ本格的で、麺ももちもち。くせになること間違いなしです!

お土産にしたら、台湾食ラバーの方には必ず喜ばれると思いますよ。

台北に住んでもう長くなりますが、今でも月に1度は新しいものをチェックしに迪化街へ遊びに行っています。

行くたびに知らないお店が出来ていたり、商品が入れ替わっていたりして、新しい発見が毎回見つかるこのエリア、

もっとたくさんの人に行ってもらいたいと思い、私のイチオシのお店を紹介しました。

迪化街に来れば、きっと素敵なお土産が見つかるはず。

旅行の際に参考にしていただければ嬉しいです。

この記事が気に入った方は、台北・夜市をまとめた記事も読んでみてください!