Yocowmbyo0bbspf8omsj

台湾

CATEGORY | 台湾

台湾の北から南まで楽しむ!3泊4日おすすめ観光モデルコース!

2019.07.02

気軽に行ける海外旅行先といえばグルメやフォトジェニックで人気の台湾!日本からも近く3泊4日程度でも十分楽しめます。台湾の中で最も人気なのが台北で、行ったことがある人もきっと多いハズ!なので今回は3泊4日で楽しめる台北以外のおすすめ観光スポットをご紹介します。

この記事に登場する専門家

A4uqpzmtbi7xf0rpjocf

絶景ハンター

Seiji

世界30ヶ国以上旅した経験を生かしブログやYouTube、インスタなどで旅の魅力を発信中。大阪出身。現在は沖縄に住み沖縄のステキスポットを日々探索。絶景や秘境が大好物のアラサー旅好き男子。

  1. 3泊4日もあればこんなに台湾の観光スポットに行ける!
  2. 3泊4日で楽しむ台湾観光スポット(1日目)十分(シーフェン)
  3. 3泊4日で楽しむ台湾観光スポット(1日目)九份(ジョウフェン)
  4. 3泊4日で楽しむ台湾観光スポット(2日目)彩虹眷村
  5. 3泊4日で楽しむ台湾観光スポット(2日目)宮原眼科
  6. 3泊4日で楽しむ台湾観光スポット(2日目)1969ブルースカイホテル
  7. 3泊4日で楽しむ台湾観光スポット(2日目)逢甲夜市
  8. 3泊4日で楽しむ台湾観光スポット(3日目)高美湿地
  9. 3泊4日で楽しむ台湾観光スポット(3日目)安平樹屋
  10. 3泊4日で楽しむ台湾観光スポット(3日目)井仔腳瓦盤塩田
  11. 3泊4日で楽しむ台湾観光スポット(3日目)神農街
  12. 3泊4日で楽しむ台湾観光スポット(4日目)美麗島駅
  13. 3泊4日で楽しむ台湾観光スポット(4日目)高雄婆婆冰
  14. 3泊4日で台湾を楽しもう!

こんにちは!絶景ハンターSeijiです。日本から気軽に行ける台湾は3泊4日もあればグルメ、フォトジェニックそして絶景を十分楽しむことができますよ!今回は筆者が実際に体験したルートを元に台北以外の観光スポットをモデルコースにしてご紹介♪台北には行ったことがあるので他の地域の情報が知りたい、短期旅行で効率よく台湾を回りたいという方におすすめです。

まずは台北から台湾北東部方面へ列車で1時間半ほどの場所にある十分(シーフェン)へ。幻想的なランタン飛ばしで有名な十分は方面的にも次に紹介する九份(ジョウフェン)とセットで観光するのがおすすめ!

ランタンは様々な色があり、色によって意味が込められているので自分の願いにあった色を選びましょう。決まったらランタンに願い事を書き、空に飛ばします。

筆者は大雨の中ランタンを飛ばすことができたので雨天決行のようですね!笑 ちなみにまっすぐ上空に飛ばず、直線的に木の方に向かってすぐ消えたので「もう一回やるか?」って聞かれたのですが雨でずぶ濡れだったのでやめました。気を遣って聞いてくれた地元の方に感謝!

プチ情報

行き方:電車で約1時間半(台北駅→瑞芳駅→十分駅

観光時間:約1時間※十分-瑞芳間の電車が1時間に1本のため滞在が少しでも1時間を超えれば必然的に+1時間滞在することになります

料金:ランタン単色150元(約520円)、4色200元(約700円)

十分にはランタン飛ばしの他に「台湾のナイアガラ」と呼ばれる十分瀑布があるのでスケジュールに余裕があるなら行ってみるのもいいですね!

台湾の中でも日本人観光客にとって最も有名な観光スポットのひとつが九份(ジョウフェン)。ジブリ映画「千と千尋の神隠し」に雰囲気が似ているということでインターネットやSNSで話題になっていたので知っている人も多いハズ。

実際に行ってみてレトロな雰囲気と赤ちょうちんが本当に映画の世界のようでとてもノスタルジーな気分でした。やはり大人気スポットというだけあって相当な観光客の数なので早めに行ってフォトスポットを見つけておきましょう!みんな同じ場所を目指しているのですぐにわかります。笑

プチ情報

行き方:電車とタクシーで約1時間弱(十分駅瑞芳駅→九份駅-九份老街

観光時間:約2〜3時間

「千と千尋の神隠し」のような雰囲気を見るならライトアップまで待つことになるので1泊してゆっくりするのがおすすめ!

台北から南下して電車で約2時間の場所にある台中。そんな台中にはフォトジェニックなスポットがたくさん!代表格が通称「虹の村」と呼ばれている彩虹眷村(さいこうけんそん)。その名の通りとてもカラフルな村です。

ビビッドカラーで埋め尽くされたインパクト抜群の彩虹眷村は台湾の暑さで体力が奪われても疲れが吹き飛びなぜか元気が湧いてきます。台湾の中でも流行っているようで地元の方がたくさん訪れていました。

プチ情報

行き方:バス(617番)で約10分(台中駅→彩虹眷村

滞在時間:約20分

お土産屋さんにはカラフルでかわいいクリアファイルやマスキングテープなどが売っていました!

宮原眼科はただの眼科ではありません。むしろ眼科ではありません。もともと眼科だった建物をリノベーションしたフォトジェニックなお菓子屋さんなのです。お土産を買うならここがおすすめ!店内はもちろんお土産のパッケージもとてもオシャレなのでもらったら喜ぶこと間違いなし!

あとアイスクリームがとても有名!60種類以上もあるのでどれを食べるか迷います。インスタ映えな写真を撮って美味しくいただきました。

プチ情報

行き方:台中駅から徒歩で約5分

滞在時間:約30分

料金:上記の写真の商品で180元(約620円)

アイスは2人でシェアしても十分なほどのボリュームでした!

1969ブルースカイホテルは古い建物をリノベーションしたオシャレなホテル。ドアを開け左手側を見るとびっくり!スーツケースがぎっしり詰まった壁があなたを迎え入れてくれます。なんともインスタ映えな壁!旅行が好きな人ならきっとこの壁を見たらワクワクするはず。笑

筆者は他の宿を予約していたので1969ブルースカイホテルに宿泊はできなかったのですが、ホテルのフロントの方に写真を撮っていいか確認したら「全然オッケー!」みたいな感じですごく親切でした!次回訪れた際はホテルへも宿泊してみようと思います。

プチ情報

行き方:宮原眼科から徒歩で約5分

滞在時間:約10分

台湾といえばB級グルメ!お腹いっぱい堪能したいですよね。逢甲夜市(ほうこうよいち)は台湾中部最大の夜市なので安くて美味しいグルメがたくさんあり十分満足できますよ。ビールを片手に食べ歩きするのは最高です!

台湾のB級グルメのひとつ「牡蠣オムレツ」。夜市で絶対に食べてみたかったもので、ゴロゴロと入った牡蠣のオムレツにピリ辛ソースがかかっていてとても美味しかったです!

プチ情報

行き方:台中駅からタクシーで約25分

滞在時間:約1時間半

夜なのでタクシーで行くのがおすすめ!台湾はタクシーが安いです!

高美湿地(こうびしっち)もインターネットやSNSを中心に「台湾のウユニ塩湖」として話題になった観光スポットです。おすすめはもちろんウユニ塩湖のような鏡張りの絶景!ですがいつでも見れるわけではなく、「晴れ」「干潮」「風がない」という条件が揃わなければキレイな鏡張りは見れません。

高美湿地は夕日の鏡張りが特にキレイなのですが筆者は干潮の関係で午前中に行きました。夕日を見る場合は「干潮時間が日没時間とほぼ同じ」という条件も追加されるので台湾旅行を検討する時点で調べておく必要があるでしょう。ちなみに午前中も青空や雲の鏡張りが見れてキレイでしたよ!

プチ情報

行き方:台中駅から電車+タクシーで約1時間(台中駅→清水駅→高美湿地)

滞在時間:約1時間

午前中に行った場合高美湿地周辺には全くタクシーが待機していないので清水駅から乗った時にだいたいの帰りの時間を伝えておくと高美湿地まで来てくれますよ!

台中から南下して電車で約2時間の場所にある台南。ローカル感漂う台南には「台湾の天空の城ラピュタ」といわれる安平樹屋があります。筆者が勝手にラピュタっぽいと思っているだけなんですが、本当にそんな雰囲気を醸し出しています。

巨大なガジュマルの木が朽ち果てた廃墟を飲み込む姿は生命力の強さを感じ、自然の力はすごいと感じざるを得ない神秘的な光景を見ることができますよ。

プチ情報

行き方:台南駅からバス(2番)で約30分(台南駅→安平古堡)

滞在時間:約1時間

料金:50元(約170円)

蚊がとにかく多いので防虫対策は必須です!

井仔腳瓦盤塩田は台湾の穴場絶景夕日スポット。台南駅からローカルバスを乗り継いで行けます。アクセスはあまりよくありませんが、塩田の水面に反射する美しい夕日を見れば行く価値ありです。筆者が行った時は地元の観光客しかいなかったのでまだまだ穴場!なので有名になって混み合う前に行っておいたほうがマイペースに楽しめますよ♪

プチ情報

行き方:台南駅からバスで約1時間【台南駅(藍幹線)→佳里(藍幹線2)→井仔腳】

滞在時間:約1〜2時間※バスの時間に左右されます

夕日を見て帰るなら井仔腳からの帰りのバスは18:30か19:30になります。

筆者は台南駅14:20発-佳里15:10着、佳里16:10発-井仔腳16:40着だったので2時間弱の滞在でした。

井仔腳瓦盤塩田についてはコチラの記事でも紹介していますのでぜひご覧ください♪

台南市内にあるレトロでオシャレな神農街。趣のある石畳の道が夜になるとライトアップされなんとも幻想的。雰囲気あるカフェでゆっくりしてもいいし、静かで落ち着いたストリートをただ散歩するだけでも気持ちいいですよ。

プチ情報

行き方:台南駅からタクシーで約10分

滞在時間:約30分

台南から南下して電車で約40分の場所にある台湾第2の都市・高雄。高雄にある美麗島駅は「世界で最も美しい駅第2位」にも選ばれたことのある駅として世界的にも知られています。見どころはなんといっても4500枚のステンドグラスで構成されている光のドーム。また、1日数回行われる光のショーでは音楽とともに光が動きとても幻想的で心を奪われますよ!

プチ情報

行き方:美麗島駅内

滞在時間:約10分

光のショーは毎日11:00、15:00、20:00に行われ、金曜日はさらに19:00、土日は17:00と19:00が追加されるのでせっかく見に行くのなら光のショーに合わせていくといいですね!

美麗島駅の光のショーなど台湾のフォトジェニックスポットをまとめた動画なのでぜひご参考ください♪

高雄にある高雄婆婆冰はなんと80年も続く老舗中の老舗。ここでぜひトライしてほしいのがこのお店で一番人気のマンゴーかき氷です。これでもかというくらいたっぷりのマンゴーが載せられ、そこにマンゴーアイスとマンゴーソースがかかったかき氷はまさに贅沢の極み!そこに追加料金でふわふわの雪花冰(シュエホヮビン)を足すのが王道。

マンゴーは甘くてとても美味しく、ボリュームがあるので一人で食べるとお腹いっぱいになりました。もちろんマンゴー以外にもいろいろな種類のかき氷があるのでマンゴーが苦手でも大丈夫ですよ!

プチ情報

行き方:美麗島駅から電車と徒歩で約10分(美麗島駅→鹽埕埔駅→高雄婆婆冰)

滞在時間:約30分

料金:一番人気の写真の商品が100元(約350円)雪花冰は+20元(約70円)

近くにもう一つ店舗があるのでいっぱいだったらそちらへ行ってみましょう。

いかがだったでしょうか?3泊4日もあればグルメ、フォトジェニック、絶景とこれだけ北から南まで台湾を楽しむことができます。筆者は4泊5日で台中に2泊しましたが、日程に余裕があり気に入った街が見つかればそこで延泊するのも全然アリですよ!

改めてモデルコースをおさらいすると、

1日目:十分、九份

2日目:彩虹眷村、宮原眼科、1969ブルースカイホテル、逢甲夜市

3日目:高美湿地、安平樹屋、井仔腳瓦盤塩田、神農街

4日目:美麗島駅、高雄婆婆冰

ということでした。

台湾は日本から最も気軽に行ける海外旅行先なので台北だけでなく、ぜひ他の都市もモデルコースを参考に楽しんでみてください♪

筆者のブログはこちら!

旅の魅力を発信するブログを運営しています。また現在沖縄に移住しており、沖縄の穴場スポットも紹介しているのでこちらもぜひよろしくお願いします♪

この記事が気に入った方は、他の台湾の記事も読んでみてください!