Shewaaiwqcmcprmwdgch

イタリア

CATEGORY | イタリア

実際に住んでみた!イタリア旅行の費用は意外に安い?シーン別予算や物価とお得な節約術もご紹介!

2019.11.05

誰もが憧れるイタリア旅行、費用面で諦めていませんか?きちんと情報収集すればあなたが考えているよりかなり安く旅行が出来るかも知れません。本稿ではイタリア旅行を経験した筆者が各ニーズに合わせたオススメ節約方法を掲載しております。是非参考にしてください。

この記事に登場する専門家

Le5rzqbyeeqjzbmzysku

イタリア大好き大学生

イタチ

イタリア語を通してイタリアの魅力に取り付かれた大学生(21)です。お金の無い大学生目線での情報や、在住者ではなく旅行者だからこそ気になるような点などをお伝えしていきたいです。

  1. イタリア旅行、費用は一体いくらかかる?
  2. 気になる航空券の費用は?
  3. 旅の快適性を左右するホテルの費用は?
  4. 美食の国、食費はいかほど?
  5. イタリア国内の移動費は?
  6. オススメ節約術
  7. 賢く節約して良いイタリア旅行を!
Nm0nnpbnuvc9xakvafax

こんにちは!イタチです。沢山の世界遺産においしい料理・・・イタリア旅行は誰もが一度は憧れたことがあるのではないでしょうか。しかし、日本からイタリア旅行を計画すると相当費用が掛かってしまい、それゆえに断念される方も多いです。ですが、抑えるところを抑えていけばイタリア旅行へのハードルはぐんと低くなります。今回はイタリア旅行を経験した筆者が各要素の平均的な費用と節約ポイントをお伝えします。

ちなみに現地では1人あたり宿泊日数×1万円程で移動食事含めて十分に観光できます。

Ew3bavwcszwlpeaaygdw
引用: https://www.instagram.com/p/B39ECvfJ6w1/?igshid=cff1jmqahmzo

イタリア旅行の場合、一番費用がかかるのがこの航空券ではないでしょうか。JALなどの直行便を使うと余程早く購入しない限り10万円以上はかかってしまいます。直行便じゃないといやだという方は計画が決まれば速やかに購入することをお勧めします。

一般的に航空券は①時期②航空会社③購入から出発までの期間 で値段が大きく変わってくるので、それを踏まえて決めましょう。

経済性重視の方は

Iq33tlwpo9oqcvfmxzgw

とにかく安く行きたい!という方は中華系の飛行機にのることになるでしょう。中華系の航空会社は主に「中国国際航空」「中国南方航空」がありますが、「中国国際空港 (air china) 」がおすすめです。

機内は窮屈に感じることはなく、機内食も食べられないことはないです。個人的に感動したのが、機内エンターテイメントの映画に日本語音声があったのです。収録されているものもばっちり最近のものですし、値段にしてはかなり良い会社だと思いました。

夏場は9万円、10月11月は4万円程で、それ以外は7万円位です。(最安値)

Qclccxfvgxwfpxdoq0mx
引用: https://www.instagram.com/p/B2zPJJegFIZ/?igshid=1nd71cwzvv2ll

次に必要になってくるのがホテルですね。一般的に立地が良くなってくると値段が高くなっていき、大したことのないホテルでもそれなりの値段がします。中心地のホテルでたまに安いものがありますが、安いなりの理由があります。逆に立地の悪いホテルならそこそこの値段でいいホテルがとれたりします。どちらを取るかですね。

Gbd2scnpjhhjyqcladmx

特にヴェネツィアは驚くほどホテルの値段が高いです。本島のホテルに泊まるなら77ユーロ(1万円)以上はします。しかし、本島から電車で15分ほどのメストレ地区というところなら、割とお手頃な価格でいいホテルに泊まれたりします。

無理なく費用を抑えるには

M0jsgvswdn5qm1cspdcb

これは正直、人を選びますが相部屋のゲストハウスに泊まるのも一つの手ではあります。

筆者は旅行中、ほとんどの日程をゲストハウスで過ごしました。ゲストハウスによっては鍵付きロッカーもあるので、セキュリティの心配はあまりしなくてもよさそうです。

ゲストハウスの良い点は、安価で町の中心部に泊まれることです。先ほど、中心部に行くほどホテルの値段が高くなると言いましたが、ゲストハウスなら中心部であろうと17ユーロ(2000円)から23ユーロ(3000円)程で朝食付きで町の中心部に泊まれます。

Oegq9ivtqxqh9jzexhau
引用: https://www.instagram.com/p/Bo33jiJgp_p/?igshid=cwg3uo0lqzj7

そして、ゲストハウスはかなり綺麗なところが多いです。筆者がミラノで泊まったホテルは正直あまり綺麗ではなく、がっかりした思い出があります。その点ゲストハウスは掃除も頻繁に行われており、booking.com等で宿泊者のレビューも見れるので、他人と一緒の部屋が気にならない人はゲストハウスがお勧めです

Uzrbwtkvtgk1qvculvob
引用: https://www.instagram.com/p/BdRCHZvllV4/?igshid=tnbu7vr4nw97

他人と一緒に寝るのが嫌だけど中心街に安く泊まりたい方は、ゲストハウスの一人部屋に泊まるのも作戦の一つです。大体のゲストハウスには一人部屋が用意されていて、大体どこでも38ユーロ(5000円)から46ユーロ(6000円)で予約できます。こうすることで筆者のように辺鄙であまり綺麗でないホテルに泊まってしまうという失敗を回避できるでしょう。

レストラン

Ztll8z84rcciap2ia9yl

日本人の口に合う美味しい料理が多いイタリア。どうせなら現地のレストランでちゃんとお食事したいですよね。イタリアのレストランで食事しようと思うと一食大体17ユーロ(2000円)は必要になってきます。さらに、ほんの少しの量しか出てこない料理もあるので、その場合追加で注文してさらにお金がかかりますし、ワインなども注文すると結構出費になります。

Yxcivq6e76jrq2x7z4ui

観光地のレストランは値段が高めになっています。それでいてあまり質の良くないもの(例えば固いピザとか)が出てくる場合があるので口コミはチェックしてから入りましょう。また、ぼったくりのお店もあるので注意しましょう。

高級レストラン

Smred5zdv3acuecg3dzw

高級レストランですとドレスコードがあるので気を付けてください。お値段も30ユーロ(4000円)以上するものばかりです。

安くてもおいしいグルメ

Py6kp0iewo1rl2tgf0xb

朝食は軽く済ませるとして、昼食も夕食もレストランで食べているとそれだけでかなり費用がかかります。

筆者のおすすめな食事の摂り方は、朝食はホテル(ゲストハウス)で摂る、そして昼食か夕食のどちらかをレストランで食事することです。レストランで食事しない方の時間は切り売りのピザやケバブなどを食べてみましょう。これだと大体5ユーロ(650円)以内で済みますし、腹持ちも良いです。

Abuw3wlf5y9vbabbukid

個人的には是非ケバブを食べていただきたいです。脂身が少なくて食べやすく、野菜も摂れます。イタリアの至る所にあります。

バー

Htehlgi8eag5yob8mezd

コーヒー一杯1.5ユーロ(200円)位です。お酒は日本のバーと同じくらいの相場です。

電車

Ia3lckqb1t7ldjyhjja2

イタリアでは移動にかかる費用が日本に比べてかなり安く済みます。ローマからナポリまで17ユーロ(2000円)、フィレンツェまでは24ユーロ(3000円)位です。特急列車もありますが少し値が弾みます。

市バス

観光地のバスのチケットは○○分乗り放題のものが多いです。値段も2ユーロ(260円)程でお手頃です。電車と組み合わせて上手に使いましょう

長距離バス

C5nifm0i91mmv4fnv4ud
引用: https://www.instagram.com/p/B3RvuAeIwAP/?igshid=qxv947wh1ial

イタリアだけでなく、ヨーロッパはバス移動が非常に便利で電車を使うよりも早く、安く済む場合もあります。バスの中はフリーWi-Fiもコンセントもトイレもあるので実はかなり快適に過ごせるのです。地方都市からの移動となると、電車の本数が極端に少なかったりするのでバスが大変便利です。

タクシー

大体日本のタクシーと相場は同じくらいです。乗る前に予め値段を聞いておくと良いでしょう。

最後に、是非知って欲しい節約術を紹介します。ここで紹介するものは比較的デメリットの少ない節約術ですので是非ご覧下さい。

学生ライフカード

学生の方は学生ライフカードに入会しましょう。このライフカード、海外でお買い物をするとその5%が還元され、最大5万円分返ってきます。意外とお土産などで現地で使うお金もばかにならないので学生の方は是非申し込んで下さい。年会費無料です。

日曜日は入場が無料

Yso2dnb5xlz5zmejfmns

これは筆者がこの記事で一番お伝えしたいことと言っても過言ではありません。イタリアの有名観光スポットには、特定の日曜日だけ入場料が無料になるところが結構あるんです。そのような観光スポットは普段結構入場料が高いものが多いんです。その日はかなりの人混みになってしまうかも知れませんが、旅行費用を節約するために是非知っておいて欲しい情報です。

フォロ・ロマーノ、コロッセオは第一日曜日。バチカン美術館は最終日曜日が無料になります。

現地のSIMを買うべき

Nkkyzwz5akrxxhgno6rn
引用: https://www.instagram.com/p/B366hgaIHli/?igshid=1nq58ueb6kze7

ポケットWIFIは高いです。SIMフリーの携帯をお持ちの方は現地のSIMを買いましょう。現地SIMには旅行社用プランというものがあって、2千円、3千円程で十分な量の通信データが使えます。現地SIMは滞在日数が長くなるほどおすすめです。

イタリアの大手通信企業は「TIM」「Vodafone」「Wind tre」があります。テルミニ駅に各会社のお店があるのでそこで購入しましょう。TIMが一番繋がりやすいらしいです。

テルミニ駅のTIMショップならTIMのsimが欲しいと告げればプランが書かれた紙を渡されますので、そこから好きなものを選びましょう。購入後は設定がわからないと思うので 携帯の言語をイタリア語にして店員さんに接続してもらいましょう

Mlsuwfl96oo4zn7rkfdl

以上の節約ポイントを押さえればかなり安くイタリア旅行が出来るようになると思います。特に移動手段とSIMに関しては誰でもデメリット無しで節約できることなので積極的に使っていきましょう!

他のイタリアの記事もチェックして、充実した旅行を楽しんでください~~!