Fuxl7yq8aspnhunclmek

スペイン

CATEGORY | スペイン

スペイン旅行の費用が意外に安い!お得に食も芸術も楽しむ方法を大公開!

2020.02.07

サグラダファミリアやアルハンブラ宮殿と言った一度は見たい建造物、アンダルシア地方の伝統舞踊フラメンコ、サッカー、美味しいタパスやパエリアなど、どこまでも魅力しかないスペイン。スペイン旅行に行くのにかかる費用を紹介します。

この記事に登場する専門家

C0fvofov7ust4sqnr04w

旅行ライター

りおさん

旅行、語学学習が趣味で現在スペイン滞在中の日本人。バックパッカー旅行の経験がきっかけで、現在は英語とスペイン語の勉強に夢中。行った国は15か国。

  1. 気になるスペイン旅行の費用
  2. スペイン旅行までの航空券
  3. スペイン旅行での宿泊費用
  4. スペイン旅行の宿泊費用を時期別に紹介
  5. スペイン旅行での食費
  6. スペインのレストランで食べる場合
  7. スペインの朝食は安い!
  8. スペイン旅行で費用を節約するには?
  9. 私がスペイン旅行をした際にかかった費用
  10. スペイン旅行を楽しみましょう
Rmw4ffbz0h4fbmqemjne

こんにちは、スペインが大好きのりおです。芸術や美食、各地のユニークなお祭りなどでも有名なスペインへの旅行にかかる費用を解説します。物価が高い国も多いヨーロッパにあるスペインなので、結構高いのでは?と気になってしまいますよね。宿の値段や食べ物にかかる値段などを解説しながら、低予算から少し豪華な旅行までのおおまかな費用を紹介します。

スペインのベストシーズンは地域や目的別に変わってきますが、4月〜11月が人気のある時期であり、得に夏は航空券が高い傾向にあります。1〜3月、10〜11月が安い航空券が見つかりやすい傾向にあります。費用を抑えたい場合はこの時期を狙うのがおすすめです。安すぎるフライトは時間がかかり過ぎたりするものなどもあるので注意が必要です。

Dwcjppkn1wlzwsqvdnul

10万円前後はすると思った方がいいでしょう。6万円台の航空券を見つけて旅行したことがあったのですが、乗り換えの時間が長かったので、値段だけではなく所要時間も要チェックです。

E4p89spmcoi2xs08kch9

スペインには色々な価格帯の宿泊施設があるため、ここで費用を調整できます。以下ではホテルのクラスごとのおおまかな予算をご紹介しますが、ホテルの値段というのは曜日によって大きく変動しますので、星の数よりもいつ宿泊するかがカギになります。

一般的なホテルの費用

スペインの一般的なホテルは場所にもよりますが、3つ星から4つ星だと一泊10000円〜20000円ぐらいのところが多いです。スペインでの観光では色々移動することも多く、夜はゆっくり休める方がいいので、観光重視の方には一般的な価格帯のホテルがおすすめ。

Jeosrur0enlawkuxjomw

2人分の料金設定になっている場所もあるので、2人で泊まると費用が半額になりお得になる場合もあります。

5つ星・高級ホテルの費用

Lwhmeevwlhnsty3mx20k

スペインの高級ホテルの費用はピンキリです。安いと5つ星ホテルでも1万円台から泊まれることもあります。5万円以上のホテルも多くあり、時期によっても値段は大きく変わりますので、行きたいホテルがある場合は曜日や時期を気を付けるとお得に宿泊できます。

Pyeb2bfx4cyylrcybjws

週末は高くなる傾向があるので、高級ホテルは平日を狙うのもおすすめです。

経済的な宿泊施設ホステルを利用する際の費用

学生さんや少し費用を抑えたい方におすすめなのがホステルというシェアルームタイプの宿泊施設。一泊1500〜3000円ぐらいで宿泊できます。簡単な朝食が付いている場所や無料の晩御飯が付いている宿泊施設もあるので、そういうサービスもチェックしてみましょう。相部屋でシャワーなども共同なので、そういう面に抵抗がない方向けの宿泊施設です。

Dp7c5ul8lebfd4y4iije

共同のキッチンが付いていることが多いので、自炊をしながら旅行できる方にとっては強い味方。こういう施設に泊まる人は旅好きの人が多く、オープンな方も多いので、長い付き合いのできる友人に出会う可能性もあります。

日本のホテルもそうなのですが、ホテルは年間を通して宿泊費が大きく変動する場所も少なくありません。常に一定の値段の宿もあるのですが、時期によって宿泊費を変更する場所もあるので、行く時期を工夫すれば大きく予算を抑えることも出来ます。

ハイシーズンの夏は高め

6月〜9月の夏のシーズンは多くの人がスペインに訪れるため、ホテルの宿泊費が高くなる傾向にあります。航空券の値段と同じようにハイシーズンを外して旅行をすると大きく予算を抑えることが出来ます。特にハイシーズンである夏のイビザ島などは非常に高くなります。

セマナサンタなどのお祭りの時期に注意

例えばセビーリャなどで有名なセマナサンタと言う大事なキリスト教のお祭りの際は、セビーリャに多くの人が訪れます。この時期はホステルなどの宿泊施設でも普段よりも値上げすることもあり、直前では予約も取れないことがありますので注意が必要です。

Jhny7iqawqct2t7lmcrd

バレンシアの火祭りも人気のあるイベントの一つ。このお祭りの最終日は人形を燃やすと言う大イベントがあるため、どうしてもホテルの値段が高くなりますので、お祭りなどを見たい際は少し高くなることは覚悟して行きましょう。

Xp81uijgfgpsdrjb6bcb

スペイン旅行の際に気になる点の一つが食費。以下ではスペイン旅行の際にかかる食べ物の値段を紹介します。

Tumf8o8bdd0iyiv3bdl6

スペインで観光する際にはおそらくレストランなどで外食をすることが主になるかと思いますので、外食するとどれくらいかかるのかについて紹介します。スペインは日本よりも外食する場合は少し高いというのが印象です。コーヒーなどは比較的安い傾向にあるので、カフェなどでコーヒーでお菓子休憩をするのは安く済むことが多く、おすすめです。

Bznnsx3jh8rrm5arqemj

スペインでパエリアを食べる場合は2人前からの注文ということが多く、1人10ユーロ(1200円)以上はほぼ確実にするので、本場だからと言って特別安いわけではなかったりします。タパスでパエリアの扱いがある場所などは小さいお皿に盛られて出てきますが、ずっと安い値段で提供されることが多いです。バルセロナ等は比較的物価も高く、パエリアで1人前20ユーロ(2400円)以上するということも少なくありません。

スペインで贅沢な食事を楽しむ場合の食費

スペインで少し贅沢に食事をする場合はだいたい50ユーロ(6000円)以上はかかりますが、日本の高級レストランと比べると少し低価格でも優雅な食事を楽しむことが出来る場合もあります。昼間は高級ホテルについているレストランなどでもセットで20ユーロ(2400円)程度のお得なランチもありますので、高級なお店にランチ時に訪問するのもおすすめ。

Hxiljwmyaedgc4xjolip

スペインのレストランで食べる場合は前菜とメインを注文することが一般的で、注文の際に前菜とメインをどうするか聞かれるので最低でも2皿は注文するのが一般的です。前菜は10ユーロ(1200円)以上、メインは20ユーロ(2400)円以上はすることが一般的。高級レストランに関しては日本よりも安い場所も多いので是非試してみてはいかがでしょう。

スペイン観光時の一般的な食費

Pxzy7bhreah24vhwtvmo

多くのレストランにMenu del diaという定食があり、お得に食べることが出来ます。お店にもよりますが、だいたい9〜15ユーロ(1200〜1800円前後)ぐらいのお店が多く、デザートや飲み物が付く場所も多いです。それでも日本にある安い定食屋チェーンなどはないため、スペインの一般的なレストランでの食事は少し日本よりも高くなりがちです。

Z6aorsmkcdhcjjk3vb33

前菜とメインを自由に選ぶことが出来るタイプのランチが多いので、少し優雅な気分に浸れると思うとお得な感じも。

スペイン旅行時に食費を節約する場合

Ox3mhzjbboftw4aglpg6

スペイン旅行で少し節約をして旅行をしたい場合はタパスなどの小皿料理のあるお店で食事がおすすめ。やはりスペインまで来たのだから、スペインのグルメは楽しみたいところ。地域にもよるのですが、グラナダやレオンなどでは飲み物を1杯注文するとタパスが付いてくるお店もあるので、そういうバルでの食事もおすすめです。ファストフードや安いお店も沢山あるので4〜9ユーロ(480〜1080円)ぐらいで済ますことは簡単にできます。

Zlwkcb1ledhrnlzu5bpd

小さい料理を少しずつ楽しむと満足度も高く、比較的安くスペイン料理を楽しむことが出来ます。あと生ハムはスーパーで量り売りもされているので、スーパーなどの食料品屋さんで購入もおすすめです。

Yhkwnuyfav1t9mojqjno

ホテルについている場合もあるのですが、朝食はカフェやバルなどでも安い値段で食べることが出来ます。特にホテルの場合は朝食付きとなしを選べる場合はなしにして、外で食べるのもおすすめです。コーヒーとパンのセットが2,3ユーロ(240〜360円)ぐらいの場所も多く、ナチュラルオレンジジュースやスペインの生ハム付きの朝食を取れる場所もあります。ホテルの朝食は高いこともあるので、朝食は節約する方が満足度は高くなるはず。オレンジジュースは美味しいので、絶対に飲みましょう。

Rgabqhluqpa7oyuoibrv

12時近くまで朝食のメニューを用意してくれる場所もあるので、朝から観光した際の休憩にもおすすめです。またスペインではトーストにトマトペーストを塗ったものを出してくれる場所も多く、これは非常にスペインらしい朝食で美味しいのでお勧めです。

スペイン旅行で費用を節約する大きなカギは旅行をする時期。航空券も宿泊費も安くなる10月〜2月が一番のおすすめです。ただ一面のひまわり畑に行きたい、スペインで海を楽しみたい等の夏しかできないことをしたい際はどうしてもハイシーズンになるので、ホテルのグレードを下げる等の工夫をすればうまく節約して旅行を楽しむことも出来ます。また曜日によって無料になる美術館もあるので、無料になる日を狙うことで節約も出来ます。

Vhlkmkqtmmv4et8aqb4j

バルセロナはガウディ建築の入場料がとにかく高いので、少し他の都市よりもお金がかかると思った方がいいのですが、上の写真のように非常に美しいので絶対に外せないスポットです。美術館は曜日や時間によって無料になる時間帯もあるので、うまく行程を組めばお得に入ることが出来ます。プラド美術館は18時以降(日・祝日は17時以降)入場無料になりますが、何と言っても大きな美術館なのでがっつり鑑賞したい方にはおすすめしませんが、全部は見なくても大丈夫な方には無料の時間もおすすめです。

Hdxwruuxdusngnrmglk9

闘牛場なども見学が可能です。私はあまり闘牛には興味はなかったのですが、気になったので入場無料の日を狙って入りました。庭園類も曜日や時間によっては安くなる場所が多いので、要チェックです。年齢によって割引がある場所もありますので事前に確認しておくと少しお得に観光することが出来ます。

節約した際の1日の予算

宿泊費2500円、3食外食したとして2500円+交通費+入場料ぐらいで観光できます。スーパーなどで買い物をして自炊をする場合は食費はかなり抑えることが出来るので、食べるものにもよりますが500円以下で済ますことも簡単です。

Bg6xzo2yco4yyqwgj4e4

例えばスーパーでは非常に安くパンが帰るので、生ハムを買って、サンドイッチを作って観光に出掛ける等すればスペインらしいご飯も食べながら、節約も出来てしまいます。お総菜コーナーなどが充実しているお店もあるので、そちらも是非試してみましょう。

平均的な1日の予算

宿泊費6000〜10000円程度、3食外食したとして4000〜6000円、交通費+入場料ぐらいで観光することが出来ます。食べる場所によっても値段はだいぶ変わるので食費は人によっても大きく変わりますが、だいたいはもっと安く済みます。カフェも安いのでたまに休憩をはさみながら観光するのも楽しいですよ。ホテルも早めの予約や事前決済で安くなる場所も多いので、早く準備すれば安く済むこともあります。

2015年と2018年にスペインに行った際の航空券の値段を紹介すると、2015年の10月出発の際は往復で63200円の航空券でスペインに行き、2018年6月出発の際は85300円の航空券でスペインまで行きました。2018年の旅行の際の費用について紹介します。

2018年私のスペイン旅行の宿泊費

1泊3250円のホステルに8泊したため、宿泊費には26000円かかっています。当時は今よりレートが悪く1ユーロが130円ぐらいだったので、その値段で計算しています。円高の時期に旅行に行くとだいぶ安く感じます。1泊は夜行バスで過ごしたため、1泊分は宿泊費を浮かせました。安い夜行バスは客層が少し怪しいので荷物の管理には注意をしましょう。ホステルで友達も出来たので、満足はしています。

Fxukfhdd1njhcwykk12r

移動を全部夜行バスで済ますと宿泊費が抑えられて、ギリギリまで出発地観光することが出来るのでおすすめです。到着地でも朝早くにバスから降ろされるので、チェックインできる時間までは外にいることになるので、朝も有効活用できる一石二鳥以上のお得感がありました。ただし狭い場所でも寝られる人に限ります。

スペイン国内の移動と観光

電車とバスを利用しました。長距離電車は早めの予約で大幅に節約できます。2都市の観光で約13000円かかりました。観光の入場料は美術館と庭園のような場所に行き、2000円ほど使いました。普通はスペイン旅行に行った際はもっと入場料にはお金がかかるので、あまり参考にはならない数字であることはご了承ください。無料でも楽しめる公園や無料の時間を狙って観光したので、安くなっています。

Und6rwciaveu70fdp4nb

この上の写真はセビージャのスペイン広場ですが、無料で楽しめる人気の観光スポットです。昼間も夜も美しいのでどちらの時間にも行くことをお勧めします。こういう無料だけどスペインの雰囲気を楽しめる場所を巡るだけでも楽しいです。また教会は無料の場所も多くあり、スペインらしい雰囲気を楽しめるので教会巡りはおすすめです。ミサの時間は信者の方に迷惑がかからないように注意が必要です。

私がスペイン旅行をした際の食費とお土産の費用

食費は毎日外で飲み食いしており、朝食は付いていたので昼食と晩御飯は外で食べました。昼食は1日8〜15ユーロ、晩御飯も安い場所で食べたことも多いので10〜15ユーロで済ましたため、スペイン9日の滞在で食費は約26000円でした。ケバブなどのお店や中華料理のお店は比較的安いこともあるので、7ユーロ(840円)以下で食事を済ませられるお店も多いです。TGBというスペインのハンバーガーチェーン店も飲み物はお代わりが出来たので助かりました。

Japapis0jofb1fcmey7g

お土産は大したものを買っていないので、15000円以下でした。サッカーのオフシーズンに行くとサッカーグッズはセールで安く買うことも出来ます。私は夏に半額でスペインのサッカーチームのグッズをお土産に大量に買いました。お土産屋さんは場所によって同じものでも違う値段で売っていることも多々あります。

私が9日間スペイン旅行した際の費用の合計

この旅行での出費は約17万円でした。フラメンコ観賞やリーガエスパニョーラ、ガウディ建築の見学をしなくてもこれくらいの値段はかかっています。ホステルと食費、お土産に関してはもう少し費用を削ることが出来たかなと言うのが正直な感想です。2都市しか行っていないので、もっと色々な都市を回って観光しようと思えば10日間程度の旅行でも20万円以上はかかるのが一般的です。フラメンコに関しては高いタブラオではなく、飲み物の料金でフラメンコ観賞が出来るバーに行くのもおすすめです。

私のおすすめは10月と11月のスペイン旅行

2015年にスペインに旅行に行った際はたまたま6万円台の航空券が取れたので、かなり費用を抑えることが出来ました。まだ冬になる前で気候的にも過ごしやすい時期ですが、夏のバカンスの時期は過ぎているので、航空券や宿泊費も少し安くなる時期です。特定のイベントを狙っているわけではない場合は是非10月もしくは11月にスペインに行ってみましょう。夏は暑くてビールとアイスを摂取しすぎてしまったので、結構そこでお金を沢山使ってしまいました。

バルセロナでガウディ建築を無料で楽しんで節約

バルセロナはどうしても入場料が高い場所が多く、観光にお金がかかってしまいがちですが、少し行きたい場所に行く時間と日時を工夫すれば少し安く楽しむことが出来ます。例えばカタルーニャ美術館は土曜の15時以降は無料になりますし、サグラダファミリアも実はミサの時間に行けば無料で入ることが出来ます。但し、1時間近くミサは続くのでミサが始まると退出することはできませんが、貴重な経験になると思います。

Brvcobdgmjap7dgjk1fq

グエル公園も係員が来る前の朝の6時から8時の間に行けば無料で有料ゾーンにも入ることが出来ます。グエル公園から見るバルセロナの日の出も素敵なので、早起きできる方にはおすすめです。私が行った際には多くのアジア系の観光客が朝早くからいました。朝早くてもトカゲのところには写真を撮るための列が出来ています。

Nbafu4z8ttyjz7sqynrt

スペイン旅行でかかる費用を紹介してみました。スペインはヨーロッパにあるためアジア旅行程に低予算で済ますのは難しいのですが、工夫次第では低予算でも楽しめることも盛り沢山。スペインまでの旅費は安くはないので、節約するところと奮発するところを決めて、楽しむのがおすすめです。もちろん豪華にパラドールなどスペインならではの贅沢をするのもせっかくスペインまで来るのでありですよね。Buen viaje!(良い旅を!)