Dmecdnzeudozsxpuv0zy

台湾

CATEGORY | 台湾

【台北から日帰り温泉!】北投・烏來(ウーライ)温泉のアクセスと楽しみ方

2019.07.12

台湾は、日本にも負けず劣らない温泉大国! 海外で温泉に行くってちょっと特別な感覚ですよね。 今回は台北からアクセス抜群で簡単かつとっても楽しめる2大温泉地「北投」と「烏來(ウーライ)」について詳しくお伝えします! それぞれの特徴からご自身のプランに合う温泉地を選んで下さいね!

この記事に登場する専門家

Ye0sd3wxdob96rm6bysy

脱サラ台湾中毒者

台湾まる子

大学時代の台湾留学が忘れられず、脱サラして台湾ワーキングホリデー中。日本統治時代についてや台湾原住民に興味津々。「脱サラまる子の台湾日記」というブログを書いてます。

  1. 台湾の温泉って?
  2. 2大温泉「北投」「烏來ウーライ」のそれぞれの特徴
  3. 【台湾在住ライター厳選】北投温泉 おすすめスポット4選
  4. 水着着用! 北投公園露天溫泉浴池
  5. 北投は、まだまだ見所あります!
  6. 【台湾在住ライター厳選】烏來(ウーライ)温泉 おすすめスポット4選
  7. 烏來(ウーライ)で自然と美食を堪能しましょう!
  8. 台湾の温泉を楽しみましょう!
W10usj0ebd3wnaeyjs3f

台湾は日本同様、台湾全土に数多くの温泉地が有ります!

しかし、台湾の人々は基本的に湯船に入る習慣が無い為、日本と少し入浴スタイルが異なっています。

多くの温泉浴場は、水着を着用し男女同じ湯船に入るものが主流です。

日本のように男女別で、水着着用せず入れる温泉もありますが、少し少なく湯船も小さいものがメインになってきます。


私、まる子個人的には水着で入るタイプの温泉は、温泉に入っている気がせずあまり好きでは無いのですが、台湾で温泉に入ってみたいと考える方は水着を持参しておくと、便利かと思います!

台北から簡単にアクセス出来て日帰り訪問も可能な温泉地は「北投」・「烏來(ウーライ)」の2つです。

まず初めに、それぞれの特徴とアクセスをお示しします!

どちらもとっても素敵で最高な場所なので、スケジュールと目的に合わせて選ばれることをオススメします!!

北投温泉の特徴とアクセス

Bkfxsytitwn8i6gi36n5

【北投へのアクセス】

MRTの淡水信義線(レッドライン)北投駅から1駅乗り換え「新北投」駅下車。

新北投駅周辺に観光スポットが密集しているのでとっても便利!

台北駅からおよそ30〜40分。

料金は、35元(日本円でおよそ120円)


【北投の特徴】

日本統治時代の歴史を感じ、学べる都市型温泉街。

北投は、1895年に日本が台湾を統治した直後に日本人によって拓かれた温泉街です。

そのため、日本風の建物や神社などが今でも残っている歴史的にもとても興味深い場所。

烏來ウーライ温泉の特徴とアクセス

Akoiddzbb823y5un4xss

【烏來(ウーライ)温泉へのアクセス】

台北駅から849番のバスで直接到着!所要時間はおよそ60−90分。

バスの料金は、45元。(日本円でおよそ150円)

台北駅のバス停を見つけるのが少し難しいので、事前にしっかり場所を調べてから出発することをオススメします!


台北駅のM8番出口から徒歩3分くらいの場所にバス停は有ります。

バス停の場所等は、こちら又はYOUTUBEを参考に。



【烏來(ウーライ)温泉の特徴】

山の中にある温泉街のため、台北から1時間とは思えない大秘境。

大自然を感じたい、台湾原住民文化に触れたいと考えられる烏來(ウーライ)温泉がオススメ。

そして、ここでしか食べる事出来ない山の野菜等も数多くあります。

公共浴場を改築!温泉博物館

Oqwbgd0cgbobkiywfv2u

日本統治時代に、北投レジャー計画によって作られた公共浴場。その建物を改築し温泉博物館になっています。中には、以前使われていた浴槽や、北投の歴史についての展示があります。

Psulsmo8msptd962rtak

日本人がどうやって開拓したのか、総督府がどのような政策で北投をレジャー化したのかなど仔細に展示されています。

また、当時使われていたローマ式の立ち湯や女性子供が主に使っていた家族風呂なども見ることが出来ますよ!


【施設情報】

開放時間:9:00~17:00

休館時間:毎週月曜日と国の定める休日

入館無料

住所:台北市北投区中山路2号

詳細は、温泉博物館のオフィシャルHPをご確認下さい。

Bbox5671l1bl4czuvlbq

温泉博物館や瀧乃湯周辺を歩くと、温泉水が流れている川を多く見る事ができます!

とっても綺麗ですよ!

そして硫黄の香りと、熱気を感じる事が出来ます!

皇太子殿下御渡渉記念碑のある瀧乃湯

Ac4eupf65bwcql43qojl

現在でも日帰り温泉として利用することの出来る瀧乃湯。一人150元で入浴可能です!以前一度入浴したことがありますが、体を洗う場所等はないので温泉に入るだけの施設です。そして信じられないくらいお湯の温度高いのでご注意を!(笑)

Awj8b2nj6sgfn7fqooea

瀧乃湯の敷地内にある中庭にひっそりと佇む石碑があります。

こちらは、のちの昭和天皇が皇太子時代台湾行啓時に建立。元々は別の場所に建立されていたが、台湾の人たちの手で現在でも保存状態の良いまま佇んでいます。


【施設情報】

Facebookページで営業日は発表されています。

事前にご確認下さい。

住所:台北市北投區光明路244號

THE温泉 地熱谷

Soqpm8bump9jlabsceem

北投には、地熱谷と言われる源泉が見学できる場所があります。すごい硫黄の匂いと熱気。元々源泉は75度でPh1−2の酸性。THE温泉の香り。周辺には温泉卵等も販売あり。


住所:台北市北投區中山路

北投のなかで最も人気で、地元の人たちに愛されている温泉地は北投公園露天溫泉浴池!

とってもリーズナブルで40元で入浴可能です!

水着着用必須なので、日本人の感覚では温泉というよりもプールに近いです。


お昼頃は写真のようにとっても多くの人がいらっしゃるので、時間を外す方がおすすめ!

朝5時〜夜10時まで開放されています。


詳細は、台北市政府観光伝播局の日本語ホームページをご確認下さい。

住所:台北市北投区中山路6号 新北投公園内

戻って来た! 北投駅舎

日本統治時代1916年に作られた駅舎。

こちらは鉄道が廃線になった後に、彰化にある台湾民族村に1度移築されたが、2017年にMRT新北投駅横に再度移築されオープン。

とっても綺麗。MRT新北投駅の横に建設されているので、駅利用する際には是非立ち寄りましょう!


【施設情報】

開放時間:火曜日〜木曜日 10時〜18時

金曜日〜日曜日 10時〜20時30分

休館時間:月曜日

住所:台北市北投區七星街1號

詳細はオフィシャルHPをご確認下さい。

Pblovgoayilc8hgjxs9n

日本統治時代の歴史をふんだんに感じられる北投情報はいかがだったでしょうか?


北投には、この他にもたくさんの観光スポットがあります!

私、まる子が普段書いているブログ内で「北投温泉に行ってきたよ。日本統治時代の天狗庵・鉄道部員が建てた寺院や児童楽園巡り。」という記事にまとめてあります!

良かったら是非ご覧下さいね。

雰囲気最高! 烏來(ウーライ)老街

Mlj6t6yxyo4pjcfgrspb

烏來(ウーライ)老街は、バスを降り少し歩いた所に昔ながらの商店街があります。

飲食店が中心で、烏來(ウーライ)ならではのものも多くあります。

原住民料理や果物など色々なものが売られていますよ!

Dwegze1zb5fsolbh3jd9

烏來(ウーライ)老街には、このような野菜を選んでその場で調理してくれるお店がたくさんあります!

日本では見たことの無い野菜がたくっさん!

ちなみに烏來(ウーライ)の野菜では「珠蔥(ジューツォン)」というものが有名。

味は、とっても癖のない爽やかなニラのようです。美味しい!

超美味しい原住民のお酒! 小米酒(シャオミージョ)

Jwjm1nkby4rznx6egqvg

烏來(ウーライ)老街にたくさん売っている小米酒。

小米酒とは、原住民の人たちに親しまれているお酒で、粟を発酵させて作るもの!

味わいは、とってもフルーティーで果実酒のような味わいです。

本当に美味しくて、ビックリするので是非お試しください!

ただ、アルコール度数意外と高いのでお気をつけて下さいね!

試飲させてくれるので、好きな味を探してみて下さい。

トロッコに乗って烏來瀑布へ

Dngnhmu4pudvqt6zxcoz

烏來瀑布という有名な滝があります。

この滝に行くには、トロッコに乗る必要があります!このトロッコは中々スリリングかつ歴史的にも意義のあるものです。

R8swx9mmx5gu1jlkq4t9

ウーライには、台車と呼ばれるトロッコが走っています。このトロッコは、日本統治時代の1928年頃から使用開始。人力で人々や材木・そして人々を多く運んでいたそう。


片道50元で乗車可能ですよ!

台湾で最初に出来たテーマパーク! 雲仙楽園

Mzrusi1ekpb0n6dgmrvq

台湾で初めて建設されたテーマパークの雲仙楽園。

何をモチーフにしているのか少し不思議なテーマパークです。

少し奇妙なものが好きな方にはおすすめです!

G4poudjnjrw5ktluixex

ロープウェイに乗車して雲仙楽園へ。

ロープウェイは、往復代金と上にある雲仙楽園入場料と込みで220元。

ロープウェイを降りてからも階段をかなり登るので体力が必要です!


廃墟と大自然の織りなす不思議なハーモニーを堪能してみて下さい!


【施設情報】

営業時間:平日:09:00 ~ 19:00

休日:09:00 ~ 19:00

住所:新北市烏来区烏来里滝路1-1号

詳細はオフィシャルHPをご確認ください。

烏来タイヤル族民族博物館

もともとこの烏來(ウーライ)という地名は、原住民族タイヤル族の言葉で「温泉」という意味。その言葉がルーツで漢字を当てた烏來(ウーライ)になっています。


台湾には、現在16族の原住民が政府によって認定されています。

それぞれの文化や言語を持っていて、台湾そして日本が台湾を統治していた時代にとても深い関係のある人々です。


その中の1つであるタイヤル族に関する展示を多くしている博物館があります。

原住民の生活や慣習について詳しく展示されおり、入場料も無料ですので是非訪問してみて下さい!


【施設情報】

開放時間:月曜日から金曜日 :9時30分〜17時

土・日曜日:9時30分〜18時

休館日:毎月第一月曜日、旧暦大晦日・元旦、選挙日、政府発表の天然災害による出勤停止日、館側が発表の休館日

詳細についてはオフィシャルHPをご確認下さい。

Zljyasinlrhxnlrrlfpc

烏來(ウーライ)は、台北からアクセス抜群にも関わらず、大自然を感じられ、ご飯もとっても美味しいです。歴史的にも興味深い場所ですので是非訪れてみて下さい!このほかのスポットについても私のブログで「[温泉と原住民文化満喫]台北から烏來温泉に予約しないで弾丸一泊旅行したよ。」という記事でご紹介しておりますので、是非ご覧下さい!

いかがでしたでしょうか?

今回は、台北からアクセスの良い2つの温泉地についてご紹介させて頂きました。

2つとも異なる魅力がありますよね!

是非、ご自身の好きな場所に訪れて見てください!


台北だけでなく、台湾全土に様々な温泉地があります!

色々な場所で温泉を楽しみましょう!!


良かったら私のブログもご覧頂けると幸いです。

まる子の脱サラ台湾日記

この記事が気に入った方は、台北の気候や物価をまとめた記事も読んでみてください!