K402mecxepoihzgxrkf4

沖縄

CATEGORY | 沖縄

沖縄ゆいレール沿線で購入できる絶品サーターアンダギー7選をご紹介!お土産にもおすすめ!

2020.01.16

沖縄の郷土お菓子であるサーターアンダーギーをご存知でしょうか。沖縄のドーナツくらいの印象かと思いますが、販売店によって様々な形や味があります。今回はサーターアンダーギーをお土産にも利用しやすいようゆいレール沿線で購入できるお店を紹介したいと思います。

この記事に登場する専門家

Cpailbbkzyxthyq3gjts

沖縄在住ライター

ブサチタおじさん

沖縄を知らずに沖縄に移住し沖縄魅力を感じ本島を中心に観察中

  1. 沖縄県の郷土菓子サーターアンダギーとは?
  2. 美栄橋駅から行ける【うなりざき】
  3. 沖縄伝統菓子も買える【松原屋製菓】
  4. 第一牧志公設市場の名店【歩のサーターアンダギー】
  5. 時々ゴマ味もある?!【呉屋てんぷら屋】
  6. 変わり種も【琉球菓子処琉宮】
  7. 儀保駅から行ける【さーたーあんだーぎーの店 安室】
  8. 沖縄県那覇市を超えたその先の【仲里屋】 
  9. 沖縄のスーパーでも買えるサーターアンダギー
  10. 沖縄伝統菓子サーターアンダギーの楽しみ方

こんにちは!沖縄在住のブサチタおじさんです!

今回はできたてじゃないと美味しくないというイメージのサーターアンダギーをお持ち帰るもできてしまう、おすすめの逸品を紹介します。

サーターアンダギーミックス

サーターアンダギーは沖縄のメジャーな郷土菓子の一つです。

お祝いや結納から普段のおやつまで様々シーンで見ることができます。


パクッと割れた形が笑っているように見えるので

開口笑、開口球とも呼ばれているようです。


スーパーでも原材料であるサーターアンダギーミックスも

販売されています。


そのような見た目からも沖縄ではサーターアンダギーを

縁起物として利用されています。


賞味期限は10日前後になっていますので、

お土産として利用する場合はその点を注意してください。

うなりざき

沖縄都市モノレールゆいレール美栄橋駅について

ゆいレール美栄橋駅は那覇空港駅から6個目の駅になります。

降車すると沖映通りがあります。


また海の方にはフェリーの発着場である

泊りんもあります。


沖映通りを進むと国際通りと交差します。

国際通りに次ぐ賑わいがある沖縄県那覇市内の通りです。


泊りんには沖縄吉本もあり、美栄橋駅は利用する機会が多いでしょう。

うなりざきのサータアンダギー

うなりざきサータアンダギー

沖映通りとは逆の海の方向にうなりざきはあります。

地図は詳細情報にありますが住宅街を進んで行くとお店があります。

近くには駐車場も見当たらなかったのでゆいレールの利用がおすすめです。


今回は5個入り500円のサーターアンダギーを購入しました。

うなりざき紅いもサータアンダギ

うなりざきのサータアンダギーは紅芋を原料にしたもの

こちらの商品一つです。外見からはわかりづらいですが

中を見ると紫色の綺麗な色が見て取れます。


一つが大きめなので食べ応えがあります。

しっとりとして甘さも控えめなので食べやすかったです。


全国に発送もしているようです。

うなりざき 詳細

松原屋製菓

ゆいレール牧志駅を降りて県庁前駅の方向に進みます。

この繁華街が国際通りです。途中左手にアーケード街が現れます。

市場本通りです。


そこに松原屋製菓があります。


国際通りについて

国際通りはゆいレール県庁前駅からゆいレール牧志駅までを結ぶ繁華街です。

観光客メインのためおみやげ屋さんや飲食店が立ち並びます。


ですが観光客向けのため物価が高く地元の人間は

あまり行かず、実は地元の人もあまり詳しくないです。

松原屋製菓のサータアンダギー

松原屋製菓のサーターアンダギー

松原屋製菓は通り沿いに出店のようにサータアンダギーや

沖縄の伝統菓子を並べて販売しています。


私は袋入りのおみやげ用のサータアンダギー(300円)を購入しました。


松原屋製菓のサーターアンダギー

外国の観光客の方などバラ売りのものを買って

食べ歩きをしていました。


沖縄の伝統菓子が欲しい時にまた行こうと思います。

松原屋製菓 詳細

歩のサーターアンダギー

第一牧志公設市場について

国際通りから市場本通りを進むと2階建ての建物が見えてきます。

そこが第一牧志公設市場です。

2019年7月1日から2022年3月31日までは

近くのにぎわい広場にて仮営業中です。


仮営業も2022年で終了なので早めに行ったほうがいいですよ。


1階は市場になっていて魚介類を売っているところが半分、

精肉類を売っているところが半分を占めています。


2階が食堂になっていて1階で購入したものを調理してくれるサービスもあります。

歩のサーターアンダギー

歩のサーターアンダギー

第一牧志公設市場の2階の中央付近に黄色い看板があります。

ここはバラ売りはしておらず、5個入りか9個入りのどちらかの購入にしかできません。


袋詰めしたものがなくなると後ろに揚げてあるものを袋詰めしてくれます。

ここの袋はジッパーが付いているので保存に便利です。


今回は5個入り500円の物を購入しました。

歩のサーターアンダギー

しっとりサクサクした食感です。

甘さもちょうどよく人気の秘密がわかります。

歩のサーターアンダギー 詳細

呉屋てんぷら屋

呉屋てんぷら屋の道のり

市場本通りを進み国際通りから見て公設市場の裏側にありますが

細い通りを進むと赤いノボリが現れます。


地図は詳細情報にありますが

なかなか分かりづらいです。


呉屋てんぷら屋のサーターアンダギー

呉屋てんぷら屋のサーターアンダギー

呉屋てんぷら屋は名前の通り天ぷら屋さんです。

天ぷらと言っても沖縄の天ぷらです。

銀座の天ぷらとは違います。


呉屋てんぷら屋はお惣菜向けの天ぷらも売っています。

サーターアンダギーもたくさん売っています。



呉屋てんぷら屋のサーターアンダギー

柱にたまにゴマもありますと手書きであったので

味としてはプレーンと黒糖、ゴマがあるということになります。

今回はプレーンを買いました。


ホクホクした食感です。沖縄天ぷら感が強いです。

腹持ちがいいのでお得です。

1個(60円)から購入できます。

呉屋てんぷら屋 詳細

琉球菓子処琉宮

琉球菓子処琉宮のサーターアンダギー

琉球菓子処琉宮サーターアンダギー ちっぴるー

第一牧志公設市場の近くにある琉球菓子処琉宮の本店が、

第一牧志公設市場の2階に市場店があります。


写真のサーターアンダギーは「ちっぴるー」は琉球菓子処琉宮のオリジナルのようです。


琉球菓子処琉宮には飲食ができるカフェエリアもあり、

ドリンクと「ちっぴるー」を楽しめるようです。


またノベルティーグッズも作ることができるようです。



琉球菓子処琉宮サーターアンダギー ちっぴるー

「ちっぴるー」はプレーン・黒糖ピーナッツ・ココナッツ・黒ごまきな粉の

4種類あります。


お土産におすすめの理由は通常のサーターアンダギーより日持ちがします。

また、小分けになっているので会社とかでも配りやすいのもおすすめの理由です。


今回購入したちっぴるーは10本入りで1350円です。

琉球菓子処琉宮 詳細

さーたーあんだーぎーの店 安室

沖縄都市モノレール儀保駅について

ゆいレール儀保駅はゆいレール首里駅の一つ前の駅です。

高いところにある駅で眺望は抜群です。


ゆいレール儀保駅は沖縄の歴史遺跡と住宅街が多いです。


首里は那覇市の海抜が高いところにあり、

昔は中心だったせいか近隣の人たちは

沖縄の都言葉を話すといった噂を聞いたことがあります。

さーたーあんだーぎーの店 安室のサーターアンダギー

さーたーあんだーぎーの店 安室のサータアンダギー

ゆいレール儀保駅を降りて住宅街の方の坂を登ります。

カーブを曲がった先にお店があります。


自動車で行く場合は道が細いので注意が必要です。


こちらでは黒糖味(1袋600円)を購入しました。



さーたーあんだーぎーの店 安室のサータアンダギー

店頭で試食を出していただきました。

その時は感じませんでしたが、卵がメインのお店だけあって

食べ比べてみると卵の味が強いことがわかります。


しっとりした食感で卵の味が強く、

ファンが多い理由がわかりました。

卵好きにおすすめです。

さーたーあんだーぎーの店 安室 詳細

仲里屋

沖縄都市モノレール古島駅について

ゆいレール古島駅は那覇市と浦添市の境目にあります。

2020年10月にゆいレールが延伸されましたが、それまでは

浦添に行くのに一番便利な駅だったと思っています。


現在も沖縄県のメインストリートである

国道330号線を利用するバスに乗るときに利用しています。


沖縄県中部に向かう拠点の駅です。

仲里屋のサーターアンダギー

仲里屋のサーターアンダギー

古島駅から1キロほど歩いた先にお店があります。


サーターアンダギーの有名店で最寄り駅は古島駅と

グルメサイトに出てきますが、正直遠いです。


自動車を利用する場合は、近くに銀行の隣に

コインパーキングがあるのでそちらを利用しましょう。


店の雰囲気はこじんまりとしています。

バラ売りも袋に入っているものも売っています。



仲里屋のサーターアンダギー

サーターアンダギーを選んでいると

ご近所のおばあが「にいにいは何買ったの?」と聞かれました。

それぐらいアットホームです。


それで買ったものは小さめのサーターアンダギーを買いました。

一袋600円でした。

食感は今回購入したものの中で一番サクサクで

クッキーに近い感じで美味しかったです。

仲里屋 詳細

サーターアンダギー

沖縄のスーパーマーケット

「サンエー」、「タウンプラザかねひで」でも

サーターアンダギーを購入できます。


スーパーマーケットはゆいレール沿線はもちろんですが

県内に複数店舗ありますので購入できます。


今回購入したサーターアンダギーは270円でした。

サーターアンダーギーは常温で1週間から10日ほど持ちます。


沖縄の天ぷらなのでもちろん揚げたてが美味しいです。


ですがお土産を温める場合はオーブントースターを

利用するように強調されます。


電子レンジは温めるタイミングが難しく、

中から脂が出てきてしまい

炭化して下手すると燃える危険もありそうです。


沖縄に暮らしていると食す機会が多いサーターアンダギーですが

改めて食べ比べてみるといろいろな発見がありました。


皆さんも是非沖縄伝統菓子サーターアンダギーをおためしください。

この記事を読んだあなたにピッタリの沖縄の情報はコチラです!