Jp8v7jc4ykdupz67z8w8

オーストラリア

CATEGORY | オーストラリア

【オーストラリア元在住者が教える!】1週間旅行平均予算からお得なツアー情報を紹介!

2020.02.27

物価が高いことで知られているオーストラリアですが、節約方法を知ることや安い時期の旅行を選ぶことでお手頃な旅行ができてしまうんです!今回はオーストラリア内を旅した元在住者のrayが、オーストラリア旅行の費用に関する情報をお届けいたします。

この記事に登場する専門家

Konnxrht84d4ea24vou6

現役大学生ライター

ray

コミュニケーション学部に所属する現役大学生。オーストラリア、メルボルンの大学にて海外留学を経験。世界各国の人々と出会う中で人生観が変わり、現在は海外の大学院への進学を目指している。趣味はカフェ巡りとフラダンス、アート制作。

  1. オーストラリアの旅行にはいくらかかる?
  2. 航空券の費用が安い時期をご紹介!
  3. 日本とオーストラリア間の航空券費用はいくら?
  4. オーストラリア国内線の航空券費用はいくら?
  5. オーストラリアの宿泊料金はいくら?
  6. オーストラリアの食費はいくら?
  7. オーストラリアで人気のアクティビティ!費用はいくら?
  8. 壮大な景色を堪能できる【グレートオーシャンロードツアー (メルボルン)】
  9. 最も人気の高いアクティビティ!【シドニーブリッジクライム】
  10. オーストラリアのナイトライフはいくら?
  11. オーストラリア旅行での節約方法をご紹介します!
  12. 1週間のオーストラリア旅行でかかる平均費用は?
  13. オーストラリア旅行の心配事を解決して素敵な旅にしてくださいね!

こんにちは!rayです!

Jnkermrylojfjlrypnnj

海外旅行というと、沢山の費用がかかると考える人は多いと思います。

しかし実際高いのは航空券のみの場合が多いです。

現地の滞在費が、日本国内旅行より安いという場合もあり得ますし、節約することも可能なのです!


オーストラリア旅行の費用はいったいどの程度なのでしょうか。

物価が日本よりも高いと言われているオーストラリア。


今回は、オーストラリア旅行をする上で気になる費用についてご紹介します!

Bljp4ltyfseawcphjww5

航空券の費用は時期によって変わります。安い時期の場合通常の料金よりも2万円ほど安くなります。


また、航空会社によっても値段が変わってきます。

さまざまなサイトとの比較から、オーストラリア行きの航空券が最も安い時期をまとめました。


以下が航空券の安くなる時期の目安です。


・1月29日から3月25日

・4月9日から5月6日

・7月30日から12月2日 (10月8日の週を除く)


オーストラリアで休暇をとるのに安い時期は、通常8月下旬から9月上旬です。(航空券とホテルの価格を踏まえた場合)

Wh6ssjfyuyphytdnbgqr

日本 (東京) から直行便が出ているシドニー、メルボルン、ケアンズ、ブリスベン、ゴールドコースト。


直行便を利用した際の、大人1人当たりの平均往復費用は以下になります。


・シドニー: 80000円〜

・メルボルン: 90000円〜

・ケアンズ: 60000万円〜

・ブリスベン: 70000円〜

・ゴールドコースト: 60000円〜


都市への便が他と比べて高いです。

Iekogxdjif5ezznpczky
引用: https://www.instagram.com/p/B4_gEU1g04i/?utm_source=ig_web_copy_link

広大な土地を持つオーストラリア大陸は、地域ごとに様々な魅力があります。

オーストラリア滞在中に、別の地域を訪れる人も多いのではないでしょうか。


オーストラリアの国内線を利用した際の大人1人当たりの往復航空券は以下になります。


・ケアンズからシドニー: 約16000円〜

・シドニーからメルボルン: 約12000円〜

・シドニーからパース: 約38000円〜

・シドニーからブリスベン: 約10000円〜

・シドニーからバイロンベイ: 約10000円〜


効率的なルートを考えることで、交通費を抑えることが可能です!

Woman1

格安航空券は費用を抑えることができるけれど、キャンセル料が支払われないというリスクもあるから要注意!

泊まる施設にもさまざまなタイプがあります。


ホステルやドミトリータイプの部屋を利用する場合1泊900円から2500円と格安です。

ホステルは、一般にシャワー・トイレ・キッチンが共同で、部屋はドミトリー・シングル・ツインと一通り揃っています。

J6274ogkdmtttphg14so

写真は女性専用ドミトリータイプの部屋を利用したときのもの。


使用してみて思ったのは、寝泊りをするぶんには不便な点はないということ。

ベッドシーツも綺麗で、泊まる人々も静かでしたし、プライバシーも守られています。

盗難・紛失もありませんでした。


ただし、少しの物音で起きてしまうと言った人は、安眠できない恐れがあります。

私の友だちは、毎回ドミトリーに宿泊するときは耳栓を持っていくそうです。

Aolyhb2sjkwayafa8dou

上の写真は、サーファーの町・ゴールドコーストのホテルが立ち並ぶエリアで撮ったもの。

観光地とも知られているこのエリアにも様々なタイプの宿泊施設が並びます。


通常、格安ホテルに泊まるのなら1泊平均3000円程で泊まることができます。

都会で快適な宿泊をしたい方は、それなりの出費は覚悟しましょう。

例えば、シドニーやメルボルンなどの大都市では、格安ホテルでも1泊平均5000円はすることがあります。


最近ではレンタカーでの旅行をする人も多いです。

キャンプでテント泊をするならば1泊2000円前後から利用可能です。オーストラリアでのキャンプでは、

虫除けスプレーは必須です。

O1wlm0temlb3t7pcccwx

以下は宿泊のタイプに合わせたおおよその料金です。


<1泊分の平均料金>


ホテル

・シングル・ツイン: 5300円以上


ホステル

・ドミトリー: 900円〜1000円

・シングル: 1100円〜2200円

・ツイン: 2000円〜2600円


高級ホテル

・15000円以上


キャンプ

・2000円

Ldguzhhhtsxbrlgh5piv

オーストラリアでの食事代は、日本での食費代と同じくらいか少し高いです。


ハンバーガーや、オーストラリアの伝統料理ミートパイなら約3ドルから5ドルで食べることができます。

また、テイクアウェイ店(お持ち帰りのできる食べ物)やフードコートを利用すると、安く食事ができます。

カフェやレストランのメニューには、平均10ドル以上のお料理が並んでいます。


バックパッカーたちが泊まるホステルには、自炊できる設備があるので、食費を自炊で安く抑えることもできます。


以下は主な食事のおおよその費用になります。


・自炊した場合の食事代: 400円

・カフェやレストランの平均食事代: 700円〜2000円

・ビール: 600円

・コーヒー: 400円

・フルーツスムージー: 600円


食品・衣料品・交通費などの費用を詳しく知りたい方は、こちらの記事をチェックしてみてくださいね!

Fwdvnefveemgnisdfhza
引用: https://www.instagram.com/p/B0GIsrKIaNa/?utm_source=ig_web_copy_link

オーストラリアの旅行最大の魅力の1つは、アクティビティの量です!

オーストラリアに旅行したからには、アクティビティははずせないですよね!


以下は、オーストラリアで人気のアクティビティのおおよその料金です。


・グレートバリアリーフでのクルーズ: 15000円

・シュノーケリング(ゴールドコースト): 7000円

・ブルーマウンテンズツアー (シドニー): 15000円

・バイロンベイスカイダイビング: 22000円

・パッフィンビリー鉄道ツアー (メルボルン): 8000円

・ピナクルズツアー (パース): 13000円

Ztbsebujylltknffu9xa
引用: https://www.instagram.com/p/BomsyIPlkuT/?utm_source=ig_web_copy_link

グレートオーシャンロード小グループツアーの見どころは、

グレートオーシャンロードのメインでもある12使徒や入江など、息を呑むような壮大な景色を堪能することができます。

また、グレートオトウェイ国立公園を散策して、熱帯雨林を歩いたり、野生生物のコアラを見ることができます。


料金: 10500円


旅行に含まれるもの: ホテルの送迎・国立公園の料金・朝の紅茶とビスケット・無料WiFi


アクティビティに参加をして思った良い点は、参加者と仲良くなれるということ。

綺麗な景色や楽しい経験を共に分かち合うことで、言葉を超えた関係を築くことができると感じました!

Hx94usczpsm7vabwrsbx
引用: https://www.instagram.com/p/BwL8QAsgXIS/?utm_source=ig_web_copy_link

このアクティビティでは、シドニーハーバーブリッジに登り、

134メートルの高さからシドニーの景色を楽しむことができます。


午前または午後かを選択して、ガイドと一緒にハーバーブリッジを登ります。

夜明け、夕暮れなど、時間帯によって表情を変えるシドニーの象徴的建物オペラハウスの姿を、

頂上から見ることができます。


安全でフレンドリーなプロのガイドがついているので安心してアクティビティに参加できます!


料金: 15000円


旅行に含まれるもの: プロのガイド・パイロン展望台へのパス・集合写真

動画では、シドニーブリッジクライムツアーについて紹介しているのでチェックしてみてくださいね!

オーストラリアでの夜は、友だちや恋人とパブで楽しみましょう!

学生街のパブでは、授業終わりなのか、午後も早い時間から集まっている姿が見られます。

オーストラリアの国民的スポーツであるフッティーの試合にもなると、パブは多くの人で賑わいます。

Zei7uzmrl6xxzg8mryqp

オーストラリアのビールは、各州ごとにオリジナルのものがあります。

訪れた州ごとに、オリジナルビールを味わうのもいいですね!(写真はビクトリア州のビール)


ビールを注文する際は、グラスの大きさを指定します。

グラスの大きさごとに費用は異なります。


以下はグラスのサイズごとのビールの値段になります。


・ピッチャー(約1,140ml)は900円〜

・大(約570ml)500円〜

・普通(約425ml)400円〜

・小(約200ml~285ml)300円〜


日本同様にオーストラリアにもハッピーアワーがあります。

時間帯は通常16:00〜18:00となります。値段は700円前後や、元の値段から50%オフとなります。

オーストラリア旅行を、より手頃な価格にする方法を3つご紹介します!

Wzbnz7xr3zlt2o38jojo

1.毎日の出費を手帳に記入する

お金の使い方のペースが、決めた予算にあっているかを確認することができます。明日は出費を抑えようとか、贅沢をしようとかがわかりやすくなります。


2.ツアーに何がついているかを確認して予算を立てる

ツアーの場合は、内容に何が含まれているかで予算が変わってきます。しっかりした予算を立てるために、ツアーの内容を事前に確認してアウトラインを作りましょう。


3.食費を見直す

できるだけお金を節約したい場合は、食費を見直してみてください。特に、お酒の購入を見直すことで、大幅な予算を節約することが可能です。なぜなら、オーストラリアで非常に高価なものはお酒だからです。毎晩ワインやビールを飲むと、簡単に予算オーバーする可能性があります。

Gjzevj5kfbc0q3pumysr

1人旅・カップル旅行・家族旅行にわけた、1週間の平均費用は以下になります。


▶︎1人旅をした場合の1週間平均費用

10万〜24万 (1日あたり15000円〜35000円)


・食事、旅行、観光の費用: 1人の1日あたりの費用3200円〜6500円

・航空券の運賃(エコノミー): 50000円〜140000円

・宿泊費:ホテル1泊5300円〜7000円


▶︎カップルの1週間平均旅行費用

17万〜43万 (1日あたり24000円〜60000円)


・食事、旅行、観光の費用: 2人の1日あたりの費用6400円〜13000円

・航空券の運賃(エコノミー): 95000円〜280000円

・宿泊費: ホテル1泊5300円〜7000円


▶︎家族旅行をした場合の1週間の平均費用 (4人)

34万〜83万 (1日あたり49000〜118000円)


・食事、旅行、観光の費用: 4人の1日の費用に対して1日あたり13000円〜27000円

・航空券の運賃(エコノミー): 190000円〜550000円

・宿泊費: ホテル1泊10000円〜13000円

いかがでしたか?海外旅行となると、いろいろと不安の種がつきないものですよね。

旅行の前の「いったい費用はいくらあればいいのか」という心配は、誰もが抱えるものだと思います。


この記事から情報を得た皆さんが、少しでも不安を和らげて安心してオーストラリアに飛べますように!

この記事が気に入った方は、オーストラリア情報をまとめた記事も読んでみてください!

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/By2C7XaoTZH/?utm_source=ig_web_copy_link