O1xzyxpfuz8wuhvnnwy0

香港

CATEGORY | 香港

香港旅行の両替で要注意!NGな両替場所と一番お得な方法を経験者が伝授!

2020.01.17

香港であなたは両替はどうしていますか?昔ながらの現金両替ですか?香港ではオクトパスカードで決済する人が多いですが、その場合でも日本人の場合チャージのためにどうしても現金が必要になりますよね。ここでは香港での一番お得な両替方法をご紹介します!

この記事に登場する専門家

Vzpqpdv6yxnziqbq9p01

香港好きライター

zuenmei

香港渡航歴20回超。最近では現地人に在住者に間違えられます。ガイドブックにないような情報をお届けしたいと思います。よろしくお願い致します!

  1. 日本円から香港ドルへの両替はまだ必要?!
  2. 香港ドルって日本円10,000円でどのくらいなの?両替レートの見方は?
  3. 香港での両替はどこでする?おすすめ両替所をご紹介!
  4. この両替所はやめたほうがいい!NGな両替所をご紹介!
  5. 令和のキャッシュレス時代にまだ両替?現金を両替する以外の方法はないの?
  6. 余った香港ドルをSuicaなどにチャージできる機械がある?
  7. 賢くお得に日本円を香港ドルに両替しよう!
香港ドル
引用: https://www.instagram.com/p/BL9pewjDXMH/?utm_source=ig_web_copy_link

こんにちは!香港大好きライターのzuenmeiです。このところ、香港ドルを両替する機会がなくて寂しいです。機会を見て、香港潜入を目論んでいます!


ところで、キャッシュレスが叫ばれて久しい昨今ですが、たいていの人は外貨は相変わらず両替していますよね。


このところ、外貨を両替しなくていいのがウリのカードが出てきたようですが、使い心地はどうなんでしょうか?


ここでは日本円を香港ドルに両替する場合のお得な場所や、現金以外の両替方法についてご紹介致します!

香港の両替所のレート

では10,000円を香港ドルに両替してみましょう。どのくらいのお金がくるのでしょうか?両替所によって多少の違いはありますが、だいたい710HKドル前後と両替ができます。


香港の両替所には各国の通貨と香港ドルの両替レートを書いた表が掲示してありますが、

We Buyの数字が高いところが、良いレートだということになります。だいたい0.071以上だとレートがいいところということができます。写真のところはあまり良くありませんね!


また、店によっては奥の方に両替レート表があって、レートがよくわからない場合がありますが、こうした店は手数料が高い場合があるので、避けたほうがいいでしょう。


香港ドル両替レート比較

上の表だと一番レートがいいところと悪いところの差は32ドル10,000円を両替しただけで、500円くらいの差が出てしまいます。

香港ドル

それでは香港での両替はどこですればいいのでしょうか?おすすめの両替所をご紹介致します。

おすすめ両替所①空港のトラベレックス

香港に降り立ってすぐに香港ドルを手に入れることができるところといえば、空港です。空港の到着フロアの出口近くには、日本でもおなじみの「トラベレックス」の両替所があります。


ただ、ここは大変便利ではあるのですが、混んでいる上に実はレートがあまりよくありません。そこでとりあえずの現金を5000円分くらい両替して、あとは市内で両替する方法にしたほうがよさそうです。

あまり高額を両替しないようなら、空港で両替したほうが手間なくていいという意見も!上の写真の場合、15,000円を両替してレートのいいところと悪いところでは差が42円だったようです。

おすすめ両替所②尖沙咀チョンキンマンション内

香港のチョンキンマンション

香港の安宿が集まっているところといえば、尖沙咀の「チョンキンマンション」(重慶大厦)です。ここは近年ではすっかりクリーンなイメージになり、2階にはオーガニックの化粧品の店なども入っているくらいです。かつては、第二のクーロン城などとも呼ばれ、いわく付きの場所だと思われていますが、最近ではかつてよりはイメージアップしたようです。


このチョンキンマンションも両替所が数多くあり、筆者もいつもここで両替します。かつて1階の両替所は奥に行くほどレートがいいと言われていましたが、いきつけの両替所が閉まっていたり、移転してしまい、最近ではもっぱら1階を入って右、3軒目くらいの「新加波両替所」(Singapore Exchange)を利用しています。


空港で両替したレートと比べてみたことがあるのですが、なるほどレートは良かったです。あとで調べたら人気店のようです。手数料もほとんどありません。


ただ、時々閉まっているときがあるので、その場合は同じ入り口付近のWestern UnionやPetals Wall Street Exchangeもレートがいいようです。

ただ、週末などは上記のような情報が!デモ関係でチョンキンマンションは閉鎖される可能性があるようです。週末に旅行日がかかっている人は特に注意して下さい。

おすすめ両替所③ホテル

ハーバーグランド香港
引用: https://www.instagram.com/p/BwzEKq9A817/?utm_source=ig_web_copy_link

旅行の日程が詰まっていたり、予定がぎっしりでチョンキンマンションまで行けないときはどうするか?その場合は私はホテルで両替します。


ホテルは両替レートが悪いと思われがちですが、実はそうでもないのです。レートが悪いことを覚悟して両替したら実はそうでもなくて、ラッキー!と思った覚えがあります。ただ、ホテルによって違うことがあるので一概には言えません。

おすすめ両替所④ガイドさん

ツアーで行く場合、現地のガイドさんが両替をしてくれる場合があります。この場合、レートは良心的なことが多いです。


最近ではLCCなどの台頭でパッケージツアーで香港に行く人も減ったようですが、なんとかお客数を回復させようと、ガイドさん側も必死のようです。

香港ドル

それでは、やめたほうがいいNGな両替所をご紹介します!

NGな両替所①街中の両替所

ネイザンロード

香港の街中を歩いていると、「人民元」などと赤文字で書いてある両替所をみかけます。大陸からの旅行者が多いので書いてるのだと思いますが、実はこうした香港の街中で見かける両替所はおそろしくレートが悪いようです。


現在は10,000円を両替すると700ドルを回復していますが、一時は700ドルを下回るときもあったとか!

NGな両替所②市内の銀行

では、香港市内の銀行はどうなのでしょうか?


チョンキンマンションの両替所を知らない初心者の頃、私はなんと中環のHSBC銀行に両替に行ってしまいました。


HSBC銀行は特徴的な建物で、風水をもとに作られており、でこぼこの床から吸い上げられるように斜めに伸びるエスカレーターに不思議な感覚を覚えました。


慣れない外国の銀行でやっとのことで両替を済ませましたが、手数料が50ドル(約700円)くらい取られていました。知らないということは恐ろしいですね。

NGな両替所③日本国内の両替所

トラベレックス
引用: https://www.instagram.com/p/B6NzKeZBoif/?utm_source=ig_web_copy_link

では、日本国内の両替所で両替するのはどうなのでしょうか?はっきり言ってレートはよくありません。なんと17%も上乗せで手数料を取られます。例えば10,000円を両替すると手数料は1700円です。


日本国内では空港などにトラベレックスがあり、たくさん人が並んでいることがありますね。時間がないときは便利ですが、やむを得ない時以外はやめたほうがよさそうですね。

ばらまかれた香港ドル

日本国内でキャッシュレスが叫ばれてほぼ1年半ほど。でも外貨はまだ現金に両替していますよね。現金を両替する以外には方法はないのでしょうか?

方法①海外プリペイドカード(マネパカード)を使う

Gaica
引用: https://www.instagram.com/p/BtryPBMhhq3/?utm_source=ig_web_copy_link

「海外プリペイドカード」って聞き慣れないフレーズで、ちょっとハードル高そうと思う人も多いかも知れません。


海外プリペイドカードとは、渡航前に自分の指定した口座にお金を入れていくことで、残高の範囲内でデビットカードのように支払ったり、現地通貨を引き出ししたりできるカードのことです。


カードのブランドではマネパをはじめ、GAICA、マネーティグローバルなど数種類あります。そのうちマネーパートナーズのマネパと新生グループのGAICAは国内での使用もできます。


チャージしたお金をその国で使う場合は為替手数料がかからないのがなんといっても魅力です!

方法②LINE Payを使う

LINEPayのアイコン

現在、日本国内ではキャッシュレス戦国時代ですが、PayPayといい勝負をしているのがLINE Payです。LINEのショッピングやアプリなどで貯めたポイントをPayで使えたり、クーポンが出るのも魅力ですよね!


そのLINE Payでなんと両替ができるのです。

やり方は、まずLINE Payに紐付けた銀行などからチャージをし、オンライン上で両替を依頼します。


すると、依頼した外貨が家に送付されてくるというしくみです。「両替手数料が安い」と謳われていますが、日本のトラベレックスほどでないにしても1000円以上の手数料プラス宅配料が上乗せされるようです。


確かにオンラインで両替を依頼し、宅配で出発前に外貨が送られてくるのは超便利ではありますが、手数料が高いです。こちらも、やむを得ない場合に限った利用がおすすめだと言えるでしょう。

羽田のポケットチェンジ機

こちらは外貨から日本円に両替する方法ですが、画期的なのは、日本に持ち帰った外貨をSuicaなどの電子マネーに替えることができることです。

Pocket Changeは画期的な両替マシーン

ポケットチェンジ
引用: https://www.instagram.com/p/B0VrcyhlR_s/?utm_source=ig_web_copy_link

その機会の名前はPocket Changeと言います。主に空港のロビーやドン・キホーテの店内、旅行会社の店内などに設置されています。香港ドルはお札のみでコインは替えられません。羽田空港では到着フロアの片隅にあります。


その使い方は余った外貨を入れると、どの国のお金に替えるかを聞かれます。国をタップすると、電子マネーの種類が表示されますので、希望の電子マネーをタップします。


これで余った外貨も国内で電子マネーとして使えるというわけです。

ここでは、日本円を香港ドルに両替する方法をご紹介しました。結果としては日本のトラベレックスなどの両替所、空港などの両替所で両替するのがもっともレートが悪く、ついで香港内の銀行、街角の両替所となります。


香港のホテルやツアーガイドさんに両替してもらうことは、意外にレートがよく、尖沙咀のチョンキンマンションでの両替がやはりいちばんレートがよくお得に両替できることがわかりました。


また、キャッシュレス時代にふさわしい両替方法として、海外プリペイドカードを使う方法、LINE両替などがあります。海外プリペイドカードは両替したお金を同国で使う場合は両替手数料が無料です。また、LINE両替は、LINEPayにチャージした金額を両替することで、自宅に外貨を届けてくれるサービスです。とても便利ですが、若干手数料が高いのが残念と言えるでしょう。


結果としては、海外プリペイドカードを使う方法と、チョンキンマンションの両替所で両替する方法がいまのところ、レートがよくて手数料を抑えられるいい両替方法と言えるでしょう。

この記事を読んだあなたにピッタリの香港の情報はコチラです!