Trip-Partner[トリップパートナー]

記事のサムネイル

Category香港

香港の素敵プールはここ!誰でも利用できるホテル内&気軽に入れる庶民派プールを紹介!

香港旅行でプールに入るなんて無理!なんて言わないで。ショッピングに名所観光にと忙しい日程の香港旅行ですが、ちょっと暇をみつけてプールに入ってみてください。そこにはあなたの求めていたやすらぎとリラックスがあります。子連れにもおすすめの公営プールもご紹介します。

この記事に登場する専門家

zuenmeiのサムネイル画像

香港好きライター

zuenmei

香港渡航歴20回超。最近では現地人に在住者に間違えられます。ガイドブックにないような情報をお届けしたいと思います。よろしくお願い致します!

香港のホテルのプールサイドで素敵に過ごそう!

你好!20数回香港に行きながら、プールサイドでまったりしたのは数回、のzuenmeiです!香港ってほんとうに行きたいところが多くてゆっくりできることも少ないのです。


でも本当はひがな1日、プールサイドでまったりしてみたいです。

ここではまったりしたり素敵な出会いも期待できるホテルのプールを中心に、お子様連れにもおすすめの、庶民派の公営プールもご紹介します。

香港でプールに入る時に気をつけること

香港のホテルのプールでまったり。香港に行っても何もしないで、1日まったりしてみたいというのは、20数回香港に行っている私でもいまだ達成しえてないことです。


香港でプールに入る時の注意点は、


・プールサイドに貴重品を置かない

・衛生観念が日本と違う点を理解すること

・ロッカーにお金(コイン)が必要な場合も。ただしリターン式


ですね。特に香港は日本と衛生観念が違う点があるので、高級ホテルでも信じられないような汚いことに遭遇したりすることもあります。そのようなときは、自分で無理に処理しないでスタッフに頼んだりするのがスマートだと思います。

香港のおしゃれなホテルプール10選

それでは香港のおしゃれなホテルプールからご紹介していきましょう!なお、ホテルプールは宿泊者以外でも利用可能ですが、有料となっています。なおその場合、だいたい450HKドル~500HKドル(約6300~7000円)のワンデーパスとなる場合が多いです。

おすすめ①超高層階にあるプールは快適【 コーディス香港アットランガムプレイス 】(香港康得思酒店)

九龍・旺角のランドマーク、ランガムプレイス内のホテル「コーディス香港アットランガムプレイス(旧ランガムプレイスホテル)」にあるプールも素敵です。


ショッピングモール・ランガムプレイスの4階から続く廊下からホテルのフロント直行のエレベーターに乗ってチェックイン!(1階からも可能)

41階に「川(チュアン)」というオリエンタルな雰囲気のスパがあり、そこの利用客も使えるプールですが、なんと旺角一高いビルの42階にあるため、まるで天空のプールという印象を受けます。


大きなプールではないですが、ゆったり落ち着ける雰囲気がいいですね。ショッピングモールの上にありますが、あまりファミリー向けではありません。

【コーディス香港】の詳細情報

営業時間:6:30-23:00(プール)

定休日:無休

URL:コーディス香港

おすすめ②やっぱり王道!定番の香港の憧れホテルのプール【ザ・ペニンシュラ香港】

香港のホテルのプールでゆっくりするというと、誰もが想像するのがこの「ザ・ペニンシュラ香港」のプールなのではないでしょうか?香港に来て「ゆっくりする」余裕を感じさせるのはやはりペニンシュラに勝るところはないでしょう。

ただ、宿泊者以外でもスパ利用者は利用できるので、時間帯によっては、けっこう混雑しているよう。何時に混雑しているかは、そのときの運と言えます。


プールは8階にありますが、まずは7階のスパ受付でプールを利用したい旨を告げ、ロッカーの鍵をもらって8階に上がります。


プールはローマ王朝建築のような造りで「テルマエ・ロマエ」の世界に迷い込んだよう。間接照明で天井やプールの中の柱がライトアップされ、大人の雰囲気です。


プールの周りにはウッドデッキが並べられ、他の利用客からも体型が丸見えなのが難点ですが、プールサイドに座っているだけでもステイタスなのかも。いい出会いが期待できそうですね!

【ザ・ペニンシュラ香港】の詳細情報

営業時間:6:00-21:30(プール)

定休日:無休

URL:ザ・ペニンシュラ香港

おすすめ③改装終えてスタイリッシュに!【ザ・ミラ香港】

ザ・ミラ(九龍美麗華酒店)は尖沙咀のネイザンロード沿い、ミラマー・ショッピングセンターに隣接しており、とてもアクセスが便利です。


改装も終え、外観からしてコンテンポラリーな都会のホテルという感じ。いちばん下のランクのスタジオ・ルームでも20㎡あり、香港のホテルとしては広いほうです。

このホテルのプールはなんと地下3階にあります。シンプルで無駄のないデザインが素敵です。しかし、深さが1.5~3mもあり、競泳選手仕様のようです。デイベッドが置いてありますが、向きがぜんぶプールの方を向いているのではなくほんとうにさりげなく、ランダムに置いてある感じなのが好感が持てます。

【ザ・ミラ香港】の詳細情報

営業時間:

定休日:無休

URL:ザ・ミラ香港

おすすめ④ビクトリア湾に浮かぶ感覚のプール【フォーシーズンズ香港】

香港のフォーシーズンズホテルといえば、ペニンシュラに次いで女子の憧れホテル。中環のIFCビルの中にあり、アクセスもとても便利です。ショッピングセンターや大企業の本社が入るビルの中にあるので、アジアの大都会を感じられるロケーションです。

プールがあるのは6階。ヴィクトリアハーバーを望むように作られており、4つの異なるプールがあります。


水中スピーカーから音楽の流れるラッププール、ヴィクトリア湾、尖沙咀の景色が見える2つのプールがつながったようなインフィニティ・プール、そしてジャグジー。

景色が借景となった美しさはおそらく香港一なのかも。


ウッドデッキに座ろうとするとすかさずスタッフがおしぼりと水を持ってきてくれてもうお姫様気分!もちろん希望すればプールサイドで朝食も可能です。このプールに入りたいがために宿泊を決める人がいるのも納得できます。もう完全にお子様はシャットアウトな雰囲気です。

【フォーシーズンズ香港】の詳細情報

営業時間:8:00-23:00(スパ)

定休日:無休

URL:フォーシーズンズ香港

おすすめ⑤1日居てもいい?!地上76階にあるプール【W香港】

香港一高いところにあるプールとして有名なW香港ホテルのプール。W香港では、客室は30階くらいまでの高さなのですが、事務やスパ、プールが76階にあります。一部のエレベータしか76階まで行きませんので注意です!

ルームキーでロッカーを解錠するシステム。それほど広いプールではないですが、温水のプールとジャグジーがあります。


高いロケーションなので、夜景はきれいに見えますが、ちょっと残念なのはヴィクトリア湾側にリッツカールトンホテルがあり、そのビル越しに景色を眺める形なこと。スカーッとヴィクトリア湾が見えないのですね。


プールバーもあり、水着のまま軽食やアルコールも楽しめるのは嬉しいです!


なお、2020年2月21日~3月15日はメンテナンスのためクローズ。代わりにとなりのリッツカールトンのインドアプールが使えるようです。

【W香港】の詳細情報

営業時間:12:00-21:00(プール)

定休日:無休

URL:W香港

おすすめ⑥ビーチに位置し、緑あふれるプール【ロイヤルビューホテル香港】(荃灣)

ジャングルというわけでもないですが、このロイヤルビューホテル(帝景酒店)のように、緑に溢れた野外プールがあるホテルは、香港市内ではレアと言えるでしょう。


場所は香港の荃湾。空港からのエアポートエクスプレスでは「青衣」(チンイー)で下車します。

香港にありながら、緑あふれる屋外プールで泳ぐ体験はほんとうにそれほどないと言えるでしょう。


野外プールは25mほどですが、木陰にウッドデッキが配され、強烈な香港の日差しから逃れてリラックスすることができます。


客室は普通の客室もありますが、天体観測やジャパネスク、深海などテーマのある客室もあってユニークです。地域内無料シャトルバスがあるのも嬉しいポイントです。

【ロイヤルビューホテル香港】の詳細情報

営業時間:7:00-21:00(プール)

定休日:無休

URL:ロイヤルビューホテル香港

おすすめ⑦庭園型プール【ウィンランド 800 ホテル (旧メクサン ハーバー ホテル) (永倫800酒店) 】(青衣)

空港からエアポートエクスプレスで次の駅、「青衣」(チンイー)にあるホテル。デモが収束しない昨今、尖沙咀や中環ではなく、比較的安全な感がある郊外の青衣に宿を取るのも一つの手かも知れませんね。


それに青衣あたりだと、市内では体験できないような広々とした客室やプールが体験できる可能性も高いからです。

ここ「ウィンランド 800 ホテル」のプールはなんと庭園型。ホテル棟の間に庭園があり、その中にプールも配されているのです。プールの中には橋あり東屋あり、岩ありで、アドベンチャー気分が味わえます。


こんなにすごいプールがあるのに宿泊のお値段が激安で2600円程度からあるのは(Hotels.comサイト)すごい!一度は泊まってみたい「穴場」と言えるでしょう。

【ウィンランド 800 ホテル 】の詳細情報

営業時間:

定休日:無休

URL:ウィンランド 800 ホテル 

おすすめ⑧広いプールが魅力!【Lホテル・ニナ・エ・コンベンション】

Lホテル・ニナ・エ・コンベンションは香港国際空港から市内に行く途中、荃湾に位置しています。コンベンションセンターの近くにあり、4.5星の高級ホテルですが、宿泊もさることながらこのホテルの特徴は広いプールにあります。

離島の風景を見渡せる屋外プールはリゾート気分たっぷり。市内とは一味違った開放感を味あうことができます。


また、プールの一部に屋根があるので、室内プールとして使うことができます。雨の日でも安心ですね。こちらは広々として開放感があるので、家族連れにもおすすめです!

【Lホテル・ニナ・エ・コンベンション】の詳細情報

営業時間:

定休日:無休

URL:Lホテル・ニナ・エ・コンベンション

おすすめ⑨香港で南国リゾート気分【オーベルジュ ディスカバリー ベイ香港 】 (ディスカバリーベイ)

ディスカバリーベイ、ってあまり聞いたことがない地名だと思いますが、空港のあるランタオ島にあり、香港ディズニーランドにほど近い海辺にあります。


「オーベルジュ」と名前がついている通り、香港市内のホテルとはひと味違う、ひろびろとした感じが魅力。

中でも特徴的なのがプールで、離島の風景を見渡せるひろびろとしたリゾート気分満点のプールはぜひ体験したいところです。あまりにリゾート気分が満喫できるので、香港にいるのを忘れてしまいそうです。


ただしプールは冬季クローズあり。4月よりオープン。

【オーベルジュ・ディスカバリーベイ】の詳細情報

営業時間:

定休日:無休

URL:オーベルジュ・ディスカバリーベイ


おすすめ⑩香港島の夜景も独り占め!【ハーバーグランド香港】

香港には2つのハーバーグランドがあります。ひとつは旧ハーバープラザのハーバーグランドカオルーンですが、もうひとつは2009年に新しくできたハーバーグランド香港です。

位置が北角にあり、最寄り駅はMTR炮台山というロケーションで、ここのプールは香港島と九龍の夜景を一望にできると言われており、「天下無敵」のハーバービューと言われています。おそらく夜景を見るにはここのプールに勝るところはないのではないでしょうか?一度は訪れてみたいプールです。

【ハーバーグランド香港】の詳細情報

営業時間:6:30-21:00(プール)

定休日:無休

URL:ハーバーグランド香港

おすすめ⑪プールを含めすべてが素敵!?【ザ・マレー香港・ア・ニッコロホテル】

こちらのホテルもあまりツアーなどでは取り扱いがなく、たまにシニア向け女性誌などで取り上げられることもある素敵なホテルです。


1969年代に政府関連施設として建てられ、現在は香港の歴史的建造物に指定されている由緒ある建物。場所はなんと中環のピークトラムの真ん前にあるので、何気なく前を通っていた人も多いと思います。


中環の中でも高いところにあるため、部屋からは高層ビルの上層階あたりが見えてちょっと不思議な雰囲気。

ここのプールは景色が良いわけではないのですが、とにかくシンプルでセンスがいい!落ち着ける大人の空間、という感じです。なにかとせわしない香港旅行で安らぎを求める人向きと言えるでしょう。素敵な大人の出会いが待っているかも知れません!

【ザ・マレー香港・ア・ニッコロホテル】の詳細情報

営業時間:6:30-23:00(プール)

定休日:無休

URL:ザ・マレー香港・ア・ニッコロホテル


子連れもOK!香港の庶民派プール

1年を通して大部分の時期が泳げる香港には、なんと43もの公営プールがあります。中でもアクセス便利な2つをご紹介します!

おすすめ①アクセスバツグン!九龍公園内【九龍公園游泳池】

何度となく前を通っていても、あの公園にプールがあるのは知らなかった!という方も多いはず。そう、尖沙咀・ネイザンロード沿いにある広大な九龍公園内にはプールもあるのです。場所は海防道側の入り口から入ると突き当りにあるので便利です。

九龍公園にはフラミンゴや熱帯の鳥、くじゃくなどがいたり、早朝には年配の方々が太極拳をやっていたりと香港らしい風景も見え、まさに都会のオアシス。


公園から一歩外へ出ると繁華街でショッピングセンターがひしめき合っているというのにここでは時がとまったようなやすらぎを感じることができます。


かなり広めの屋外プールの営業期間は4月から10月まで、それ以外でも室内プールは営業しているようです。料金は平日は17HKドル(約240円)、週末は19HKドル(約260円)で入場できます。オクトパス利用可能。ロッカーに5ドル硬貨が必要(リターン式)

【九龍公園游泳池】の詳細情報

営業時間:6:30-22:00(12-13時、17-18時メンテナンス時間あり)

定休日:旧正月2日間

URL:九龍游泳池

おすすめ②平日17HKドル!ウォータースライダーもあるプール【青衣游泳池】

香港国際空港からエアポートエクスプレスで1駅の青衣にあるプール。ここには日本では限られたプールしかない、ウォータースライダーが2基あり、ひとつは5m近くあるスライダーですが、斜め角度が緩やかなのでスピードは遅めです。よって初心者やお子さんに最適!


香港でウォータースライダー・デビューもありですね!


料金は平日は17HKドル(約240円)、週末は19HKドル(約260円)で入場できるのも魅力的です。(子ども・学生・身体障害者とその同行者は、平日$8/土・日・祝日$9)

【青衣游泳池】の詳細情報

営業時間:6:30~22:00 (12:00~13:00、18:30~19:30 一時休止)

定休日:木

URL:青衣游泳池

1年のうち3分の2は泳げる香港のプールで楽しもう!

香港は年間平均気温が12度くらいで、冬でも10度を下回ることが少ないため、1年の3分の2くらいは野外プールで泳げます。


ホテルのプールでは宿泊者は基本的に無料です。それ以外にも公営のプールが43もあるのですね。


スタイリッシュなホテルのプールもいいですが、リーズナブルな公営プールも捨てがたいと思います。ぜひ、香港ではプールで遊んでみてください。

香港のプールで遊んだ後はお土産探し!そんなあなたにおすすめの記事はこちら!