Vwwhhncyxxogqbtlekyn

アジア

CATEGORY | アジア

夜景も映えスポットもショッピングも香港の良い所取り!1泊2日で香港を満喫する観光モデルコース!

2019.09.05

日本近辺の海外に行き尽くした方には是非、次のステップ香港へ!日本から直行便の飛行機で4~5時間! 都会的な美しさも、現地民の生活が垣間見れるノスタルジックな町並みも楽しめる香港のモデルコースをご紹介。小さい国だからこそ、2日で名所は周れます!

この記事に登場する専門家

Bkhbtxeufbvjlf7y9r7q

旅するフォトグラファー

hatch219

リュック1つで旅するバックパッカー。英語力はゼロだけど、ローカルな町から誰しもが知る絶景スポットまで、世界中を旅しています。載せている写真は基本的にiPhoneカメラ撮影。フォトグラファーの経験を生かした、簡単に撮れる映え写真ポイントも載せていきます。

  1. 香港はどんなところ?観光モデルコースをご紹介
  2. 1日目午前:空港から九龍まではエアポートエクスプレスで時短!
  3. 1日目午後:プロムナードまでの観光モデルコース
  4. 1日目夕方:九龍エリアの2大ナイトマーケットを観光
  5. 1日目夜:プロムナードの夜景を間近で眺めて香港島へ
  6. 1日目夜:香港が生み出した100万ドルの夜景鑑賞
  7. 2日目午前:香港島を観光!高層ビルに囲まれた都会な街並み
  8. 2日目午後:至る所にアートが!食べ歩き観光のモデルコース
  9. 香港観光はこちらもおすすめ!
  10. 香港の観光モデルコースまとめ

100万ドルの夜景が観れる事で世界的に有名な国、香港。

高層ビルが立ち並ぶイメージがある方も多いと思いますが、実際に行ってみると地元の方が通う屋台や商店がたくさんあり、思わず笑顔になる温かさを感じる国です。

観光名所が多く、比較的治安が良いのも観光客には安心なポイント。1年に1回は香港に行っている筆者がおすすめする、定番モデルコースをご紹介します。女1人旅でも安全なコースです!

Nu8shdqe5qgix4aqisrx
Tzg9bym67zqv5riidzo1

香港空港から観光名所がある市街地までは「香港エアポートエクスプレス(Hong Kong Airport Express)」という特急列車がおすすめ。

バスを利用すると渋滞に巻き込まれることが多々あり、1時間以上かかる場合もあるのですが、エアポートエクスプレスなら約20分で到着するので弾丸旅行には特におすすめです!

また、時間は正確に10分間隔で運行されているので待ち時間も少なく、とても快適に市街地まで行く事ができます。

D14bddidd9uepxfauf87

料金は、通常の切符で

空港から九龍駅までは片道HK$105(約1400円)、往復HK$185(約2400円)

空港から香港駅までは片道HK$115(約1500円)、往復HK$205(約2700円)


※香港のICカード「オクトパス」をお持ちの方は、HK$5割引が適用されます。


エアポートエクスプレスと3日間MTR乗り放題がセットになったトラベルパスもあります。

片道HK$250(約3200円)、往復HK$350(約4500円)

※デポジットがHK$50含まれています。

エアポートエクスプレスで九龍駅に到着しましたら、町並み散策も兼ねて歩きながら尖沙咀(チムサーチョイ)の海沿いのプロムナードへ。

夜になると、「香港と言えばここ!」とも言える夜景が見れる観光名所です。

夕方に来ると夕日に染まった景色が見れて、とてもきれいですよ。

Ajytwizye9tn3bm9czq3

周辺には大きな百貨店も多数あり、世界的ブランドのブティックが並んでいます。

日本人にはお馴染みの百貨店「そごう」もあり、中にはお土産売り場があるので覗いてみるのもいいですね。

ちなみにそごう内のトイレは、清潔でしたので安心して使用できます。

有名な観光名所のひとつ、2大ナイトマーケット「女人街(ノイヤンガイ)」「男人街(ナンヤンガイ)」はMTR旺角駅のすぐ近くにあります。

夜のマーケットなので、昼間は観光客用の露店は出ておらず、現地の方用の食料品の屋台が並んでいます。

夕方5時頃をすぎると、段々と屋台の組み立てが始まり、日が沈むことには道路を塞ぐ程の屋台が開店していきます。

Segftcduz2z8ltztrvph

その名の通り、「女人街(ノイヤンガイ)」は女性用の衣料品やバッグ・小物類など、「男人街(ナンヤンガイ)」は時計や各種ケーブル・コンセントなどの電子機器やスーツケース、男性用衣類などが販売されています。

日本で買うと高価な物も破格で販売されていたりするので、ぜひ掘り出し物を見つけてください!

日が沈んた頃、海沿いのプロムナードに戻って、夜景を堪能しましょう。

夕景とは全然違う繊細な夜景が広がっています。

毎日20時からイルミネーションショーの「シンフォニー・オブ・ライツ」が行われるのでそれを見るのもいいですね。

G9zrksc1lsdfv8ltxzki

今度は香港の夜景を山の上から見ましょう!

展望台のある「ヴィクトリア・ピーク」までは、MTRで「中環駅」に移動。

そこから歩いて約15分の所に、ケーブルカー「ピーク・トラム」の乗り場があります。

バスやタクシーなどでも山の上まで移動できますが、ケーブルカーは景色の良い所にくると速度がゆっくりになり、車窓からの夜景も楽しめるため、私は「ピーク・トラム」をおすすめします!


ピーク・トラム

7:00~24:00 所要時間約8分

片道HK$32(約400円)、往復HK$45(約600円)

Fgyns7towdxcrdupe0na

昨夜、夜景を作り出していた香港島の観光モデルコースをご紹介します!

MTR中環駅周辺を見上げると、最新の高層ビルがたくさん。

スターバックスなどのカフェや飲食店も多数入っているので、休憩場所としてもおすすめです。

Eknzi6hesxmqrhtrygpk

有名なエッグタルトのお店へ

香港と言えばエッグタルト。香港に行ったのであれば本場の味をぜひ食べていただきたいです!

安価なので、様々なお店のエッグタルトを食べ比べてみるのがおすすめ。

エッグタルトの専門店はもちろん、パン屋さんでも販売されています。

日本ではあまり甘い物を食べない筆者ですが、香港のエッグタルトは美味しくて毎回食べます!

Fl6xfbq7adv4exqujjor

街のあちこちにSNS映えスポットが!

香港島は坂の町です。坂道を上っているとあちらこちらにオシャレな建物が見えてきます。

「こんな所にも!?」という場所にも壁画が描かれていて、どこに行っても〝映える”と噂の観光名所になっています。

オシャレなスイーツやエッグタルトを持って、とびきりの一枚を残してくださいね。

Q5inspowj55vusiudiwi

上記のモデルコースの途中に、こんなスポットもあります!

香港ディズニーランド

香港にも夢の国があります!東京ディズニーランドには「シンデレラ城」がありますが、香港ディス二―ランドには、「眠れる森の美女」のお城があります。

東京では撮れないお城の前でぜひ記念撮影を!

映画のロケ地として有名な益昌大廈を観光

最近、SNSでもよく見る香港の観光名所、「益昌大廈(エキショウタイカ)」。

映画「トランスフォーマー/ロスト・エイジ」のロケ地となった事で有名になった場所です。映画ファンにはたまらないスポットですね!今も実際に人が住んでいる集合住宅で、過密な設計が世界的にも珍しい光景を造り上げています。

益昌大廈までの行き方は、MTR太古駅から徒歩で10分もかかりません。


※私有地につき、2019年1月から撮影が禁止になっています。目で見て楽しみましょう!

香港島からマカオまでは1時間!

香港島からマカオまでは1時間!

日本からマカオ行きの航空券を買うと値段がグンと上がりますが、香港から行くと安価で行けます。香港を楽しみつくした後は、マカオへ行くのもおすすめです!

香港島からフェリーとバスが出ているのでお好きな方に乗って移動しましょう。


<フェリーの場合>


フェリーターミナルは3か所ありますが、筆者のおすすめは、

香港島の上環にある「マカオ・フェリーターミナル」です!

所要時間は55分、料金はHK$171(約2200円)

15分に一本は出航しているので便が多いのが特徴です。


<バスの場合>

町並みはとてもおしゃれで映えること間違いなし、カジノはプレイしなくても中に入れる所もあります。マカオにも観光名所がたくさんあるので、是非行ってみてくださいね。

香港モデルコースはいかがだったでしょうか?


・アジアらしい屋台街(女人街と男人街)で掘り出し物を探せ♪

・世界に誇る香港の夜景にうっとり

・SNS映え間違いなしのスポットで思い出写真撮影


観光名所がたくさんあるので、1泊2日でもこんなにも様々な体験ができます。

次の海外は香港に決まり!ですね。