Csjoaik6hldwm024l4on

オーストラリア

CATEGORY | オーストラリア

アデレードは1人旅観光が良い理由とは?在住者が観光10個をお得に回る方法を伝授!

2019.12.06

日本人に人気なオーストラリアだけど、日本人が多過ぎるのは嫌。だからと言って、いきなり田舎に行くのは不安。一人旅したいけど、誰かとシェアできない分コストがかかるのは痛い…そんなあなたにぴったりな街がオーストラリアのアデレード!アデレードをお得に楽しく過ごす方法を紹介します!

この記事に登場する専門家

Ploamwgroj9zyvgkotz5

オーストラリアの兼業農家

ナイーブME

西オーストラリア州南部のド田舎でヤギとアルパカの世話をしながら建築業を営む兼業農家。都会のオシャレな情報よりも、僻地のクセある情報に強いです!
私の一風変わった生活ぶりを綴ったブログはこちら→hppts://www.naiveme.net

  1. オーストラリアのアデレードってどんな街?
  2. アデレードはオーストラリアの『○○の街』
  3. アデレード市内の無料で楽しめる観光スポット
  4. タダで観光する!アデレード市内の無料バスとトラムの無料区間!
  5. タダ観光!!アデレード市内でレンタルできる無料自転車!
  6. グルメ観光スポット!安くて美味しいものがいっぱいのアデレードセントラルマーケット
  7. アデレード市内から1時間以内・郊外の自然観光スポット!往復交通費10ドルで海も山も村も楽しめちゃう!
  8. フェスティバルのお裾分けだけでも楽しめちゃう!
  9. 無料パンケーキと友達作りも楽しめちゃうアデレードの穴場観光スポット?!
  10. 賢く、お得に、アデレードの街を楽しもう!
Ev8nase930mhi41zse05

こんにちは!西オーストラリア州南部で兼業農家をしております、ナイーブMEです。今回は私の大好きなアデレードについて紹介します!

南オーストラリア州の州都アデレード。オーストラリアではシドニー、メルボルン、ブリスベン、パースに次ぐ人口130万人の第5の都市です。日本からの直行便がなく、他の大都市と比べて日本人に会う確率はぐんと下がります。

アデレードは大き過ぎず小さ過ぎず。街の中は徒歩でも回れるコンパクトシティー。歩きで回れるだなんて小さ過ぎるのでは?!と思うかもしれませんが、無料で立ち寄れる見所が多く、街の近くにも海や山があるので退屈しません!

Rbmd9mfmblshrn92smur

アデレードは『フェスティバルの街』、『公園の街』、『教会の街』、『芸術の街』など様々な呼び名があります。

『フェスティバルの街』の呼ばれは、毎月のように街をあげてのメジャーイベントが開催されていることからで、それもあって、街中と街の周りには公園が多く『公園の街』とも言われています。

また、街中に教会が点在しており、その数30!中でも最も有名なのが、ゴシック様式のセント・ピーターズ大聖堂 (St Peter's Cathedral)。これはアデレードのシンボルでもあります。

そして、世界的にも有名なフェスティバルが多く開催されること、多種多様な人種によって生み出された文化が発達していることから『芸術の街』とも呼ばれているのです。

Auambilidbbp4kujmj9z

アデレードの街で最も賑わうノーステラス (North TCE) を歩いてみると、『芸術の街』にふさわしく博物館や美術館などの豪華な施設が並んでいます。しかも、それらが観覧無料と言う太っ腹!!(特別展示は有料です)

南オーストラリア州博物館 (South Australian Museum)

B2hlvpf8dlj31btf7svk

オーストラリアについてだけでなく、世界中の動物や民族について、そして恐竜についての展示まであります。

オーストラリアの先住民アボリジニー文化の展示品は、オーストラリアでも随一だと言われるほどの展示品の種類と数です!!

南オーストラリア州博物館 (South Australian Museum) の詳細情報

  • 住所:North Terrace, Adelaide South Australia 5000
  • 開館時間:月~日曜10~17時(イースターフライデーとクリスマスは休館)
  • HP:http://www.samuseum.sa.gov.au/

南オーストラリア州美術館 (Art Galley of South Australia)

Ej8t2olitpex8iehlatu

こちらもオーストラリアだけでなく、ヨーロッパやアジアの作品も展示されていました。

絵画だけでなく立体作品もあり、近世のものからモダンアートまでと幅広いコレクションです。おかげで、美術に疎い私でも楽しむことが出来ました。

南オーストラリア州美術館 (Art Galley of South Australia)の詳細情報

  • 住所:North Terrace, Adelaide South Australia 5000
  • 開館時間:月~日曜10~17時(クリスマスは休館)
  • HP:https://www.agsa.sa.gov.au/

南オーストラリア州立図書館 (State Library of South Australia)

図書館を観光施設に数えていいのか分かりませんが、この写真を見る限りはどうやら必見の場所です!!世界で最も美しい図書館のひとつに数えられているようです。

実はパソコンを使いたくて図書館を利用しましたが、私はこの部分を見れていません。というもの、この写真の特別スペースは『Mortlock wing』と呼ばれる別の建物になり、図書館の中の方まで入らないとアクセスできません。そのことを知らなかった私は、パソコンだけ使って図書館を去ってしまいました。

図書館の見た目はモダン (写真左) ですが、お目当ての『Mortlick wing』は右の建物になります。下の地図にありますよう、左の建物から入って、途中で右側に渡る形でアクセスできます。

Samvi96oytwd7ddqxhed

南オーストラリア州立図書館 (State Library of South Australia) の詳細情報

  • 住所:North Terrace, Adelaide South Australia 5000
  • 開館時間:(左のモダン側) 月~水曜 10~20時、木・金曜 10~18時、土日曜 10~17時
  • (Mortlock wing) 月~日 10~17時
  • 祝日は全館閉鎖
  • HP:https://www.slsa.sa.gov.au/home

ここで紹介しました博物館、美術館、図書館はNorth TCEのど真ん中にかたまってあります。

ここだけでも、じっくり観ていると一日では時間が足らないくらいです!!

Nyqt2q7ywfiunwadzedw

豪華な無料施設以外にも、市内移動の足も無料のアデレード!

無料バス

上の地図の青線とオレンジ線が無料バスのコース。街の北と南を98A、98B、99A、99Bの4種類の無料バスがループ巡回しています。街の北側(青線)は30分ごと、中心部(オレンジ線)は15分ごとに出発します。一応時刻表はありますが、お国柄あまり正確ではありません。

出発時刻が知りたいときは、Adelaide MetroのHPにある『Real Time Arrivals』でリアルタイムのバスのスケジュールを確認することができます!!

トラムの無料区間

街の中を走る路面電車。こちらは、ループ巡回ではなく地図上でいうと赤点線の十字コース。こちらは交通渋滞に左右されることがないので、時刻表には比較的正確です。

こちら注意したいのが、無料トラムではなく、『無料区間』であるということです。市内を走るトラムが無料ゾーンから出たら運賃がかかるので気をつけましょう。

無料区間は以下になります。

  • ・Botanic Garden から Entertainment Center (地図内参照)
  • ・South TCE から Festival Center (地図内参照)
  • ・Entertainment Center から South TCE (地図内参照)
  • ・Brighton Road から Mosely Square (地図外エリア)

詳しい路線図は、こちらをご覧ください。

Lmirmonpmgbafo5a5tqg

これはあまり知られていないようですが、アデレードの所々で無料自転車がレンタルできます!

レンタル場所は、ビジターセンターや図書館、ホテルなど約20箇所あります。レンタルできる場所については、こちらをご覧ください。

アデレードは自転車フレンドリー都市で、オーストラリアのどの都市よりも自転車専用レーンの完備がよく整っていると言われています。市内の公園内にも川沿いや森林の中などの景色の良いサイクリングロードが整備されており、移動手段以上に自転車が楽しめます。

Fpjguy4jvfi6zfu5gqpl

レンタル時の注意点

  • ・レンタルするにはパスポートかオーストラリアの運転免許証が必要で、それ以外は不可(それらはコピーをとられるのではなく、実物と自転車が引き換え)
  • ・それぞれの貸し出し場所の自転車所有台数が2~6台なので、必ずあるとは限らない
  • ・レンタルした場所にしか返却することができない (乗り捨て不可)
  • ・貸し出し場所の営業時間内のみレンタル可(営業時間外レンタルは場所によっては有料で可)
O431hh9se6g9echgbjzp

実はここが私のアデレードで一番のお気に入りの場所です!アデレードに行くたびに通いつめています(笑)今年で150年を迎える歴史あるマーケットは、新鮮で安くて美味しいものがいっぱい!!

R1wob98oplw0aohzdjgs

野菜や果物、肉に魚、チーズにソーセージ、パンにスイーツと何でも揃います。専門店も多く、キノコひとつにしても色々選べるのが嬉しい!

Djioy6qtrkdcub34w1zk

基本的には地元の人向けの食材が多く、とにかく安い!私はよく、マーケットで果物やパンを買ってから徒歩や自転車で市内散策をします。食費を浮かせるのには最高の場所です。

リンゴ1kg 2.99ドル(約220円)など、オーストラリアは量り売りが基本なので、リンゴ1つだけを買うことも可能です。こちら、リンゴ1つで140gで40セント (約30円) なり~ オーストラリアのリンゴは小さめなので、旅のお供に最適です!

Z05lzx9hvmezbuhogneo

セントラルマーケット (Central Market) の詳細情報

  • 場所:44 – 60 Gouger St, Adelaide SA 5000
  • 営業時間:火曜7~17:30、水・木曜9~17:30、金曜7~21時、土曜7~15時、日・月は休業
  • HP:https://adelaidecentralmarket.com.au/

絶対に外せない、オーストラリア一の絶品クロワッサン!!

Soqtlbw8snno6lvy2eo7

マーケット内は歩くだけでワクワクするのでどこもおすすめなのですが、絶対に外せない私的にオーストラリアで一番美味しいクロワッサンを売っているのが『Dough』というパン屋さん。

Nrlyo5vot9fdkqfvkvcu

バターが濃く、パリッと香ばしくて一度食べるとやみつきになること間違いなし!チョコレートクロワッサンも、中のチョコが絶妙な甘さで、かつチョコの焼き加減がたまらなく最高です!

プレーンクロワッサン4ドル (約300円)、チョコクロワッサン4.5ドル(約340円)、アーモンドクロワッサン5ドル (約380円)。

パン好きの私は、これまでオーストラリアで満足のいくクロワッサンに出会ったことがありませんでしたが、このクロワッサンは間違いなくオーストラリアNo.1です!!

しかも閉店時間前、特に休業日前である土曜日の午後には一気に割引になります。私が行ったときは、クロワッサン類が半額になっていました。

Doughの詳細情報

ここまでは、徒歩圏内のアデレード市内の楽しみ方を紹介してきましたが、ここではバスや電車を使って気軽に行けるおすすめスポットの紹介です!

ここで紹介するのは長距離移動ではないので、交通費が往復10ドル (約750円) ほどという安くてありがたいわりに、都会の喧騒を忘れられるスポットです。

グレネルグビーチ (Glenelg Beach)

Jvz9wyl0br3l542dhufz

アデレード市内から西に約10km、トラムで30分ほどのところにあるビーチです。ちなみに私はレンタル無料自転車で1時間ほどかけて行きました!

私が行った時は冬だったので泳いでいる人はほとんどいませんでしたが、ビーチで遊んだり散歩したりと市民の憩いの場。ビーチ沿いにはレストランやホテル、雑貨屋さんなどが立ち並びちょっとしたリゾート感も味わえます。私は低コスト旅中だったので、マーケットで買った果物をビーチで食べてのんびりしました。

グレネルグビーチへの行き方

アデレード市内のトラム駅からグレネルグ行き1本で乗り換え無し。終点駅『Moseley Square』で下車。

モリアルタ保護公園 (Morialta Conservation Park)

Edlfkthrzarl9wlrolwk

アデレード市内から東に約10km、バスと徒歩で1時間ほどのところにある公園です。バスはアデレード市内から約30分、最寄バス停から公園入り口までの約1.5kmを徒歩20分ほどといった感じです。

Lcwtbma3ej0qyugtpfig

こちらの魅力はなんといっても、渓谷の美しさ!!上から見下ろした滝を間近で見ることができたり、洞窟を発見したりと冒険のようでした。

ハイキングコースは初級、中級、上級と分かれており、距離も1.5kmのものから7km以上といろんなバージョンがあるので、自分の体力と相談しながらコースが選べます。コース同士が交錯する箇所もあり、途中でコース変更も可能です。私は初級と中級コースを1本ずつ歩いて、ランチ持参で4時間ほど滞在しました。

モリアルタ保護公園への行き方

Pulteneyストリート西側のバス停X1から、H30かH30Sのバスに30分ほど乗り、26番の『Morialtal Rd』のバス停で下車。そこから徒歩20分(約1.5km)でモリアルタ保護公園に着きます。

私はバスの運転手にモリアルタル公園に行きたいことを伝えておき、到着したら教えてもらうようにしました。

ハーンドルフ (Hahndorf)

Dzuckxemvk7zdzv7kqbh

アデレード市内からバスで1時間ほどのアデレードヒルの中にあるドイツ村です。ドイツ村とは、オーストラリアに移住してきたドイツ人達によって栄えた村のことです。こちらは、オーストラリアに残っている最も古いドイツ村だそうです。

Tneaxfxs23uempafkwfz

メインストリートにはドイツビールを扱ったレストランやかわいらしいギフトショップ、教会などが立ち並び、アデレードの街とはまた少し違った雰囲気の街です。

C187g80ucyff6nzzrfdc

ドイツらしく、からくり時計屋もありました!

ハーンドルフへの行き方

Pulteneyストリートの東側バス停D1から、864Fのバスに50分ほど乗り、55番の『Mt Barker Rd』のバス停で下車。そこから徒歩10分でハーンドルフに着きます。

観光客に人気スポットなので、大半の人がここで下車するので分かり易いですが、不安な場合は運転手に行き先を伝えておきましょう。

Bo505jkfttyk5ksifa0f

毎月のように大イベントが開催されているアデレード。数あるフェスティバルの中でも南半球最大のフェスティバルと言われるのが、毎年2月から3月にかけて開催されるアデレードフリンジフェスティバル(Adelaide Fringe Festival)です!!

Atfuknlk4a2jreoxllvg

オーストラリアだけでなく世界中からアーティストが集まり、その数なんと千人以上!!演劇やサーカス、コメディーなどの1000を超えるショーが1ヶ月間、アデレードの街のあちこちで毎日朝から晩まで開催されます。

Mwtx3qnkbsipvqsb6kuu

フェスティバル会場は街全体に散らばるように設置されており、この間、街中がフェスティバル一色になり、平日であろうがお祭り騒ぎ。

基本的にショーを見るにはチケットを購入しないといけませんが、路上パフォーマンスも充実しており、フェスティバル会場を歩き回るだけでも十分楽しめます。

Dgu2mnoa1kgkahjkc6xu

また、North TCEではライトアップやプロジェクトマッピングショーなどが無料公開されており、昼間とは違ったアデレードの街を楽しめます。

ここではフリンジフェスティバルを紹介しましたが、9月に行ったときにはランタンフェスティバルが行われており、それに合わせてNight Noodle Marketが開催され、ランタンを見たり夜店でストリートフードを楽しむことができました!

Owy7qlrwedklqicttghv

とにかく、なにかしらイベントのあるアデレードです。

Bt9zrsyfzhotzfolo2qa

一人旅をするならば、宿泊先はAdelaide Central YHAを強くおすすめします!街の中心部にあり、ちょっとした買い出しにもイベント参加にも便利な立地です。

キッチンエリアには壁一面の大きな冷蔵スペース、調理場は広いだけでなくブースごとに分かれており自炊がしやすいです。また、共有エリアも広くてオープンで、気軽に人と話せて友達も作りやすいです。私はここで友達を作って一緒に市内散策をしたり、イベントに参加しました。

また、嬉しいことに毎朝無料で焼き立てのパンケーキが食べられます!これまで泊まったバックパッカーでは、パンケーキの粉を支給してくれるところはありましたが、焼いてくれるところはここが初めて。時間帯によっては列をなすことがありますが、お財布に優しい宿です。

Adelaide Central YHAの詳細情報

R4dtzfg5jngiqbkgmyir

今回の記事で紹介したアデレードのお得な楽しみ方をまとめると

  • ・無料で楽しめる施設:博物館、美術館、図書館
  • ・無料で使えるバスとトラム
  • ・無料でレンタルできる自転車
  • ・安くて美味しいものがいっぱいのセントラルマーケット
  • ・往復交通費10ドル程度で行ける海・山・村:グレネルグビーチ、モリアルタ保護公園、ハーンドルフ
  • ・フェスティバルの無料公開エリア

これらを屈しすれば、アデレードの街を思う存分、低コストで楽しむことができること間違いなしです!



この記事が気に入った方は、ニュージーランドの観光記事もチェックしてみてください!