Cquenrhamb4ddhc8x1pb

台湾

CATEGORY | 台湾

【台湾】九份を観光するならココに行こう!旅行者おすすめのフォトスポットも!

2019.07.09

台湾の人気観光地である九份。赤い提灯を提げた建物や細い路地などの景観が美しく、多くの観光客を魅了しています。ここでは台湾・九份の観光スポットから、旅行者おすすめのフォトスポット、そしてアクセスや観光におすすめの時間帯まで解説します!

この記事に登場する専門家

Hw6irwwwcme3fce70jhx

旅ライター

松本マユ

ドイツ在住経験のあるフリーライター。ドイツ滞在と世界15ヶ国以上を旅した経験を活かして、ワクワクする海外情報をお届けします。
旅先はヨーロッパや南の島が多め。旅行と犬とドイツビールが何よりも好き。

  1. 台湾・九份の見どころをご紹介!
  2. 台湾・九份の観光スポット&フォトスポット①基山街
  3. 台湾・九份の観光スポット&フォトスポット②昭霊廟 霞海城隍
  4. 台湾・九份の観光スポット&フォトスポット③阿妹茶樓
  5. 台湾・九份の観光スポット&フォトスポット④海悦楼観景茶坊
  6. 台湾・九份の観光スポット&フォトスポット⑤豎崎路
  7. 台湾・九份の観光スポット&フォトスポット⑥金瓜石のトンネル
  8. 台湾・九份へのアクセス、おすすめの時間帯
  9. 九份は台湾でぜひ行きたいスポット!
Bvmedljselexdceskprd

こんにちは、旅ライターの松本マユです。

台湾観光で人気のエリア・九份(きゅうふん/ジォウフェン)は、赤い提灯に彩られたレトロな建物や、露店が立ち並ぶ細い路地で知られています。そのノスタルジックな雰囲気は、まるでジブリ映画「千と千尋の神隠し」の世界のよう。

九份には写真映えするカラフルな建物を始め、有名な細い階段や「千と千尋」に出てきたようなトンネルなど、多くのフォトスポットがあります。

ここでは台湾・九份の魅力と、現地で発見したフォトスポットをご紹介します!

K5a6m2sfpzzmvzkdl6e7

まずは、九份のメインストリートと言われる基山街から。バス停「九份老街」を降り、坂道を上ると入口が見えてきます。

ここは雑貨や食品、お土産など、さまざまな露店が並ぶ場所。名物タロイモ団子や、黒糖のお菓子、団子入りのスープ、ピーナッツアイス、タピオカドリンクなど多種多様なグルメが売られていました。中には軒下に鶏の丸焼きをぶら下げたお店も。

スイーツや揚げ物、香辛料などの匂いが入り混じり、独特な香りがします。

B8bgwsntxvlabyx5rmw8

私が台湾を訪れたのは3月でしたが、この日はとてもいい天気で28度もありました。

暑かったのでタピオカミルクティーを購入。

Cg0ejzfaooejxpbbnbf2

ガヤガヤとした賑わいが「台湾の露店に来た」という感じがして楽しかったのですが、平日の昼間でも非常に混雑していました。

週末や夜の時間帯はさらに混むそうなので、貴重品は肌身離さずしっかりと持ちましょう。

名称:基山街

住所:224新北市瑞芳區基山街

Hx4sj2egasgxe4ppdyas

バス停「九份老街」に着くと、無数の装飾が施された派手な屋根の建物が目を引きます。

この建物は「廟」と呼ばれるお寺のような存在で、「昭霊廟 霞海城隍」という名前だそう。都市の守護神が祀られているとのことです。

下から見上げると、屋根の下に付いている金色の飾りが驚くほど細かく、見る者を圧倒します。柱に巻き付いた龍の彫刻も、惚れ惚れするような繊細さ。

横からは赤い壁にオレンジや黄緑のラインが入っているのが見え、カラフルなのに厳かな雰囲気が感じられました。

Kvgfncqns95nq0mqdxmd

バス停の近くには階段があるので、上や横から写真を撮るとまた違った角度が楽しめます。

建物とツーショットを撮るには、階段の途中が絶好のフォトスポット。美しい昭霊廟を背景に、思い出の一枚を撮影してみてくださいね。

名称:昭霊廟 霞海城隍

住所:224新北市瑞芳區汽車路11號

Fxeqqpq70hrxk1c9dvnc

「九份と言えばココ!」というスポットが、ティーハウスである「阿妹茶樓」。パンフレットやポストカードでよく見かける、九份観光で最も人気のスポットです。

ずらりと並んだ赤の提灯が美しく、いつまでも眺めていられそうな風景が広がります。

日中の眺めもかわいらしく素敵ですが、夕方には提灯に灯りがともって、昼間とは打って変わって幻想的な雰囲気に。

Bgnyzjkv43zyhjltgylg

この阿妹茶樓は、「千と千尋の神隠し」に出てくるキャラクター「湯婆婆」の湯屋に似ていると言われています。

ただしスタジオジブリによると、そもそも「千と千尋の神隠し」の舞台のモデルとなったのは違う場所だそう。阿妹茶樓の入口には「湯婆婆的湯屋」と書かれた看板までありましたが、どうやら本当は違うようです。

しかし阿妹茶樓の持つ神秘的な雰囲気や、フォトスポットとしての存在感は圧倒的。多くの人の心を掴んで離さないのは事実です。

阿妹茶樓の中ではお茶をいただくことも可能。テラス席からは九份の街並みを眺めることができますよ。

名称:阿妹茶樓(アーメイチャーロウ)

住所:224新北市瑞芳區市下巷20號

公式サイト:http://newtpc.sp-store.com/cn-store09.html

Knfrjxxhueiqwfvf4tof

阿妹茶樓の近くにはティーハウスやレストランがいくつもあります。

私は休憩がてら、「海悦楼観景茶坊」というレストランに入りました。

実はここ、絶好のフォトスポット。テラスからの眺めは目の前を遮るものがなく、「阿妹茶樓を撮影するにはベストな場所」とも言われているそうです。賑やかな路地から離れ、静かに景色を楽しめますよ。

こちらが3階のテラスから撮影した阿妹茶樓。

Nq7dtwrqkw7j6bzagjjc

こちらは「戯夢人生茶飯館」という中華料理店。

海悦楼観景茶坊の3階テラスから撮影すると、これほど近くで撮れました。まるで劇場のような風情ある外観が、九份のレトロな雰囲気にぴったりです。

Ddp2n4bgvfzwqiikyusi

海悦楼観景茶坊では食事もお茶も楽しめます。ここまで来るのにかなり歩いたので、私はフルーツ入りのさわやかなお茶を注文しました。

フォトジェニックでかわいらしい見た目が、歩き疲れた心身を癒してくれます。撮影にも休憩にももってこいのスポットでした。

名称:海悦楼観景茶坊

住所:224新北市瑞芳區九份豎崎路31號

「豎崎路」は阿妹茶樓などの前を通る細い路地のことで、石作りの階段になっています。

ここは九份らしい街並みが見られると人気のエリアです。階段沿いには古い建物を活かしたお店が連なり、赤い提灯や中国語の看板が目を楽しませてくれます。

九份観光の目玉とも言えるスポットのため、常に観光客で混雑しています。さらに階段は非常に長く急なので、上りきるころには疲れてしまうかもしれません。ティーハウスに入って休憩しつつ、ゆっくり行きましょう。

名称:豎崎路

住所:224 台湾 新北市 瑞芳区

最後に紹介するのが、「千と千尋の神隠し」に出てくるトンネルに似ていると言われる場所。

ここは九份の中心部からは少し離れていて、金瓜石(黄金博物館)の近くにあります。九份老街からは車で10分~15分ほどの距離なので、バスかタクシーで行くのがおすすめです。

うっそうと茂る緑に囲まれた姿は、確かに「千と千尋」の世界で千尋の家族が通ったトンネルにそっくりです!

「もしかしてここは神々の世界につながっている……?」と想像してしまいます。

Qqz9akownycehplfpnll

九份へのアクセスは?

九份は台北から車で1時間ほどの場所にあります。

行き方は複数ありますが、台北からの場合は乗り継ぎなしで行けるバスがおすすめ。バスが出ている「忠孝復興駅」から乗り、「九份老街」で降りましょう。

電車を使う場合は台湾鉄道(TRA)に乗って「瑞芳駅」まで行き、そこからバスに乗り換えます。

九份を観光する時間帯はいつがいい?

九份を観光するなら、夕方が一番おすすめです。

夕方から夜の時間帯は確かに混むものの、九份ならではのノスタルジックな風景が見られます。赤い提灯が灯った景色はとても幻想的。

そのような写真を撮影したいのであれば、日が完全に落ちる前を狙って、夕方ごろに行くのがベストかもしれません。

人混みを避けたい方は、昼間の観光がいいでしょう。九份はやはり夕方にやって来る観光客が多いので、日中のうちに行っておいた方がゆっくりと観光できるはず。

晴れた日であれば赤い提灯が青空に映え、鮮やかなコントラストを見せてくれます。

Rtffozl8xmvjpx8f7xeo

羽田空港から3時間30分で行けるほど、距離が近く見どころも多い台湾。今やLCCも発着し、ますます行きやすくなっています。週末を利用した弾丸ツアーもできそうですね。

私は台湾旅行で訪れた場所の中で、この九份が最も印象に残っています。どこか懐かしさを感じる景色や活気がある露店は、眺めているだけでもワクワクしてきました。写真映えする風景も多いので、カメラ好きの人にもおすすめです。

台湾のバスの乗り方について知りたい方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

この記事が気に入った方は、他の台湾の記事もチェックしてみてください!