Dfi8b7okyuuovic0h5em

台湾

CATEGORY | 台湾

台湾で一人旅!女性も男性も、楽しむコツやエリアをバックパッカーがご紹介!

2019.07.22

友人や家族と行く旅行も楽しいと思いますが、違った楽しさや発見が一人旅にはあります。台湾はご飯が美味しく、物価も安く、さらには親日国なので非常に過ごしやすい国の一つです。今回は台湾一人旅での観光地やおすすめの夜市ををご紹介します!

この記事に登場する専門家

Wi5umx6ocr1t96jaflz2

学生旅人ライター

うり

日頃から各国に旅に行き、ヨーロッパをバックパックで周遊を経験。また、ヒッチハイクや野宿の経験あり。

  1. 台湾一人旅!①台湾が一人旅に適している理由
  2. 台湾一人旅!②台湾の治安情報
  3. 台湾一人旅!③移動手段
  4. 台湾一人旅!④台湾での食事
  5. 台湾一人旅!⑤夜市
  6. 台湾一人旅!⑥観光スポット
  7. 台湾観光スポット①九份
  8. 台湾観光スポット②国立故宮博物院
  9. 台湾観光スポット③龍山寺
  10. 台湾観光スポット④忠烈祠
  11. 台湾一人旅のおすすめのモデルコース
  12. 台湾は一人旅でぜひ!

こんにちは!学生旅人ライターのうりです。今回は台湾の一人旅についてご紹介します。台湾は日本から4時間ととても近く、お手頃なパッケージツアーもあるので非常に足を延ばしやすい国です。


国土がそれほど大きくないため、短期で様々な地域を網羅できるのもおすすめの一つです。また、台湾は親日国であるため日本人は良く見られることが多く、非常に台湾人の人当たりが良いです。これらが台湾が一人旅に向いている理由です!

初めての一人旅で問題視するところは治安情報ですよね。しかし、安心してください。台湾は安全な国です。夜中に一人で出歩いたりしても危険なことはほぼないでしょう。

外務省が公表している海外安全ホームページでも危険情報が一切でていなく、安全といえます。

スリには気を付けて!

スリ
引用: https://www.google.com/url?sa=i&source=images&cd=&ved=2ahUKEwiK36Kr8bbjAhWKwLwKHYqmDowQjRx6BAgBEAU&url=https%3A%2F%2Fwww.photo-ac.com%2Fmain%2Fsearch%3Fq%3D%25E3%2582%25B9%25E3%2583%25AA%26srt%3Ddlrank&psig=AOvVaw0Spm5AidQ1FFN-iL-DCcXD&ust=1563278759504858

安全とは言うもののスリはあります。市場など人がごった返しているところではスリが多発しています。リュックを前にしょったり、財布を分けたりパスポートをホテルの金庫に入れてくる等の対策をした方が安心です。日本人は狙われやすいので用心しましょう。

車
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/XEN7615015_TP_V.jpg

台湾での移動手段は主に3つあります。一つ目はタクシーです。日本と仕様は同じですが、台湾のタクシーは値段が格安です。初乗りは70台湾ドル(約250円)でそのあとは5台湾ドル(約20円)ごとにメーターが上がっていきます。

2つ目は電車です。台湾は全土に電車が通っており、電車でどこへでも行くことができます。券売機では日本語が対応しているため安心して購入することができます。また、台湾の電車は路線図がとてもシンプルなので簡単に乗ることや乗り換えをすることができます。

3つ目はバスです。台湾では市営バスが町のいたるところに通っており、細かい区間を移動する際にはバスが便利です。本数もそれなりにあるので素早い移動をすることができます。

食事処

台湾には日本人の舌にあった美味しい料理がたくさんあります。日本でおなじみの餃子や小籠包もあります。上記のようなローカルなお店の小籠包でもかなり本格的で蒸し器に入ったまま提供されます。8個入りで100台湾ドルとかなので日本円で約350円ほどです。味もコスパも良いので最高です。

小籠包

また、上記のようなローカルなお店で食べる台湾料理の魯肉飯(ル―ローハン)や炒米粉(ビーフン)は台湾の雰囲気も相まってかなり絶品です。ビールも安いので飲みすぎに注意してくださいね。

ローカルなお店で食べる台湾料理は美味しいのですが、おしぼりなどは提供されないのであらかじめ持参することをおすすめします。

台湾の夜のおすすめスポットといえば夜市です。台湾のローカルな感じが何と言っても良いです。屋台では台湾の美味しいローカルな食べ物を安く食べられます。アクセサリーやお土産なんかも販売しています。また、ゲームができるお店もあるので子供から大人まで満喫することができます。今回は2つのおすすめの夜市を紹介していきます。

士林夜市

士林夜市

台湾でいちばん一番有名な夜市といえば士林夜市です。台北で一番規模が大きく、迷子になってしまうほどの広さです。夜は毎日、人がたくさんいてかなりの賑わいがあります。ここに来れば台湾の雰囲気を間違いなく味わえます。3泊くらいの旅行であれば毎日通っても飽きることはないでしょう。

地元の人もいますが、有名すぎて観光地化してしまっているのでディープなところを責めたい方にはあまりおすすめではないですが、初めての一人旅にはもってこいの夜市です。

士林夜市詳細情報

営業時間:17時~24時

行き方:士林駅から徒歩3分

住所:No. 101號, Jihe Road, Shilin District, Taipei City, 台湾 111

予算:100円~

忠孝夜市

忠孝夜市
引用: http://romanga.com/wp-content/uploads/2019/01/IMG_20190105_190923-800x560.jpg

屋台で提供される料理にさほど変わりはないですが、ここは台北から少し離れた台中にあるため士林夜市よりも観光客が少なくよりローカルな雰囲気を味わうことができます。わざわざ日本からはるばる来ているのに台湾のローカルな雰囲気を楽しまないのはもったいないです。

士林夜市よりも行きにくいですが、台北駅から電車が出ています。また、台北駅付近にあるバスターミナルからも台中行きのバスが出ているので、それらを利用することをおすすめします。値段は片道1000円くらいです。

忠孝夜市の詳細情報

営業時間:17時~24時

行き方:台中駅から1キロ

住所: Zhongxiao Road, South District, Taichung City, 台湾 402

予算:100円~

旅行の 醍醐味といえば観光です。観光せずには旅行は語れません。台湾には日本にはないような観光スポットが多くあり、様々な文化や歴史を楽しむことができます。今回は初めての一人旅でも行ける観光スポットに焦点を当てて紹介していきます。

台湾で一番有名な観光スポットといえば九份でしょう。九份は千と千尋の映画のモチーフになっていると言われています。連日観光客で溢れかえっており、大人気の観光スポットとなっています。

九份

上記のような赤ちょうちんがいたるところにあり、とても幻想的で別世界にいるような感覚になります。この赤ちょうちんの効果により、九份は昼間と夜とで全く違った雰囲気になるので九份に行く際は昼間から夜までいることをおすすめします。

九份には上記のようなメイン通りのほかにお店が連なっている小道があったりと、楽しみ方は様々あります。また、九份は標高の高いところに位置しているため九份から見下ろす景色は台湾の海を一望できます。台湾に旅行に行った際には絶対に外せない観光スポットです。

九份

九份は台北の北に位置するところにあり移動が少し面倒なので紹介していきます。移動方法は3つでバスと電車とタクシーの方法があります。バスで行く方法は西門町から出ている高速バスで九份に向かいます。運航本数は30分に一本程度で片道90台湾ドルなので日本円で約300円程度です。乗車時間は80分くらいです。

電車で行く方法はホテルの最寄りの駅から瑞芳駅に向かい、瑞芳駅からタクシーで向かう方法です。2つの乗り物を経由するので面倒に感じるかもしれませんが台湾の電車は日本の路線よりも乗りやすく、タクシーも駅前のタクシー乗り場に行けばたくさん泊まっているので難しいことは何もありません。

タクシーで向かう方法は一番らくで早い方法ですが、値段が一番かかります。しかし、交渉次第では1500台湾ドル(約4800円)で行けるので複数人で割り勘していくあ場合にはおすすめです。台湾のタクシーはかなり飛ばすのでバスの乗車時間の半分の40分くらいで行くことができます。

九份の詳細情報

入場料:無料

住所:Jishan Street, Ruifang District, New Taipei City, 台湾 224

国立故宮博物院

台湾最大の博物館である国立故宮博物院は世界4大博物館の一つであり、約70万点もの収蔵品があり常に3万点ほど展示してあります。展示品すべてを一つ一つ見るには1日では足りないほどです。アジア系の展示品が多い国立故宮博物院はルーブル美術館や大英博物館とは違う雰囲気のものが展示してあり、歴史初心者の人が見ても迫力で展示品のすごさを味わうことができます。展示物の歴史がわかるように展示の日本語ガイドがあるので詳しく聞きたい方にはおすすめです。

また、国立故宮博物院にはレストランやカフェ、ミュージアムショップなどもあるので博物館本来の楽しみ方以外にも楽しみ方はあります。

国立故宮博物院の詳細情報

入場料:約1000円

住所: No. 221, Sec 2, Zhi Shan Rd, Shilin District, Taipei City, 台湾 111

龍山寺

台湾は宗教色が強く、町のいたるところにお寺があります。その中でも有名なのが龍山寺です。地元の方も参拝に行くお寺でパワースポットとして人気です。台湾のお寺は賑やかでとても明るいところです。また、龍山寺は歴史的建物なので日本のお寺と違った構造をしていて新しい発見をできるかもしれません。

龍山寺では三日月形のものを二つ投げて、その出方によって運勢を占うというおみくじのようなものがあります。恋愛や健康など、いろいろな運勢を占うことができ楽しむことができます。

龍山寺の詳細情報

入場料:無料

住所: No. 211, Guangzhou Street, Wanhua District, Taipei City, 台湾 10853

忠烈祠

忠烈祠は英霊が祀られている追悼施設です。広大な敷地にある忠烈祠はなぜか特別な感じがします。ここでは衛兵交代式が有名で白い服をまとった兵士が5人一時間ごとに警備の交代の際に儀式を行います。

銃を片手に行進はおこなわれ、圧巻的な交代の儀式を見ることができます。朝の9時から17時まで衛兵交代式はおこなわれていますのでぜひ訪れてみてください。

忠烈祠の詳細情報

入場料:無料

住所: No. 139號, Beian Road, Zhongshan District, Taipei City, 台湾 10491

台湾のローカルなところを体験したい方へのモデルコースをご紹介します。朝食は上記のようなローカルな食堂で朝から台湾を満喫しましょう。その後午前中は龍山寺、忠烈祠の観光をして台湾の文化をみてみましょう。

午後は九份に行って、千と千尋の世界観を体験しつつお茶屋で一息つくのはいかがですか?夜は士林夜市でローカルな感じを体験しながら食べ歩きをしましょう。

いかがでしたか?初めての海外一人旅は不安でいっぱいだと思います。しかし、親日国の台湾では人が親切で物価も安く日本から近い国なので一番手軽に行きやすい国だと思います。一人旅したいなと思い立ったらすぐにカレンダーで空いている日を探して、航空券を予約してしまいましょう。一人旅は様々な出会いや自分の成長もあり新しい経験をあなたにあたえてくれるはずです。ぜひ訪れてみてください。


この記事が気に入った方は、他の台湾の記事もチェックしてみてください!