Ldd6un9wxldc7ulkfwvu

タヒチ

CATEGORY | タヒチ

タヒチに行ったらコレを買おう!旅行者が厳選したタヒチのお土産10選!

2019.07.11

太平洋の楽園・タヒチは、真珠やバニラの生産地として知られています。ここではタヒチに行ったら買いたい10のお土産を、実際にタヒチを旅したライターが厳選しました! バラまきにおすすめのお土産から、旅行の記念になるグッズまで紹介します。

この記事に登場する専門家

Hw6irwwwcme3fce70jhx

旅ライター

松本マユ

ドイツ在住経験のあるフリーライター。ドイツ滞在と世界15ヶ国以上を旅した経験を活かして、ワクワクする海外情報をお届けします。
旅先はヨーロッパや南の島が多め。旅行と犬とドイツビールが何よりも好き。

  1. タヒチのお土産は何がいい?
  2. タヒチのお土産①モノイオイル
  3. タヒチのお土産②モノイソープ
  4. タヒチのお土産③ヒナノビール
  5. タヒチのお土産④ヒナノグッズ
  6. タヒチのお土産⑤ノアノアのクッキーやチョコレート
  7. タヒチのお土産⑥タヒチアンコーヒー
  8. タヒチのお土産⑦ノアノアの紅茶
  9. タヒチのお土産⑧黒真珠
  10. タヒチのお土産⑨パレオ
  11. タヒチのお土産⑩リキュールセット
  12. 思い出に残るタヒチのお土産をゲットしよう!
タヒチの水上コテージ

こんにちは、旅ライターの松本マユです。

美しいラグーンと水上コテージ、そして常夏とも呼べる温暖な気候で、多くの観光客を魅了するタヒチ。

旅行の際にはタヒチらしいお土産をゲットしたいもの。比較的安価で手軽に買えるお土産や、大切な人に贈りたいちょっと高価なお土産など、さまざまなタヒチ土産を紹介していきますよ!

モノイオイル(30ML)

タヒチのお土産で特におすすめしたいのが、このモノイオイル。定番のお土産として真っ先に名前が挙がることも多いです。

モノイオイルはココナッツオイルをベースにして、タヒチ名産のティアレという花や、バニラなどのエッセンスを加えて香りをつけたもの。これ1本で髪や顔、手などさまざまな部位に使用できます。

120MLの大きめのボトルや、30MLの小さいボトルが5本セットになったパックも売られているので、バラまき用にもおすすめ。

寒い場所では固まってしまう

ちなみにモノイオイルは、20度前後の気温でこのように固まってしまいます。

お土産に持って帰っても、冬場であればカチカチになってしまうおそれが。温めると自然と溶けるので問題ないのですが、渡す際には一言添えておくといいかもしれません。

モノイオイルはどこで買える?

お土産ショップ、スーパー

モノイオイルの価格の目安

120ML:700CFP(約710円)程度

※1CFP=約1.02円

モノイオイルから作られた、モノイソープと呼ばれるせっけんもあります。

モノイオイルはココナッツオイルを使用しているので、このモノイソープも自然の素材を活かしたやさしい香りがします。香りはティアレやバニラ、イランイランなどがありますよ。

かわいらしいパッケージに入っているので喜ばれやすく、バラまき用としてもぴったり。

モノイソープはどこで買える?

お土産ショップ、スーパー

モノイソープの価格の目安

300CFP(約300円)程度

ヒナノビール

タヒチの地ビールであるヒナノビールは、現地でよく飲まれているのはもちろん、お土産としても大人気です。

南国のビールらしくフルーティーですっきりとした味で、クセがないのでごくごく飲めてしまいます。ビールがあまり好きでない人にも飲みやすいでしょう。

ヒナノビールの缶

ヒナノビールには瓶タイプと缶タイプがあります。

赤いドレスの女の子が描かれたラベルがかわいらしく、飲み終わった後もボトルを取っておきたくなりますね。

ヒナノビールはどこで買える?

お土産ショップ、スーパー

ヒナノビールの価格の目安

330ML:250CFP(約260円)程度(スーパーの場合)

ヒナノビールのかわいいラベルデザインをアレンジしたオリジナルグッズもたくさん売られています。

コースターやステッカーのような小さくてかさばらないものから、Tシャツやアロハシャツなどのアパレル、ビールの栓抜き、マグカップ、マグネットなどの雑貨類まで、種類は実に豊富。

家族や友人、自分用にも使えるタヒチらしいお土産です。

ヒナノ柄のアロハシャツ

ちなみに「ヒナノ」というのは、タヒチアンの女性の典型的な名前なのだとか。

ヒナノグッズはどこで買える?

お土産ショップ

ヒナノグッズの価格の目安

アロハシャツ:3,000CFP(約3,060円)程度

海外旅行のお土産と言えばお菓子系が定番ですよね。

タヒチでは「ノアノア(NOANOA)」というクッキーやチョコレートがメジャー。ノアノアのお菓子のパッケージには、タヒチを愛した画家ゴーギャンの絵が使われています。

味はパイナップルやマンゴー、ココナッツ、バニラ、チョコチップなどさまざまです。

色々な味を楽しみたい方には、複数の味が入ったアソートタイプがおすすめ。

ノアノアのクッキーやチョコレートはどこで買える?

お土産ショップ、スーパー

ノアノアのクッキーやチョコレートの価格の目安

クッキー:700CFP(約710円)程度

チョコレート:950CFP(約970円)程度

バニラコーヒー

南国らしいフレーバーのタヒチアンコーヒーは、コーヒー好きな方にぜひ贈りたいお土産です。

バニラやココナッツがふわっと香り、味はマイルドで飲みやすいのが特徴。

こちらの黄色いパッケージは「Fetia」のコーヒーです。

他には先ほど紹介した「ノアノア」のコーヒーもあります。

良質なアラビカ豆をタヒチでブレンド、ローストしたコーヒーで、ゴーギャンの絵画をもとにしたパッケージに入っています。

タヒチアンコーヒーはどこで買える?

お土産ショップ、スーパー

タヒチアンコーヒーの価格の目安

700CFP(約710円)程度

コーヒーが苦手な相手には「ノアノア」の紅茶を贈るのもいいでしょう。

ノアノアの紅茶の中で人気が高いのが、黒いパッケージが目印のバニラティー。単にバニラフレーバーを加えて作っているのではなく、しっかりと本物のバニラビーンズから作られています。

他にはココナッツ、マンゴー、パッションフルーツの味があり、複数の味が入ったアソートタイプも売られていますよ。

ノアノアの紅茶はどこで買える?

お土産ショップ、スーパー

ノアノアの紅茶の価格の目安

650CFP(約660円)程度

タヒチでは黒真珠の専門店を数多く見かけるでしょう。タヒチ産の黒真珠は非常に質が高く、世界各地から買い付けに来る人がいるのだとか。

黒真珠は「黒蝶貝」という南国に生息する二枚貝から作られます。色やツヤは1つ1つ異なり、何色とも形容しがたい神秘的な輝きを放っています。

高級ジュエリーとしての黒真珠はもちろん、ブレスレットのようにカジュアルにつけられるものもあるので、自分用へのお土産にもいいですね。

日本人スタッフがいる専門店もあるので、日本語で詳しく説明してもらうこともできますよ。

黒真珠はどこで買える?

黒真珠専門店(ショッピングセンターに入っているお店も多いです)

黒真珠の価格の目安

黒真珠(一粒)のネックレス:16,000CFP(約19,440円)程度

※価格は真珠の大きさやキズの位置によって大きく異なります

タヒチアンパレオ

日本でもメジャーなパレオは、実はタヒチの民芸品。腰に巻いて使うイメージがありますが、水着の上に羽織ったり巻き方次第でワンピースになったりと、使い勝手のいいアイテムです。

タヒチのパレオは手染めで作られているものが多く、カラフルでかわいらしい見た目です。柄も色もさまざまなので、お気に入りの一枚を見つけるのも楽しそう。体に巻くだけでなく、インテリアとして飾っておくのも素敵ですね。

150~180cmほどの大きさなので、テーブルクロスなどにも応用できるかも。

パレオはどこで買える?

ブティック、ショッピングセンター

パレオの価格の目安

3,000CFP(約3,060円)程度

MANUTEAのリキュールセット

日本に帰ってからもタヒチの味を楽しみたい方には、タヒチアンリキュールのセットがおすすめ。

こちらはパイナップルリキュールやココナッツのクリーム系リキュール、ラムなどのお酒が詰め合わせになっています。ジュースや牛乳などで割って飲むと、ほのかに南国の香りが感じられるでしょう。

リキュールセット以外のお酒では、「クイーンタヒチ」と呼ばれるパイナップルを使ったタヒチアンワインも人気ですよ。

リキュールセットはどこで買える?

お土産ショップ、スーパー

リキュールセットの価格の目安

2,000CFP(約2,040円)程度

タヒチの水上コテージ

タヒチらしい10のお土産を紹介してきました。気になるものはありましたか?

タヒチはとても素敵な場所でしたが、物価が非常に高いのが悩みどころ。余裕を持った予算を考えておくのがいいでしょう。ちなみに出費を抑えるためには、スーパーやマルシェを活用するのがコツです。

みなさんも思い出に残るタヒチのお土産をゲットしてくださいね!

タヒチの物価について詳しく知りたい方は、こちらの記事も読んでみてください!